HOME >  ◇最上家家臣団(さ行)

志村藤右衛門(しむらとうえもん)

 生年不明~慶長五年(1600) 最上義光旗下・五十挺組の足軽大将として谷地城攻めに参陣する。慶長出羽合戦においても義光の旗本衆として、撤退する上杉軍を追撃するが、鉄砲隊の反撃を受け戦死した。
2016.12.29:mogapro:[ ◇最上家家臣団(さ行)]

坂弥兵衛(さかやひょうえ)

 生年不明~没年不明 上山城主・里見民部の重臣。1千5百石を領したという。後世の軍記物である「最上記」によると、慶長出羽合戦の際、中山城から上山城攻略に向かった上杉軍の大将・本村造酒丞親盛を物見山の戦いにて討ち取ったという。これにより、上山城攻略の上杉軍別働隊は壊滅し、中山城へ撤退した。
2016.12.23:mogapro:[ ◇最上家家臣団(さ行)]

鈴木治右衛門(すずきじえもん)

 生年不明~没年不明 義光分限帳によると1千石を領した。後世の軍記物である「最上記」にも1千石を領したとの記載が残る。最上家改易により山形を去ったのちも、近江最上家に仕えた。
2016.12.15:mogapro:[ ◇最上家家臣団(さ行)]

里見親宗(さとみちかむね)

 文禄三年(1594)~延宝六年(1678) 四郎左衛門。里見義親の子。父と同じく最上家親に仕えた。最上家改易後、福岡藩黒田家に仕えていたが、寛永年間になって山野辺義忠に招かれ、水戸藩徳川家に3百石で仕えた。
2016.12.10:mogapro:[ ◇最上家家臣団(さ行)]

里見義親(さとみよしちか)

 生年不明~没年不明 掃部を称す。最上義光・最上家親の二代に仕えた。義光分限帳によると1千石を領した。後世の軍記物である「最上記」にも1千石を領したとの記載が残る。
2016.12.09:mogapro:[ ◇最上家家臣団(さ行)]

神保利長(じんぼとしなが)

 永禄十一年(1568)~慶安二年(1649) 左衛門、隠岐守を称す。父は越中の神保氏春、母は佐々成政の娘。初め上杉家に仕えて数々の武功をあげ、慶長出羽合戦後に上杉家を離れ最上家に仕えた。若木館(山形市若木)に配され2千石を領した。最上家改易後は、山形藩鳥居家、次いで山形藩保科家に仕えた。
2016.11.21:mogapro:[ ◇最上家家臣団(さ行)]

里見市正(さとみいちのかみ)

 生年不明~没年不明 後世の軍記物である「最上記」によると2千3百石を領したという。上山城主であった里見越後守・里見民部父子、または東根城主であった里見薩摩守などと同じ里見一族と思われる。
2016.11.20:mogapro:[ ◇最上家家臣団(さ行)]

関三郎兵衛(せきさぶろうひょうえ)

 生年不明~慶長五年(1600) 慶長出羽合戦に際し、鳥屋ヶ森城(朝日町新宿)を守備した。主力が山形城防衛のため不在の中、上杉軍の攻撃をよく防いだものの、衆寡敵せず落城。討死したと伝わる。
2016.11.02:mogapro:[ ◇最上家家臣団(さ行)]