HOME >  ◇最上家家臣団(ま行)

向田光之(むかいだあきゆき)

 生年不明~慶長五年(1600) 八郎左衛門。最上義光から畑谷城救援のため派遣されるが、途中で畑谷城落城の知らせを聞き、この事を義光に知らせるため引き返した。その後、鬼越の地まで戻ってきた時、霞で煙った山形城が見え、これを山形城も落城したものと勘違いし、その場で自刃してしまったという。
2017.05.25:mogapro:[ ◇最上家家臣団(ま行)]

前森近江守(まえもりおうみのかみ)

 生年不明~没年不明 楯岡満茂の重臣。1千5百石を領したという。東禅寺氏永(前森蔵人)の一族か。満茂に従い湯沢城(湯沢市)に入り小野寺氏と対峙した。
2016.12.21:mogapro:[ ◇最上家家臣団(ま行)]

望月隼人正(もちづきはやとのかみ)

 生年不明~慶長五年(1600) 慶長出羽合戦に際し、八ッ沼城(朝日町三中)を守備した。主力が山形城防衛のため不在の中、上杉軍の攻撃をよく防いだものの、衆寡敵せず落城。自刃して果てたという。
2016.10.25:mogapro:[ ◇最上家家臣団(ま行)]
1