HOME >  ◇最上家家臣団(か行)

加藤源右衛門(かとうげんえもん)

 生年不明~慶長六年(1601) 慶長出羽合戦の庄内攻略戦において、里見義近とともに軍奉行に任じられた。酒田城を攻めた際、守りが堅く攻めあぐねていたため、諸将に先駆けて塀を乗り越えようとしたところを、鉄砲で眉間を打ち抜かれ戦死した。
2018.04.24:mogapro:[ ◇最上家家臣団(か行)]

金原七蔵(きんばらしちぞう)

 天正十三年(1585)~没年不明 里見民部の小小姓。生年十六にして慶長出羽合戦に出陣。「最上記」によると、民部は剛力の足軽共を集め、七蔵に手柄を立てさせるよう言いつけ戦場に送り出した。その一団が上杉軍の大将・上泉主水泰綱と遭遇、漆山九郎兵衛が組みかかり、谷川へ転げ落ちたところに七蔵が飛びかかり、泰綱の首級をあげた。
2018.04.22:mogapro:[ ◇最上家家臣団(か行)]

小泉讃岐守(こいずみさぬきのかみ)

 生年不明~没年不明 楯岡満茂の重臣。3千石を領したという。後世の軍記物である「最上記」では、酒田城攻略戦の場面に寄せ手の一人として登場する。
2018.03.26:mogapro:[ ◇最上家家臣団(か行)]

牛房野三七(ごぼうのさんしち)

 生年不明~没年不明 午房野楯(尾花沢市午房野)の楯主。後世の軍記物である「最上記」によると2千石を領したという。最上義光が小国郷の細川氏を攻めた際、最上勢の道案内を務めたと伝えられる。
2018.02.22:mogapro:[ ◇最上家家臣団(か行)]

近藤壱岐守(こんどういきのかみ)

 生年不明~没年不明 2千5百石を領す。最上義光は山形城三の丸の十一口にそれぞれ重臣を配置して防衛を固めた。このうち、山形城西方の小田口に配されたのが近藤壱岐守である。小田口には当時最も重要とされた煙硝庫(火薬庫)があり、その守護神として財部稲荷大明神が奉られた。後世の軍記物である「最上記」には進藤壹岐守と記載されている。
2018.01.05:mogapro:[ ◇最上家家臣団(か行)]

糟谷延元(かすやのぶもと)

 生年不明~没年不明 野辺沢(延沢)城主・野辺沢家の重臣。出雲守を称す。岩手県指定文化財「漆塗曵馬絵馬」(岩手県陸前高田市の観音寺所蔵)に、「奉納絵馬」「所願成就」「慶長七年(1602)壬刀(寅)六月十七日」「糟谷出雲守延元」の銘が残されている。
2017.11.19:mogapro:[ ◇最上家家臣団(か行)]

木戸周防守(きどすおうのかみ)

 生年不明~慶長十九年(1614) 清水城主・清水氏の重臣。馬上衆で筆頭家老であったと伝わる。八向楯(新庄市本合海)の楯主として1千石を領す。熊野楯(鮭川村佐渡)の楯主であったとも伝えられている。
2017.10.21:mogapro:[ ◇最上家家臣団(か行)]

倉津守俊(くらつもりとし)

 生年不明~没年不明 倉津(蔵増)城(天童市蔵増)の城主。安房守を称す。名は親俊とも。もとは天童家家臣であったが、天正十二年(1584)の最上義光による天童城攻略戦より以前に最上家に与するようになったと考えられる。義光が天童頼久の岳父である細川直元の領する小国郷を攻めた際、万騎ヶ原の戦いにて戦功をあげ、守俊の子・光基に小国郷が与えられた。
2017.07.27:mogapro:[ ◇最上家家臣団(か行)]