最上義康(もがみよしやす)

 天正三年(1575)~慶長八年(1603)※慶長十六年(1611)説あり 最上義光の嫡男。慶長出羽合戦の際には、父の命を受け伊達政宗のもとへ救援要請に赴き、援軍派遣を了承された。従兄弟の政宗とは仲が良かったと伝わる。上杉軍への追撃戦では、最前線で戦い苦境に陥っていた義光を救う活躍をした。もともと父とは良好な関係であったが、家臣の讒言や弟・家親と徳川家康との関係などから疎遠となり、義光から高野山への退去を命ぜられた。その道中、土肥半左衛門らが率いる鉄砲隊に撃たれ負傷し、自刃した。
2017.01.24:mogapro:[ ○息子・娘 ]

最上家信(もがみいえのぶ)

 慶長十年(1605)~寛永八年(1631) 最上家13代当主。最上家親の嫡男。父の急死により13歳で家督を継ぐ。年若く、国政を執るには力不足だったため、家臣団の間では叔父の山野辺光茂(義忠)を擁立する動きが広がり、最上家中は家信擁護派と光茂擁立派に分かれ騒動となった。幕府が介入して取り成しを図ったが、重臣達はこれを受け入れず、国の仕置きができないとして改易された。改易後、名を義俊(よしとし)に改めた。
2017.01.22:mogapro:[ ◎最上家歴代当主 ]

最上家親(もがみいえちか)

 天正十年(1582)~元和三年(1617) 最上家12代当主。最上義光の二男。父の命により徳川家康に近侍し、家康の「家」の字を賜り家親と名乗った。関ヶ原の戦いでは、徳川秀忠に従って上田城攻めに参加した。慶長十九年(1614)に父・義光が病死するとその跡を継ぐ。大坂の役の直前、大坂方に内通の疑いがあったという弟の清水光氏を攻めて自刃させ、大坂の役では、江戸城の留守居役を務めた。元和三年(1617)に36歳の若さで急病死した。
2017.01.20:mogapro:[ ○息子・娘 ]

最上義光(もがみよしあき)

 天文十五年(1546)~慶長十九年(1614) 最上家11代当主。最上義守の嫡男。最上家への集権体制の強化を目指し、伊達家との連携を図ろうとする父・義守や天童氏をはじめとする最上庶流の一族と対立した。その後、力押しだけでなく調略も駆使して、次々と対立勢力を傘下に収め、山形盆地一円に確固たる勢力を築き上げた。関ヶ原の戦いでは東軍に与し、直江兼続率いる上杉軍と戦った(慶長出羽合戦)。戦後加増され、出羽山形57万石の大大名となる。山形の城下町整備や最上川舟運の発展、庄内平野の治水事業などに尽力し、最上百万石とも称えられる優れた治政を行った。
2017.01.17:mogapro:[▼最上義光]

最上義守(もがみよしもり)

 大永元年(1521)~天正十八年(1590) 最上家10代当主。先代の最上義定が跡継ぎの無いまま亡くなったため、一族の中野氏からわずか2歳で当主に迎えられた。義定が長谷堂城の戦いにて伊達稙宗に敗北して以降、最上家は伊達家の影響下におかれていたが、義守は稙宗とその子晴宗が争った天文の乱時に伊達領へ出兵し、独立を果たした。嫡男・義光と不和になり、義守は周辺の国人衆を味方に付け、さらには娘婿の伊達輝宗に助勢を求め、義光と対立した(天正最上の乱)。この争いに敗れた義守は隠居し、以降、表舞台に出ることはなかった。
2017.01.16:mogapro:[ ○父・母 ]

最上義定(もがみよしさだ)

 生年不明~永正十七年(1520) 最上家9代当主。永正元年(1504)父・最上義淳の死により家督を相続、山形城主となる。一時は寒河江を支配下におくなど、最上郡(現村山郡)に強い影響力を示していた。ところが、永正十一年(1514)突如、置賜郡の伊達稙宗に攻め込まれ、長谷堂にて合戦に及ぶも、多くの一族重臣を失う大敗を喫してしまう。このとき義定は北部方面に出陣中であり、長谷堂到着の遅れが敗北の原因ともいわれている。この後、稙宗の妹を正室として迎え和議を結ぶが、最上家は伊達家の影響を強く受けることとなった。伊達夫人との間に子が無いまま亡くなったため、弟・中野義建の孫である義守がわずか2歳でその跡を継いだ。
2017.01.15:mogapro:[ ◎最上家歴代当主 ]

最上義淳(もがみよしあつ)

 生年不明~永正元年(1504) 最上家8代当主。最上満氏の嫡男。明応三年(1494)父の死去に伴い家督を相続、山形城主となる。父と同じく中野と山形の両方を領していたと伝わる。山形から遠く離れた尾花沢の龍昌寺(尾花沢市上町)に葬られたといい、この経緯は不明である。中野の龍壮寺に葬られたとの説もある。
2017.01.14:mogapro:[ ◎最上家歴代当主 ]

最上満氏(もがみみつうじ)

 生年不明~明応三年(1494) 最上家7代当主。最上家3代当主・最上満直の二男である中野満基の子。文明十二年(1480)従兄弟である最上義秋が跡継ぎのないまま死去したため、最上家の家督を継いで山形城主となる。山形城主となったのちも中野と山形の両方を領していたと伝わる。菩提寺は不詳。中野の国成寺(または国盛寺)に葬ったと伝わるが、この寺は現存していない。
2017.01.12:mogapro:[ ◎最上家歴代当主 ]