FPのひとりごと

FPのひとりごと
ログイン

長年生きながらえていると



見えてくるのである 転落の構図ってやつが



転落の前に派手にブイブイいわしてるほど 鮮やかな転落劇となる



誰って?



ハシケンだよ あのお騒がせの神戸市議



もうすでに雲隠れのようだけど 間違いなく落ちるとこまで落ちる



議員辞職 詐欺罪での告発 逮捕 実刑 離婚 医師免許剥奪 ・・



まあしかし ブイブイいわしたくもなるわな



若くて 高学歴で そこそこイケメンで 歯科医で 議員で



おまけに元アイドルと“にゃんにゃん”ときた



ここでブイブイいわせねば いついうんだ ってなもんだろう



でも 好事魔多しだ



世間様を甘く見すぎたね



いまどき“一線は越えてない”など 子供でさえ信じない



なまじIQが高い分 騙しとおせると踏んだのだろうが



どっこい 最近の世間様はそんなに甘くぁーない



ま 自業自得ってやつだ



そういえば



同じ県の“号泣県議”も随分世間を騒がしたけど 今どうしてるんだろう



転落も底まで落ちてしまえば 今度は憐憫の情を禁ぜざるを得ない
半世紀以上も生きながらえていると



今まで会った人の数は 数万人という数になろうか・・



それぞれのキャラは まさに千差万別の世界なのであるが



自分の理解の範疇を完全に超えている人に出会うことは滅多にない



だいたいは自己投影をすることで 一見奇異な行動でも理解に至ることが多い



しかし



ののちゃん県議(元県議)の法廷での行動は理解に苦しむ



なんなんだろう あの『記憶にございません』作戦は‣・



一度は罪を認め 全額返金し 社会的制裁(バッシング)も受けたんだから



罪状を認めて謝罪すれば 情状酌量で執行猶予も付いただろうに



何をとちくるって 記憶障害などを装っているのだろうか



(本当に病気だったら申し訳ないけど・・)



普通に考えれば 何のメリットもないし 逆効果もいいところだ



本当に戦うならば 何を言われても『出張した』と突っぱね



文房具も『死ぬほど仕事して使いまくった』と言えばいい



(スーパーで日用品‥ こりゃどうしようもないか)



なのに病気を装う



あっ これ仮病だ 保健室から早退のコースだ



そうそう オレもよくやった って‥ ?



でもこれじゃあ早退で家には帰れんと思うけどなあ



絵に描いたような転落 はてさてどこまで続くのだろうか
清原和博については 昨日ちょっとふれた



まあどうしようもないという話に尽きるのだが



半世紀のG親Gは 勿論野球ファンでもあるわけで



彼については もう少しだけ触れておきたい



元々好きではなかった



理由は簡単で ジャイアンツ時代にチャンスで打てなかったからだ



私生活とか横柄な態度とかは プロの世界では二の次三の次で



主軸として年俸並みに働いてくれていたら 何の文句もなかった



しかし あまりにもチャンスに打てなかった それが致命的だった



で その裏返しなのか オリックス時代はその風貌で威嚇していた



そういう安直なパフォーマンスが嫌いだった



打球の飛距離とかスウィングスピードとかは天性のもので



日本球界では 中西 王 田淵並みの素質だったと思う



彼が 夜の銀座の回数を半分にし その時間を素振りに充てていたら



とんでもない選手になって とんでもない記録を作っていただろう



まあいまさら何を言っても遅いけどね・・



イチローが凄いのは 素質に胡坐をかかないことだ



清原の現役時代の100倍以上の練習とケアと節制をしているだろう



でなければ 不惑であんなパフォーマンスは見せられない



しかし こんなに対照的な二人もいまい



一人はメジャーの殿堂入り間違いなしで もう一人は・・



清原よ! どん底から立ち直る姿勢を見せてくれ! 



それが男の生き様だろう!!
まずは驚嘆した話を・・



重力波が実際に観測されたとのこと



いや凄い(んだと思う)



科学的な意味合いはほとんどわかっていないが



メディアで“ノーベル賞級”とさんざん言ってんだからそういうことでしょう



でも何が一番凄いのかというと



その存在を予測したのが 彼のアインシュタインで



彼の生きた時代には パソコンはおろか電卓さえなかったということ



だって アラ還の私が生まれる前に亡くなってるんだからね



相対性理論のような 私の頭脳を1万個繋げても理解できない理論を



全部机上の手計算でやって遂げたんだから ちょっと想像を絶する



間違いなく人類史に残る偉人中の偉人だ



偉人を語った後に こんな話はしたくないのだが・・



二人のバカが世間を騒がしている



清原和博と宮崎某だ



どっちもとびきりのバカだが 一つだけ共通点がある気がする



世の中をなめていることだ



『どうせバレやしない』からの快楽一直線 なめなきゃできない



なめきって世間を欺いてきたからこその 強烈なしっぺ返し



すべては自分が招いた結果だ 同情の余地は全くない



しかし 清原 SMAP ベッキー 甘利 宮崎 ・・



このスキャンダル 全部文春のスクープだ



文春=文藝春秋=まじめで格調高い文芸誌 なのに



どちらかというと週刊ポストや女性セブン寄りだ



まあ週刊誌としての生き残り戦略なんだろうけど



その矛先が 巨悪に向かい続けることを祈る
友達
あんまりいなかったねー
ほんの数人はいましたが
特に仲がいいわけでもなかったし・・

こんなところに4年も“幽閉”されたら
頭がおかしくなってしまうと
本気で思っていました
まわりを見ると
みんな楽しそうなんですねー
“それを”望んで得た結果だからなんでしょう

そうだ! スポーツをしよう と
ある日 キャンパスで ひらめきました
うじうじしてても らちあかんし
体を動かして 青春を謳歌しよう!! と・・

ラグビーがしたかったんです
高校でできなかったということもあるし
男のスポーツとしては MYベストでした
学内にラグビー部があるというので
さっそくグランドに足を運んでみました

その日は どこかと練習試合をしていました
海辺のグランドは 砂煙でモウモウでしたが
若い肉体がぶつかり合い 汗が飛び散ってました
でも
スコアは 大差がついていて 一方的な展開でした
よく見ると 我がチームがボロボロに負けてました
相手校は よほどの強豪校なんだろうと思って
スコアボードを見つめたら
○○農高 ん? なに! 農高=農業高校!!
はりゃー 高校生相手にボロ負け

『・・・・・・・』

二度と そのグランドに足を運ぶことは
ありませんでした

              (つづく)
我々が学生をやってた頃の進学率って
どのくらいのものだったんでしょうかねー
いまより 数十ポイント低かったんでしょうが・・
実際 学業が優秀でも就職というパターンも多かった

そんな時代に
大学に行けるだけでも
ものすごく恵まれた環境だろー!
生意気言ってんじゃねーよ!!
という声が聞こえてきます
そりゃー正にそのとおりです
私は それに反論することができません
でも
人はまったく望まない想像だにしなかった事態に
遭遇してしまったとき
誰だって 悩みもがくものだと思います
変な例えですが・・
UFOに遭遇したとき
ん ちょっとこれ変すぎるか
じゃ
町娘が 町場でお殿様に見初められて
大奥に上がるようなもんです??!
訳がわからんでしょうが的はえている!
どんな心構えでなにをしたらいいのか
まったくもって さっぱりわかりません

一応 法学科在籍ですから
法律を学ばねばならんわけですが
法律? なんの興味もありません
映画を勉強して 芸能界に行きたかったのに
六法全書持って 憲法 民法 刑法って・・・
やらねばと頭で理解しても 体がついていきません
六法全書は 試験のカンペに使ったことはあれど
条文を見るために開けたことはありません
私の部屋を訪れた同じ科の先輩が
机の上にある 数センチの埃を見て絶句してました


阿呆学部麻雀学科への転籍に時間は要しませんでした

                  (つづく)