FPのひとりごと

FPのひとりごと
ログイン

半世紀のG親Gが ついに決断したのである!



思い思いケツ出し ではなくて 重い重い決断だ



まだマスコミの論調にも その気配はないが



もうやめてもらうしかないだろ 人事一新だ!!



新監督の下 G戦士が本来の輝きを取り戻せば まだ間に合うよ 今シーズン



いまのままでいけば 結果は見えてる



広島にはどうやったって勝てないから 良くてCS進出止まり



日本一どころか ペナント奪還なんて 夢のまた夢だ



原因?



一言! マネジメント能力の欠如だ!!



現在交流戦の真っただ中だが 対パリーグ戦略が全く見えない



交流戦を優勝するくらいじゃないと 先は見通せないのに



接戦を落とす落とす しかもワンパターンの負け方



接戦は采配の勝負だ 



なのに 采配に信念もなければキレ(冴え)もない



試合後のコメントも暗い 苦虫潰したみたいだ



なにか勘違いしてるようなキャラだ(喜怒哀楽をもっと出せ!)



ナベツネが大好きな慶応学閥だが いまやKO学閥だ



『この戦力ではかわいそうだ』はもう通じない



選手時代の栄光がまだ汚されない今のうちに ヤメナハレ!!



もう一度言う! まだ間に合う! はよやめろ!!!
日大の問題がマスコミを中心に沸騰している



アメフト部単独の問題から大学本体のマネジメントにまで話が及んでいる



「だから日大は・・」みたいな



日大は日大だ (当たり前か)



我々の時代は『株式会社 日大』と揶揄されていた



私学の雄で あれだけの規模なら そりゃあ強大なパワーもあろう



パワーある処にハラスメントが巣食うのも これまた道理だろう



しかし 善悪の構図がこんなにハッキリしている事件もめずらしいが



加害者たる二十歳の学生の勇気ある実直な行動が



“悪”の存在を際立たせたことも これまた事実であろう



あの学生の言動 人の親なら身につまされない親はいまい



私は不覚にも涙した



この件で 一人の前途有望たる若者の未来を“潰した”ことになるわけで



この時点で 教育者・教育機関として失格だ 言訳無用!





まあしかし あのコーチの姿を見ていると



私自身忸怩たる思いがある



それは あのいでたちであり 親分を庇うあの姿勢だ



事件発覚後は 監督のボディーガードのごとき振舞いをしていた



あれには 古臭さだけでなく キナ臭さも感じる



数十年前 体育会系は完全に右寄りだった



学生運動の最中も 体育会系は学生なのに学校側についていた



そういう歴史を あのコーチの中に感じる



二十代中盤 私のボスは青学のラグビー部出身だった



彼とカラオケにいくと 十八番は『ラバウル小唄』



私は目が点になった



石原裕次郎を挟んで 最後は『唐獅子牡丹』



(唐獅子牡丹は右⇔左共通でしたが・・)



左寄りだった私は そういう世界にかなり面食らったが



慣れてしまうのに時間はかからなかった



そしてそれ(縦社会+任侠)は人を酔わせてしまう



私がその世界に心酔するのに時間はかからなかった



いつしか私のヘアスタイルは角刈りに変貌していた



単純なその世界はなぜか心地よいのだ だけど相当危険だ



あの世界がまだ生き残っていたとはねえ



元をたどれば戦中・戦前だよ



とすれば 根は相当深いと思わなけりゃね



“ザ・日大解体”くらいの荒療治が必要な話かも



いや 絶対必要でしょう これ!
北朝鮮が米韓合同演習を理由に南北高官級会談をドタキャンした



ついでに 米朝首脳会談開催にもアラームを鳴らした 「やらんかも」と



 「やっぱりな・・」 かぶってたネコがズリ落ち始めている



“あの”北朝鮮に いつまでもいいコでいられると ケツがムズムズしだす



粛清と圧政の世界ランク癸韻法“方美人は似合わない



そういえば日本にも 従来の辛口コメントをぶつけてきている



まあ 硬軟使い分けというか飴と鞭作戦というかそんなとこなんだろう



緊張感を演出しながら 自分のペースに持ち込み



交渉を有利に進めようとの思惑が透けて見える



なんだかんだ言いながらも 南北も米朝も会談は開催されるだろう



それはいいのだが 米国が北の体制を保障してしまったら



それ以降の北朝鮮はどうなるんだろう?



南北統一って 聞こえはいいし いずれは実現すべきことなのだが



東西ドイツのような統一のプロセスは 全然見通せない



ドイツの時だって 相当のハードランディングになってしまい



首相のホーネッカーは失脚させられ 悲しい末路をたどったし



今となっても 統一の混乱の残り火は消えていないようだ



北は完全な独裁国家だ 一党独裁ではなく 一人の独裁者による独裁だ



仮に 南北の経済交流が機能しだせば 人も物も情報も行き交うことになる



そうすれば どうしたって北の歪な統治体制が炙り出される



その時 北の人民はなにを思うのだろう



資本主義国家の「飽食」を垣間見て 自らの空腹をどう諌めるのだろう



冗談ではなく「食い物の恨み」が暴発してもおかしくはない



「王朝と取り巻きだけがたらふく食いやがって」の恨みは恐ろしい



粛清されてきた人脈も 復讐の機を逃しはしないだろう



統一に向って舵を切ることは 体制転換のスタートにもなりかねない



開国と鎖国を同時に進めることはできない



そんなシナリオは百も承知の三男坊 ここをどう乗り切るつもりなのか



一つ間違えば「第二のカダフィ」だし・・



ソフトランディングへの周到なシナリオが用意されているのだろうが



トランプという飛び道具またはジョーカーの存在が最大のネックだ



読めないこのカードの存在が 体制の存否を決する



最後にババを引くのは誰なんだろう



日本でないことを祈るだけだ
最近 あっちゃこっちゃで聞こえてくるセクハラ



官僚のとか田舎の首長のとかは 典型的なセクハラで見苦しい限りだ



言い訳すればするほど どんどんドツボにハマっていく構図は一緒



ああいう年恰好で「やってない」って言ったってだれも信用しない



だいたい 女性側に被害を公言された時点で もうほぼ白黒はついてる



そういう思いをさせたのなら 何を言ったってセクハラだ



さっさと謝罪して慰謝料を払えばいいのに アホな連中だ



しかし 私は思うのである セクハラは不公平だと



端的に言えば イケメンにはセクハラはない!



逆に言えば 我々「十把一絡げ」組だけが加害者になりうるということ



これを不公平と言わずしてなんという



いま問題になっているシチュエーション(呼び出して口説くみたいな)を



ディーン・フジオカとかがやったら(彼は絶対にやらんけど)



ほぼ問題にならんどころか 真逆の結果を招く可能性さえある



私が米倉涼子さんに呼び出され 情熱的に口説かれたら・・ (たまらん)



モチロン秒殺だ セクハラ? セの字も出るはずがない



バカな妄想を膨らましても しょうもないだけなんだけど



こういう実態がセクハラにあることは事実だ



来世はイケメンに生まれたいものだ
“はれのひ”の雲隠れ社長が観念して記者会見をしていた



堂々とした受け答えで あれはなかなかのタマだ



営業とか開発とかをさせると 剛腕を発揮するが



残念ながら イケイケだけのどんぶり勘定タイプだ



でも晴れの日を“土砂降りの日”にした責任は重い 



晴れ着を着れなかったお嬢さん達は本当に気の毒だ



悪いのはあの経営者であり お嬢さん達にはなんの罪もない



晴れ着が着れないので 成人式に出席しなかった方も多いと聞く



まあ気持ちはわかる そりゃそうだろう



成人式=振袖 はテッパンだから



でもとりあえず出ておくというのもありだったと思う



成人を祝ってもらうっていうのが 本来の趣旨だからね



ましてことがことなんだから 緊急対応だ



平服で出席していたら なんか毅然としててカッコイイ



わかるけど オマエはどうだったと言われそうだが



残念ながら二十歳のボクは成人式に出ていない



なぜかどこからもお呼びがかからなかったのだが



呼ばれても出るつもりはなかった



オトナが敷いた既成のレールに乗せられるのが嫌だったからだ



(ただの天邪鬼だろうって! それも大いにある)



おまえらに大人呼ばわりされる義理はないし



な〜んもめでたいことなんかねーし みたいな感じだった



やなガキだねえ



その日は 夕方から赤ちょうちんで一人コップ酒をあおっていた



自分では これぞ孤高ってなつもりだったが 最後は恨み酒となった



孤高も悪かない



孤高も極めればカッコイイ



でもTPOを誤ると‥  最悪だ
選挙戦たけなわだ



安倍さんのマッチポンプ選挙?かと思っていたら




そこに自己顕示欲クイーンの小池女史が唐突にしゃしゃりでてきた




出てきたはいいが 風を思いっきり読み間違えて いまや風前の灯火




野党が分裂しただけの『大山鳴動鼠一匹』で終わりそうな感じがする




立憲民主党の枝野さんの評価が高い




確かに筋を通したし 政治姿勢もそれなりに一貫している




安倍政権への批判票の受け皿にはなるんだろう
 



かといって 政権を取れるような規模も能力もない




結局 安倍政権は信任も不信任も4されない みたいで終わるんだろうなあ




しかし




この選挙のきっかけになったのは 舛添さんであり 桜井パパだ




舛添さんの一連の不祥事がなければ 知事選はなかった




さらに 自民党の出馬要請を桜井パパが受けていたら




小池さんが出馬を考えることもなかったと思う




桜井パパを『敵』にしての選挙では 小池女史でも勝ち目はないからだ




小池さんが都知事にならなければ 都民ファーストも希望の党もない




そう考えると 今回の政界再編を伴う衆院選挙は




桜井パパが起点だったことになる




これって 『風吹けば桶屋が儲かる』ってやつ… ?