FPのひとりごと

FPのひとりごと
ログイン

ひいちゃいました 夏風邪



何年ぶりだろう‥ なさけない



一昨日の夜に寝汗をかき 寝冷えをしたのが原因だろう



典型的なのど風邪なんだけど 微熱も出てきて 会社を早退した



いやいや“ずる”じゃないって



鼻はズルズルいってるけどね(←おやじギャグにもキレがない)



昼からベッドの上でワイドショーをハシゴしたのだが



どこもかしこも『藤井聡太の29連勝』だらけだった



『もうエエかげんにせえや!』とツッコミを入れたいところだけど



考えてみりゃあ ジッサイ凄い事なんだと思う これは



14歳の中学生が歴戦の兵(大人たち)を打ち負かし続けてるんだから



二人の倅に将棋を教えたが 勝てたのはいいとこ二戦目くらいまで‣・



こういう低レベルなおやじにとっては 驚天動地の世界といってもいい



性格もよさそうで なんか応援したくなる がんばれ!



久々の明るいニュースに ヒートアップするFPさんなのでした



*体温もヒートアップしてるような…

2017.06.27:tnwコメント(0):[メモ/その他]
よそんちのご夫婦をどうのこうの言ったって拉致は開かない



第三者には絶対わからない要素が夫婦にはあるからだ



それは相性という一言では片づけられないなにかだ



(相性に妥協と忍耐と諦念と年月を載せたら一言で言えるかも…)



ただそうはいっても『どうなんだろう…?』というご夫婦はいらっしゃる



山下達郎  物凄い音楽的才能の持ち主だ



クリエイターとしてもパフォーマーとしてもスゴい



ただ…



あの頃 竹内マリアのファンだった男なら 誰でも思いは一緒だろう



まあ 持ってかれて悔しいのが8割なんだろうけど



それにしてもどうなの… なんである



ラジオのトークでは 二人ともお互いの印象は悪かったらしいし



達郎が徹夜でマリアのレコーディングをサポートしたことが



結婚の決め手になったってことらしいが…



(それって いわゆるサクセンなんじゃないの)



(いやいや 下心あるでしょ そこに)なんてことは絶対に言えない



帰国子女かと思っていたら たった1年の留学だったっていうし



吉田拓郎とかのフォークソングが好きだったっていうし



中尾ミエとかが歌う“アメリカンポップ””が原点だっていうし



まあ なんやらかんやら勝手な思い込みが過ぎたんだね



だからといって 竹内マリアの値打ちが下がるなんてことはない



いやむしろ 我が好感度は上がるばかりだ



でもやっぱり



あの夫婦…



いまだに謎は深まるばかりだ

最近 You Tube を観ながら夜を過ごすことが多い



どこぞの阿保プロ野球チームが 惨敗を続けていることが原因だ



ところで You Tube って どういう意味? (←いまさら?)



『オマエ 管!』 みたいな?



ああーー ブラウン管テキなもん…  だよね(ちがうか)



最近は 竹内マリアの昔のトークにハマっている



ラジオでの吉田拓郎なんかとのトークがなかなかおもしろいのだ



二十代の初頭 あまり素性も知らずにアルバムとかを聞いていた



絶対ネイティブだろうと思われる英単語の発音と抜群のポップスセンス



そこにキュートなルックスとアイドル然とした佇まい 嫌いなわけがない



しかし そこに降ってわいたような結婚報道!



しかもお相手が ななんと山下達郎というではないか



アンビリーバボーだよ それ いろんな意味で



別に山下達郎が嫌いなわけじゃない いやむしろファンに近い



音楽の系統が近いというのは わかっていたけれど



いや でもだめでしょう それは



   つづく  …

1月に還暦になってもうた



人生の節目って言ってもいいよね 還暦なら



六十年も生きられたとういう事実がすごい 自分的に



くたばってても不思議じゃないことが山ほどあったのに



どっこい今でも生きてるってのがすごい ジッサイ



でもって 9月にはじいじになる これは嬉しい節目だ



ご先祖様+自分のDNAを後世に残せるということなわけで



なんかちょっと“ルーツ的”な責任を果たしたようで感動MAXだ!



さらに 明日から会社の代表者になる これも節目だね



順風満帆の航海なら文句なしだが 時化模様の中の出航になる



これも我が人生 また楽しからずや



さらにさらに 節目の50Kgを超えたのよ 我が体重が



1年ちょっとぶりのことなので これも節目だ



あと10Kg肥えて次の大台がほんとの節目だが



太るのにこんなに苦労するとは思わなかった



ってなことで



今年は なんだかんだ多くの節目を迎える年だ



自分の人生を棺桶から逆算するようになったいま



喜ばしい節目はどんどん迎えたいもんだ

2017.05.31:tnwコメント(0):[メモ/その他]
トランプ政権に黄色信号が灯っている



選挙期間中〜就任までで 当方が憂慮したとおりだ



まともに議会を通過した公約や政策はほとんどない



政権の重要ポストに穴が開いていることを含め 政権が機能していない



FBI長官の解任って・・ 事ここに至れば 完全な赤信号だ



ロシアゲートっていうより 独裁の入り口って言った方が正確かもしれない



ポジション的には 習近平やプーチンの独裁度とかなり近いし



米国が戦争して亡き者にしたイラクのサダム・フセインといい勝負だ



しかし どうなっちゃんだろう アメリカって国は・・



裏でいろんな悪さをしてきたことは ちょっと脇においといて



世界の民主主義を引っ張ってきたという実績と矜持があった アメリカには



それは確かなことで 専横ではあっても愚直なドクトリンだった



ときにウザさを感じても それがアメリカのアイデンティティーだった



それがなければ アメリカって国は一体どういう国になっていくんだろう?



少なくとも 有権者の約半分がトランプを支持したという事実がある



トランプ的な非伝統的な非アメリカ的な考え方に共鳴したということだ



この事実が重い めっちゃ重い



『背に腹は代えられない』ということなんのだろうが‥



情けないことこのうえない



アメリカに武士道などあろうはずもないが



ここは『武士は食わねど高楊枝』だろう ゼッタイ



60年生きてきて アメリカにジェラシーを感じないのは初めてだ



首筋に冷たい風が吹き始めている

寝正月があるのなら



寝GWがあったっていいだろう



いや ジッサイ この5日間は 寝GWそのもの



食料の調達以外は 全くどこにも出かけず ひたすらだらだらしていた



我が人生でも こんなことは初めてだ (入院以外は…)



おかげさまで体調はだいぶ戻ってきた(人間らしくなってきた)



体重も“痩せてないアイドル”くらいには?なってるにちがいない



寝GW  なかなかである



でもって 果報は寝て待てでもなかろうが



とんでもない吉報が飛び込んできた



長男の嫁さんが妊娠したっていう超ド級の吉報が!



いやいやいやいや でかした! まさにそんな気分!



9月にはじいじだ じいじ



還暦の年に生まれるということは 干支も一緒ということ



何かの縁を感じざるを得ないではないか



って もうすでに”じじバカ”状態



財布のひもがどれだけ緩むか思案する寝GWのFPさんなのでした

2017.05.07:tnwコメント(0):[メモ/その他]