FPのひとりごと

FPのひとりごと
ログイン

本日誕生日を迎えた私



はい! そうです! 60歳! 還暦です!



いやーーーー 60歳  60歳  60歳 ・・・



ちょっとセンセーショナルな響きはあるけど



本人的には 60歳だからって 特に感じるところはない



でも「60年生きた」ということには ちょっと感じるものはある



それが長いか短いかと問われれば これは圧倒的に長いと思う



幼少期の思い出など もう遥か彼方って感じがする



さすが還暦 暦が一回転だ



この60年 まあしかしいろんなことがあった ありすぎた



自分で言うのもなんだけど 激動の人生だった



人生の一回転というのは まさにこういうことを言うんだろうねえ



この先何年生きられるんだろうか?



山あり谷ありだった人生



これからは せめて 山を低くし 谷を浅くしたいものだ・・



なんてのはゼッタイ無理なので



二周目もガンガンいかせていただきます ガハハハ



(バーモント)華麗な人生で (ヒデキ)カンレキ!!
2017.01.11:tnwコメント(0):[メモ/その他]
YOU TUBE で懐メロを引っ張り出しては



一人カラオケをするのが 最近のマイブームだ



あまりの懐かしさに涙したり 薄れていた記憶の糸をたどってみたりと



なかなか充実した時間を送れるのに これがタダなのがいい



最近ドップリなのが エディー潘と西城秀樹だ(知らんよね・・)



エディーは“横浜ホンキートンクブルース”の生みの親



んなこといったってわからんと思うけど



松田優作とか原田義雄とかがカバーしてる シブ〜いブルース



とても歌いきれないけれど 浸りきれる名曲中の名曲だ



西城秀樹は年齢的にはほぼタメ = アラ還



新御三家なんて言われていた頃には 全く関心もなかったのだが



脳梗塞でリハビリ なんて聞くと とても他人事には思えず



全盛期の歌う姿などを引っ張り出してみるのだが



これがみごとにセクシー 唖然とするほどセクシー



こりゃぁー女の子が熱狂するわ 当然だわ



持って生まれたもんがちがうんだね いやはや



若いときの自分をどう転がしたって あんな色気は出やしない



やっぱスターってやつは育てるもんじゃないってのがよくわかる



またステージに立つために 必死にリハビリをしているらしいけど



やりすぎはダメだよ やりすぎは(←人のことは言えませんが・・)



過去の栄光にすがる その気持ちが痛いほどわかるだけに辛いのだけど



時に身を任すことも必要だよね



って言えば言うほど自分に返ってくる  Uu・・



ま 死ぬまで無理だね   おたがい
2016.11.17:tnwコメント(0):[メモ/その他]
お隣の韓国に激震が走っている



大統領のお友達による国政介入疑惑だそうだが



大統領自身の積極的関与も疑われ 検察の捜査も入るとのこと



辞任しなければ また大規模なデモが起きるだろうし



かといって辞任すれば 不逮捕の既得権がなくなって



一般人として逮捕・起訴される可能性が高い(ような気がする)



最悪のシナリオは 戒厳令→軍の介入→軍政→民主主義の崩壊 だが



北朝鮮も密かに爪を研いでいるだろうし



いやはやどうなっちゃうんだろうねえ この国は



いくら毀誉褒貶が激しいお国柄とはいえ



歴代大統領経験者の末路は悲惨すぎる(暗殺・投獄・死刑・自殺)



韓国人のお友達もいて 一人一人はみんないいやつばっかりなのに



お国事情となると 相当憂慮しなければならない



どうやって収集するのか 全く予断を許さない
2016.11.15:tnwコメント(0):[メモ/その他]
世の中には 絶対にかなわない人が山ほどいる



冷静に考えてみれば それは間違いのない事実だ



しかし なんやかやをかこつけて それを認めないのも人間だ



例えば



i-PS細胞の山中教授には 地球を一周逆立ちしたって 頭ではかなわない



人間性も立派でらっしゃって これもかないそうにない



でも ルックスでは ちょっと勝ってるかも みたいな‥



(あくまで主観=思い込みです)



でも



すべてにおいて 全くかなわないと認めざるを得ない人もいる



私の場合 それは平尾誠二だった



言わずと知れた 日本ラグビー界の貴公子だ



高校 大学 社会人で何度日本一になったのだろうか



スタンドオフというポジションが これほど似合う人を見たことがない



ラン パス ステップ キック すべてが華麗だった



これだけでも ラガーマンになりたかった私には垂涎の的なのに



ハンサムでスマートで頭脳明晰で弁舌さわやかときた



そこに指導者としてのカリスマ的なリーダーシップまで入ってくるわけで



完膚なきまでに どっから見ても絶対かなわない人であった



それが



53才という若さで逝ってしまった



神様がその才能に嫉妬したとしか思えない



ただただご冥福をお祈りする
2016.10.31:tnwコメント(0):[メモ/その他]
私が働くオフィスは 街のど真ん中にある



地図上で見ても 商圏で見てもど真ん中だ いや だった・・



かつて ここには大型スーパーといろんなテナントが入っていて



ちょっとした規模のショッピングモールを形成していた



日常生活に必要な物はほとんどそろっていたし



フードコートやゲーセンやプリクラがあったので



今では考えられないくらいの客で ごった返していた



それが



今や ゴーストタウン 



眼前に広がる風景は 『荒涼とした』という表現がぴったりだ



一度ご覧になればいい(映画のワンシーンみたいだ)



もっとも 照明も街灯もないので 近づくのも難しいが・・





諸事情で キーテナントだった大手スーパーが郊外に移転したため



中に入っていた全テナントも撤退せざるを得なくなり



結局 当社だけが行くあてもなく残ってしまったというワケ・・



ゴーストタウンになって もう1年半以上にもなる



ここだけでなく 周囲の商店街のひっそり感は相当のものだ



夕闇が迫ると 街灯もまばらなこの通りの侘しさは倍加する



なんとかしなきゃねえ・・



こうなった原因はいろいろあるんだろうが



突き詰めれば 街に元気がないから ということになる



『元気があればなんでもできる!』じゃないけど



元気があれば 商圏のど真ん中がもぬけの殻 なんてことはないと思う



なんとかしないといかんよねえ つくづくそう思う



街を元気にするには どうしたらいいんだろう? 



簡単だ



街に魅力をつけて 人を呼び込めばいい



そうすりゃ 黙ってても街は元気になる



でも残念ながら ここで起こっていることは真逆だ



街に魅力がないから 人が来ない     さびしい・・



なにもしないでいたら 街全体がゴーストタウンになる日も近い




2016.10.27:tnwコメント(0):[メモ/その他]
いやね どうも 治ったっぽいんです アタシ



ブログを見返してみると ここ2年ほど繰り返していた体調不良



これがね どうも 治ったっぽいんです ハイ



いままで何回も全快宣言をしては 前言撤回の繰り返し



またかよ!と思われるのもなんなんで ちょいと首をすくめておりあしたが



いや こんどこそは! っちゅう感じがあるんです ハイ



まあ結局原因はわからず 何がどう収束したのかも藪の中なんですが



いろんなところにご迷惑をおかけしたのは事実なので



関係者の皆様に 伏してお詫び申し上げます



『スンマソン』  ← こういうところが全快リーチの証!?



正直いろいろと手は尽くしたんですが



『困ったときの・・』で お祓いしてもらったら 効いちゃったみたいな・・



同級生のインチキ神主だから いつまでモツかはわかりませんが



初穂料分くらいは効いてもらわんとね



ということで ここに宣言します 絶好調!!  にリーチ  と



2016.07.28:tnwコメント(0):[メモ/その他]