FPのひとりごと

FPのひとりごと
ログイン

こういうのを四面楚歌とか『八方塞り』っていうんだろうねえ



いや だから あの方… 某独裁国家の絶対君主 そうそう あの三男坊



意気揚々と出かけたベトナムで まさかの意趣返し 嗚呼無常



まさに『親の因果が子に報い』ってやつだ



そりゃあアメリカだって何度も騙されるほどお人よしじゃない



事前のリサーチでは 戦利品を手に意気揚々のご帰還だったはずが



真逆の結果に意気消沈 玉虫色の新聞歩道でケムに巻いてはみたものの



国民だってバカじゃない 早々に手ぶらのご帰還と理解する



圧政と空腹に耐え続けて数十年 



『白いご飯と肉のスープ』はまた遠のいたわけで



その国民の内なる怒りのパワーは相当なもんのはずだ



さらに軍だって黙っちゃいられない



先軍政治はいいけれど 倒すべきは憎き米帝だよなと



その敵国に主導権を握られる展開じゃねーか



ちょまてよ 冗談じゃないよ 俺達だって黙っちゃいねーぞ と



さらに贅沢品をもらって手なずけられてた特権階級の連中だって



貰うものを貰わなきゃ言うこと聞かんぞ となるだろうしねえ



いまや 援軍になってくれそうなのは中露両国しかないが



でも この両国だって 米国に経済的に苛められてる関係上



顔色を見ながらのそこそこの応援しかできそうもない



いやはや にっちもさっちもどうにもブルドッグ はっ! だ



問題の核心は 北の核放棄の猖楜づ戞匹箸いΔ海箸砲覆



本気が米国に感じられたら プロセスは問題にならないから



段階的解除でもえーよ! となるはずだが そうはなっていない



やっぱ本気じゃないからだ



手元に犖廚了辧匹魏溝犬靴燭いための画策をいくらしても



本丸(米国)は落とせんぞ ということだ



体制保証さえしてもらえば 核なんぞ放棄してもよさそうなもんだが



どうしてもリビアの悪夢が頭をよぎる



そりゃあカダフィみたいにだけはなりたくないしね



でも 持久戦になったら勝負は見えてるし  にっちもさっちも…



決着はどうなるって?



んん〜ん 核の完全放棄しかないよなあ どう考えても



で その先は?



いずれにしても王様の行く末はまったくもってわからない
2019.05.06:tnw:count(144):[メモ/その他]
copyright tnw
powered by samidare
▼この記事へのコメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。