HOME > 停車場風景

未来に伝える鉄道風景展8

  • 未来に伝える鉄道風景展8

 松永政和さんの「おらだの会の朝仕事」。成田駅で花壇の整備作業をやっていた時に撮影されたものです。最後におらだの会が登場するのは手前味噌みたいで恐縮ですが、作業している奥に注目してください。

 

 作業をする私たちの後ろに、列車に乗り込む高校生の姿がありました。松永さんが未来に伝えたい風景として、この写真を選択してくれたことをとてもうれしく思います。高校生は、「あのおじさんたちはウザイなぁ。」と思っているのかもしれませんが・・・。(笑)

 

 さて、「未来に伝える鉄道風景展」の作品紹介はこれが最後になります。今見えている風景もすぐに過去のものとなるのかもしれません。おらだの会のメンバーも一つずつ年を取っていきます。けれどもこの写真のように、ホームで子どもたちとつながっていけるような光景が永く重ねられていくことを願っています。

2022.11.10:orada3:コメント(0):[停車場風景]

未来に伝える鉄道風景展7

  • 未来に伝える鉄道風景展7

 松永政和さんの「補植の朝仕事」。雪を抱いた山並みが見守る中で、何千年もの間続けられてきたであろう田植え作業が行われている。奥山と田んぼの間を走るフラワー長井線もまた100年もの間、この風景の中を走って来た。

 

 田んぼで働く人々は、その列車の音に時間を知り、そろそろ家に帰る時間であることを知ったのだろう。変わらぬ風景の中で営まれてきた暮らし。季節の移ろいの中で繰り返されてきた暮らし。その暮らしの中に鉄道もあったのだろう。

 

 

【おらだの会】 本日より冬季間は、駅茶はお休みとさせていただきます。硬券の発行、スタンプの押印につきましても休ませていただきますのでご了承ください。なお、ご質問等がございましたら、問い合わせフォームをご利用くださいますようお願い申し上げます。

 

2022.11.08:orada3:コメント(0):[停車場風景]

未来に伝える鉄道風景展6

  • 未来に伝える鉄道風景展6

 今回は遠藤博さんの「走れ 走れ」。じーっと眺めていると、景色の流れるさまが走馬灯のように思えてくる。それは故郷の想い出のようでもある。時の流れの中に立っているのは淡い恋心を抱いた女生徒であろうか。原由子さんの「花咲く旅路」のフレーズが思い浮かんだ。

 

  はるかな空の果て/想い出がかけめぐる

  世の中はああ世の中は/なぜこんなに急いてと流れてく

 

2022.11.02:orada3:コメント(0):[停車場風景]

未来に伝える鉄道風景展6

  • 未来に伝える鉄道風景展6

 長井線祭りも終えて、穏やかな時間が戻って来た。「未来に伝える鉄道風景展」の紹介を再開したい。今回は加藤弘一さんの「列車通学」、時庭駅の風景である。

 

 日大山形高校の放送部員からの「長井線での一番の想い出は何ですか?」という質問に、「他校の女生徒の制服が白くまぶしく見えたこと。」と答えた人がいた。いつまでも懐かしく想い出される青春の一コマであろうか。

2022.10.29:orada3:コメント(0):[停車場風景]

未来に伝える鉄道風景展5

  • 未来に伝える鉄道風景展5

 歌丸の人さんの西山からの風景「黄金の里」である。盆地に広がる田園がずっしりとした黄金色に染まる。まるで収穫のこの時を迎えたことを誇示するような存在感が感じられる。

 

 歌丸さんは「雑木が伸びて今はこの風景を見ることはできなくなった。」と教えてくれました。見ることができる景色も変わるのだろう。

 

 我が家から仰ぎ見る山並み、高台から眺めるふるさと。盆地の中で繰り返される季節の移ろい。それは時には疎ましく、時には懐かしいものである。山形県を代表する詩人・真壁仁の「峠」という詩を思い出した。

  → 帰りたくなったら・・・:おらだの会 (samidare.jp)

2022.10.19:orada3:コメント(0):[停車場風景]