HOME > 駅ノートイラスト館

35分の仕事か?

  • 35分の仕事か?

 フォークとナイフを持ったこのキャラクターが登場する作品は、初めて見たような気がします。作品に描かれた「209D→214D」が山形鉄道の列車番号だとすると、下り13時4分着の列車で羽前成田駅に到着し、13時39分の上り列車に乗車したことになる。35分間の作品ということになるが本当だろうか。そしてその後の足取りも気になるところだ。

2021.12.10:orada3:コメント(0):[駅ノートイラスト館]

もっちぃの表情が素敵です

  • もっちぃの表情が素敵です

「もっちぃに会いたい」さんの作品です。成田駅の特徴である車寄せの半切妻の屋根が描かれています。少ない描線ですが、成田駅の雰囲気がよく出ているなぁと思います。そして何よりももっちぃの表情が素敵です。こんな絵をスラスラ描けるのが羨ましいです。

2021.11.28:orada3:コメント(0):[駅ノートイラスト館]

驢馬さんのお散歩風景

  • 驢馬さんのお散歩風景

 先月開催した駅ノートイラスト展は、多方面から反響がありました。羽前成田駅のノートには、その後もノート画家の方がおいでになり、見事な作品を残していってくださいます。その作品をそのままにしておくのはもったいないので、イラスト館を開設することにしました。第1回は驢馬さんの作品です。

 

 驢馬さんの展示会時の作品は白兎駅でしたが、今回は白兎駅から羽前成田駅に続く農道が舞台です。黄金色に輝く稲穂と西に連なる葉山連峰の景色は、私たちにとっても故郷を象徴する景色です。驢馬さんはその風景を「心がときめく」と表現してくれています。驢馬さんはその後、成田駅界隈を探検されたようですが、それは次回紹介します。お楽しみに。

2021.09.17:orada3:コメント(0):[駅ノートイラスト館]
1