HOME > イベント情報

12月11日 100周年イベント

  • 12月11日 100周年イベント

 今朝の新聞折り込みに、長井線鮎貝延伸100周年記念イベントのチラシが入っていました。11時から18時までマルシェや太鼓演奏、記念花火も打ち上げられるそうです。当日は羽前成田駅でも午前10時から記念式典を予定しているが、鮎貝駅は大掛かりのものになるようだ。

 

 100年前の祝賀の様子を当時の米澤新聞は次のように伝えている。「ややしばしして今度竣工した延長線の終点、鮎貝駅に到着すれば、同駅はまた前の二駅に倍した見物ながらの出迎えで、一面人の波を現じ、折から上がる花火と共にその慇賑さは大したもの。駅前の如きは全く身動きもならぬ程であった。歓迎の緑門を過ぎ、新道の両側にほどこした電燈仕掛けの装飾柱に沿って、会場の鮎貝小学校に至れば万端の準備遺漏なく 開通祝賀式会場としてふさわしく飾られておった。」

 

 来年の4月22日は荒砥までの全線開通100年である。私たちは100年の歴史から何を学び、何を次代に伝えることができるのだろうか。節目毎に行われる事業は、沿線としての在り方を考える良い機会だと思う。

2022.12.03:orada3:コメント(0):[イベント情報]

12月11日は開業記念日

  • 12月11日は開業記念日

 明後日は師走。100年前の12月11日は、成田駅が開業した日にあたります。当時の米澤新聞には、「汽車ごとに万歳を浴びせた開通日の鮎貝線/同地方空前の大賑わい/老若男女我も我もと新駅に」との見出しが躍っています。

 

 12月11日は運よく日曜日。山形鉄道㈱あるいは沿線自治体で記念事業も計画されているかと思いますが、羽前成田駅ではチラシのような事業を予定しています。どうぞおいでください。

2022.11.29:orada3:コメント(0):[イベント情報]

今日も今日とて

  • 今日も今日とて

 長井高校写真部展で毎回楽しみにしているのが、コメント又はキャッチコピーと写真を一緒に見ることである。今年も素敵な作品ばかりですが、その中で私が特に興味を引いたのが「今日も今日とて列車は来る」とした作品でした。茫洋とした男子生徒の向こうから、それも茫洋とした列車が入ってくる写真である。決まった時間には列車がやってくるという日常をこんな風に表現した作品を初めて見たような気がした。

 

 今日の地元紙の記事に「友情や恋、進路に悩む姿などを映した作品が多い。何を考えて撮影したのか思いを巡らせて楽しんでほしい」との部長の談話が載っている。そのコメントのとおり、作品をとおして作者の心情に思いを寄せることができるのが楽しいし、青春時代の自分と重ねてみるのも面白い。生徒に教えられたフレーズで句を作ってみたくなった。

 秋時雨 今日も今日とて 汽車は来る

 

【おらだの会】長井高校写真部展は、本日6日午後4時までです。お急ぎください。

2022.11.06:orada3:コメント(0):[イベント情報]

物語のある風景

  • 物語のある風景

 長井高校写真部の「物語のある風景展」がスタートした。列車という空間の中に一人だけの生徒の姿。ホームで列車の進行方向を確かめているような眼差し。ホームにぽつんと立つ生徒は何を見ているのだろう。同じようなシチュエーションでありながら、そこに描かれているのは思春期のそれぞれの心の風景のように思える。

 

 前期の7人展のテーマは「未来に伝える鉄道風景」でしたが、高校生の作品は「今の私の鉄道風景」といえるかもしれません。サブテーマに「この場所は100年前にも、100年後にも思いを馳せる不思議な場所です」とありますが、鉄道のある風景はそれぞれの世代にそれぞれの思いを感じさせるようである。改めてなんとも不思議な場所に思えて来る。

 

 長井高校写真部展は11月3日(木)から11月6日(日)までの午後1時半から4時までとなっています。どうぞご覧ください。そしてあなた自身の物語を綴ってみてください。

2022.11.04:orada3:コメント(0):[イベント情報]

長井高校写真部展がスタート

  • 長井高校写真部展がスタート
  • 長井高校写真部展がスタート

 いよいよ11月3日から長井高校写真部展がスタートします。「物語のある風景」と題した当駅での写真展も今回で8回目となります。羽前成田駅開業100周年にちなんで、「この場所は100年前にも、100年後にも思いを馳せる不思議な場所です」のキャプションも素敵です。

 

 会期は11月3日(木)から6日(日)までの4日間、午後1時半から4時までとなります。高校生が紡ぐ長井線物語を堪能ください。

 

 

2022.10.31:orada3:コメント(0):[イベント情報]