もっちぃの表情が素敵です

  • もっちぃの表情が素敵です

「もっちぃに会いたい」さんの作品です。成田駅の特徴である車寄せの半切妻の屋根が描かれています。少ない描線ですが、成田駅の雰囲気がよく出ているなぁと思います。そして何よりももっちぃの表情が素敵です。こんな絵をスラスラ描けるのが羨ましいです。

2021.11.28:orada3:コメント(0):[駅ノートイラスト館]

PⅤ100万回を越えました

 おらだの会がsamidareにブログを開設したのは今から9年前。その後、容量オーバーによって2度引っ越しましたが、先日、最初に立ち上げたもののページビューが100万回を越えました。2012年7月1日から2018年5月まで投稿していたものですが、今でも覗いてくれる人がいるようで嬉しく思います。

 

 「これからはインターネットの時代だよ。」と、ブログを設定してくれた若い友人たちに改めて感謝致します。そしてネットをとおしておらだの会と山形鉄道を応援してくれている皆さんにも御礼申し上げます。これからもどうぞよろしく願いいたします。

 

samidareへの最初の記事はこちらから

→ 停車場ノート① 発車オーライで~す:山形鉄道 おらだの会 (samidare.jp)

 

2021.11.26:orada3:コメント(0):[駅茶こぼれ話]

キャンペーンは終わったけれど

  • キャンペーンは終わったけれど

 長井線キャンペーン2021は終了しましたが、リボンマグネット募金はまだ受付中のようです。山形鉄道のホームページでは12月31日までの申込期間となっています。ただし、なくなり次第終了とのこと。おらだの会でも応援したいと思っています。

 

 それはさておきこのチラシをよ~く見てください。水鏡の写真なのかと思いましたが、どうも同じ写真を上下に貼り付けたようです。でも、上と下で車両の大きさが違って見えるのは私だけでしょうか。リボンマグネットならぬリボンマジックでしょうか。

2021.11.24:orada3:コメント(0):[イベント情報]

お父さんとの小さな旅行

  • お父さんとの小さな旅行

長井高校写真部展の作品を一つ紹介したい。

 

「お父さんとの小さな旅行」と題したこの写真には次のキャプションが加えられている。

  この微笑ましい様子は

  私の幼い頃の思い出をよみがえらせてくれた

 

週末、長井線の列車には家族連れの姿がチラホラ見えるようになった。駅舎から手を振ると、子供もニコッと笑って手を振ってくれる。その様子を見ている両親も笑顔を返してくれる。

 

子供たちには家族とのこんな小さな旅の記憶が、いつまでも残っているのだろう。

2021.11.22:orada3:コメント(0):[イベント情報]

長高写真部展の深~い鑑賞方法

  • 長高写真部展の深~い鑑賞方法

 写真部展のテーマは「高校生がつくるフラワー長井線ものがたり ~ 物語のある風景」。それにふさわしく、それぞれの作品には短い詩やコメントが添えられていて、写真と言葉で生徒たちの心象風景が表現されています。

 

 

 例えばポスターとなったこの写真には、「境界 長井線と米坂線、町と街 ここは様々な乗り換えが行われる場所」と。自分の目の前に広がる光景の中で、自分の立ち位置を探している姿があるようにも思えます。

 

 

 高校生の作品を鑑賞しながら、あの頃に思いを馳せて自分だけの物語を書いてみてはどうだろうか。

 

2021.11.20:orada3:コメント(0):[イベント情報]