FPのひとりごと

FPのひとりごと
ログイン

どこからともなく
黒塗りの 乗用車が
3台 やってきて
我々の 傍らに スーッと
停まりました
そして 黒いスーツの軍団が
車を 降りて 花道を つくり
その花道を ボスが 肩を いからせて
歩いてきました
車のライトが 逆光に なっていて
誰やら よく わかりません

ボス いきなり 連中のバイク
5・6台を 蹴って 倒すやいなや
『てめーら 俺の舎弟に なにをしやがる!!』
と 啖呵を 切り やにわに 振り返って
私に ウィンク しました

『バイト〜』
『おお親分・・・』

劇的な再会 です

本物の迫力の前に 族も 恐れをなし
蜘蛛の子を 散らすように
いなくなりました

助かったことは 助かったんだけど・・
でも どうして ここが わかったの?

親分 ニヤッと笑って
『企業秘密!』

あれから もう 30年・・・
親分とも 会っていないし
相当な 高齢に なっているんだろうけど
私が また 危ない目に 会ったら
また スーパーマンのように 現れて
助けてくれるような
そんな 気がして なりません

             (完)

【後日談】
 後日 族のヘッドが 謝罪に 来ました
 それは まあ よかったんだけど・・・

 『すみませんでした その筋の方 とは知らず・・・』
 (ちがうってば ま いいか・・)
 『実は 人違い だったんです』
 (え〜!)
 『俺ら あんたみたいな “おっさん”を
  襲ったり しませんから』
 (って なんだよ それ おっさんかよ!!)

 なんでも 他の族のメンバーと 間違えたんだって

 『ところで どちらの 組に いらっしゃるんですか?』

 『いや だから ほら あの 難波(ナンバ→ナンパ)組だ!』

 『???』

  おおうそ ついて しまいました
  ごめんなさい!! 
2007.05.25:tnw:count(3,892):[メモ/バイトの帝王]
copyright tnw
powered by samidare
▼この記事へのコメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。