連休は……。

世の中は4連休と大騒ぎ。
昔からあんまり連休で休んだこともなく。

一番初めにお金もらう仕事したのは、読売ランドの水中バレエの衣装部の責任者。

読売ランドは知ってても、水中バレエなどというものは、もう誰も知らないでしょうね。
その後本社のT衣装会社へ。
そこをやめてフリー。
そして元嫁のうちの店へ。

あんまり連休とかはない仕事だった。

仕事してるのが苦痛じゃなかったので、あんまり連休とか、世の中の休みと関わってないということだ。

まあ今でも仕事が、自分の作ったカリーが好きなんで困りもんだ。

上山の御夫婦、今日はありがとう。
2020.09.19:jay:[今月のジャイ]

”ドウド・ダヒ”をつくりましょう。

ランチのSWEETは、”ライスパフのキール”だけど、ランチ3人様で後2人分だけになったので、ディナーに違うSWEETをつくることにする。

久しぶりに”ドウド・ダヒ”を作ることにする。
これはアングロインディアンのSWEETで、あんまり知られていないSWEETだ。
勿論インドでの話で、日本では誰も知らないでしょう。

ドウドはミルク。
ダヒはヨーグルト。
スパイスは使ってないSWEETです。
2020.09.17:jay:[今月のジャイ]

喜んでくれる人は嬉しい。

昨日作ったVegetarian Kariを仕上げた。
やっぱり出来立ては香り高く美味しい。

まあわかんない人にはわかんないだろうし、店へも来てくれない人だろうし。

ランチは何度かインドへ行った人から、ここが美味しいと聞いて来てくれた2人連れ。
もう1人は何度か来てくれてる人。

ブルーベリーのチャトニーを喜んでくれたので、さくらんぼのチャトニーもサービスで出してあげた。
2020.09.16:jay:[今月のジャイ]

休みだけど。

休みだけど店へ出た。

やることはいっぱいあり、カリーやマサーラーをつくったり、と。

まずはVegetarian Kari。

アールーとガージャルの皮をむき、適分に切り、プールゴービィと一緒に茹でる。
途中でフラッシュビーンを加え、マタルも加え。

煮上げた後にベーガンを切り分け、グッチと油とマサーラー(ゴールミルチ・ダニヤーシード・そしてラーイーシード・ズィーラーシード)の中で香りを移し、これも鍋に加え、タマータルを加え、ダヒの中にパウダーマサーラー(ダイヤー・ミルチ・ハルディーミルチ)とソーンフのシードとナマクを加えて出来上がりです。

ようやくVegetarian Kari(ピュアなVegetarian Kari。別名アール・マタル)の出来上がり。
2020.09.15:jay:[インド料理のあれこれ]

宅配を出す。

クマさんと星川さんと立石さんへ、宅配を出した。

タンドリー用鶏ももが8つあったので店用に1本残しておいて、と思ってたのに全部出したようで、ディナーに来たお客様に迷惑をかけてしまった。

今日ももを新しく買ったので、それを漬けてる間に手羽元2本あったのをサービスとしてプレゼント。

昨年も来てくれたそうで、タンドリーを漬け込み、焼くのを待ってくれたのでありがたいお客様でした。
仙台から出張とのこと。

おいしいと料理もお菓子も綺麗に食べてくれました。
ありがとうございます。
2020.09.14:jay:[今月のジャイ]