ハリーム

ハリームとは本来ムガライ料理であったもので、
35年以上前下北のアシュンと料理研究会スパリヴァーラムをやってたとき
ハリームもつくりました。
それは鶏のハリームでした。
今私の手元にある本でハリームが出てる本が9冊あります。
明日それらを検討して調べます。
お楽しみに。
2018.10.14:jay:[インド料理のあれこれ]

ジャイの日の料理は

今日もランチは相変わらず、ディナーは2人。
大阪の奥様と米沢の女性。
その後茨城大の山田戦線に今月やるジャイの日のハイダラバードのことで
いろいろご意見を伺った。
そしてハイダラバードハリームに行き当たった。
ハイダラバードのハリームとはその土地の作り方だけでつくられ
レストランも限定されてるハリームだそうです。
ハリームについてはウィキペディアでもハイダラバードハリームが載ってます。
2018.10.13:jay:[インド料理のあれこれ]

何でもカレー

今日も相変わらず。
山形の新聞に豊橋の青年たちがキッチンを積んだ車で北海道からカレーを食べさせる旅行してるというのが載ってたけど、
営業許可とってるのかしら。
都道府県で営業許可も違うだろうに。
まあそんなことより何でカレーなんだろうね。
私自身はカレーもつくるけど
インド料理が好きなので。
カレラはどんなカレーを目指してるのか、
何も書いてなかったけど、ただカレーを出してるだけで
取り上げられるのは幸せな話だね。
私は前に記したようにインド料理が好きなのだけど、
東京の時、TV番組でNo.1になったカレーもつくってたけど、
今は昔。
2018.10.12:jay:[インド料理のあれこれ]

ディナーは読書

ランチの女性といろいろ話して、インドというのはお札に15の公用語が書かれていて、
左から右へ、右から左へとつながりが別な文字もあるし、
それだけ文化も違うと
その他にも宗教によって食事が違うし
ジャイナ教がピュアなVegetarian出し、パースィという紀元前から伝わる
イランから亡命してきた人たちの宗教もあるしと
興味を持ってくれたようなので、
嬉しい限りだ。
その後久しぶりの寒河江の人と若い男性一人。
みんな喜んでくれてたのでめでたしめでたし。
ディナーは読書。
2018.10.11:jay:[インド料理のあれこれ]

マサーラーのピヤーズをすりおろす

ランチ一人。相変わらず状態。しかしやることはいっぱい。
でも本を読んでしまう。さて、これからマサーラーのピヤーズをすりおろす。
4kgなので、もう皮はむいてあるが、すりおろすためのプロセッサーが新しく買った普通家庭用なので、どのくらい時間かかるかわからない。
それとシャミカバーブも下ごしらえをしておかなきゃということで。
作業開始8:30pm。
うちのマサーラーは今はどこでもあんまりピヤーズを炒めないくなってきて、
せいぜい15分くらい、ところがジャイは8時間以上炒めてるのです。
みんなよそ様は効率を考えて、料理をつくってるので
それに反発して8時間以上、10時間近く炒めている。
あんまりガス代とか考えない人間なので。
馬鹿かと言われれば馬鹿ですとしか言いようのない人間なので…
2018.10.10:jay:[インド料理のあれこれ]