HOME > 今月のジャイ

いろいろ下準備。

昨日の続きのラベルを書き、小袋に貼り付けた。

全部で9人分なので、100枚以上の小袋を使った。
明日からマサーラーを1つずつ分量に入れていきます。

明日カリーを発送するつもりなので、これも品名のラベルを貼ります。
3人分かな。

ムルグカリー(3)、ムルグマサーラー(1)とヴェジタリアンカリー(3)、ピクルス(3)とチャトニー(2)、タンドリームルグテッカ(8本)です。

仕込みの方はズィーラーを空煎りして、すりおろす。
これは料理教室用だ。

もう8時なので、あと30分で看板を消します。
隣の店は看板を下げてるみたいだ、時短なので。
でも早いよ。
2021.04.15:jay:[今月のジャイ]

店は相変わらず。

今日はともかく、申告書を書き上げます。

ディナーには、料理教室のラベルを書き込みます。
時短で早く帰らなければならないので、何処まで終るかわからないけど。

明日からはマサーラーを測り、用意しよう。

マサーラーを袋に入れる準備と、タンドリームルグテッカを漬け、焼き、注文受けてるお客様へ送る準備も。
2021.04.14:jay:[今月のジャイ]

忙中閑。

休みだったけど税金の申告を書き上げ、清書は明日でということで。

いつも何でもギリギリにならないと行動しないという悪い癖が。
まあ死ぬまでなおらないでしょう。
もうすぐなので、ということで。

まだまだ忙中閑ありで、何度も読みかえしてる時代小説を読んでいます。
2021.04.13:jay:[今月のジャイ]

日本のパニールは?

デリーの友人のI.P.カレッジの教授だったインドゥ・ジャインさんとこへお邪魔すると、パニールの入った料理で歓迎してくれました。

デリーのチャンドニーチョークというデリー城から大手通りのような大きな通りがあり、片側には小さなお店がいっぱいあります。
サリー屋さんも沢山ありますが、日本人だけで言っては結局わかんないでしょう。
何処に何があるか。

そのチャンドニーチョークを突き当たりまで歩いて行った所に、パニール屋さんがありました。

豆腐のように(豆腐より固いので)積んであります。

その写真は旭屋出版から出された”おいしいチーズの本 THE BOOK OF CHEESE”1998年版の8Pに、インドオールドデリーのチーズ屋として、パニール屋さん載ってます(私が写真提供)。

仙台でインドレストランを経営してた時、パートの大学生がアムス西武ビルの中のインドレストランのパニールがなめらかだというのでそのレストランに行ってみたら、何のことなく滑らかな筈、豆腐でした。

マネージャーを呼んで、「これ、パニール?」と言ったら平気な顔をして「日本のパニールは豆でできてる、インドのパニールはミルクでできてるんだ」と言ってた。

インドレストランならミルクで作ったパニールを出せよと思ったけど、そのお店のオーナーと知り合いだったので「まあ、しょうがないか」と思った。
2021.04.12:jay:[今月のジャイ]

パニールをつくります。

今日はPANEERをつくることにしました。

パニールは牛乳をレモンの絞り汁で、蛋白質凝固させたものです。
いろんな人によって作り方が違うようです。

私の場合は極くシンプルに、成分無調整の牛乳1リットルにレモンの絞り汁1ケ分加え、分離してきた固まりと透明な汁になったら、金ザルにガーゼを敷き、その上に固まりをのせ、ガーゼの上を絞り、水道の蛇口に吊しておくと余分な水分が落ちてきます。

3時間ほど吊るしておき、それをガーゼから取り出して使います。

もう少し丁寧につくる時は、30分位吊るしたら入れ替えると、絞っていたところも平らになるようにします。

これでお菓子をつくったり、料理を作ったりします。

カリーに入れる場合には小さく切り分け、油で揚げておきます。

また、そのまま冷凍しておくことも可能です。
2021.04.11:jay:[今月のジャイ]