HOME > 記事一覧

『UPPER CRUST』.

『UPPER CRUST』という雑誌があるのだが、今回で20年になるというのだが、2003年13号をみて、2004年19号からずっと取り扱い業者をやってる荒井君を通して購読してたが、いつの間にか80号=20年記念号までなってしまった。

この本は写真も豪華で、レストランと観光地を巡る雑誌なのです。

13号にはアーシャ・ボースレーがドバイにレストランを出した、という話が写真入りでのってました。

この本は昔のインドの雑誌と違い、カラーも綺麗です。
2020.02.03:jay:[今月のジャイ]

マサーラーをつくる。

ゆうべ、がんばってピヤーズをすりおろして帰えった。

家庭用のプロセッサーなので500gまでで、8回もやらなければならなかった。

今日は油の中にホールのマサーラー・イラーイチ・ダールチーニー・ローング・ダニヤーホール・ゴールミルチホールを炒めとり出し、その後、マサーラーはすりつぶす。

後の鍋にズィーラーシードとラーイーシードを加え、パチパチはねてきたらすりおろしておいたピヤーズを加え、炒めていく。

1時間半までは強い火で焦さないように1時間30分~50分炒め、少し火を弱めて全部で8時間炒め、アドラクとラハサンも加え、タマータルーをすりおろして加え炒めてベースの完成。

夜にはでき上るだろう。
2020.02.02:jay:[インド料理のあれこれ]

ジャイの日の発送。

ジャイの日の料理をようやく配送し、ヤレヤレ。
くたびれてしまった。

まあ今回のカシミールの料理は、下ごしらえに時間がかかり大変だった。

自分で料理をつくり、それを自分で荷造りして出すのも一大仕事。

四・五年前まで材料のカットに手伝いの人がいて、ありがたかった。
荷造りも手伝ってくれてた人がいたので、助かった。

人望がないせいか、今は1人でやるしかない、ということ。
2020.02.01:jay:[ジャイの日のご案内]

ジャイ通信の1年分。

ジャイ通信の清書も大分遅れています。

遅れているといえば、年賀のあいさつのジャイ通信1年分送るのも遅くなってしまい、いつもジャイ通信をもらうの楽しみにしてるという人、2人しか賀状寄こさないので、後の人達はもういらないのかなと思ってしまう。

せっかく、1年分揃えたのに……。
2020.01.31:jay:[今月のジャイ]

ジャイの日のメニュー。

ジャイ通信の1月号とメニューを書き、コピー屋に行く。

Sさんの分は後で郵送するということで勘弁してもらった。

今回のメニューといえば、
1.BUZITH MAHTS.:ラムのカバーブ
2.KOKUR ROGANJOSH.:鶏のローガンジョシス
3.OLU MANJIVOR.:ポテトの揚げ煮
4.DUM GOGJI.:かぶの揚げ煮
5.MUJI MOLUVUN.:大根と大根の葉の料理
6.NADUR MONJI.:れんこんの揚げ物
7.KANGOCHI PULAO.:きのこご飯
8.CHATNY.:いちご
9.PICKLES.:アスパラ菜
 ACHAR.:菊芋
10.PHIRUN.:ライスプディング

誰も知らない料理ばっかりでしょうね。

美味しさも伝わらないし、インド料理にもこんないろいろの料理があることは、インド料理人も知らないことでしょう。

2020.01.30:jay:[ジャイの日のご案内]