「沖縄と核」、そして北朝鮮の核・ミサイル

  • 「沖縄と核」、そして北朝鮮の核・ミサイル

 「核弾頭搭載のミサイル誤射」―。こんなショッキングな事実を伝えたNHKスペッシャル「スク-プドキュメント/沖縄と核」(9月10日放映)が、北朝鮮による核実験やミサイル発射という最近の緊迫した事態を受け、大きな波紋を呼んでいる。復帰前の沖縄で秘かに進められていた米国による「核基地化」の実態が元米兵らの証言や記録文書によって、初めて明らかにされた。映像は当時の沖縄が一触即発の核戦争の瀬戸際にあったことを白日の下にさらす内容となっており、一方的な”北朝鮮脅威”論が高まる中で、「核抑止」論に対して警鐘を鳴らす作品となっている。

 

 ミサイル「ナイキ・ハ-キュリ-ズ」の誤射は1959年6月19日、米軍那覇飛行場(現那覇空港)で起きた。操作を誤って、ブ-スタ-が突然点火し、水平に発射されたミサイルは付近の海上に落下、一人の米兵が死んだ。ナイキ部隊の整備担当だった、ロバート・レプキ-さん(81歳)は番組の中でこう証言した。「突然、大きなゴ-という音が響いて、ナイキが海に突っ込んでいった。地面には同僚が倒れていた。核爆発が起きていれば、那覇が吹っ飛んでいた。沖縄の人々は事故のことを知る権利があると思う」。また、別の米兵は「弾頭の爆発規模は広島型と同じ20キロトンだった」と語った。

 

 私は今年5月、沖縄・伊江島(国頭村伊江村)を訪れた。本島・本部港からフェリ-で約30分、人口4200人弱のこの島に「ヌチドゥタカラ(命が宝)の家」と名付けられた反戦平和資料館がある。「沖縄のガンジ-」と呼ばれた阿波根昌鴻(あわごん しょうこう=1901年―2002年)が生涯をかけて捧げた「非暴力・平和運動」の生きた証しがここに収められている。その一角にロケット砲の先端のように見える奇妙な展示物が置いてあった。「模擬核爆弾」という説明があった。この島と展示物がどんな関係があるのか、その時はピンとこなかった。今回のテレビ放映でそのナゾが解けた。

 

 太平洋戦争末期の1944年、旧日本軍は伊江島に東洋一の飛行場を建設したが、翌年4月には米軍が上陸。島民の3分の1に当たる約1500人の命が奪われ、生き残った島民は米軍が初上陸した慶良間諸島などに強制移住させられた。2年後、島に帰還した島民たちは変わり果てたふるさとの姿に呆然と立ち尽くした。家は焼き払われ、ブルド-ザ-で強奪された土地には新しい飛行場(米軍基地)が建設されていた。核配備訓練を前提とした基地の拡大がすでにこの時から始められていたのである。

 

 1960年、日米安保条約が改訂されたその年、米軍伊江島飛行場で水爆の模擬爆弾「MD-6」が戦闘機から投下され、その直撃を受けた島民の石川清鑑さん(当時28歳)が即死した。展示物はその模擬爆弾だった。東西冷戦のさ中、この事件は極秘裏に処理された。1962年10月の「キューバ危機」をきっかけに東西の対立はさらに強まり、中ソに射程を定めたミサイルは「HOT」(発射準備完了)の状態にセットされていた。核のボタンはいつ押されてもおかしくはなかった。

 

 1972(昭和47)年の沖縄返還に際して、日米間で結ばれたとされる、いわゆる「核密約」についても衝撃的は新証言が飛び出した。日本周辺で重大な緊急事態(有事)が生じた際に事前協議だけで、米軍が沖縄へ核兵器を持ち込み、また嘉手納那覇、辺野古の基地を核兵器貯蔵地として活用するという内容で、 昨年亡くなった、当時の国防長官だったメルビン・レア-ドさんはインタビュ-こう証言した。「我々は日本を守り続けたかった。(核のない)裸の状態の日本で、沖縄に核がおけなくなれば他を探さなければならなかった。(密約の)沖縄は日本政府が決めた。日本政府としてはいえなかったのだろう」―。

 

 花巻市議会9月定例会に付託された―「核兵器禁止条約」の署名・批准を求める請願書は本会議で辛うじて採択されたが、それに先立つ総務常任委員会(阿部一男委員長ら6人)では、「北朝鮮が核実験やミサイル発射を実行し、世界各国と同じテ-ブルに着くとは思えない」、「国連会議には核保有国や日本は参加しておらず、実現性に乏しい」などの意見が多数を占め、不採択になった経緯がある。こういう時期だからこそ、私たちはこの番組から学ぶべきことが多いのではないかと思う。

 

(写真は反戦平和記念館「ヌチドゥタカラ(命が宝)の家」に展示されている「模擬爆弾」や薬きょうなどの残骸=2017年5月4日、沖縄県伊江島で)

 

《閑話休題》

 番組が放映された9月10日、私は渡辺崋山や啄木研究家でもある知人で、愛知県田原市在住の歴史家、別所興一さん(78)と花巻郊外の湯治宿に投宿した。当然、「沖縄と核」が話題になったが、息子さんの奥さんが伊江島出身と知ってびっくり。そして、話が盛り上がっていた時、今度は沖縄読谷村在住の彫刻家、金城実さん(78)から携帯の着信音が。「以前にもこんな因縁めいた出来事があった。こっちの行動がいつもお見通しみたいで…」と話しに花が咲いたという次第。ちなみに「ヌチドゥタカラ(命が宝)の家」の前には金城さんの鬼の像が建っている。

 

2017.09.24:masuko:コメント(0):[身辺報告]

宮沢賢治賞・イ-ハト-ブ賞

  • 宮沢賢治賞・イ-ハト-ブ賞

 第27回宮沢賢治賞とイ-ハト-ブ賞の授賞式が22日花巻市内で行われ、東京経済大学名誉教授で歴史家の色川大吉さん(92)がイ-ハト-ブ賞に選ばれた。また、インド・コルタカ市の「重症心身障がい児施設」で無償のボランティア活動を続けている澁谷りつ子さん、山形市を中心に賢治作品の合唱に取り組んできた「合唱団じゃがいも」にそれぞれ同賞奨励賞が贈られた。また、2年前に新設された「イーハトーブセンター」功労賞には賢治作品の鑑賞や追体験を続けている「雫石と宮沢賢治を語る会」が選ばれた。宮沢賢治賞は該当者が辞退したため、今回の受賞は見送られた。

 

 色川さんは明治期の民衆による憲法草案の発掘など民衆・精神史家として知られる。太平洋戦争当時、学徒動員令で入隊。この時の経験がその後の歴史家としての道を決めた。記念講演の中で、色川さんは賢治の『烏の北斗七星』に触れた。同世代の東大生、佐々木八郎(当時22歳)は敗戦の年の4月14日、特攻隊員として沖縄の海上で戦死した。この作品を引用して、佐々木は“遺書”をしたためている。「ああ、マヂエル様、どうか憎むことのできない敵を殺さないでいいように早くこの世界がなりますように、そのためならば、わたしのからだなどは、何べん引き裂かれてもかまいません」(『新版 きけ わだつみのこえ』所収)

 

 佐々木の思いに自分を重ねながら、色川さんはこう語った。「この言葉は当時の時代思潮とは明らかに矛盾していたのに、私の胸中深く沁みわたった。戦後、宮沢賢治は再注目され、何十万という愛読者を持ったが、その前兆は戦時中にあらわれていたのである」。私の手元に「歴史家の見た宮沢賢治」と題する講演録がある。22年前、色川さんが講演した記録である。こんなことが書かれている。

 

 「(賢治の作品は)花巻、岩手、イ-ハト-ヴォ、そしていきなり銀河系宇宙に飛んじゃうんですから…。反戦思想にはならないけれども、非戦思想の拠り所ではあったと思う」―。「非戦」こそが「反戦」に先行する…色川さんはそのことの大切さを教えたかったのだと思う。佐々木は“遺書”の結びにこう記している。「しかし僕の気持ちはもっとヒュ-マニスティックなもの、宮沢賢治の烏と同じようなものなのだ。憎まないでいいものを憎みたくない、そんな気持ちなのだ」

 

 色川さんの著作を愛読してきた一人として、一貫してぶれないその姿勢に背中を押される思いがした。

 

(写真は年齢を感じさせない迫力で話を進める色川さん=9月22日、JR花巻駅前のなはんプラザで)

2017.09.22:masuko:コメント(0):[身辺報告]

賢治の命日よそに、当局と議会が打ち上げ(宴会)

  • 賢治の命日よそに、当局と議会が打ち上げ(宴会)

 

 「9・21」は花巻にとって、きわめて意義のある日である。当市がまちの将来像に掲げる「イ-ハト-ブ」(はなまき)は「夢の国」とか「理想郷」を意味し、その名付け親は地元出身の童話作家で詩人の宮沢賢治である。ちょうどその85回忌に当たるこの日、賢治詩碑前で行われた「賢治祭」には外国人を含む愛好家が全国から集い、賢治作品の朗読や地元小中高生などによる野外劇、郷土芸能などを鑑賞、37年という短い人生をしのんだ。この日、好天に恵まれた詩碑前の広場には星が降るように注ぎ、かがり火を囲んだ“語らい”が深更(しんこう)まで続いた。夢や希望を乗せた「イ-ハト-ブ号」が銀河宇宙の天空にぽっかり、浮かんでいるように見えた。

 

 この日はたまたま、花巻市議会9月定例会の最終日にぶつかっていた。「核兵器禁止条約」の署名・批准を求める請願書が9月11日開催の総務常任委員会(阿部一男委員長ら6人)で不採択になったのを受け、最終日の本会議で採決が行われた。私は委員会レベルでの議論の経緯について、「今回の条約では唯一の被爆国である広島や長崎の悲劇を直截(ちょくせつ)に『ヒバクシャ』と表現している。その意味では日本こそが条約実現の先頭に立つべきだ」と話し、この日にちなんで、あの有名な惹句(じゃっく)をメッセ-ジに託すように訴えた。「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない/自我の意識は個人から集団社会宇宙と次第に進化する」(『農民芸術概論綱要』)。採決の結果、請願は賛成14:反対10で逆転採択となった。

 

 秋の冷気が肌を刺し始めた午後4時すぎ―。詩碑前には花束を手にした人たちが長い列を作っていた。見上げるような石碑には彫刻家の高村光太郎の筆になる「雨ニモマケズ」の一節が刻まれている。上田東一市長も献花し、「賢治さんに対する思いを新たにしていただきたい」とあいさつした。近くの南城小学校4年生62人による「ポラ-ノの広場の歌」の大合唱、花巻南高校演劇部による「どんぐりと山猫」…。花巻農業高校鹿踊り部が披露する「一番庭」で雰囲気は最高潮に。踊り終わった9人が素顔を見せると、全員が女子部員…会場は割れるような拍手に包まれた。

 

 一方、9月定例会最終日には当局と議会との間で“打ち上げ”を兼ねた懇親会が開かれるのが恒例となっている。上田市長も一足早く、賢治祭の会場を後にした。質疑で激論を交わした双方が反省点も含めて交流するのは有意義なことである。私もこれまで欠かさずに参加してきた。ところが、今年は運が悪いことにこの二つの”節目“が重なってしまった。もてなす側の“主役”を欠きながら、賢治をしのぶイベントは淡々と進んでいった。「沈黙は金なり」、「物言えば唇寒し」…。一部の関係職員を除き、主役たちが姿を見せることは最後までなかった。

 

 「私にとって、賢治さんとは」―。車座になった人たちがかがり火に照らされながら、思い思いの「賢治像」を語り始めた。賢治没後50周年を記念してオ-プンした「宮沢賢治記念館」は同種の賢人顕彰施設の中では異例の人気を維持し、ピ-ク時の平成18年度の一日当たりの入館者数は500人を超えた。「賢治さんに支えられて人生を生きてきた」、「目標を失った現代社会で必要とされているのはまさに、賢治精神ではないのか」…。一途でまっすぐな表白を耳に聞きながら、私はふと思った。「命日を変えることはできない。打ち上げの日程を前後にずらすような配慮は働かなかったのだろうか」―。

 

 雌雄(しゆう)を決する覚悟で臨んだ今回の9月定例会での光景が浮かんでは消えた。私の質問は「コンプライアンス」(法令遵守)一本に絞られた感があった。事実、法に抵触するような事案が次々に明らかになった。当局と議会の役割を規定した「二元代表制」が今まさに「一輪車」と化している現実を、元総務大臣で鳥取県知事を務めた片山善博・早稲田大学教授は以下のように厳しく論難した。私は一般質問の締めくくりにその文章を借用した。

 

 「『(車の)両輪』は車軸で繋がっているが、通常二つの『車輪』には適度な距離がある。距離があるからこそ、そこに異論や反論の入り込む余地がある。そんな異論や反論を交えて議論したり、そこから合意を形成したりすることで、『両輪』は安定して前に進むことができる。ところが、現実の多くの(ほとんどの)自治体では、『両輪』の間にほとんど距離がない。ぴったりくっついている。そこには異論や反論の入り込む隙間がない。したがって、議論もない。これを一体化と言ってもいいが、癒着と言う方がわかりやすい。両輪が癒着した『一輪車』である。『一輪車』と化した議会ではまともな議論を欠いたまま、執行部が提案した議案はすべて無傷で可決される。何ごとも人目につかない所で決められていて、表の議場では質問者と首長が原稿を整然と読み合う儀式が繰り広げられる。これを筆者は『八百長』と『学芸会』だ批判した」(『世界』2016年12月号)
 

 秋の虫たちのすだきが大きくなってきた。この地の冷え込みは一足飛びにやってくる。かがり火に手をかざすと遠くの方にほてった光景が点滅していた。「一輪車」談議に花を咲かせる市の幹部職員や議員たちの姿がちらついた。賢治作品をペルシャ語に翻訳しているイラン人女性、賢治の思想性を研究している中国人女性、校内放送でこの日のイベントを知り、隣の北上市から自転車を漕いで駆けつけたという高校3年生…。賢治への思いを語った全国からのファンは25人以上にのぼった。目の前では国際色豊かな「賢治」談議に一段と熱がこもってきたようである。

 

(写真は全員が女性部員という花巻農業高校の鹿(しし)踊りの勇壮な演舞=9月21日午後7時すぎ、花巻市桜町4丁目の賢治詩碑前で)

 

 

2017.09.21:masuko:コメント(0):[身辺報告]

地に墜(お)ちた”コンプライアンス”…今度は公選法違反!? さらにー

  • 地に墜(お)ちた”コンプライアンス”…今度は公選法違反!? さらにー

 議員の個人的な政務活動に市職員が「公務」として同行するという事案が花巻市議会9月定例会(一般質問)で明るみ出たが、13日から引き続き開かれた「決算特別委員会」(近村晴男委員長)で、今度は複数の議員による「公職選挙法違反」という前代未聞の不詳事が表ざたになった。私が市民数人からの情報提供を受けて質(ただ)した結果、当局側がその事実を認めた。

 

  花巻市には現在、約1900人の消防団員がおり、市民の「安心・安全」に日夜、奮闘している。しかし、高齢化などによって、団員の減少に歯止めがかからないため、平成28年1月から、利用する団員へ料金割引やポイントカードの倍増、ドリンクサービスなどの特典を与える「「消防団応援事業」制度(消防団応援の店)をスタートさせた。現在、122の一般事業所と16の公共事業所がこの制度に登録している。一方、「応援事業要綱」(平成28年1月1日施行)の第3条には「登録除外」として、「各種法令等に違反しているもの又はそのおそれのあるもの」を例示している。

 

  今回のケースは個人事業所を経営する議員がいったん、登録申請をした後に当局側からの指摘で登録を抹消していた。公職選挙法(寄付行為の禁止)は「公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む)は、当該選挙区内にある者に対し、いかなる名義をもってするを問わず、寄付をしてはならない」(第199条第2項)と定めている。この件について、小田島満消防長は答弁の中で、「登録を認める段階では法令違反の認識はなかった。むしろ、団員の減少を心配する議員の善意と捉えていた。しかし、総務省選挙課に問い合わせた結果、やはり、法に抵触する可能性を指摘されるに至った」と答えた。

 

   一方、市職員の「同行出張」を認めた亀沢健・副市長は「地域振興に資する方策であり、何ら問題はない」と断言(9月12日付当ブログ「まなじりを決して、いざ!?」参照)。上田東一市長も「議員側から誘いがあった」という出張顛(てん)末書に決済を与えている。なお、この件に関しては、9月6日付で他に同様のケースがないかどうかー行政文書開示請求をしている。当局側(執行権者)と議会側(議決権者)は互いに監視・けん制し合う「二元代表制」の上に成り立っている。本9月定例会はその双方に劣化現象が顕著になっていることを浮き彫りにした。たとえば、公益通報者保護法(平成18年4月施行)に基づく「内部通報」制度によって、コンプライアンスやセクハラ、パワハラなどの通報実績が前年度がゼロだったのに対し、平成28年度には一挙に7件に上っていることも明らかになった。

 

 今回の一連の事案にエリを正すべきは私自身も含めた議員側であることは言うまでもない。最後に平成26年4月1日付で施行された「花巻市議会議員政治倫理要綱」第3条(政治倫理規準)を以下に再録し、今後の戒めにしたい。

 

  (1)市民の代表者として、その品位と名誉を損なう一切の行為を慎み、その職務に関し不正の疑惑をもたれるおそれのある行為をしないこと
  (2)市民の代表者として、常にその人格と倫理の向上に努め、その権限又は地位を利用して、不正に影響力を行使し、又は金品を授受しないこと
  (3)市の行政庁の処分又は市が締結する売買、賃貸借、請負その他の契約に関し、個人、特定企業、団体等を推薦し、紹介する等その地位を利用して有利な取り計らいをしないこと

 (4)市職員の採用、異動、昇格等人事に関し、推薦(すいせん)、紹介する等その地位を利用して不正にその影響力を行使しないこと

 

 (写真はコンプライアンス(法令順守)の根本が問われた9月定例会=9月14日、花巻市市議会議場で)

 

《追記ー1》

 市職員が個の議員の活動に「公務」として同行することについての文書開示請求の件で、当局側は21日までに平成28年3月中に立地適正化計画や農地中間管理事業に関する要望などに関し、特定会派の議員(1人ないし2人)に”公務同行”した関係部長(市長も同行)が中央官庁幹部と面談したケースが3件あったことを明らかにした。私が一般質問で取り上げたのは面談の相手方が民間事業者であり、今回のケースとは若干、次元が違う。それにしても何か「貸し借り」でもあるのかしらん(9月12日付当ブログ「まなじりを決して、いざ!?」参照)。

 

《追記ー2》

 新興跡地の期間入札(9月6日~同13日)にかかる開札が19日午前10時から盛岡地裁花巻支部で行われる予定だったが、理由が明らかにされないままに取り消しになったことが分かった。再入札など今後のスケジュールは明らかにされていないが、入札が不調に終わった場合、景観保全の面などから行政責任が問われることになりそうだ(9月10日付当ブログ「新興跡地が競売へー活用計画がとん挫」参照)。

 

 
 

 

 

2017.09.16:masuko:コメント(0):[議会報告]

まなじりを決して、いざ!?

  • まなじりを決して、いざ!?

 「コンプライアンスは、一義的には議員お示しのとおり、法令遵守と訳されておりますが、広義のコンプライアンスとして、法令はもとより県や市町村の条例、規則等、さらには社会的な規範の遵守まで包括されると、そのように解釈されているのが現在においては一般的になっていると理解しております」(平成26年6月定例会)―。花巻市の上田東一市長が就任直後に胸を張った言葉がいまも鮮明に記憶に残っている。任期があと半年を切った9月定例会の一般質問で、この認識を踏まえた上で議会と行政の立ち位置を定めた「二元代表制」について改めてただした。13日から3日間、上田市政を総括する最後の決算特別委員会が開かれる。いざ!?

 今回の質問のきっかけは議員の個人的な政務活動に市職員が「公務」として同行するという事案を受け、その是非を問うた。今年6月、特定のアウトドア—メ—カ—の会員である議員からの依頼に市職員が同行、観光開発などについての助言を受けた。この件について、上田市長はこう答弁した。「執行権を有する行政と議決権を付与された議会とは本来は互いに牽制しあう関係にあり、原則としては好ましくない。しかし、今回のケ—スは総合的に判断して市政の発展に寄与するものと考えられ、是認した」。また、公務出張を決裁した亀澤健・副市長は「地域振興に資する方策であり、何ら問題はない。貴重なご助言として承りたい」。何ともまあ、人を食ったような言い草ではないか。言葉の背後からチラッと、舌が見えたような気がした。一方で「花巻市議会基本条例」(前文)は以下のように規定している。

 「花巻市議会は、二元代表制のもと、市長とともに市民の信託を受けた市の代表機関である。議会は多人数による合議制の機関として、市長は独任制の機関として、それぞれの異なる特性を生かし、市民の意思を市政に的確に反映させるために競い、協力し合いながら、市としての最高の意思決定を導く共通の使命が課せられている。(中略)このような使命を達成するため、議会は主権者である市民の代表機関であることを常に自覚し、市民との関係、市長その他の執行機関との関係、議会の活動原則及び議員の活動原則等を定め、市民の信託に全力で応えていくことを決意し、議会の最高規範としてこの条例を制定する」(平成22年6月17日)

 二元代表制を補完する規定として、市職員と議員にはそれぞれが対になるような「倫理」基準が定められている。重要な定めなので、双方を以下に紹介する。

●「花巻市職員倫理規程」第3条(倫理行動規準)=平成25年5月2日
(1) 職員は、市民全体の奉仕者であり、市民の一部に対してのみの奉仕者ではないことを自覚し、職務上知り得た情報について市民の一部に対してのみ有利な取扱いをする等市民に不当な差別的取扱いをしてはならず、常に公正な職務の執行に当たらなければならないこと
(2) 職員は、常に公私の別を明らかにし、いやしくもその職務や地位を自らや自らの属する組織のための私的利益のために用いてはならないこと
(3) 職員は、法律又は条例により与えられた権限の行使に当たっては、当該権限の行使の対象となる者からの贈与等を受けること等の市民の疑惑や不信を招くような行為をしてはならないこと(以下略)

●「花巻市議会議員政治倫理要綱」第3条(政治倫理規準)=平成26年4月1日
(1)市民の代表者として、その品位と名誉を損なう一切の行為を慎み、その職務に関し不正の疑惑をもたれるおそれのある行為をしないこと
(2)市民の代表者として、常にその人格と倫理の向上に努め、その権限又は地位を利用して、不正に影響力を行使し、又は金品を授受しないこと
(3)市の行政庁の処分又は市が締結する売買、賃貸借、請負その他の契約に関し、個人、特定企業、団体等を推薦し、紹介する等その地位を利用して有利な取り計らいをしないこと(以下略)

 私は一連の質問の締めくくりに、元総務大臣で鳥取県知事でもあった片山善博(現早稲田大学教授)さんの言葉を引用した。

 「『(車の)両輪』は車軸で繋がっているが、通常二つの『車輪』には適度な距離がある。距離があるからこそ、そこに異論や反論の入り込む余地がある。そんな異論や反論を交えて議論したり、そこから合意を形成したりすることで、『両輪』は安定して前に進むことができる。ところが、現実の多くの(ほとんどの)自治体では、『両輪』の間にほとんど距離がない。ぴったりくっついている。そこには異論や反論の入り込む隙間がない。したがって、議論もない。これを一体化と言ってもいいが、癒着と言う方がわかりやすい。両輪が癒着した『一輪車』である。『一輪車』と化した議会ではまともな議論を欠いたまま、執行部が提案した議案はすべて無傷で可決される。何ごとも人目につかない所で決められていて、表の議場では質問者と首長が原稿を整然と読み合う儀式が繰り広げられる。これを筆者は『八百長』と『学芸会』だ批判した」(『世界』2016年12月号)

 一輪車には絶えず、転倒の危険がつきまとい、両輪を欠いた車は前には進めない。


(写真は登壇しての一般質問。13日から始まる決算特別委員会では上田市政の全体総括をする=9月6日、花巻市議会議場で)
2017.09.12:masuko:コメント(0):[議会報告]
今日 221件
昨日 347件
合計 629,967件