“歴史修正主義”という妖怪が…

  • “歴史修正主義”という妖怪が…

 

 「何度もくりかえされる『解決済み』のことば。胸が苦しくなる。目にうかぶのは、炭鉱で亡くなった朝鮮出身の人々。私はそんな人たちの家族に囲まれて育った。いまだ日本各地には祖国にもどれないままの遺骨がある。名前のない骨は語りかける。植民地支配さえなければ、日本に来ることはなかったと」―。在日韓国人のピアニスト、崔善愛(チェ・ソンエ)さんは『週刊金曜日』10月11号にこんな一文を寄せている。私にとっても頭の奥底に刻印された既視感のある光景である。時は半世紀近くも前、日本有数の産炭地だった九州の「筑豊」を守備範囲に持つ新米記者だった当時にさかのぼる。

 

 朽ち果てた骨箱からこぼれ落ちそうな頭骨の破片、まだ頭髪がこびりついたままの骨も…。点在する寺の本堂の裏手にはホコリにまみれた骨箱がうずたかく積まれていた。「炭鉱で事故死したり、過酷な労働で生き倒れた朝鮮の人たちの亡骸(なきがら)です。引き取り手もなく、出身地さえ不明の骨も多くあります」と当時、取材に応じた住職は言葉少なに言った。筑豊一帯の約300寺を対象に“放置”遺骨のアンケ-ト調査をした。“浮かばれない霊”があちこちの寺に放置されたままになっていることが明らかになった。この歴史を追って、何度か朝鮮半島まで取材の足を延ばした。私が「朝鮮人」問題にかかわるようになった原点こそが、当時の薄暗い寺の片隅のこの光景である。

 

 「地図の上朝鮮国に黒々と墨をぬりつつ秋風を聞く」―。1910(明治43)年8月29日に「韓国併合詔書」が公布され、朝鮮半島は日本の植民地下に置かれた(日韓併合)。岩手が生んだ歌人、石川啄木はその直後の9月9日、そのことを痛烈に批判する気持ちをこの一首に託した。あれから一世紀以上を経たいま、日本列島全体にヘイトスピ-チ顔負けの「韓国(朝鮮)」バッシングが吹き荒れている。その直接のきっかけは韓国大法院(日本の最高裁判所に当たる)が昨年秋、強制連行(徴用)された元韓国人徴用工に対して、当時の雇用主である日本企業に賠償を命じた判決だった。日韓請求権協定(1965年)で「解決済み」と主張する日本政府にマスメデイアも同調するかのような大合唱が列島をおおい尽くした。

 

 「台風も日本のせいと言いそな韓」―。相次ぐ台風被害に見舞われた8月27日付の毎日新聞「万能川柳」欄で、この一句が選者のコピ-ライタ-、仲畑貴志さんによって「秀逸」に選ばれた。「嫌韓(けんかん)」をあおるのではないかという批判に対し、同紙は翌28日付で「嫌韓をあおる意図はなかったが、(そう)受け止められた方がいらっしゃったという事実については、真摯に受け止めております」という文章を掲載した。「これではまるで、失言閣僚に対する政府の弁解と同じではないか」などとウェブ上は逆に炎上した。啄木の悲痛とこの川柳の浅はかさとを比べながら、私はあるおぞましい光景を思い出していた。

 

 あの筑豊時代のある日、閉山に伴って炭鉱マンが住む「炭住」(長屋)が取り壊されることになった。重機が崩していく漆喰(しっくい)壁の中から、人骨がにゅっと飛び出していた。思わず、後ずさりした。「父親は農作業中に日本軍のトラックに無理やり乗せられて、日本に連れて行かれた。生きたのか死んだのか、その後の消息はわからない」―。私の脳裏にはその時、現地取材で得た苦悩の証言が走馬灯のように去来したのだった。このヤマは朝鮮人や中国人などを酷使し、“圧政ヤマ”として有名だった麻生財閥が経営していた。いうまでもなく、麻生太郎・副総理兼財務大臣の系列を引くヤマである。

 

 共産党宣言序文(「一匹の妖怪がヨ-ロッパを徘徊している―共産主義という妖怪が」)――のひそみにならえば、「一匹の妖怪が世界中を徘徊している―歴史修正主義という妖怪が…」とでもなろうか。写真に掲げた二冊の本に最近、目を通した。『独ソ戦―絶滅戦争の惨禍』(大木毅著)は「戦場ではない。地獄だ」という推薦文に引かれて、購入した。人類史上最大の惨戦とも呼ばれるこの戦争についても「ネオナチ」(反ユダヤ主義などの人種差別)などの歴史修正主義が勢いを増しつつある。『朝鮮人強制連行』(外村大著)は「強制性はなかった」とする世論操作に対し、膨大な資料を基にその「ウソ」を暴く力作である。その一節にこんな文章がある。

 

 「朝鮮人強制連行は、朝鮮民族にとっては、たとえ自分自身が被害の当事者とならなかったとしても“他人事”ではなかった。植民地末期に青年期にあった在日朝鮮人の歴史家である朴慶植(1922―1998年)は、幼くして両親に連れられて渡日し、強制的に動員された経験はなかったが、厳しい労働を強いられ遺骨すら放置されている被動員者や離散状態に陥っている家族の境遇を同じ被圧迫民族としての苦しみをとして捉えて、朝鮮人強制連行の研究を行った」―。実は“加害”の側に身を置く私自身が、放置された遺骨の実態を知ったのは朴さんのこの本によってである。そして、ピアニストである崔さんの受難はいまさらに重くのしかかりつつある。

 

 自然災害さえも他国のせいにしようとする精神の「退廃」から私たち日本人は一体いつになったら、脱することができるのであろうか……

 

 

(写真は歴史修正主義に鋭く対峙する二冊の力作)

 

 

 

 

映画「ニュ-ヨ-ク公共図書館」と花巻中央図書館(構想)の狭間にて…

  • 映画「ニュ-ヨ-ク公共図書館」と花巻中央図書館(構想)の狭間にて…

 

 「図書館は民主主義の柱である」(フレデリック・ワイズマン)―。米国・ニュ-ヨ-クのマンハッタン…時折、けたたましい消防自動車のサイレン音が行きかう雑踏の一角に二頭のライオン像に守られるようにして、ボザ-ル様式の荘厳な建物が建っている。世界最大級の“知の殿堂”と言われるニュ-ヨ-ク公共図書館(NYPL)である。この図書館を舞台にした映画「ニュ-ヨ-ク公共図書館―エクス・リブリス」(2017年)をやっと、見る機会に恵まれた。ドキュメンタリ-の巨匠、ワイズマン監督による3時間25分の超大作。不思議な感覚におそわれた。重厚な回転ドアを押して、私自身がその場に身を置いているような錯覚に陥ったのである。そこには民主主義を実践する世界がはてしなく広がっていた。

 

 場面はいきなり、イギリスの進化生物学者であるリチャ-ド・ド-キンス博士の長広舌(ちょうこうぜつ)から始まる。アメリカ社会に巣食うキリスト教原理主義者を徹底的に批判している。人気企画「午後の本」(Books at Noon)のひとこまである。息をつかせないような場面展開が次から次へと続いていく。この知の殿堂は1911年、「鉄鋼王」と呼ばれたカ-ネギ-財団の支援で産声をあげた。今では黒人文化研究図書館や科学産業ビジネス図書館など4つの研究図書館と88に及ぶ地域分館で構成されている。「これが、図書館なのか!」と頭に一撃を食らったような気持になった。

 

 消防署員や建設現場の女性、国境監視員などによる就職支援フェア、障がい者のための住宅あっせんサ-ビス、ネット環境が不足する貧困層への支援、中国系住民のためのパソコン講座、移民を対象にした無料英語教室、ボランティアによる点字指導、シニアのダンス教室、ピアノコンサ-ト…、そして、何とディナ-パ-ティやウェディング、ファッションショ-などに場所を提供する“図書館ディナ-”のイベントも用意されているではないか。そんな中に図書館幹部たちの会議の様子も随所に織り込まれる。「公民協働(連携)の予算をどうやって確保するか。紙の本か電子本か。(図書館を居場所にするホ-ムレスの問題にいかに向き合うべきか」―。丁々発止の議論が延々と続く。単なる図書館の内幕を興味本位に披歴する映画ではない。その背後には確固たる思想の水脈が滔々(とうとう)と流れている。たとえば、アメリカの奴隷制についての洞察が―

 

 手話通訳によって、アメリカ「独立宣言」(1776年7月4日、ト-マス・ジェファ-ソンらが起草)が朗読される場面がある。その際、図書館スタッフはこう説明を加える。「この図書館(舞台芸術図書館)の最高の所蔵品の1つがジェファ-ソンが書いた独立宣言の写しです。(独立宣言を採択した)大陸会議にかける前の草稿で、そこには奴隷制度を非難する箇所がありましたが、南部の支持を得るため、本稿からは削除されました」―。歴史の背後に隠された闇がこんな手法で明らかにされる。「すべての人間は生まれながらにして平等であり、その創造主によって、生命、自由、および幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられている」…独立宣言はこういう書き出しで始まる。「人間の平等」がさりげない形で伝達されていく。見事というしかない。

 

 心地良い疲れを感じながら、映画館をあとにした。盛岡の町並みはもう、冬の気配だった。ふと、足元の図書館構想が脳裏によみがえり、我に返った。愕然たる思いがした。総合花巻病院の「移転・新築」計画とペアの形で浮上したのが「新花巻図書館整備基本構想」(平成29年9月)だった。以来、2年以上たった今になっても移転先や建物の構造に関する議論が先行するだけで、肝心な蔵書や運営などに関する本質的な図書館論議は聞こえてこない。“箱もの行政”の典型があちこちに見え隠れする。ワイズマン監督は映画製作の動機について、こう語っている。

 

 「ニュ-ヨ-ク公共図書館は最も民主的な施設です。すべての人が歓迎されるこの場所では、あらゆる人種、民族、社会階級に属する人々が積極的に図書館ライフに参加しているのです」(パンフレットから)―。市長になる前の会社勤め時代、上田東一市長はニュ-ヨ-クなどで10年間の米国暮らしの経験があるという。だとすれば、この図書館の存在は当然、知っていたであろうし、あるいは実際に足を運んだこともあったかもしれない。それにしては当花巻市の図書館構想はいかにも貧相ではないか。米国では図書館を称して「ピ-プルズ・パレス」(people's palace)と呼ぶと聞いた。「人々がより集う」という意味では、文字通り”人民宮殿”の名にふさわしい存在である。

 

 「医師(魂)なし病院」(10月2日付当ブログ「仏作って、魂入れず」参照)と「本(理念)なし図書館」―。そんな皮肉がもれ聞こえてくる今日この頃である。ニュ-ヨ-ク公共図書館を題材に『未来をつくる図書館』(岩波書店)を著した在米ジャ-ナリスト、菅谷明子さんの文章の一節を最後に上田市長に提言しておきたいと思う。「イ-ハト-ブ」(宮沢賢治の理想郷)のふるさとに即していえば、たとえば、翻訳本を含めた「賢治本」を一堂に集めることなども一考に値するのではないかと私などは考えるのだが…

 

 「図書館とは本を借りたり調べ物をしたりするための場所だと思ってきた私だが、図書館にはもっと重要な役割があることを、ニュ-ヨ-ク公共図書館に教わった。過去の人類の偉業を大切に受け継ぎ、新しいものを生み出すための素材を提供する。やる気とアイディアと好奇心溢れる市民を豊潤なコレクション(所蔵資料)に浸らせ、個人の能力を最大限に引き出すために惜しみない援助を与える。それが、やがて社会を活性化させると信じて…。市民の活動基盤を形成する施設のことをインフラと呼ぶならば、図書館こそ今の日本に最も必要なインフラではないだろうか。市民のための『知的インフラ』…」(同書から)

 

 「多様性」に背を向けるドナルド・トランプが米大統領に就任した2日後に、この映画は公開された。アメリカという国の懐(ふところ)の深さに驚かされる。

 

 

 

(写真はじわじわと観客を動員しつつある映画「ニュ-ヨ-ク公共図書館」のポスタ-=インタ-ネット上に公開の写真から)

 

 

 

“仏作って、魂入れず”―花巻の医療体制、崖っぷち~市民の安心・安全、どこ吹く風!?

  • “仏作って、魂入れず”―花巻の医療体制、崖っぷち~市民の安心・安全、どこ吹く風!?

 

 「一方では医師の確保、大変、至難の業(わざ)でございます」(平成27年3月定例会会議録)―。4年以上も前のこの“悪夢”のような発言が現実のものになろうとしている。鳴り物入りで登場した総合花巻病院の「移転・新築」問題の迷走劇である。市政始まって以来、最大規模の約20億円の補助金を投入したこの一大プロジェクトがオ-プンを半年後に控えた今になって、診療科目の減少など崖っぷちに立たされつつある。冒頭発言の主は上田東一市長の下でこのプロジェクトの陣頭指揮をとった佐々木忍・健康福祉部長(当時、のちに副市長)だが、先月の県議選に出馬(落選)し、今となってはその真意を確かめる術も失われた。「税金の無駄使いは許されない」と口を極めてきた上田ワンマン市政はここに至った顛末(てんまつ)を市民に対し、どう説明するつもりなのかー

 

事の発端は2014年に制定された「改正都市再生特別措置法」にさかのぼる。当市は「コンパクトシティ」を提唱するこの構想で街づくりを目指すことにし、2年後にその青写真となる「立地適正化計画」を全国で3番目(上田市長)に策定した。その中の目玉政策が公益財団法人「総合花巻病院」(同市花城町)の県立花巻厚生病院(同市御田屋町)跡地への移転・新築だった。病院側の老朽化がその理由に挙げられたが、じつは中心市街地の活性化の起爆剤にしようという「行政」主導型の施策だったことが病院関係者の証言でわかっている。病院を軸とした「年間80万人」の交流人口増などの大風呂敷も今やいずこにか消えてしまった。「(医師確保は)至難の業」としながら、強引に立地を進めた理由はこの辺に隠されている。そのほころびが白日の下にさらされたのが、どこかに雲散霧消(うんさんむしょう)してしまった「助産所」事件である。

 

当初の移転整備基本構想案(2015年11月)によると、助産所は2階建て(延べ面積154平方メ-トル)の建物で、一日2人の利用者に対し、産婦人科医や助産師など5人の職員が対応に当たることが明記されていた。ところが、一年後にまとめられた「移転・新築整備基本計画」(2016年12月)ではこの記述がそっくり削除され、こう変更された。「将来的に産婦人科医師や助産師の体制が整った際には出産の受け入れを検討する。それまでは助産師外来を開設し、出産前後の妊婦指導などを行えるようにし、同時に産後ケア施設の開設も検討する」―。ところが、である。その「助産師外来」さえもオ-プン時の開設が困難なことが9月定例会で明らかになったのである。

 

「出産」受難劇はあちこちで起きている。県立中部病院(北上市)の産婦人科の常勤医師5人のうち、東北大学が派遣していた3人について、同大学は来春にも中止する意向を示した。矢巾町に移転した岩手医科大学が応援医師を派遣することで、とりあえず事なきを得たが、花巻市内の二つの産婦人科医院のうちのひとつが助産師の退職を理由に来年3月中旬で閉院することになった。花巻市当局は急きょ、給付金や貸付金など最大で200万円を支給する「助産師等確保支援事業」(10,352千円)を9月定例会に上程するなど“付け焼刃”的な対応に追われた。遠野市などでは医師確保専任の職員を配置するなどの後方支援体制を敷いているが、「(医師確保の)一義的な責任は法人側にある」とする当市の姿勢のツケが今になって回ってきたということである。

 

厚労省は今年2月、医師の充足率を示す指標で、岩手県が全国47都道府県で最下位であることを公表した。この数字が裏付けるように、今年3月末をもって岩手医科大学付属花巻温泉病院が閉院に追い込まれた。追いかけるように先月には県立東和病院が「診療実績が特に少ない」などの理由で、国の再編・統合の対象にリストアップされるなど医療環境の悪化に拍車をかけている。「至難の業」に手を出すことは行政側にとって、最低限の”禁じ手”である。その原理・原則さえ歯牙(しが)にもかけない強権ぶりにはもはや、二の句も告げない。

 

来年3月1日にオ-プン予定の総合花巻病院の診療科目は内科、呼吸器内科、循環器内科など11科目は常勤医師による診療となっているが、外来の脳神経外科、放射線科、泌尿器科など8科目は常勤の兼務か非常勤が担当する。さらに、当初開設が予定されていた皮膚科、眼科、小児科、助産師外来は「医師確保の見通しが立っていない」として、土壇場で開設が見送られる事態となった。この点について、上田市長は「とくに、産前産後の周産期医療を維持するためには産婦人科と小児科の併設が必至」と議会答弁しているが、こんなことは素人でもわかる理屈である。口を開けば「子育て支援の重要性」を繰り返す、その足元で「いのちの尊厳」が脅かされようとしている。わが「イーハトーブ(宮沢賢治の理想郷)」行政の恐るべき正体、ここに見たりという思いである。

 

 

 

(写真は外観がほぼ完成した総合花巻病院=10月2日、花巻市御田屋町で)

 

 

 

 

鹿踊りと外国人ダンサ-、そしてラグビーワールドカップ

  • 鹿踊りと外国人ダンサ-、そしてラグビーワールドカップ

 

 珍客といっても、これ以上の珍客はめったにない。花巻まつり(9月13~15日)の直前、知人から「変な外国人ダンサ-が行くから、面倒を見てくれないか」という連絡が入った。会うなり、合点がいった。日系米人のデビ-・梶山さん(52)とパ-トナ-でメキシコ出身のホセ・ナバレテさん(52)。ともに米国内外でパフォ-マンス(一人芝居)を演じ、今回の来日は三陸の大槌町に伝わる「臼沢鹿(しし)踊り」の見習い修行が目的とのこと。東日本大震災の翌年、ボランティアとして、被災地を訪れた際に遭遇した鹿踊りや虎舞の力強さに「体がびびっと震えた」という。「ちょうど、良かった。花巻まつりの中日に鹿踊りの大乱舞があるよ」と誘ったら、レンタカ-で飛んできた。

 

 市内中心部を練り踊る20団体の勇壮なパレ-ドに2人は身を乗り出すようにして見入った。「ところで、どうして鹿踊り?」と私。「実はメキシコにも同じような踊りがあるんですよ」という返答にこっちの方がびっくり。作家の城山三郎は『望郷のとき 侍・イン・メキシコ』の中で、伊達藩の家臣ー支倉常長の遣欧使節団が伝えたのではないかという「日本伝来説」を紹介しているが、ホセさんは「いや、それは違う」と首を横に振った。ウキペディアで調べてみると、こんな記述が見つかった。

 

 「メキシコのソノラ州やシナロア州、アメリカ合衆国のアリゾナ州に住むヤキ族(YQui)には、頭に鹿の面をつけ、鳴り物を持って踊る「DanzadelVenado」がある。アリゾナのヤキ族はメキシコから逃れた一派が定着したと言われるネイティヴ・アメリカン(アメリカインディアン)の一部族で、メキシコの土着宗教にキリスト教が混淆(こんこう)した宗教的儀礼として鹿踊りとその歌が今に伝えられている」―。ホセさんがうなずきながら言った。「一種の供犠(くぎ=サクリファイス)。先住民族の多くは狩猟を生業(なりわい)にしてきた。だからこそ、その生贄(いけにえ)に対する感謝の気持ちを芸能に託したのだと思う」。そういえば、この地方に伝わる鹿踊りも同じような起源を持っている。

 

一段と躍動感のある一団が目の前を通り過ぎて行った。かつて、宮沢賢治も教鞭をとった県立花巻農業高校鹿踊部である。演武が終わった部員のひとりが鹿の面を外した。中から現れたのは可愛らしい女子部員だった。「ワンダフル!?」と2人は歓声を上げた。私はハタと思い至り、イ-ハト-ブ館に走った。賢治の童話画集『鹿踊りのはじまり』をお土産に手渡し、「今度はアメリカでこれをやってみたら…」。2人は指を丸めてニッコリ笑い、こう続けた。「芸能の原点は鎮魂の儀式だと思う。その点では世界共通。メキシコと目の前の踊りはだから、根っこは同じだよね」-。『耳なし芳一』(小泉八雲=ラフカディオ・ハ-ン)などの日本の作品も手掛ける2人は自身の演技について、こう書いている。

 

 「社会正義を主に創造の源として、作品作りに取り組んでいます。私の作品は、観客の想像力を刺激する革新的な芸術作品のための種を撒(ま)きます。権力のシステムがどのように形成され、それが私たちにどのように影響を与えるのか?を探求する世界へ皆さんをお招き致します」(ホセ)、「感情と五感を呼び起こすパフォ-マンスを明示するために、共同制作を進めています。私は表で語られる必要がある、曖昧で、まだ形もなさず、ささやかれるだけで世の中では語られていない隠れたスト-リ-が大好きです。また物、イメ-ジ、動体、夢の中にある物語を掘り起こす作品に関心があります」(デビ-)

 

 ホセさんはカリフォルニア州立大学バ-クレ-校で人類学を学び、米国生まれのデビーさんは広島出身の祖父母が経営する農場で育ち、スタンフォ-ド大学などで舞踊(パフォーマンス)を身に付けた。2人の活動拠点である「NAKAダンス・シアタ-」は2001年に設立。代表作には2014年、メキシコ国内で43人の学生が権力に手によって、失踪させられた事件をテ-マにした「ブスカルテ」と題するパフォ-マンスがある。このほか、近作には「水の商品化」、「文化の植民地化」、「災害時の人間の葛藤」などがあり、いずれも人類史と民間伝承を組み合わせ、観る側に社会問題を複眼的に考えさせるような工夫がなされている。

 

 2人が日本まで足を延ばした理由について、今度は当方が合点させられた。「そういえば、『耳なし芳一』も没落した平家一門の鎮魂を願ったものだったな。いや、隣の北上市の鬼剣舞もこの地方に伝わる念仏踊りもみんなそうだよな。それにアイヌ民族のタプカラ(踏舞)も…」―。ところで、ラグビ-ワ-ルドカップの優勝候補の一角、ニュ-ジ-ランドチ-ム(オ-ルブラックス)が試合前に披露する、おなじみの「ハカ」は相手を威嚇する民族舞踊であると同時に、その起源は同国の先住民族・マオリ族が死者の霊を供養したのが始まりともされる。なんとも国際色豊かな季節の移ろい…。今年は私にとって、実に実りのある年になりそうである。

 

 

 

(鹿踊りパレ-ドを熱心に動画に収めるホセさん(左)とデビ-さん=9月14日午後、花巻市上町で)

 

 

 

花巻市長の議会介入、止まるところを知らず!?

  • 花巻市長の議会介入、止まるところを知らず!?

 

  「修正動議には反対していただきたい」―。開会中の花巻市議会9月定例会で上田東一市長の口から“議会軽視”もここに極まれりとも受け取られかねない”暴言”が飛び出した。この10月から実施される「幼児教育・保育」無償化に伴い、一部で副食費が増加するケ-スがあることから、同市では17日開会の本会議にその負担を軽減するための改正条例案を提出。これに対し、共産党市議団から「全額無償化」を求める修正動議が出されたが、賛成少数で否決され、原案通りに可決された。冒頭の発言はこの動議への対応を問われた際の上田市長の答弁である。アッと驚く”暴言”劇はこんな経緯をたどった。共産党市議団が議席をドンと叩いて、怒りをあらわにした気持ちもよくわかる。

 

 この修正動議に対して、ある議員が「当局としてはどう対応するのか」とただした。答弁に立った上田市長は「ぜひ、当局案に賛成していただきたい」―。ここまではOK、というよりも提案者のだから、当たり前のことである。しかし、そのあとがOUT。「この際、修正動議には反対していただきたい」―。これはもう「議会軽視・議会介入」のお手本みたいなものである。最高学府で法律を修めたというこの人にとっては、「口が滑った」ではすまされない『暴言』そのものである。というよりも、上から目線の確信犯的な振る舞いだと言わざるを得ない。なぜなら、私自身が議員在職中に何度もその“被害”にあっているからである。あの時の光景を私はまざまざと思い出す。2年前の予算特別委員会で上田市長は傲然(ごうぜん)とこう言い放ったのだった。

 

 「同じ趣旨の質問はすでに、他の議員がしている。(増子)委員がちゃんと聞いていたのかどうか(まるで私が居眠りでもしていたような口ぶりだった)…。この質問についてはその時に詳細に説明している。質問をするなら、その内容を受けた形にしてほしい。そうすれば時間も効率的に使える」。私はその時、独立行政法人「都市再生機構」(UR都市機構)に対し、新図書館構想の立地調査などを委託した点についてただした。答弁内容にわが耳を疑った。「質問権は議員に与えられた大切な使命。内容も質問者によって、思いも視点も違う。予算審査に対する露骨な干渉だ」と抗議したが、大原健委員長(当時)は柳に風と受け流し、何ごともなかったかのように委員会は幕を閉じた。委員会終了後、小原雅道議長に対し「この市長答弁は議会全体に対する冒涜(ぼうとく)だ」として、厳重注意するよう申し入れたが、これもそれっきりで時は経過した。

 

 さて、さて……。今回、小原議長はまるで生まれ変わったかのように、厳しい口調でこう言った。「当局側はこの場に説明員の立場で出席している。だから、議員発言とは違って、会議録からの削除はできない。しかし、今回の市長発言は議会の側としては看過できない。今後、注意してほしい」―。議場は一瞬、ざわついた。私が“被害”にあった際は見て見ぬふりを決め込んだ小原議長にしては珍しい。議長席から見たその横柄な振る舞いがさすがに許せなかったのかもしれない。議会の憲法とも呼ばれる「議会基本条例」はこう定めている。

 

 「花巻市議会は、二元代表制のもと、市長とともに市民の信託を受けた市の代表機関である。議会は多人数による合議制の機関として、市長は独任制の機関として、それぞれの異なる特性を生かし、市民の意思を市政に的確に反映させるために競い、協力し合いながら、市としての最高の意思決定を導く共通の使命が課せられている」―。上田ワンマン市政は議会さえも「私物化」しかねないほどに腐敗し、権勢をほしいままにしつつある。今回、議会側がそれに「待った」をかけたという意味では一歩前進である。議員諸賢の奮起に期待する以外にない。12日付当ブログ(「花巻まつりと”政教分離”―そして十五夜」)で上田市長の「違憲」疑惑に触れたばかりなのに、「どこまで続く泥濘(ぬかるみ)ぞ」(軍歌「討匪行(とうひこう)」)……

 

  ファシズムの足音が聞こえてくる。あな、恐ろしや!?

 

 

 

(写真は無投票で2期目の再選を決めた上田市長(左から2人目)=2018年1月21日、インタ-ネット上に公開の写真から)