HOME > 記事一覧

沖縄復帰50年と「イ-ハト-ブ」、そして天皇のお言葉

  • 沖縄復帰50年と「イ-ハト-ブ」、そして天皇のお言葉

 

 「5年前の東日本大震災の際も賢治の詩『雨ニモマケズ』に背中を押されるようにして、世界中から支援の手が差し伸べられました。私自身、宮城県気仙沼市で被災しましたが、賢治精神のその善意に支えられてこれまで頑張ってくることができました。現在は当市に居を移してお世話になっていますが、賢治精神の大切さを改めて実感させられる毎日です」―。沖縄の日本復帰50年の15日、私は「3・11」でふるさとを追われた日出忠英さん(80)の基地削減を訴える切々たる請願書の文面を身を引き締めて読み直した。

 

 沖縄はこの日、戦後27年間に及ぶ米国の統治下から復帰して50年の節目を迎えた。しかし、先の大戦で唯一地上戦の舞台となった沖縄では県民の4人に1人が犠牲となり、現在もなお米軍基地の約7割が集中している。こうした現状を憂えた日出さんは平成28(2016)年6月、花巻市議会に対し「(基地の根拠規定になっている)日米地位協定の抜本的な見直し」―を求める請願書を提出した。「基地を一方的に押しつけられ、日々犯罪の恐怖におびえ続けなければならない沖縄県民の心に寄り添い…」と日出さんは訴えたが、議会側は国の“専管事項”を盾に門前払いをした。

 

 それにしても「雨ニモマケズ」の神通力にはかなわない。何しろ「東西南北」の全方位に不幸や災いがあったら、そこに「行ッテ」寄り添えとそそのかす。私自身、この“挑発”に乗せられて何度、沖縄の地に足を運んだことか。沖縄通いを続けてきた私は市議になりたての平成22(2010)年12月定例会で「賢治精神をまちづくりのスロ-ガンに掲げる当市として、沖縄の米軍基地の訓練の一部を肩代わりする考えはないか」と問うた。本来ななら、この種の議論を先導するはずだと思い込んでいた、あさっての方向から矢玉が飛んできた。

 

 「(沖縄における)女性暴行などの米兵による犯罪と騒音被害は想像を絶しており、花巻市民がそれを受け入れなければならない理由などありません」(共産党市議の議会報告から)。この気の遠くなる認識の乖離に腰を抜かした私は折り返し、公開質問状を送った。「沖縄の痛みを自分自身の問題としてとらえ、1人ひとりが真剣に沖縄の現実に向き合うべきではないのか―。こともあろうに革新を標榜する公党がわたしの言いたかったことの趣旨を理解できなかったのだとすれば、それはもはや驚くべきほどの『想像力の欠如』と言わざるを得ない」―

 

 「他人事」から「自分事」へ―。賢治の「行ッテ」精神の真髄はここにあるという考えに変わりはない。それどころか、収束の見通しも立たないコロナ禍や残酷無比なウクライナ戦争を目の当たりにする今こそ、この精神の大切さを思い起こす必要があるのではないか。しかし、賢治の理想郷「イ-ハト-ブ」はどうも真逆な道行きを辿っているように思えてならない。「雨ニモマケズ」をもじった「弾ニモマケズ」などという大政翼賛的な愚劣なパロディが(上田)市長周辺でもてはやされたと思ったら、「ロシア侵攻」に反対する市議会決議(3月4日)の原文から、賢治の代表的な平和メッセ-ジ…「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」(『農民芸術概論綱要』)という一節がいつの間にか消えてなくなるという“椿事”も起きている。

 

  この日の復帰50年記念式典で、天皇陛下は以下のようなお言葉を披露した(要旨)。「大戦で多くの尊い命が失われた沖縄において、人々は『ぬちどぅたから』、命こそ宝の思いを深められたとうかがっていますが、その後も苦難の道を歩んできた沖縄の人々の歴史に思いをいたしつつ、この式典に臨むことに深い感慨を覚えます。沖縄には今なお様々な課題が残されています。今後、若い世代を含め広く国民の沖縄に対する理解がさらに深まることを希望するとともに、今後ともこれまでの人々の思いと努力が確実に受け継がれ、豊かな未来が沖縄に築かれることを心から願っています」

 

 お言葉の中の「課題」とは「過重な米軍基地の存在」などを指すものと思われ、”政治的な発言”を避けるための言い回しだと専門家は指摘。さらに「課題」に触れられたのは初めてのことだという。とまれイ-ハト-ブはいま、深刻な根腐れ病に犯されているのは間違いなさそうである。

 

 

 

(写真が住宅地に接するようにオスプレイが駐機する米軍普天間飛行場(宜野湾市)。辺野古(名護市)への移設工事が進んでいる=インタ-ネット上に公開の写真から)

「“出馬”宣言」余話…ガンバレコ-ル、そして…

  • 「“出馬”宣言」余話…ガンバレコ-ル、そして…

 

 「素晴らしき怒りの愛に花巻の輝きを見る思いです。この街に隠れている光はまだたくさん衣をかぶっていることでしょう。咳をすれば眼を覚ます」―。東和町田瀬在住の造形美術家、菅沼緑さん(73)からこんなガンバレコ-ルが届いた。4月27日付当ブログ(尾崎放哉の「咳をしても一人」に仮託した一文)に対する励ましのメ-ルで、「アラエイ(80代)の気概」のタイトルが付けられていた。嬉しくなって、会いに出かけた。今月3~4の両日、同町で開催された「花巻・土澤ア-トクラフトフェア」で、緑(ろく)さんはストリ-トピアノの担当をしていた。“文化談議”に花が咲いた。

 

 緑さんは幼少時、東京・池袋周辺にあった「アトリエ村」(貸し住居付きアトリエ)で育った。通称「池袋モンパルナス」と呼ばれた芸術村で、小熊秀雄や熊谷守一など著名な作家が出入りした。「俺たちはパルテノンと言っていた。長屋は15畳ほどのアトリエと4畳半の居間、それに半畳ばかりの台所だけで、水道は共同。おやじの話だと、戦時中でもジャズレコ-ドのパ-ティが開かれるなど別世界だったという。20~30軒はあったかなぁ」…。緑さんは目を細めるようにして、当時の思い出を話した。当地に移住したのは約20年前。今では全国的に知られる「街かど美術館」の立ち上げにもかかわり、パルテノン時代の経験が生かされた。「年なんか関係ないぞ。イ-ハト-ブの将来はお前さんにかかっている」と緑さんに肩をたたかれた。

 

 コロナ禍で3年ぶりの開催となったクラフトフェアはごった返す人波にあふれていた。途次、旧知の地元の女性(80代)とバッタリ出会った。世間話に興じたまでは良かったが、選挙のことに触れた途端、「若い人に道を譲るのが年寄りの役割。花巻の恥をさらすのは止めてくれ」とものすごい形相で一喝された。そういえば、“出馬”宣言(4月1日付当ブログ参照)をしたその日のうちに「みっともないから、おやめなさい」という”忠告“がメ-ルで寄せられたことを思い出した。生前、賢治が石を投げつけられたというこの町の排他性を目の当たりにした気持ちになり、ざわッとした。同時に俄然、やる気がわいてきた。そうしたら、また励ましの言葉が飛んできた。

 

「“好奇心を失った時、人は老いる”と有りますが、チャレンジ精神は好奇心より高いレベルと思います。むしろ情熱を失わずに在ることが、精神の若さのバロメ-タ-と実感します。“変えねばならぬの意欲”は、真に青年の飢餓感そのものでしょう」―。身に余る言葉に逆にこっちがかしこまってしまった。「『若気の至り』も『年寄りの冷や水』も社会の成長のためにはどちらも必要だと考えます」と返信し、心の平静を保った。千々に乱れるそんなある日、「人を殺すのは『災害』ではない。いつだって『忘却』なのだ」というキャッチコピ-の本を久しぶりに一気読みした。

 

 現役の朝日新聞記者、三浦英之さんの『災害特派員』(朝日新聞出版)。記者経験のある私自身に照らせば、新聞記事に個人の喜怒哀楽を文章表現するのはご法度。ところが、本書は滂沱(ぼうだ)の涙のオンパレ-ドである。個人的な震災取材(東日本大震災)の体験を綴った「手記」ゆえにそれが許されたのである。「新しい命」という一節がある。

 

 結婚したばかりの夫が津波で亡くなった。妻のお腹の中には新しい命が宿っていた。夫の母も両親と子どもを亡くした。婚姻届はその日3月11日に出す予定だったが、それを果たすことはできなかった。書類が夫の懐にしのばせたあったからである。三浦記者は出産の場の写真撮影を願い出て、許される。遺族たちとの間に築かれたそれまでの信頼関係がそれを可能とした。その場面の描写に私も大声を上げてもらい泣きしてしまった。

 

 …余りにも凄絶な出産風景だった。エリカ(妻)は新婚七日で無念のうちに亡くなった新郎の遺影を見つめながら、この世に新しい命を産み落としたのだ。まるで「死」と「生」を交換するように。江利子(夫の母親)とエリカ。血のつながっていない二人の女性が今、この小さな命を通じて一つの新しい「家族」になろうとしている。思わずファインダ-が涙で曇った。私は必死でそれをカメラで隠そうとしたが、わずかに江利子に見つかってしまった。「おっ、カメラマン、また泣いているの?」。江利子は乳児を優しく抱きながら、「私、嬉しいわあ」と誰かに聞かせるように言った…

 

 私も市議時代にあの大震災に遭遇した。支援活動に没頭した当時、果たしてこの目に涙のしずくはあったのかどうか。「アラエイの気概」(緑さん)に背中を押されながら、私は人生最後の挑戦に挑もうと思う。「老残」がなお”青雲の志”を抱いたとしても、まさか罰(ばち)が当たることはあるまい。

 

 

 

 

 

(写真は三浦さんの新著の表紙)

 

 

 

同級生各位、そして親しい友人、知人の皆さまへ

  • 同級生各位、そして親しい友人、知人の皆さまへ

 

 次期市議選(7月24日)への立候補予定者説明会が6月2日に迫る中、巷では10人以上の新人の出馬がうわさされるなど早くも選挙モ-ドが高まりつつある。「イ-ハト-ブはなまき」の実現を目指す私もその一角に参入するべく、このほど話し合いの場づくりのための討議資料(リ-フレット)を作成した。「同級生各位、そして親しい友人、知人の皆さまへ」というタイトルの以下の文章にその思いを込めた(上掲写真がリ-フレット)

 

 コロナ禍という未曽有のパンデミックに襲われて、早や2年の歳月が過ぎました。そして私たちはいま、ウクライナ戦争という残酷無比な歴史のただ中に放り出されてしまいました。まさに、自分自身の人生の無為を思い知らされる日々です。

 

 先の市長選で、市政刷新を訴えた候補者の敗北がこれに追い打ちをかけました。「咳をしても一人」―。長いトンネルの中で自由律俳人、尾崎放哉のこの句が何度も口をついて出ました。やがて雪がとけ、トンネルの向うに桜の花びらが目に入った途端、生来の”持病“がむくむくと頭をもたげてきました。捨てる神あれば、拾う神も。

 

 「どうせ一人なら、冥途のみやげに人生最後のお祭り騒ぎをしようではないか」―。というわけで、今年夏の市議選に「叛逆老人は死なず」というノロシを掲げて、出馬することにしました。「老残の身、みっともないから止めろ」という冷やかしの声も聞こえてきます。しかし、私は1歳年上の冒険家、堀江謙一さん(83)がたった一人で太平洋をヨットで横断中というニュ-スに勇気をもらいました。

 

 宮沢賢治が夢見た理想郷「イ-ハト-ブ」ではいま、息が詰まるような強権支配がまかり通っています。私はみたび議場に舞い戻り、上田東一市長に対し、不退転の論戦を挑みたいと考えています。

 

 こんな“叛逆老人”ですが、皆さまの心からのご支援をお願い申し上げます。

 

2022年、過ぎにし桜花の季節に

 

 

 

 

《追記》~「咳(せき)をしても一人」

 

 4年前の今日5月1日、哲学者・鷲田清一さんの名物コラム「折々のことば」(朝日新聞)にこの一句が登場した。自分の今の心境と重ね合わせ、思わずこっちも苦笑いをしてしまった。

 

 

 順調だった人生路から外れ放浪の旅に出た俳人が、最後に辿(たど)り着いた小豆島の庵(いおり)で詠んだ句。肺を病んでぜえぜえ咳(せ)き込むも、音は虚空に響くのみ。「一人」とつぶやくのも、打ち棄(す)てられているとの思いを断ち切れずしてか、あるいは未(いま)だ「一人」と意識する未練がましさを笑ってか。「入れものが無い両手で受ける」という句の切迫にもたぶん同じ苦笑いが。『尾崎放哉句集』から。

 

 

 

”叛逆老人”の神出鬼没!?…イ-ハト-ブの実現を目指して

  • ”叛逆老人”の神出鬼没!?…イ-ハト-ブの実現を目指して

 

 「足下に何か、地殻変動みたいな予兆を感じる。そのシグナルは町いく人たちの、ちょっとした仕草の変化である。まさみちさんに向けられる身ぶり手ぶりがどんどん、大胆になっている。身震いするような感覚―。『イ-ハト-ブ』(夢の国)への第一歩を踏み出しているのかもしれない」―。先の市長選(1月23日)の前日、激戦の末に敗れた小原雅道さん(前市議会議長)を支援していた私はその高まる気持ちをブログにこう記した。得票数は20,792票で、当選した現職との差はわずか1,884票。この敗戦ショックからの脱出を助けてくれたのが宮沢賢治の「精神歌」だった。

 

 ♪日ハ君臨シ/カガヤキハ/白金ノアメ/ソソギタリ/ワレラハ黒キ/ツチニ俯(ふ)シ/マコトノクサノ/タネマケリ…日ハ君臨シ/カガヤキノ/太陽系ハ/マヒルナリ/ケハシキタビノ/ナカニシテ/ワレラヒカリノ/ミチヲフム♪―

 

 「20,792」―。この数字こそが分厚い雪の中を這いまわるようにして蒔(ま)かれたひと粒ひと粒の「マコトノクサノタネ」ではなかったかと思った。ふいに「種蒔(ま)く人」で知られる19世紀フランスの画家、ミレ-の姿が小原さんに重なった。そう、小原さんこそがイ-ハト-ブの「ミレ-」ではなかったのか、と…。いまが盛りの桜もやがては散り、本格的な新緑の季節がやってくる。ミレ-の作品は聖書のマタイ伝が下敷きになっているという。

 

 「ある日、種をまく人が、種まきに行った。まいているときに、1つの種は道端に落ちたが、鳥がそれを食べてしまった。また、別の種は石だらけで土の少ないところに落ち、一旦はすぐに芽を出した。ところが、土が少ないため充分な根っこを張ることができず、太陽が出てくると枯れてしまった。また、別の種はイバラの間に落ちたが、イバラが伸びて覆(おお)いふさいだので実を結ばなかった。ところが、別の種は耕(たがや)された良い土地に落ち、実を結んで、あるものは100倍、あるものは60倍、またあるものは30倍にもなった。耳のある人は聞きなさい」(マタイによる福音書第13章)

 

 さあ、「マコトノクサノタネ」の芽吹きを促す「春耕」の季節の到来である。「イ-ハト-ブの大地」に希望の花々が咲き乱れることを夢見て、私は畏れ多くもその“伝道師役”を買って出ようと思う。「叛逆老人は死なず/さらば、おまかせ民主主義」―こんなノボリを掲げた老骨がこれから先、あちこちに出没するはずである。でも、妖怪でもお化けでもありません。若干、足は引きずっていますが、ちゃんと二本足で立っています。見かけた時には遠慮なく、声をかけてください。「ケハシキタビ」の途次から今度こそ、「ヒカリノミチ」への確かな一歩を踏み出すために……

 

 

(写真は「マコトノクサノタネ」の萌芽を呼びかける辻説法用のノボリと私)

 

 

 

 

「見て見ぬふりができない」…暮らしと政治の勉強会Part2~”他人事”からの脱却へ

  • 「見て見ぬふりができない」…暮らしと政治の勉強会Part2~”他人事”からの脱却へ

 

 「一緒になって、汗をかく。弱者にそっと、手を差し伸べる。見て見ぬ振りができないのが私の性分」―。花巻市内でフェアトレ-ド商品などの販売を手がける「おいものせなか」(新田史実子代表)が主催する「暮らしと政治の勉強会」Part2が17日に開かれ、先の市長選で惜敗した前花巻市議会議長の小原雅道さんが選挙選を振り返りながら、市政課題などについて話した。「さらば!おまかせ民主主義」を掲げた勉強会の第2弾で、小原さんは「行政も議会も常に市民から通信簿を付けられている側にあることを忘れてはならない。つまり、謙虚であることが最優先」と力を込めた。

 

 「撃(う)ちてし止まん」、「進め一億、火の玉だ」…。私はふいに前日、宮沢賢治・花巻市民の会(阿部弥之代表)が開催した市民講座での光景を思い重ねていた。教材は賢治の「農民芸術概論(綱要)」で、「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」という一文で知られる作品である。質疑の場で私はメッセ-ジ性の高い詩「雨ニモマケズ」に今次のウクライナ戦争をからめた、「弾ニモマケズ」と題するパロデイがネット上で行き交っている事例を紹介(3月11日付当ブログ参照)。上田東一市長が「いいね」と応答したことについての感想を求めた。

 

 参加者の多くが年配者だったせいもあるが、冒頭のような戦時スロ-ガンを例に挙げ、「賢治は詩の中で(戦争などの)争いごとは『つまらないから、やめろ』と言っている。まるで、戦争を煽(あお)りたてるような無神経さにゾッとした」、「世界平和を訴えるイ-ハト-ブ(賢治が目指した理想郷)のトップの資質に絶望した。恥ずかしい」…。ある参加者が「表現の自由がある」と反論したのに対し、「それとこれとはまったく別次元で、ある意味で賢治を愚弄するものだ」と盛り上がった。「賢治の理念が今回のような危機とどうリンクできるのか、あるいはできないのか」―。私は最近ずっと、こんなことを考え続けている。質問の趣旨はそのことだった。一方で、東日本大震災の際に「雨ニモマケズ」が追悼歌として、英訳されたという記憶も脳裏の片隅にあった。

 

 上田市政はその後、ウクライナの人道支援のため「イ-ハト-ブ花巻応援基金」(ふるさと納税)を通じた寄付金を募ったり、避難民の受け入れを表明しているが、どうしても“後だしジャンケン”の印象はぬぐえない。小原さんの話を聞きながら、出馬時の初心を思い出した。この人がトップに座っていたならば、愚劣な”パロディごっこ“は決して起きなかっただろうと改めて思った。この日の勉強会には定員の12人が参加。「これまでの自分の無関心を反省している」、「コロナや戦争などいま、時代は大きな転換期を迎えている。多様性を排除してはならない」…など活発な意見が相次いだ。私の独りよがりかもしれないが、そこに通底するのはやはり「イーハトーブ花巻」の実現を標榜する当市の未来に対する不安のように感じた。「ワクワク花巻/まちづくり/ひとづくり」のスローガンを掲げた小原さんの出馬の弁がいまさらながら、輝いて見えた。

 

 「優しさって、なんだろう。それは宮沢賢治さんの『雨ニモマケズ』にある、たくさんのことを見てたくさんの声を聴いて、お互いに理解し合い考えて行動する。それが私の考える優しさです。子どもたちには夢を、若者には希望を、お年寄りには安心を。誰ひとり残さない!優しさを後回しにしない!」(リ-フレットより)

 

 

 

 

(写真は久しぶりに元気な姿を見せた小原さん(一番奥)=4月17日、花巻市上小舟渡の「おいものせなか」で)

 

 

 

《追記―1》~「おまかせ民主主義」からの脱却

 

 本日の勉強会に出席した「gakusei?」を名乗る方から、以下のようなコメントが寄せられたので転載します。

 

 「全くその通り。本日参加させて頂きました。今の市長はトップに立つ人間の器にありません。ほとんどの市民がそれを知らず、彼に票が集まりました。投票率の低下も問題ですが、その裏には『期待しても変わらない、今までもそうだった…誰がなっても一緒だ』というような諦めもあるのではと考えています。私もかつてそう思っていました。小原さんならその人柄と行動力で、地域や市民を変えていけるのではと希望が持てました。私たち市民も、行政に任せっきりにするのではなく行動に移していって、花巻の魅力を伝えて行く事が大事だと感じました。面倒臭い、分からないではなく、政治に関心を持ってどんどん首を突っ込んでいきたいです」

 

 

 

《追記―2》~主催者のブログから

 

 勉強会の詳しい内容について、主催者「おいものせなか」のブログ(17日付)に掲載されたので、全文を以下に転載します。

 

 今日は、「暮しと政治の勉強会」の2回目が行われました。参加者は12名で、皆さん花巻を良くしたいという想いの方たちです。ゲスト講師は小原雅道さんです。はじめにまさみちさんから、テレビ局の報道マンから議員になった経緯も含めての自己紹介の後、参加者の皆さんからの質問や意見で盛り上がりました。早速、前回講師の増子義久さんがブログにUPしました。ヒカリノミチ通信 http://samidare.jp/masuko/

 勉強会では、花巻市長の上田さんの3期目当選後の横暴ぶりを心配する声もありました。3月議会で、市民説明会では声が大きい人は遠慮してもらい指名制にすると市長が公言したのです。反対する市民の意見は排除するというとんでもないことを議会で述べたと。びっくりです。また、参加者の一人は東和町の民俗資料館が閉館するのを憂えて、子どもたちの学習の場にリニュ-アルしたらどうかという市民の意見を市民懇談会(市長との対話)で発言したら、市長が途中でキレて「どれだけ金がかかると思ってるんだ―。そんなの自分でやれ―」とすごい剣幕で怒ったと。その場にいた市職員は黙っていたそうです。

 前にも、市民懇談会で意見や提案をすると市長に怒られたと聞いてはいましたが。そんな話が次々出てきて、あらためて市政の監視が必要だと感じました。皆さんの市政や市長のやり方への不満も出ましたが、肝心なのは、これからどうしたら活気ない花巻を良くしていくかです。花巻はたくさんの温泉、宮沢賢治、高村高太郎、空港、新幹線と他にはないいい資源に恵まれているのに、それにあぐらをかいて、まちづくりに努力していないと皆さん共通の意見です。

 いろいろな話が出て、時間が足りないくらいで、最後にまさみちさんいわく、「行政はまちづくりに大事だけれど、あてにしないで」、「市民の意識や声がまちを変えていく」のだと。そして、今回よくわかったのが、まさみちさんの人柄の良さです。市議会議長を退任され、市長選で敗れて、次の動きを聞きたい参加者の質問には明言は避けましたが、これだけは言えることは、「人の役に立ちたいということです」ときっぱり。またこういう勉強会をやってほしいという声で30分超過で閉会でした。まさみちさん、みなさん、ありがとうございました。