HOME > 特産品

広辞苑で芋煮の歴史をチラ見

  • 広辞苑で芋煮の歴史をチラ見

2018年1月に広辞苑第7版が発売されるのにともない予約受付が開始されました。

それに関連して新聞で目にしたのが「芋煮会」についての記述の変遷。

ちょっと気になり、我が家にある広辞苑第4版(1991年刊行)を開いてみると・・・

---------

【芋煮会】

主に東北地方で、里芋を主とし、野菜・魚・肉を加え、野外で煮て食べる集り。

---------

新聞で指摘されていた通り、芋煮の材料に「魚」が入っています。

現在当たり前に食べている芋煮を思い浮かべると『え???』と思いますが、魚時代があったとしてもおかしくはない。

昔の芋煮の名残が見られる記述というわけです。

芋煮の歴史は諸説あるそうですが、最上川舟運でもたらされた棒鱈と地元の里芋と合わせて煮たといわれています。京都の芋棒が起源だとか。

ニシンと里芋という組み合わせの芋煮の記録も残っているそうです。

ですが、平成のいま、魚を入れた芋煮など耳にすることもありませんね。

ましてや河原での芋煮会に魚を用意する人は皆無なのでは・・・。

図書館で広辞苑第6版(2008年刊行)に目を通すと

---------

【芋煮会】

主に東北地方で、里芋を主とし、野菜・肉を加え、野外で煮て食べる集り。

---------

芋煮の中身から「魚」の記述は消えました。(第5版は未確認)

となると材料の野菜は何か、肉が牛か豚か、味付けは醤油か味噌か。つい気になってしまいましたが、その辺は地域によって違うもの。

字数制限の都合でしょうが、包括的にわかりやすく説明する技、国語辞典ならではですね。

2017.11.09:pokonyan:コメント(0):[特産品]

新米

  • 新米

昔は新嘗祭(勤労感謝の日)後、新米を食したものだそうですが、いまどきはそういう地域のほうが珍しいようで、我が家でも早々に10月上旬に新米を食べました。

数年前までは、刈り取ったイネを天日干ししていたので10月下旬にならないと新米は食べられませんでしたが(それでも新嘗祭の一ヶ月前!)、いまでは刈り取り、乾燥が機械化され稲刈り後数日で新米が届きます。

夫実家では、前年の古米が残っていても、新米ができあがると新米のうちに食べたいと精米します。

30kgひと袋を精米して、一部をわけてくれます。

先日、友達一家が遊びに来て、その新米を炊いて出してあげると、、、

友達(子)「うちのごはんよりおいし~い」

と嬉しいお言葉。

横で友達(母)は少々悔しそうな顔をしつつ、「うちでもおいしいの用意してるのになぁ。けれど、昨日の雪若丸は本当に不評だったよ。。。」

うちで炊いているのは「はえぬき」。

22年続いた食味ランキング特AからAに陥落したとはいえ実力十分!そんな気がしてなりません。

ちなみにこの親子はごはんっ食いで、ごはんの味を楽しむ派のようです。

雪若丸はどんなおかずにも合うごはんということで、好みが分かれるところなのかもしれません。

雪若丸は本格的な売り出しは来秋からというものの、

「イオンにしか置かないと聞いていたけれど、近所のスーパーにあったよ(2kg 税別1125円)」という入手ルート情報が入ってきました。

雪若丸を買うのか、私!?

決して安くはない値段。おいしく感じられなかったら、残念だな。。。

と意外と保守的な自分に気づきつつ、初めてつや姫を食べたのは義母の差し入れによるものだったということを思い出し、

閃きました☆

来週の義父の誕生日プレゼントは雪若丸に決定です!

2017.10.22:pokonyan:コメント(0):[特産品]

秋の山形みやげ

  • 秋の山形みやげ

明日はまるごとマラソン。

ということで、東京より知人がたくさん山形へ来ています。

いつもおみやげを持って来てくれるので、私も負けじとお土産を用意します。

いつも同じではつまらないと工夫を凝らします。

独身の女の子には、川西町の紅大豆茶や豆菓子、おせんべいなどコチャコチャと。ダイエットを気にせずおやつタイムを楽しめる仕様です。

親世代の人には、佐藤屋さんのたまゆら(夏はお休みするお菓子ですが、涼しくなり再開しています)と、いろんな種類のぶどうが粒でパックされているもの。宿泊先でのデザートに。

家族ぐるみでお世話になった夫の元上司には、シャインマスカット。奥様の喜ぶ顔が浮かびます。

今回はこんなラインナップで用意してみましたが、その買い物ツアーの間で残念だった2店。

閉店が決まっているという十字屋、駅ビルS-PALの両店で買うべきものが見つけられなかったのです。

十字屋に入っているグリーンショップはらだにはシャインマスカットはありましたが、粒ぶどうは産直でないとないのでまとめて産直で。

佐藤屋さんのお菓子も、定番ののし梅などどこででも買えそうなお菓子は置いてありましたが、たまゆらは扱いなく佐藤屋本店へ。

S-PALに関しては、改装中と知らずに行ってしまったために、何も買えない!となってしまったわけですが、まるごとマラソンでたくさんの方が山形に来るタイミングなのが痛い気がしました。行楽シーズンですしねぇ。。。

そんなに足を運んでるわけではないのに急にS-PALリニューアルオープンが待ち遠しくなりました。来年からは十字屋の分もがんばってもらわねば!

2017.09.30:pokonyan:コメント(0):[特産品]

あけび&ナイヤガラ

  • あけび&ナイヤガラ

上山に実家のあるお友達から、あけびとナイヤガラのおすわけのおすそわけをいただきました。

まずあけびのきれいなことにびっくり。つるっつるで夫実家の野趣あふれるあけびとはまるで別物。

これなら口の中でゴソゴソいうことはなさそう、と味噌炒めにされたあけびの姿が頭に浮かびます。

すっかりあけびは皮を食べるものと位置づけされました。

種の周りを食べることしか知らなかった時代は、随分ぜいたくな果物に見えたものでした。

首都圏に出回るあけびは写真のようにやはりつるつるで、友達曰くちゃんと出荷用に手入れされてるから、と。

たぶん出荷できないレベルの物が我が家にやってきたと思うのですが、それでもきれいなものです。

夫実家のあけびも袋掛けなんぞしてみるといいのかしらん。

一方のナイヤガラ、こちらは自家用だから~と念押しされました。

十分甘くて食べられるんだけど、自家用だから!と。

出荷用とは手入れの度合いが違うようです。

農家の本領を垣間みた瞬間でした。

2017.09.12:pokonyan:コメント(0):[特産品]

なす

  • なす

秋なすのおいしい季節となりました。

我が家では小2の娘をお味噌汁係に任命し、毎朝お味噌汁を作ってもらってます。

今朝のお味噌汁の具はナス。

私も娘もお味噌汁の具材は数種類にしたい派なのですが、今日はナスのほかに浮かばずシンプルにナスのお味噌汁となりました。

2年生らしく(?)切り方はザクザクで見栄えはいまいちながら、なんとまぁおいしいナスのお味噌汁。

煮なすという煮るのに向いてるナスだったからなのか、ザクザク切りがよかったのか、ながら料理というのができずジーと鍋を見張りながらの料理でお鍋をグツグツさせてしまうことがなかったからなのか、ナスがクタッとし過ぎず、おいしくいただけました。

さらに今日は贅沢にも、蔵王サファイヤの漬け物もありました。

ナス漬けに最適な地元の特産品、蔵王サファイヤですが、高価でちょっと手が出しにくく実は買ったことはありません。

しかしながら、切望せずとも舞い込んでくることがあるのが地の物のいいところ。

箱でたくさんもらっちゃったから協力して~と我が家にやってきました。

さっそく夏休みの自由研究の残りのみょうばんでナス漬けを作り、翌朝には食卓へ~。

ちょっと漬かり方は浅かったのですが、まちがいなく素材の勝利。

大変おいしく、みなちゃんとヘタまできれいに食べました。

ナスは特に好きな野菜でもなんでもないのですが、今日はナスに感動した朝でした。

2017.09.07:pokonyan:コメント(0):[特産品]