緊急出動!

  • 緊急出動!
本日、夏休み前の最終登校日。

5時間目にはプール納会、ちびまる子ちゃんも真っ青の大荷物により、いつもよりさらに下校が遅かった長男。

そのテンポに釣られ、明日から夏休みということもありのんびりしていると、仕事先の義父より電話。

「かあさんが電話に出ないんだ。今日剪定講習会で疲れたんだろうけれど、心配だから見に行ってくれ」

いつもなら夕食の支度も済んでお風呂に入っている時間。

慌てて夕食を作り上げ、その間に長男に命じて義母に電話。

家電も携帯も電話にでんわ。

ありゃりゃ、寝込んで起き上がれない?

おかずをタッパーに詰めて出動!

家の中はからっぽ。

裏の畑へ回ると…

里芋に水やりをする義母がいたのでした。

しばらく横になってたからもう元気。ちょうどよかった、カボチャとスイカ持って行って。

といつもの調子に

トウモロコシはないの?!と子どもたち。

夕食を一緒に取り、カボチャ、スイカ、子どもたち自ら収穫したトウモロコシを10本をいただき帰路についたのでした。

同居ではないものの、ほんの5kmのスープの冷めない距離の良さを実感したのでした。

実家の母には同じことをしてあげられないのだけれど…。
2016.07.28:pokonyan:コメント(0):[子育て]

夏休みのスケジュール

  • 夏休みのスケジュール
短い夏を楽しむため、山形ではイベントや企画がもりだくさん。

人形劇、夏まつり、オープンキャンパス、蓮まつり、ナイトミュージアム、水泳短期講習、体験教室…

その他、お友達の家にお泊りもしたい、おばあちゃんに会いたい、遊園地へ行きたい、水族館へも行きたい!

当然、海にも行きたい!となるわけですが、土日では海水浴へ行く日を捻出するのが難しい。

ここは勤め人が動きをストップ(我が家の稼ぎ頭はタイミング悪く休日勤務となること多々)。

小学生は夏休み前ながら水泳記録会のため休み中で、平日の空いてるところを狙って海水浴の予定です。

昨年は鶴岡市の小波渡海水浴場へ。ここは泳ぎながら海の生き物も見つけられるので、長男にとってはこの上ない海水浴場だったようです。

今年は、『砂の女』の舞台と言われる酒田市の浜中あさり海水浴場へ行ってみたいと思ったのですが、経験第一、新しいことを好まない長男の抵抗にあっています。

変化を好まないあたり、義父や夫とよく似ていて山形男の特徴か?!とつい思いたくなる今日この頃です。(もちろん開拓精神の方も多数見られますが、あがすけと言われる?!)

ともあれ、この夏はいろんな新しいことにチャレンジしてほしい!

母はそんな思いで、日々の天気を気にしつつあちこちのイベントに参加するのでした。
2016.07.25:pokonyan:コメント(0):[子育て]

夏の新そば

  • 夏の新そば

そば畑はいま、真っ白のそばの花が満開。

もう咲いてるんだ~と思っていたら、夏の新そばでした。

いわゆる新そばは秋の新そばで10月に入ってからとなりますが、夏の新そばは8月上旬から。

今年は他の作物と同じように、そばの生育も早いようで7月下旬には新そばがお目見え、そんな情報が入ってきました。

香りや味は、秋の新そばにはかなわないといいますが、江戸っ子の初鰹よろしく「初物」「旬」「新そば」が好きな人たちにはうれしい新そば便りではないでしょうか。

春の寒晒しそば
初夏の天保そば
夏の新そば
秋の新そば
初冬の霜降りそば

来年の夏休みにむけ、各季節のそばの味比べを自由研究のテーマにする渋い小学生はいないかしらん。

?

2016.07.21:pokonyan:コメント(0):[たべもの]

プレ夏休み

  • プレ夏休み
  • プレ夏休み

海の日を絡めた三連休、みなさんはいかがお過ごしでしたか?

まだ梅雨明け宣言はだされていないものの、梅雨が明けたかのようなお天気で我が家は夏休みと錯覚してしまうほど遊び倒しました。

初日午前は、夫実家でジャガイモ掘り。家族総出でジャガイモを掘りまくり、畑をきれいさっぱり黒い土に返してきました。

午後からは2ヶ月前から楽しみにしていた行事、グリバー寒河江での水辺交流会。こちらでは500円の協賛金でバナナボート、カヌー、SUP、周遊カートが何度でも楽しめます。

子どもたちはバナナボートよりもゆったりとしたカヌーが気に入ったよう。ここで練習を積んで最上川へと繰り出してほしいものです。

見るのも乗るのも初めてだったのは、SUP(スタンドアップパドルボード)。

ハワイで人気と聞いたことのあるような、水上を散歩するスポーツです。サーフボードのようなものの上に立ち、パドルでスイ~と進んで行きます。上手になってくると波のないグリバー寒河江では物足りなくなるかもしれませんが、超初心者にはうってつけの静かな水面でした。

二日目は、夫友人家族が仙台からBBQセットを担いでやってきてBBQ。BBQといいつつアヒージョをたくさんふるまってくれました。これはこれで新鮮。

三日目は、昨年に続き第2回竹フェスが開催されました。

昨年同様、竹を切って割っての流しそうめん、竹筒でおこわを炊いたり、BBQをしたり。

新しい試みは、竹の水鉄砲作りとスタードーム作り。

水鉄砲は部材を大人が用意し、子どもたちが試行錯誤を繰り返しつつそれぞれの鉄砲作り。

お天気も手伝っていい水遊びタイムとなりました。

スタードームは主催者の旦那様の強い希望で製作開始。

大人三人で材料となる竹を切り出し、竹割り機で竹を割り…と、ドームのフレームとなる部材を黙々と作り出します。

いよいよ組み立て。人手が必要とお声がかかりました。

星の形となるように竹を配置したり結んだりと試行錯誤するも、結局子どもとさんざん遊んだ後の作業とあり、組み立ての途中で時間切れ。

この夏の楽しみが一つ増えた状態での3連休終了~なのでした。

2016.07.19:pokonyan:コメント(0):[季節]

有精卵

  • 有精卵

ひょんなことから、と~ってもおいしそうな卵をちょうだいしました。

最上の荘、自然有精卵

普段卵を買うときには殆ど意識していないのですが、今回の卵を見てドキリ。

「有精卵」

温めたらヒヨコが生まれちゃう!?夏休みの研究にされちゃう?

ワクワクする子どもの顔を思い浮かべつつ、改めて有精卵と一般の卵の違いを調べてみました。

スーパーで扱う一般的な卵は温めてもヒヨコが生まれることはない無精卵。

一日に一個は卵を産めるように改良されたもので、ケージ飼いで雄鶏と交尾することがないので無精卵となる。

有精卵と無精卵で栄養素や味が大きく変わるものでないが、有精卵を産み出す環境が卵の質に大きく作用する、ということがわかりました。

放飼いというのびのびとした環境で、こだわりのエサを食べおいしい水を飲み元気に運動。

生産者の愛情、鶏本来の健康、ヒヨコとして産まれてくるかもしれなかった栄養といったいろんなものがギュッと卵に閉じ込められ、栄養価や味となって私たちの食卓にやってくる。

実は家族性高コレステロール血症のため卵を控える食生活を送っていますが、これは食さずにいられません。

ヒヨコちゃん、ごめんね。今夜のごちそうは卵かけごはんに決定!

2016.07.15:pokonyan:コメント(0):[たべもの]