8・9月の体験学習室

8月・9月の体験学習室についてお知らせします。

8月の季節企画「盂蘭盆会」(7/23(土)~8/26(金))です。

盂蘭盆会は略してお盆のこと、先祖や亡くなった人たちの霊を祀る行事です。

体験学習室では置賜地方のお盆を紹介します。

9月の季節企画「重陽の節句」(8/27(土)~9/22(木))です。

重陽の節句は9月9日、五節句のうちのひとつです。菊に長寿を願うことから別名菊の節句とも言います。

菊には邪気を祓い長寿の効能があると信じられていたようです。

 

8・9月の体験学習室は「すてきなデカルコマニー」(7/23(土)~9/22(木))です。

紙に絵具をのせて、紙をあわせ開くと・・・、思いがけない模様ができあがります。

偶然が生み出す不思議な模様を楽しんでみてください!

 

募集制ワークショップのご案内 

まだまだ募集中です!!

「ナイトツアーようこそ夜の博物館へ椿貞雄と岸田劉生」
開催日  7月29日(金)19:00~21:00
対象  どなたでも(中学生以下は保護者同伴)
定員  20名程度
参加費  一人500円

夏休みものづくりルーム

「消しゴムほじほじはんこで夏気分Ⅲ」
開催日  8月6日(土)10:00~11:30
講師 mizutamaさん
対象  小学5年生以上
定員  20名程度
参加費  一人500円

「ちっちゃなスイーツデコレーション」
開催日  8月7日(日)10:00~16:00
対象  小中学生
定員  20名程度
参加費  一人500円

「名画にチャレンジ!【モネ編】」
開催日  8月8日(月)10:00~16:00
対象  小中学生
定員  20名程度
参加費  一人500円

「スポイトでにじみ絵あそび!」
開催日  8月9日(火)10:00~12:00
対象  年長児
定員  20名程度
参加費  一人500円

「切り絵のステンドグラス」
開催日  8月9日(火)13:30~16:00
対象  小中学生
定員  20名程度
参加費  一人500円

 

それではご来館を心よりお待ちしております。
お問い合わせは 米沢市上杉博物館0238-26-8001までどうぞ

2016.07.23:denkoku:[博物館情報]

椿貞雄展 特集①

明日から椿貞雄展―椿貞雄と岸田劉生―後期の展示を開催します。

本日から、全4回で椿貞雄が画家としてデビューするまでの道のりを簡単にご紹介します!

 

①「画家椿貞雄のルーツ」                                  

椿貞雄は、1896年(明治29年)2月10日、米沢市で土木建築請請負業を生業としていた父英夫と、母たけの3男として生まれました。現在の東部小学校に通っており、高学年頃から絵に興味を持ち始めます。

きっかけは、兄信雄の影響でした。信雄も美術を好み、『白樺』『フュウザン』『現代の美術』等を愛読し、自らも水彩画を描いていました。椿は兄が毎月購読していた『白樺』などで美術についての知識を深め、絵を描くようになるのです。

現在の県立米沢興譲館高等学校に進学すると、絵に没頭するあまり学業がおろそかになり、授業を欠席することもたびたび。秋の景色を逃さず描く為に、2キロ離れた山まで学校を休んで1週間通ったというエピソードもあるくらいです。16歳の時には、青年洋画家有志団体「紫星会」第一回水彩画展に5点の作品を出品しています。

絵を描くことに夢中になった椿少年。学業の方はどうだったのかというと、登校日数が極端に少なくなり、なんと落第してしまいます。この時すでに画家になるという夢はふくらみ、上京を考えていました。

上京するには父親の許しが必要です。椿少年は上京できるのでしょうか…。

 

明日のギャラリートークのご案内です。

7月23日(土)14時から

「椿日記と劉生日記」というテーマで、当館の担当学芸員による展示解説を行います。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

お問い合わせ 米沢市上杉博物館 TEL 0238-26-8001

 

 

2016.07.22:denkoku:[博物館情報]

生誕 120年椿貞雄展 後期のご案内

開館15周年記念企画展 

生誕 120年 椿貞雄 展 ―椿貞雄と岸田劉生―前期の展示が終了しました。

後期の展示は7月23日(土)~8月21日(日)です。

※休館日 7月27日(水)

 

ギャラリートークのご案内です。

7月23日(土)14時から

「椿日記と劉生日記」というテーマで、当館の担当学芸員による展示解説を行います。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

また、7月23日(土)から8月5日(金)の期間は、

重要文化財「麗子微笑」(東京国立博物館所蔵)を展示しております。

教科書で見たことがある方も多いのではないでしょうか。

この機会に本物の魅力をご体感ください!

 

当館ミュージアムショップでは、図録・関連グッズの販売を行っております。

展覧会期間限定販売の商品もありますので、ぜひお立ち寄りください!

 

開館15周年記念特別展 

生誕 120年 椿貞雄 展 ―椿貞雄と岸田劉生―

【期間】

後期:7月23日(土)~8月21日(日)

※展示替え 7月19日(火)~7月22日(金)

※休館日 7月27日(水)

【開館時間】

9:00~17:00(入館は16:30まで)

【入館料】

一般 410(320円) 高大生 300(240円) 小中生 200円(160円)

※( )は20名以上の団体料金

【ギャラリートーク(展示解説)】

場所 : 企画展示室

日時 :  【後期】 7月23日(土)14:00~15:00 「椿日記と劉生日記」

※いずれも担当学芸員による展示解説です。

※企画展示室入館料が必要です。

【展示】

重要文化財 「麗子微笑」 (東京国立博物館所蔵)

【後期】 7月23日(土)~8月5日(金)

 

お問い合わせ 米沢市上杉博物館 TEL 0238-26-8001

2016.07.16:denkoku:[博物館情報]

上杉文華館 「謙信を生んだ一族・長尾氏 ~越後と関東~」

当館常設展示室では国宝上杉家文書を常時見ることができる上杉文華館があります。

2016年度の上杉文華館は「謙信を生んだ一族・長尾氏」をテーマにゆかりの文化財、貴重な史料をご覧いただきたいと思います。

平成28年度、第4回目のテーマは… 「越後と関東」 です。

 

【展示期間】 平成28年6月23日(水)~7月26日(火)  

 

 長尾氏は桓武平氏の一族で、相模国鎌倉郡長尾郷(横浜市戸塚区)を名字の地とし、三浦氏や梶原氏、鎌倉氏、大庭氏、などが同族です。後三年合戦に活躍した鎌倉権五郎景正や、源頼朝に仕えた梶原政景らは一族です。しかし、鎌倉時代の長尾氏の動向はよく分からないことが多いのが実情です。宝治元年(1247)に執権北条時頼によって滅亡に追い込まれた有力御家人三浦氏に味方していたことから没落し、その後鎌倉幕府6代将軍に就任した宗尊親王に従って、京都から鎌倉に下向してきた上杉氏の家臣になったと考えられています。鎌倉幕府が滅び、室町幕府が開かれると、その重要メンバーであった上杉氏の活躍によって、その家臣である長尾氏も確かな記録にその名をみせるようになりました。

 謙信は越後府中を拠点とした「府中長尾氏」と呼ばれる一族の出身です。この長尾氏は越後守護代を代々務めてきました。謙信もまた家督継承とともに越後守護代に就きました。2016年度第4回目の上杉文華館は、「越後と関東」と題し、守護代長尾邦景の子息実景の関東出兵をとりあげ、その立場や越後と関東の関係の深化などについて紹介していきます。

▼ コレクショントーク

 「謙信を生んだ一族・長尾氏 ~越後と関東~」

平成28年 7月9日(土)14:00~

場所: 常設展示室 上杉文華館

※入館料が必要です。

お問い合わせ 米沢市上杉博物館 0238-26-8001まで

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

2016.07.07:denkoku:[博物館情報]

今日の能舞台

  • 今日の能舞台

今日の能舞台は、市民主催の「すこやか仕舞教室」が開かれていたので、ちょっと取材してみました。
能楽をお手軽に習うことができる町、米沢です。

2016.07.05:denkoku:[ホール情報]