ギャラリートークのご案内

10月1日(土)から、開館15周年記念特別展「伊達氏と上杉氏―舘山城跡国史跡指定記念―」を開催致します。

本展覧会では、文献資料や国史跡に指定された舘山城跡の発掘成果など、伊達氏およびその家臣団が米沢に生きた痕跡を辿るとともに、上杉氏との関わりを探っていきます。

オープニングギャラリートークのご案内です。

10月1日(土)14時から、担当学芸員による展示解説を行います。

今回のテーマは「中世伊達氏」です。

※特別展入館券が必要です。

ぜひご来館下さい。

 

覚範寺跡出土「一字一切経」(米沢市教育委員会)

 

◆次回以降のギャラリートークの予定

10月8日(土)「伊達郡から見た伊達氏」 米沢女子短期大学教授 吉田歓

11月5日(土)「伊達氏と家臣団―米沢時代―」当館学芸員 角屋由美子

11月12日(土)「米沢時代の政宗」福島県立博物館専門学芸員 髙橋充

※各回14時から

※特別展入館料が必要です

 

お問い合わせ 米沢市上杉博物館 0238-26-8001

2016.09.27:denkoku:[博物館情報]

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示のご案内

10月1日(土)から、10月14日(金)の期間で、国宝「上杉本洛中洛外図屏風」の原本を展示致します。

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」は天正2年(1574)に織田信長が上杉謙信に送ったとされるもので、桃山時代の代表的な絵師である狩野永徳によって描かれました。

この屏風は、京の市街地(洛中)と郊外(洛外)の四季と、そこに生活する人々のすがたを描いたもので、芸術的美術史的価値ばかりでなく、歴史資料としての価値も高く、民俗学的見地からも貴重な史料であることから国宝に指定されました。

ぜひご来館いただき、国宝の魅力をご覧ください。

※同時期に開催の、特別展「伊達氏と上杉氏―舘山城跡国史跡指定記念―」のチケットでご覧いただけます。

開館15周年記念特別展「伊達氏と上杉氏―舘山城跡国史跡指定記念―」

【期間】

前期:10月1日(土)~10月30日(日)

後期:11月3日(木祝)~10月27日(日)

展示替え:10月31日(月)~11月2日(水)

休館日:10月26日(水)・11月24日(木)

【料金】

一般 620円(490円) 高大生 400円(320円) 小中生250円(200円)

※常設展示室と一体型での料金です。

◎11月3日(木祝)東北文化の日推進事業/入館料無料

 

お問い合わせ 米沢市上杉博物館 0283-26-8001

 

2016.09.25:denkoku:[博物館情報]

次回展覧会のご案内

本日9月24日(土)をもちまして、開館15周年記念企画展「TIME! TIME! TIME! 時間旅行展」は好評のうち終了致しました。

次回展覧会のご案内です。

10月1日(土)から、開館15周年記念特別展「伊達氏と上杉氏―舘山城跡国史跡指定記念―」を開催します。

鎌倉時代初頭、伊達郡の地頭職を獲得した伊達氏は、南北朝時代の14世紀後半に置賜地方へと勢力を伸ばしました。そして、16世紀半ば、天文の乱に勝利した伊達晴宗は桑折西山城から米沢へ本拠を移し、以後約50年、輝宗・政宗の3代にわたって米沢は伊達両国の中心となりました。

天文の乱の要因の一つとなり、破談となった伊達実元の上杉氏への養子縁組の際、上杉氏の「竹に雀紋」が伊達氏に贈られたことや米沢城主伊達輝宗が春日山城主上杉謙信に送った書状(国宝上杉家文書)の存在など、中世から近世初頭にかけて周辺大名との交渉も含めて紹介していきます。

文献資料や国史跡に指定された舘山城跡の発掘成果など、伊達氏およびその家臣団が米沢に生きた痕跡を辿るとともに、上杉氏との関わりを探っていきます。

また、10月1日(土)から10月14日(金)までの期間で、

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本を展示いたします。

皆様のご来館をお待ちしております。

開館15周年記念特別展「伊達氏と上杉氏―舘山城跡国史跡指定記念―」

【期間】

前期:10月1日(土)~10月30日(日)

後期:11月3日(木祝)~10月27日(日)

展示替え:10月31日(月)~11月2日(水)

休館日:10月26日(水)・11月24日(木)

【時間】

9時~17時(チケット販売は16時30分まで)

【料金】

一般 620円(490円) 高大生 400円(320円)小 中生250円(200円)

※カッコ内は20名以上の団体料金

※常設展示室と一体型での料金です

◎11月3日(木祝)東北文化の日推進事業/入館料無料

【ギャラリートーク】

10月1日(土) 「中世伊達氏」 当館学芸員 角屋由美子

10月 8日(土) 「伊達郡から見た伊達氏」 米沢女子短期大学教授 吉田歓

11月  5日(土) 「伊達氏と家臣団―米沢時代―」当館学芸員 角屋由美子

11月12日(土) 「米沢時代の政宗」福島県立博物館専門学芸員 髙橋充

※各回14時から

※特別展入館料が必要です

【講演会】

◇10月22日(土)

ここまでわかった!国史跡舘山城跡―その実像とこれからの活用にむけて―

「館山城と山形の中世城舘」 山形県立うきたむ風土記の丘考古資料館前館長 佐藤鎭雄氏

「文献史料からみえる舘山城」 山形大学名誉教授 伊藤清郎氏

「国史跡舘山城跡の発掘調査成果について」 米沢市教育委員会教育管理部文化課主任 佐藤公保氏

「国史跡舘山城跡の整備活動に向けて」 文化庁文化財部記念物課文化財調査官 近江俊秀氏

場所:伝国の杜2階大会議室 入場無料

時間:13時30分~16時30分

主催:米沢市教育委員会

◇11月19日(土)

「米沢時代の伊達氏と上杉氏」 淑徳大学准教授 遠藤ゆり子氏

場所:伝国の杜2階大会議室 入場無料

時間:14時~16時

【展示】

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示

期間:10月1日(土)~10月14日(金)

 

お問合せ 米沢市上杉博物館 0238-26-8001

2016.09.24:denkoku:[博物館情報]

時間ツアーのご案内

ただいま当館では、

開館15周年記念 企画展「時間旅行展―TIME! TIME! TIME!」を好評開催中です。

実際にさわったり、動かしたり出来る展示物を通して、ヒトだけでなく、生命、宇宙などのいろいろな視点から「時間の不思議」を体験できます。

生命、宇宙、物質などに流れる「時間」を改めて感じてみませんか?

☆時間ツアーのご案内☆

9月10日(土)の11時から「時間ツアー」を行います!

時間旅行展の展示物を体験しながら、「時間」の不思議について考える展示室ツアー、ナビゲーターは当館学芸員です。

皆様のご来館お待ちしております!

写真は前回(9月3日)の時間ツアーの様子です。

 

お問合せ 米沢市上杉博物館 0238-26-8001

2016.09.06:denkoku:[博物館情報]

時間ツアーのお知らせ

ただいま当館では、

開館15周年記念企画展「時間旅行展―TIME! TIME! TIME!を開催中です!

 

時間の不思議を体感する体験型の展示ということで、実際にさわったり、動かしたり出来る展示物を通して、ヒトだけでなく、生命、宇宙などのいろいろな視点から「時間の不思議」を体験できます。

普段何気なく触れている「時間」を改めてとらえ直し、人間が築いた「時計」という時間を測る技術から離れて、宇宙・地球・生命・物質などに存在する「時間」を考える展覧会です。

 

☆時間ツアーのご案内☆

93日(土)の14時から

「時間ツアー」を行います!

 

時間旅行展の展示物を体験しながら、「時間」の不思議について考える展示室ツアー、ナビゲーターは当館学芸員です。

ぜひご来館下さい。

 

特別に、展示物の中の1つ、「光の旅」をご紹介します。

 

夜空に見える月までの距離は約38万キロメートル、光が届くまでにかかる時間は1.3秒。

私達が見ている月の姿は、1.3秒前のものです。

 

夜空に瞬くたくさんの星(恒星)たち、同じように光って見える星は、「1秒に約30万キロメートル」というスピードで、何百年、何千年もの時間をかけて地球に届きます。

いわば過去からやってきた光。もしかしたら、もう存在していないかもしれない。

私たちが普段見ている宇宙からの光は、リアルタイムではなく、チョット前、あるいはかなり昔の姿なのです。

 

 

「光の旅」という展示物では、オリオン座とカシオペヤ座の形をした望遠鏡のような装置を覗くと、はるか彼方の宇宙から、あなたに向かって光が届くまでの時間と距離を疑似体験することが出来ます。はるか遠い過去から届く星の光を感じてみませんか?

 

皆様のご来館おまちしております。

 

お問い合わせ

米沢市上杉博物館 0238-26-8001

2016.08.31:denkoku:[博物館情報]