HOME > ホール情報

♪開催報告 ~こども能楽ワークショップ~

  • ♪開催報告 ~こども能楽ワークショップ~

こんにちは。置賜文化ホールです! この写真、何度見ても、かわいくて癒されます。。

去る5月18日の土曜日、午前は米沢会場、午後は白鷹会場で、こども能楽ワークショップを開催しました。

・・・・・・・・・・・・・・・

今回は東京にある「萬狂言」さんと「米沢金剛会」さんの強力なバックアップのもと、下は3歳から上は小学6年生まで実に幅広い年齢層のこどもたちが参加し、ドキドキワクワクの楽しい体験学習ができました。

まずは狂言について。能楽は世界最古の演劇で、能面を着けて幽玄の世界を表現する能と、能よりは少し新しい時代にできたセリフで物語を回し、笑いを誘い、教訓を問いかける狂言、二つのお芝居の違いを教えていただきました。

狂言では、あたかもそこに背景や道具があるかのように表現しなければなりません。参加者みんなで、笑いかた、泣きかた、柿の食べかたなど、実際に体を動かしての表現にチャレンジ!物怖じせずに大きな声をだして身振り手振り、とっても上手でした!

 

・・・・・・・・・・・・・・・

続いては本物の能舞台に上がって能の謡いに挑戦。むかしの言葉や節回し、ちょっと難しかったかな?能面をつけて歩くのは楽しそうでしたね。よく頑張りました!

 

・・・・・・・・・・・・・・・

次は泣く子も黙る?蜘蛛の巣をぶわぁ~~っと広げる場面の体験です。いきなり妖怪変化の必殺技を繰り出すのは難しいので練習用の道具を使ってコツを習いました。さあ、いよいよ実践です!先生のお手本を見てみんな口をあんぐり、すぐにワーっと大歓声。見学の大人も大歓声。先生方はニンマリ?代表の3人も妖怪変化になりきって蜘蛛の巣を発射!

 

・・・・・・・・・・・・・・・

狂言の楽しさが少し理解できたところで、最後に萬狂言の狂言師による「口真似」を鑑賞しました。

狂言は四方に柱があるだけのとてもシンプルな舞台で演じますが、セリフが分からなくても、場面ごとに想像力を働かせて見てみると、面白さが3倍、4倍にもなる洗練されたお芝居です。小学校入学前の子どもたちも時には声をあげて笑っていました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

伝国の杜では、こども狂言クラブを運営しています。そこでは一般のお子さんが狂言師の指導で狂言を習い、年に数回ほど発表しています。日常の刺激から少し離れて、心を落ち着けて想像力を働かせるお稽古は、豊かな人間性を育んでくれると、保護者の信頼も絶大です。よろしければお稽古場をちょっとのぞいてみませんか?メンバー大募集中です!

2019.05.24:denkoku:[ホール情報]

♪開催報告~オーケストラクリニック第3回「公開練習会」~

  • ♪開催報告~オーケストラクリニック第3回「公開練習会」~

3月3日桃の節句のこの日、伝国の杜オーケストラは今年度最後の合奏練習を一般公開しました。

本番ではないので指揮者も団員も私服の緩やかな雰囲気。でも演奏は回を重ねるごとに曲のイメージが膨らみ、ピリッとした緊張感のなか、感動的なフレーズのリレー、お互いに支え合う相乗効果など、合奏でしか味わえない豊かな音楽づくりができました。

この日の練習会は公開で行われ、客席にいらしてくださったお客様からは、練習とはいえ本番さながらの演奏に大きな拍手をいただきました。

今年度のオケは、これをもって解散となりましたが、一度結ばれた仲間とのオケ魂は確かなもの。またの再会を誓って幕を閉じました。

音が楽しいと書いて、音楽♪

文字通りの楽しい楽しい時間でした。

指揮者の先生方、団員の皆さん、お疲れ様でした!

2019.03.04:denkoku:[ホール情報]

♪サポート報告~クラリネット五重奏演奏会~

伝国の杜ちかくのナセBAでWoody Concertが開かれました。今回は米沢吹奏楽愛好会のクラリネット五重奏。「楽しみにしてだんだ」というお客様も多数お越しくださいました。

小さいクラリネットから大きなクラリネットまで4種類の楽器たち。初めて間近でご覧になる方もいらっしゃったのではないでしょうか。

至近距離からの生演奏を解説つきで楽しめて、あったかな気持ちになれる、そんなコンサートでした。

Woody Concert 次回は4月に開催を予定しています。

2019.03.01:denkoku:[ホール情報]

♪よねざわ市民ミュージカル 年度末成果発表会

  • ♪よねざわ市民ミュージカル 年度末成果発表会

米沢近郊では、今週から卒業式が始まります。ご卒業を迎える皆さん、そして支えてこられたご家族の片にお祝い申し上げます。おめでとうございます。

さぁ。芸術文化団体の活動も発表会シーズン。3月は頑張ってきた成果が実を結ぶ時ですね。

置賜文化ホールでは、3つの成果発表があります。 

 

1.伝国の杜オーケストラ・クリニック第3回「オーケストラ公開練習会」

3月3日(日)午後1時から3時まで公開

⇒昨年度の伝国の杜オーケストラ指揮者・竹谷智氏(元山形交響楽団首席オーボエ奏者)を迎えて合奏練習を行います。演奏は、高校生・大学生・社会人までが世代を超えて参加している地元のアマチュア演奏家で、ビゼー「アルルの女」、ベートーヴェン「運命」を課題として練習してきた最終日の様子を公開し、客席からご覧いただくことができます。指揮者の細かな指示に奏者が応える様がわかります。

 

2.伝国の杜こども狂言クラブ春休み発表会

3月21日(木祝)午後2時から4時頃まで

⇒6歳から高校生まで10名の子どもたちが、プロの狂言師に習いながら一年間を通して稽古してきた番組を能舞台で披露します。着物と袴のりりしい姿、長セリフと独特の所作など、見所満載のステージです。

 

3.よねざわ市民ミュージカル伝国座2019春・成果発表会

3月23日(土)午後2時から3時頃まで

⇒伊達政宗の幼少期をテーマとした「梵天丸」、現代の繊維産業の礎となる人絹を発明した秦逸三博士を描く「Faith」など、地元題材をテーマにしたオリジナルミュージカルを上演してきた伝国座。ミュージカル作家の梶賀千鶴子(SCSミュージカル研究所主宰)らの指導のもとで一年間を通してレッスンに励んだ歌とダンスで綴る創作ステージ。

 

いずれも入場無料ですが、3.のみ入場整理券が必要です。お求めは伝国の杜、ナセBA、文化センターまで。

2019.02.26:denkoku:[ホール情報]

♪オーケストラ合奏講習会を開催しました

  • ♪オーケストラ合奏講習会を開催しました

この冬、置賜文化ホールでは、10代から60代まで世代を超えての有志オーケストラが、合同練習を開き、今年の練習課題曲「アルルの女」など3曲を弦楽器、管打楽器、それぞれのエキスパート講師から学んでいます。
第1回「山響メンバーによる弦楽講習会」につづき、2月11日にはクリニック第2回「合奏講習会」が開かれ、弦楽器の木谷圭先生、管打楽器及び全体合奏の内山厚志先生を講師に招き、音楽の基礎から合奏の楽しみ方まで充実した内容で指導していただきました。
次から次へ工夫を凝らして指導していただく学びのシーンには新たな発見が多く、参加者は終始ニヤニヤ・・・、いえ、ニコニコ。一日があっという間に感じられて、心地よい疲れと、もっと高みを目指そうという意欲が生まれたクリニックとなりました。
次回3月3日は一般公開でのクリニックです。本番とは違い、指揮者とオケで音楽を練り上げていく様子を垣間見ることができる滅多にない機会です。音楽が好きで集まったメンバーの底知れぬパワーと情熱、探求心に、ぜひ客席から応援ください!

「オーケストラ公開練習会~オーケストラはどんな練習をしているの?」
日時 3月3日(日)12時半開場 13時開始
会場 伝国の杜置賜文化ホール
料金 入場無料
曲目 ビゼー「アルルの女」第1組曲、第2組曲、ベートーヴェン「運命」第1楽章

2019.02.12:denkoku:[ホール情報]