HOME > 記事一覧

AKASAKA木管五重奏団のチケット 好評販売中です。

  • AKASAKA木管五重奏団のチケット 好評販売中です。

現在、置賜文化ホールでは自主事業「AKASAKA木管五重奏団」のチケットを販売しています。

日本におけるクラリネット・ソリストの第一人者、赤坂達三さん率いる吹奏楽のヴィルトォーゾたちの至芸により、皆さまのこれまでの木管五重奏のイメージが一新される最高のアンサンブルをお届けします。

出演者のうち、フルートの丸田悠太さんは現在、東京佼成ウィンドオーケストラに在籍してフルート及びピッコロを担当しています。一方で、確実なテクニックと豊かな音楽性が高い評価を得てソリストとしても国内外で活躍しています。昨年は山形県の吹奏楽コンクールの審査員を行うなど、楽団を飛び出しマルチな方向で活動を続けています。
積極的で明るく生きた音が感じられるフルートの演奏で皆さまに癒しと感動をお届けします。パソコンやスマートフォンからでも購入できます。詳細は伝国の杜のHP、またはFacebookのイベントページをご覧ください。
皆さまのご来場をお待ちしております。

2017.07.04:denkoku:[ホール情報]

謡を謡って先代を偲ぶ 追善謡曲大会

  • 謡を謡って先代を偲ぶ 追善謡曲大会
  • 謡を謡って先代を偲ぶ 追善謡曲大会

このほど能舞台で開催された米沢金剛会 追善温習謡曲大会。

米沢の能楽文化を支えた諸先輩を偲び、舞と謡が披露されました。

まさに日常の一部、私たちの近いところに能楽はあります。

2017.07.02:denkoku:[ホール情報]

ナセBA 開館1周年おめでとうございます!

  • ナセBA 開館1周年おめでとうございます!

米沢市中心部の〝ナセBA(Book & Art)”が7月1日で1周年を迎えました。写真はバルーンアートでお誕生日をお祝いしてもらったナセBA玄関口のようす。憩いのスポット〝ナセBA”にぜひ行ってみてくださいね。

「開館1周年記念ますむらひろし展」7/8(土)~8/20(日)1階よねざわ市民ギャラリー

「まちなかアート市場in米沢summer Part1」7/8(土)~9(日)正面外のこまやスペース

 

2017.07.02:denkoku:[なんでも情報]

AKASAKA木管五重奏団 チケットを販売中です。

  • AKASAKA木管五重奏団 チケットを販売中です。

現在、置賜文化ホールでは自主事業「AKASAKA木管五重奏団」のチケットを販売しています。

日本におけるクラリネット・ソリストの第一人者、赤坂達三さんが率いる吹奏楽のヴィルトォーゾたちの至芸により、皆さまのこれまでの木管五重奏のイメージが一新される最高のアンサンブルをお届けします。

クラリネットの赤坂達三さんは最高の技術と高い音楽性だけでなく、端正で上品な顔立ちから「クラリネットの貴公子」と呼ばれ吹奏楽愛好者から人気の高い演奏家です。
正式なクラシック奏者でありながらポップスや民謡にも積極的に取り組み、アコーディオンなど様々な楽器と共演するなどクラリネットの可能性を広げていきました。
現在はエリザベト音楽大学演奏学科の教授を務め、後進の指導にも当たっています。

国際クラリネット協会から「40年来の偉才」といわれたエレガントな演奏を米沢でご覧になれるまたとない機会です。パソコンやスマートフォンからでも購入できます。詳細は伝国の杜のHP、またはFacebookのイベントページをご覧ください。

皆さまのご来場をお待ちしております。

2017.06.30:denkoku:[ホール情報]

上杉文華館「謙信を生んだ一族長尾氏⑯」

上杉文華館「謙信を生んだ一族長尾氏⑯」

為景、越中へ

 

2017年度の上杉文華館は、昨年度に引き続き「謙信を生んだ一族・長尾氏」をテーマにゆかりの文化財、貴重な資料をご覧いただきたいと思います。

 

【展示期間】 平成29年6月29日(木)~7月25日(火)  

 

 長尾氏は桓武平氏の一族で、相模国鎌倉郡長尾郷(横浜市戸塚区)を名字の地とし、三浦氏や梶原氏、鎌倉氏、大庭氏、などが同族です。後三年合戦に活躍した鎌倉権五郎景正や、源頼朝に仕えた梶原政景らは一族です。しかし、鎌倉時代の長尾氏の動向はよく分からないことが多いのが実情です。宝治元年(1247)に執権北条時頼によって滅亡に追い込まれた有力御家人三浦氏に味方していたことから没落し、その後鎌倉幕府6代将軍に就任した宗尊親王に従って、京都から鎌倉に下向してきた上杉氏の家臣になったと考えられています。鎌倉幕府が滅び、室町幕府が開かれると、その重要メンバーであった上杉氏の活躍によって、その家臣である長尾氏も確かな記録にその名をみせるようになりました。

 謙信は越後府中を拠点とした「府中長尾氏」と呼ばれる一族の出身です。この長尾氏は越後守護代を代々務めてきました。謙信もまた家督継承とともに越後守護代に就きました。

2017年度 第4回目の上杉文華館は、「為景、越中へ」と題し、長尾為景の対外政策であった越中出兵について、室町幕府との関係をふまえて紹介します。

 

「国宝上杉本洛中洛外図屏風」(複製)も公開しています。

今回は2000年制作の複製です。

 

▼ コレクショントーク

 「謙信を生んだ一族長尾氏 為景、越中へ」

  平成29年7月9日(日)

  14:00~

  場所: 常設展示室 上杉文華館

  ※入館料が必要です。

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2017.06.29:denkoku:[博物館情報]