HOME > 記事一覧

令和3年度 上杉文華館「上杉定勝」

  • 令和3年度 上杉文華館「上杉定勝」

 本年度の上杉文華館は「上杉定勝」と題して、国宝「上杉家文書」に見える上杉定勝関連資料を中心に約1ヶ月ごとに展示替えしながら、その他の関連資料を含めて展示します。
 上杉定勝は、慶長9年(1604)5月5日、米沢藩初代藩主・上杉景勝の長男として米沢城で生まれました。母は側室の公卿・四辻公遠の娘でした。元和9年(1623)に景勝が死去すると、定勝は2代藩主に就任しました。定勝の藩政では直臣による合議的な政治体制のもとで、米沢城内の整備や家臣団の再編成、キリシタンの取締りの強化、藩内の総検地などが行われました。定勝の藩政は、これまで行われてきた直江勢力による専制的な執政体制からの大きな転換期と位置付けられており、その後の米沢藩政の基礎となりました。定勝は、正保2年(1645)9月10日に米沢城で42年の生涯を閉じます。
 また、定勝は文芸面にも優れており、漢詩や和歌(連歌)などを多く残しています。『上杉家御年譜』には、飛鳥井家・勧修寺家・高倉家などの公家との交流が多く確認できるほか、近侍の諸士に中国古典の内容を講義する記載も見られます。定勝はまさに文武両道の藩主だったと言えます。

 

【展示期間】3月30日(火)~4月27日(火)

《親と子①~景勝の教育~》

 関ヶ原合戦後、江戸幕府は大名との主従関係を確認させるために参勤交代を推し進めます。これによって、大名たちは一年おきに国元と江戸を往来するほか、妻子を江戸屋敷に居住させることが強いられました。上杉家の場合、慶長8年(1603)に徳川家康から江戸屋敷を拝領し、その年から上杉家の参勤交代が始まりました。『上杉家御年譜』によると、米沢城で生まれた定勝は慶長11年5月に江戸へ移住したことが確認できます(数え年で当時3歳)。定勝は、この時点から景勝が亡くなる元和9年(1623)3月までの期間を江戸で過ごしました。
 今回の期間テーマでは、幼少の定勝に宛てられた景勝の書状に注目し、定勝に対して施された教育について考えていきます。父・景勝が息子・定勝に対して送った書状には、景勝の親心をうかがわせる記述が散見されます。子どもの成長を見守る景勝の姿は、戦国時代を生き抜いた勇ましいイメージとは対照的で、親としての温和なイメージを想起させます。

 

▼ コレクショントーク

 日時:4月4日(日)  10:00、15:00

 場所:常設展示室 上杉文華館

 ※入館料が必要です。

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2021.03.30:denkoku:[博物館情報]

4月の体験学習室

4月の体験学習室についてお知らせいたします。

季節企画は「日本の伝統色①春の色」(3/26(金)~4/27(水))です。
造形体験は「春の光と色を楽しもう!トランスパレントペーパースター」(3/26(金)~4/27(水))です。

トランスパレント(transparent)とは、「透き通る」「薄い」という意味。
透明感のある紙を折って、同じ形のパーツを作ります。同じ形のパーツを少し重ねて貼り合わせると、光を通す美しい「スター」のできあがり!
窓に貼るとまるでステンドグラスのようです!春の光をたのしもう♪

 

※ご利用の際はマスクの着用、手指の消毒(手洗い)にご協力ください。
※発熱や、風邪症状のある方はご利用をお控えください。
※団体でのご利用は、事前にご相談ください。
※現状での定員は15名です。混雑時はお待ちいただくこともございます。

 

それではご来館を心よりお待ちしております。
お問い合わせは 米沢市上杉博物館0238-26-8001までどうぞ。

2021.03.25:denkoku:[体験学習室]

企画展「138億光年 宇宙の旅」

  • 企画展「138億光年 宇宙の旅」

企画展「138億光年 宇宙の旅」無事閉幕いたしました。

たくさんの方にご来館いただき、本当にありがとうございました。宇宙に関する新しい研究成果や観測の状況が毎日のように報告されています。長い宇宙の歴史の中で、今が一番「宇宙」がおもしろいタイミングなのかもしれません。

太陽系は、太陽から流れる荷電粒子の巨大な泡「太陽圏」で包み込まれています。太陽から外に向かって吹いている太陽風は、恒星間空間から逆方向に吹きつけてくる星間風と衝突します。その衝突する境界面が、末端衝撃波面。泡の端です。太陽風の力はここで大きく削がれ、やがて太陽圏と恒星空間を分ける境目「ヘリオポーズ(heliopause)」に到達するまでに完全に停止すると考えられていました。しかし、その先にも太陽風の影響を受けると思われる未知の領域の存在をボイジャー2号が観測しています。

太陽のように、どこまでも大きく生命を守っている恒星が他にあるのか・・・地球の奇跡はもちろん、太陽系の奇跡を感じます。これからも地球をよろしくお願いします。

「水の星」     茨木のり子

宇宙の漆黒の闇のなかを  ひっそりまわる水の星

まわりには仲間もなく親戚もなく まるで孤独な星なんだ

生まれてこのかた   なにに一番驚いたかと言えば

水一滴もこぼさずに廻る地球を  

外からパチリと写した一枚の写真

こういうところに棲んでいましたか

これを見なかった昔のひととは 

線引きできるほどの意識の差が出てくる筈なのに

みんなわりあいぼんやりしている

太陽からの距離がほどほどで 

それで水がたっぷりと渦まくのであるらしい

中は火の玉だっていうのに 

ありえない不思議 蒼い星

すさまじい洪水の記憶が残り 

ノアの箱舟の伝説が生まれたのだろうけれど

善良な者たちだけが選ばれて積まれた船であったのに

子子孫孫のていたらくを見れば 

この言い伝えもいたって怪しい

軌道を逸れることもなく いまだ死の星にもならず

いのちの豊饒を抱えながら どこかさびしげな 水の星

極小の一分子でもある人間が 

ゆえなくさびしいのもあたりまえで

あたりまえすぎることは言わないほうがいいのでしょう

            (ポケット詩集Ⅲ 童話屋より)

画像:月探査機ルナー・リコネッサンス・オービターがとらえた「地球の出」NASA/Goddard/Arizona State University

2021.03.21:denkoku:[博物館情報]

企画展「138億光年 宇宙の旅」展示紹介⑮

  • 企画展「138億光年 宇宙の旅」展示紹介⑮

渦巻銀河M81。おおぐま座の頭部近くに位置し、天の北極に近いのでほぼ1年中観測できる明るい銀河です。すばる望遠鏡の観測で円盤を取り囲むように淡く広がる「ハロー」と呼ばれる構造が映しだされています。バルジや銀河円盤に比べて密度が圧倒的に低いため、観測が難しものの1つです。

ハッブル宇宙望遠鏡の観測によれば、M81とM82は6億年前に衝突を始め、それが1億年間続いたことがわかっています。M81は初めて回転速度が計測された渦巻銀河でもあり、秒速300kmとされています。それにしても美しい。

「138億光年 宇宙の旅」も残すところあと4日・・・・

2021.03.17:denkoku:[博物館情報]

3月14日(日)「138億光年 宇宙の旅」トークイベントについて

★3月14日(日)「138億光年 宇宙の旅」
           トークイベントについてお知らせ★

 

・トークイベントの参加受付は終了しました。
・当日券はございませんのでご了承下さい。
・3月14日(日)は、博物館展示室・駐車場共に混雑が予想されます。展示室内が定員に達した場合は一時的に入場を制限する場合が ございます。

 

<トークイベントにお申込みいただいた皆様へ>

・当日は入場券を忘れずにお持ちください。
・お時間には余裕をもってご来館ください。

2021.03.12:denkoku:[博物館情報]