HOME > 記事一覧

特別展「狩野派~永徳とその周辺~」展示紹介①

  • 特別展「狩野派~永徳とその周辺~」展示紹介①

 

 

四季花鳥図屏風(泰巖歴史美術館蔵)

 

【展示期間】8月7日(土)~9月5日(日)

 

虎やにわとり、魚が描かれた珍しい作品です。ほほえましい、ユーモラスな表情が目につきます。

(左隻)

 

 

右隻ににわとりの親子が描かれています。ひよこは何羽いるでしょうか。

(右隻)

 

 

ひよこは6羽。

右隻6扇(屏風の向かって左)下に母鳥の周りにいます。1羽は母鳥の羽の下にもぐっています。

 

展覧会詳細はこちら

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2021.09.01:denkoku:[博物館情報]

9月の体験学習室

9月の体験学習室についてお知らせいたします。

季節企画は「重陽の節句」(8/27(金)~9/23(木祝)です。
造形体験は「ぐるぐるマーブリング」(8/27(金)~9/23(木祝))です。

溶液の上に絵具をたらし、ターンテーブルを回転させることにより、うずまき模様をつくります。偶然できあがった模様を紙に写し取り、作品をつくりましょう。

 

※ご利用の際はマスクの着用、手指の消毒(手洗い)にご協力ください。
※発熱や、風邪症状のある方はご利用をお控えください。
※5人以上のグループでのご利用は、事前にご相談ください。
※現状での定員は15名です。混雑時はお待ちいただくこともございます。

 

それではご来館を心よりお待ちしております。
お問い合わせは 米沢市上杉博物館0238-26-8001までどうぞ。

2021.08.26:denkoku:[体験学習室]

令和3年度 上杉文華館「上杉定勝」 

2021年度の上杉文華館は「上杉定勝」と題して。国宝「上杉家文書」に見える上杉定勝関連資料を中心に約1ヵ月ごとに展示替えをしながら、その他の関連資料を含めて展示します。

【期間テーマ】定勝の周辺

【展示期間】7月29日(木)~9月21日(火)

 ※8月26日(木)以降、国宝「上杉家文書」を展示替え致します。

 

 今回の期間テーマでは、定勝の身の回りで支え続けた人々に焦点を当て、定勝とどのように関わり合ったのかを紹介します。定勝の藩政では、直江配下の与板衆を中心としたどれまでの家臣団編成を改め、侍組に所属する複数名の定勝近臣による奉行体制を敷くなど支配機構が整備され、政治的に大きな転換期となりました。こうした定勝藩政の成果は、その後の藩政に大きな影響を与え、米沢藩政の枠組みとして機能しました。特に、上杉謙信・景勝を祀る御堂の管理等について、家臣たちに指示する史料が多く残されており、注目されます。

 

 また、定勝の藩政は、家臣との信頼関係の基づいた藩政の基礎を築いた手本として、上杉鷹山の時代に注目されるようになります(開館20周年記念特別展「上杉鷹山の生涯~藩政改革と家臣団~」にて紹介)。これは、家臣とともに政治を作り上げる定勝の姿勢が、後世において高く評価されていたことを示しています。

 

▼コレクショントーク

日時:8月1日(日) 10:00、15:00

場所:常設展示室 上杉文華館

 ※入館料が必要です。

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

 

【問い合わせ】

米沢市上杉博物館 0238-26-8001

 

2021.08.01:denkoku:[博物館情報]

8月の体験学習室

8月の体験学習室についてお知らせいたします。

 

季節企画は「盂蘭盆会」(7/30(金)~8/24(火))です。

造形体験は「折ってぽたぽた紙のおりぞめ」(7/30(金)~8/24(火))です。

天ぷら紙を折って、染料にひたして、広げると、ふしぎなもようができあがります。

手軽に楽しめる体験です。ぜひお越しください。

 

※ご利用の際はマスクの着用、手指の消毒(手洗い)にご協力ください。
※発熱や、風邪症状のある方はご利用をお控えください。
※5人以上のグループでのご利用は、事前にご相談ください。
※現状での定員は15名です。混雑時はお待ちいただくこともございます。

 

それではご来館を心よりお待ちしております。
お問い合わせは 米沢市上杉博物館0238-26-8001までどうぞ。

2021.07.30:denkoku:[体験学習室]

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示のご案内

  • 国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示のご案内

9月11日(土)~10月10日(日)の期間、企画展示室にて

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」の原本を展示致します。

 

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」は天正2年(1574)に織田信長が上杉謙信に贈ったもので、桃山時代の代表的な絵師である狩野永徳によって描かれました。

この屏風は、京の市街地(洛中)と郊外(洛外)の四季と、そこに生活する人々のすがたを描いたもので、芸術的美術史的価値ばかりでなく、歴史資料としての価値も高く、民俗学的見地からも貴重な史料であることから国宝に指定されました。

ぜひご来館いただき、国宝の魅力をご覧ください。

 

※開館20周年記念特別展「狩野派~永徳とその周辺~」のチケットでご覧いただけます。

 

開館20周年記念特別展「狩野派~永徳とその周辺~」の詳細はこちら

 

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2021.07.15:denkoku:[博物館情報]