HOME > 記事一覧

ギャラリートークのご案内

4月21日(土)開幕の

特別展「直江兼続ー兼続と新時代を切り開いた人たちー」

第1回目のギャラリートーク

のご案内です。

4月21日(土)14時から企画展示室にて、担当学芸員阿部哲人による展示解説を行います。

※特別展入館料が必要です。

みなさまぜひご来館ください。

 

 

特別展「直江兼続ー兼続と新時代を切り開いた人たちー」

【期間】 平成30年4月21日(土) ~ 平成30年5月27日(日)

【休館日】5月23日(水)

【展示替】5月9日(水)※常設展示はご覧になれます。

【開館時間】9:00~17:00(チケット販売は16:30まで)

【入館料】 一般 620円(490円)高大生 400円(320円)小中生 250円(200円)

     ※( )は20名以上の団体料金

 ♦入館料無料の日 

 5月5日(土・祝)こどもの日 小中高生入館無料!

 5月18日(金) 国際博物館の日 どなたでも入館無料!

 

【ギャラリートーク】担当学芸員阿部哲人による展示解説

 日 時 : 4月21日(土) 14:00~15:00 

       5月20日(日) 14:00~15:00

 場 所 : 米沢市上杉博物館 企画展示室

 ※特別展の入館料が必要です。

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

 

 

2018.04.14:denkoku:[博物館情報]

明和六年米沢城下絵図デジタルマップ公開のお知らせ

4月5日より、当館情報ライブラリーにて明和六年米沢城下絵図デジタルマップの公開を開始しました。

上杉鷹山の生きた時代の米沢城下の絵図をデジタル化し、細部まで詳細にご覧いただけます。また、現代の地図と対比しながら、絵図を楽しむことができます。
当館情報ライブラリーの情報端末1機で、無料でご覧いただけます。ご来館の際は、ぜひお試しください。

なお、公開初日には報道機関と関係者向けの説明会を実施し、TVのニュースや新聞にも、紹介されました。一部の記事はインターネットでもご覧いただけます(以下の記事の掲載は期間限定の場合があります)。

 

NHK山形

山形新聞 4月6日

米沢日報

 

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2018.04.09:denkoku:[博物館情報]

【次回展示予告】特別展「直江兼続ー兼続と新時代を切り開いた人たちー」

4月21日(土)よりはじまる特別展のお知らせです。

特別展「直江兼続ー兼続と新時代を切り開いた人たちー」

 

特別展「直江兼続ー兼続と新時代を切り開いた人たちー」

 直江兼続の生きた時代は中世から近世へと大きく時代が変わっていきました。兼続は 主君である上杉景勝とともにその変化を推進していく立場にありました。
 本展は、その変化に兼続とかかわった人物に着目して、兼続そして上杉氏の動向を紹介していきます。中央政権との関わりでは石田三成を中心とした豊臣政権の構成者、豊臣政権の天下統一のために服属を働きかけた伊達政宗、上杉家と江戸幕府との安定的関係の構築に重要な役割を担った本多正信・政重父子らとの関係を浮き彫りにしていきます。また、兼続の活動を支えた上杉氏家臣らとの関係にも目を向けます。
 2018年は兼続の四百回忌に当ります。これを機に改めて直江兼続の業績に着目していきます。

 

【期間】 平成30年4月21日(土) ~ 平成30年5月27日(日)

【休館日】5月23日(水)

【展示替】5月9日(水)※常設展示はご覧になれます。

【開館時間】9:00~17:00(チケット販売は16:30まで)

 

【入館料】 一般 620円(490円)高大生 400円(320円)小中生 250円(200円)

     ※( )は20名以上の団体料金

 ♦入館料無料の日 

 5月5日(土・祝)こどもの日 小中高生入館無料!

 5月18日(金) 国際博物館の日 どなたでも入館無料!

 

【ギャラリートーク】担当学芸員による展示解説。

 日 時 : 4月21日(土) 14:00~15:00 

       5月20日(日) 14:00~15:00

 場 所 : 米沢市上杉博物館 企画展示室

 ※特別展の入館料が必要です。

 

【講演会】

「石田三成と直江兼続」

 5月12日(土)14:00~16:00

 会 場 : 伝国の杜 大会議室

 料 金 : 無料

 定 員 : 120名(先着・申込不要)

 講 師 : 中野 等 氏(九州大学大学院比較社会文化研究院教授)

 

国宝「洛中洛外図屏風」原本展示

 期 間 : 4月21日(土)~5月20日(日)

 場 所 : 常設展示室

 

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

 

 

2018.03.24:denkoku:[博物館情報]

伝国の杜ファンクラブ会員募集中です!

平成30年度の伝国の杜ファンクラブ会員の受付を開始しました。

 

伝国の杜ファンクラブは、米沢市上杉博物館と置賜文化ホールを満喫しながら応援するクラブです。会員期間は、4月1日から翌年の3月末日までです。

早めのご入会がお得です!

※平成29年度会員の方の更新手続も受付を開始しております。

 

FCの特典

特別展・企画展・コレクション展・常設展は、会員証の提示で何度でもご覧頂くことができます。

 (同伴者1名団体割引になります)

ミュージアムショップで展覧会図録・オリジナル商品が10%割引になります。

★1名につき2枚まで、ホール自主事業のチケットを先行予約・割引価格で購入いただけます。(一部事業のぞく)

★募集制ワークショップに1回無料で参加できます。

★ファンクラブ会員向けの講座・イベントに参加できます。

他にも、伝国の杜だより・ファンクラブ会報・その他催事チラシの送付、ミュージアムカフェ10%割引(※同伴3名まで)等がございます。

 

4月末日までに新規ご入会いただくと、米沢市上杉博物館オリジナルグッズプレゼントいたします♪

 

年会費

一般会員 2,500円
学生会員(大学生・高校生) 1,000円
ジュニア会員(小学生・中学生) 500円

 

申込方法 

伝国の杜事務室にてお申し込み下さい。遠方の方はお問合わせください。

http://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/fc.htm

 

お申込・お問合せ先

〒992-0052 山形県米沢市丸の内1-2-1 
伝国の杜・ファンクラブ担当

 

TEL:0238-26-8000 
FAX:0238-26-2660

E-Mail welcome@denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp

 

みなさまのご入会をお待ちしております。

 

 

2018.02.28:denkoku:[博物館情報]

上杉文華館「謙信を生んだ一族長尾氏 兄晴景」

2017年度の上杉文華館は、「謙信を生んだ一族・長尾氏」をテーマに国宝を中心としたゆかりの文化財、貴重な史料をご覧いただきたいと思います。

 

【展示期間】 平成30年2月27日(火)~3月25日(日)  

 

 長尾氏は桓武平氏の一族で、相模国鎌倉郡長尾郷(横浜市戸塚区)を名字の地とし、三浦氏や梶原氏、鎌倉氏、大庭氏、などが同族です。後三年合戦に活躍した鎌倉権五郎景正や、源頼朝に仕えた梶原政景らは一族です。しかし、鎌倉時代の長尾氏の動向はよく分からないことが多いのが実情です。宝治元年(1247)に執権北条時頼によって滅亡に追い込まれた有力御家人三浦氏に味方していたことから没落し、その後鎌倉幕府6代将軍に就任した宗尊親王に従って、京都から鎌倉に下向してきた上杉氏の家臣になったと考えられています。鎌倉幕府が滅び、室町幕府が開かれると、その重要メンバーであった上杉氏の活躍によって、その家臣である長尾氏も確かな記録にその名をみせるようになりました。

 謙信は越後府中を拠点とした「府中長尾氏」と呼ばれる一族の出身です。この長尾氏は越後守護代を代々務めてきました。謙信もまた家督継承とともに越後守護代に就きました。

 2017年度 第12回目の上杉文華館は、「兄晴景」と題し、上杉謙信の実兄長尾晴景について紹介します。父為景の跡を継いだ晴景は幕府、次いで朝廷との関係を重視しながら越後支配の再建を図りました。しかし、抗争は止まず、弟景虎(謙信)を登用して問題に対応しましたが、結局兄弟間の対立に及び、家督を景虎に譲ることとなりました。

 今回は、晴景の政治姿勢に関わる資料をご覧いただきます。

 

上杉文華館では、「国宝上杉本洛中洛外図屏風」(複製)も公開しています。
今回は1995年制作の複製です。制作時を想定複製しています。

 

 

▼ コレクショントーク

 「謙信を生んだ一族長尾氏 兄晴景」

  平成30年3月4日(日)

  14:00~

  場所: 常設展示室 上杉文華館

  ※入館料が必要です。

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2018.02.27:denkoku:[博物館情報]