HOME > 博物館情報

令和6年度 上杉文華館「長尾上杉氏の北陸侵攻」

  • 令和6年度 上杉文華館「長尾上杉氏の北陸侵攻」

 令和6年度の上杉文華館では、16世紀の長尾上杉氏と北陸地域(主に越中・能登)の歴史的関係について、国宝「上杉家文書」を中心に通時的に紹介します。

 越後と隣接する北陸地域への侵攻は、上杉氏の領国(領土)形成の上で重要であり、北陸の諸勢力をいかに統合するかがカギとなりました。ただし、上杉謙信の北陸侵攻は、武田信玄や北条氏康といった関東甲信勢力のほか、一向一揆や織田信長などとの関係・動向に規定される側面があり、謙信を取り巻く当時の政治状況に配慮したなかで行われました。

 謙信の北陸侵攻は、関東侵攻(17回)に次いで多く行われており、その数は11回に及びます。小田原北条氏・甲斐武田氏との関係変化により、信濃・関東の攻略が足踏みする中で、北陸地域は上杉氏の領国化が叶った地であり、謙信の晩年になって越中と能登が上杉氏の版図に組み込まれています。

 北陸地域における同盟主の裏切り、敵対勢力との和睦・合力など、目まぐるしく変わる情勢に、長尾上杉氏がどのように対応していったのか、一進一退の攻防を繰り返した長尾上杉氏の北陸侵攻を主軸に据えて、その内容を深めていきます。

 

 

第1回「長尾為景の越中侵攻」

 【展示期間】3月26日(火)~4月23日(火)

  展示目録はこちら

 長尾氏と越中の関係は、永正3年(1506)まで遡ります。上杉謙信の祖父・長尾能景が、越中守護の畠山卜山の要請を受けて、加賀一向一揆の討伐のために越中へ出陣したことから始まります。ところが、畠山氏の被官・神保氏と遊佐氏が一向一揆と結び付いて畠山・長尾勢力と対立したことで、能景は戦死しました(芹谷野の戦い)。

 その後、家督を継いだ長尾為景(能景子、謙信父)は、越後国内の不安定な情勢を平定し、実質的な越後国主として越後一国を支配する存在となりました。為景は、永正13年の越中出兵で椎名氏ら越中の諸勢力の反撃に遭い敗北を喫したものの、同15年の畠山氏の要請を受けて翌年に再び越中へ出陣しました。この出陣では、畠山・長尾両氏と対立関係にあった神保慶宗が討伐の対象となりました。慶宗は、能景を敗死に追いやった張本人であり、為景にとってまさに宿敵とも言える存在でした(史料1)。したがって、為景の越中出兵には、領土拡大への野心だけでなく、神保慶宗への遺恨も大きな契機であったと考えられます。

 今回の展示では、永正16年に起きた神保慶宗討伐関係の史料を中心に読み解き、為景が越中への出陣を本格化させる過程および長尾・畠山両氏がとった行動について紹介します。

 

▼ コレクショントーク

 日時:3月31日(日)  14:00

 場所:常設展示室 上杉文華館

 ※入館料が必要です。

 

令和6年度上杉文華館展示スケジュールはこちら

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2024.03.27:denkoku:[博物館情報]

【次回展示予告】特別展「上杉茂憲 最後の藩主と米沢士族」

  • 【次回展示予告】特別展「上杉茂憲 最後の藩主と米沢士族」
  • 【次回展示予告】特別展「上杉茂憲 最後の藩主と米沢士族」

4月20日(土)よりはじまる特別展のお知らせです。

特別展「上杉茂憲 最後の藩主と米沢士族」

 

 上杉茂憲は、弘化元年(1844)、12代藩主上杉斉憲の長男として生まれ、世子(後継ぎ)として教育を受けました。慶応2年(1866)には上洛し、京都の警備にあたりました。明治元年(1868)の戊辰戦争で米沢藩は奥羽越列藩同盟側の中心として主に越後方面で戦うも敗れ、降伏後は茂憲自ら庄内に出兵しました。同年末に斉憲の跡を継ぎ、藩主(後に知藩事)として改革に努めますが、明治4年の廃藩置県により東京に移住しました。その後は英国留学を経て、沖縄県令、貴族院議員などの公職を歴任しました。

 一方、米沢では士族と密接な関係を維持して教育と産業の近代化に尽力し、明治29年には米沢に再び居を構えました。茂憲は華族としての上杉家の制度や財政基盤の整備と、古文書や刀剣といった先祖伝来の宝物類の管理を進め、大正8年(1919)に没しました。

 上杉茂憲の生きた時代は、幕末から戊辰戦争に至る政治的な混乱、廃藩置県と華族・士族の創設、急速な近代化といった劇的な変化の連続でした。本展では、主に幕末から明治20年代にかけて、茂憲と米沢の士族の生き様や思い、両者の関係性、そして地域の近代化に果たした役割を紹介します。

 

【会期】前期:9月20日(土)~5月19日(日)

    後期:5月25日(土)~6月23日(日)

     ※展示替え:5月20日(月)~5月24日(金)

 

【休館日】4月24日(水)、5月22日(水)

 

【開館時間】9:00~17:00(チケット販売は16:30まで)

 

【入館料】一般800円(640円)/高大生500円(400円)/小中生300円(240円)

    ※( )は20名以上の団体料金

    ※常設展とのセットのみ販売

 

 

♦入館料無料の日

 5月5日(日・祝)    こどもの日 高校生以下無料!

 5月18日(土)     国際博物館の日 どなたも無料!

 

【ギャラリートーク】展示解説 ※申し込み不要

 日   時 : ①「ここに注目!展覧会の見どころ」  4月20日(土) 14:00~

         ②「戊辰戦争と上杉茂憲」       5月25日(土) 14:00~

         ③「上杉茂憲と近代の米沢」      6月22日(土) 14:00~

 会   場 : 米沢市上杉博物館 企画展示室

 定   員 : なし

 参 加 費 : 特別展入館料

 担当学芸員 : 佐藤 正三郎

 

【講演会】 ※事前申込制 3月28日(木)9:00から受付開始

「大名華族と地域社会」

 日   時 : 5月11日(土) 14:00~

 会   場 : 伝国の杜 2階大会議室

 定   員 : 120名

 参 加 費 : 無料

 講   師 : 中央大学文学部教授 宮間 純一 氏

  お申し込みは 申込TEL:0238-26-8001
         申込Mail:welcome@denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp
   ※メールでお申込みの際は、聴講される方全員の【名前、住所、電話番号】を明記してください。

 

【伝国の杜ファンクラブ事業】 ※事前申込制 4月16日(火)9:00から受付開始

「再発見!幕末明治の史跡探訪」

 石碑や絵図などを読み解きながら米沢城跡を歩き、幕末・明治に活躍した士族と城跡の変化などを探ります。

 日   時 : 6月1日(土) 13:00~15:30

 定   員 : 30名

 対 象 者 : ファンクラブ会員と同伴者1名

 参 加 費 : 500円

  ※伝国の杜ファンクラブの詳細はこちら

 

【米沢市上杉博物館・上杉伯爵邸連携企画】

「タイムジャーニー上杉茂憲~邸宅と宝物~」

 上杉茂憲の事績と宝物管理についてパネルなどで紹介し、現在に受け継がれてきた上杉家の文化財を振り返ります。

期 間 : 4月26日(金)~6月23日(日)

 ※休館日・見学可能時間は各施設によります。

 

 

特別展の主な展示資料等、詳しくは当館ホームページをご覧ください。

 

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2024.03.26:denkoku:[博物館情報]

コレクション展「国宝「上杉家文書」の世界Ⅶ 戦国武将、手紙を書く」展示紹介④

  • コレクション展「国宝「上杉家文書」の世界Ⅶ 戦国武将、手紙を書く」展示紹介④

「戦国武将、手紙を書く」展では、

差出人と受取人の社会的関係を示す表現に注目しました。

そして、受取人として「山内殿」と記される上杉謙信、景勝らを軸として

関東や奥羽の諸将との関係などを考察しました。

 

画像

今回の整理では、領主の階層や大名家内のあり方をある程度明らかにしましたが、

さらに広く文章の表現や料紙の形態や質をふまえた分析を深めていく必要があります。

戦国武将の手紙の書き方の奥深さをご覧になりませんか。

 

コレクション展の主な展示資料等、詳しくは当館ホームページをご覧ください。

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2024.03.06:denkoku:[博物館情報]

コレクション展「国宝「上杉家文書」の世界Ⅶ 戦国武将、手紙を書く」展示紹介③

  • コレクション展「国宝「上杉家文書」の世界Ⅶ 戦国武将、手紙を書く」展示紹介③

「戦国武将、手紙を書く」展では、書状の形を紹介していますが

、その一つに「横内折」という折り方を施すものがあります。

文章を書いた後に、まず文面が内側になるように横に折るという特徴があり、

16世紀の東日本を中心に使われました。

 

画像

これは文書を小さく折り畳むという目的があったと考えられています。

横に折る回数は1回、2回、3回などがあります。

この折る回数、もしかすると小さく折り畳むだけではない意味があったかもしれません。

結論は出ませんが、そんなことをふと思わせてくれる文書も展示しています。

 

コレクション展の主な展示資料等、詳しくは当館ホームページをご覧ください。

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2024.03.06:denkoku:[博物館情報]

コレクション展「国宝「上杉家文書」の世界Ⅶ 戦国武将、手紙を書く」展示紹介②

  • コレクション展「国宝「上杉家文書」の世界Ⅶ 戦国武将、手紙を書く」展示紹介②

「戦国武将、手紙を書く」展では、

小テーマに関して複数の文書を比べながら、展示資料の持つ意義や、

それらから浮かび上がってくる戦国時代の手紙をめぐる特徴などについて考えています。

 

画像

写真は、長尾政景宛の謙信書状について、

長尾景虎を名乗っていた時代と、

上杉輝虎を名乗っていた時代の紙質の違いを考えたコーナーです。

紙質の違いを見て、謙信の紙質へのこだわりを感じてみませんか?

 

コレクション展の主な展示資料等、詳しくは当館ホームページをご覧ください。

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2024.03.06:denkoku:[博物館情報]