HOME > 博物館情報

【次回展示予告】開館20周年記念企画展「上杉家伝来能面・能装束~語りはじめた面袋~」

  • 【次回展示予告】開館20周年記念企画展「上杉家伝来能面・能装束~語りはじめた面袋~」
  • 【次回展示予告】開館20周年記念企画展「上杉家伝来能面・能装束~語りはじめた面袋~」

10月16日(土)よりはじまる企画展のお知らせです。

開館20周年記念企画展「上杉家伝来能面・能装束~語りはじめた面袋~」

 

 江戸時代、米沢藩上杉家は、幕府の式楽となった能楽に取り組み、二代定勝、三代網勝、四代綱憲、八代重定の愛好ぶりが目立ちます。一時は蔵二棟に保管するほどのコレクションであった上杉家の能面や能装束などの能道具は、明治時代に入り、散逸してしまいます。

 かつてのコレクションを偲ばせる昭和4年撮影の古写真の存在は以前から知られていましたが、非常に精密な「写し」が大量に作られることが常であった能面だけを主体とする見方では、写真と実物を照合し上杉家伝来品であると同定することは困難でした。

 しかし、この古写真に能面とともに写っている『面袋』には、その染織の特徴や他の大名家コレクションの比較などから、面の旧蔵者をたどる上で非常に重要な情報が蓄えられていることが近年指摘されています。上杉家伝来『面袋』には一定の特色がみられることから『能面』と『面袋』の相関関係が明らかになってきました。

 本展では、これらの情報から上杉家伝来であることが新たに確認された能面と、明治期から昭和22年にかけて東京国立博物館に収蔵された上杉家伝来能面・能装束を里帰り展示し、上杉家能楽資料の現在と上杉家における能楽の歴史や能道具管理などについて紹介します。

 

【期間】10月16日(土)~12月8日(水)

    ※11月24日(水)作品保存のため一部展示替

【休館日】10月27日(水)、11月24日(水)、12月6日(月)

【開館時間】9:00~17:00(チケット販売は16:30まで)

【入館料】一般700円(560円)/高大生450円(360円)/小中生300円(240円)

     ※( )は20名以上の団体料金

     ※常設展とのセット券のみ販売

 

♦入館料無料の日

 11月3日(水・祝) 東北文化の日参加事業 どなたでも入館無料!

 

【ギャラリートーク】展示解説 ※事前申込制 9月22日(水)9:00から受付開始

 日   時 : 10月16日(土) 17:15~

 場   所 : 米沢市上杉博物館 企画展示室

 定   員 : 20名

 担当学芸員 : 花田美穂

 ※企画展の入館料が必要です。

 

【講演会】 ※事前申込制 9月22日(水)9:00から受付開始

「面袋はかく語りき~近世大名家の能道具~」

 日 時:10月31日(日) 14:00~16:00

 会 場:伝国の杜 2階大会議室

 定 員:80名

 参加費:無料

 講 師:国立劇場調査養成部調査資料課調査係長 門脇幸恵氏

 

※ギャラリートーク、講演会のお申込み

  TEL 0238-26-8001

 

展覧会の詳細は当館ホームページをご覧ください。

 

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2021.09.21:denkoku:[博物館情報]

【伝国の杜開館20周年記念事業のご案内】

  • 【伝国の杜開館20周年記念事業のご案内】

伝国の杜は9月29日(水)に開館20年を迎えます。

これを記念し、ご来館の皆様(先着200名)へサンクスプレゼントとして、当館オリジナルクリアファイルを贈呈します!

 

日時:9月29日(水)9時~

場所:伝国の杜 能舞台前

 

当館の歩みの一部はWebでもご覧になれます。

伝国の杜だより(2008年以降を掲載)

年報(旧館時代の昭和63年度から)

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2021.09.17:denkoku:[博物館情報]

令和3年度 上杉文華館「上杉定勝」 

2021年度の上杉文華館は「上杉定勝」と題して。国宝「上杉家文書」に見える上杉定勝関連資料を中心に約1ヵ月ごとに展示替えをしながら、その他の関連資料を含めて展示します。

【期間テーマ】定勝の周辺

【展示期間】7月29日(木)~9月21日(火)

 ※8月26日(木)以降、国宝「上杉家文書」を展示替え致します。

 

 今回の期間テーマでは、定勝の身の回りで支え続けた人々に焦点を当て、定勝とどのように関わり合ったのかを紹介します。定勝の藩政では、直江配下の与板衆を中心としたどれまでの家臣団編成を改め、侍組に所属する複数名の定勝近臣による奉行体制を敷くなど支配機構が整備され、政治的に大きな転換期となりました。こうした定勝藩政の成果は、その後の藩政に大きな影響を与え、米沢藩政の枠組みとして機能しました。特に、上杉謙信・景勝を祀る御堂の管理等について、家臣たちに指示する史料が多く残されており、注目されます。

 

 また、定勝の藩政は、家臣との信頼関係の基づいた藩政の基礎を築いた手本として、上杉鷹山の時代に注目されるようになります(開館20周年記念特別展「上杉鷹山の生涯~藩政改革と家臣団~」にて紹介)。これは、家臣とともに政治を作り上げる定勝の姿勢が、後世において高く評価されていたことを示しています。

 

▼コレクショントーク

日時:8月1日(日) 10:00、15:00

場所:常設展示室 上杉文華館

 ※入館料が必要です。

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

 

【問い合わせ】

米沢市上杉博物館 0238-26-8001

 

2021.08.01:denkoku:[博物館情報]

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示のご案内

  • 国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示のご案内

9月11日(土)~10月10日(日)の期間、企画展示室にて

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」の原本を展示致します。

 

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」は天正2年(1574)に織田信長が上杉謙信に贈ったもので、桃山時代の代表的な絵師である狩野永徳によって描かれました。

この屏風は、京の市街地(洛中)と郊外(洛外)の四季と、そこに生活する人々のすがたを描いたもので、芸術的美術史的価値ばかりでなく、歴史資料としての価値も高く、民俗学的見地からも貴重な史料であることから国宝に指定されました。

ぜひご来館いただき、国宝の魅力をご覧ください。

 

※開館20周年記念特別展「狩野派~永徳とその周辺~」のチケットでご覧いただけます。

 

開館20周年記念特別展「狩野派~永徳とその周辺~」の詳細はこちら

 

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2021.07.15:denkoku:[博物館情報]

【次回展示予告】開館20周年記念特別展「狩野派~永徳とその周辺~」

  • 【次回展示予告】開館20周年記念特別展「狩野派~永徳とその周辺~」
  • 【次回展示予告】開館20周年記念特別展「狩野派~永徳とその周辺~」

8月7日(土)よりはじまる特別展のお知らせです。

開館20周年記念特別展「狩野派~永徳とその周辺~」

 

 この展覧会では、米沢市上杉博物館開館20周年を記念して、当館を代表する収蔵品の1つである国宝「上杉本洛中洛外図屏風」をはじめ、戦国時代から桃山時代の狩野派の代表的作品を展示し、その魅力にふれる機会とし、さらに狩野派の展開、永徳の画業、そして時代の動向や価値観などを紹介します。

 前期は、花鳥図や人物図などを中心に展示し、父祖正信・元信らからの狩野派の展開などをふまえて、大作も含めた永徳の画業の全体像にふれていきます。また、画題にも着目して、時代の動向や価値観に迫ります。

 後期は、洛中洛外図屏風の成立につながる風俗画の視点から狩野派を中心とした作品を紹介します。描かれる人々の姿や、その場所に着目し、漢画的要素や大和絵的要素などにも注意しながら、狩野派の展開をみていきます。

 この展覧会は、必ずしも網羅的に作品を集めたとはいえませんが、この時代の優品の中の優品をご覧いただける機会になっています。出展して下さったご所蔵者のご厚意に感謝申し上げますとともに、米沢の地でそれらをじっくりと鑑賞していただければ幸いです。

 

【期間】8月7日(土)~10月10日(日)

    ※9月6日(月)~9月10日(金)は展示替えのためご覧いただけません

【休館日】8月25日(水)、9月22日(水)

【開館時間】9:00~17:00(チケット販売は16:30まで)

【入館料】一般800円(640円)/高大生500円(400円)/小中生300円(240円)

     ※( )は20名以上の団体料金

     ※常設展とのセット券のみ販売

 

【ギャラリートーク】展示解説 ※事前申込制

 日   時 : ①8月7日(土) 17:15~

         ②9月4日(土) 9:15~

         ③9月11日(土) 9:15~

         ④10月9日(土) 9:15~

   ※①・②は予約受付中、③・④は8月11日(水)9:00から受付開始

 場   所 : 米沢市上杉博物館 企画展示室

 定   員 : ① 20名

         ②・③・④ 各10名

 担当学芸員 : 阿部哲人

 ※特別展の入館料が必要です。

 

【講演会】 ※事前申込制 8月2日(月)9:00から受付開始

「狩野派の繁栄~元信から永徳へ~」

 日 時:8月28日(土) 14:00~16:00

 会 場:伝国の杜 2階大会議室

 定 員:先着80名

 参加費:無料

 講 師:嵯峨美術短期大学教授 山本英男氏

 

※ギャラリートーク、講演会のお申込み

  TEL 0238-26-8001

 

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示

 

 期 間:9月11日(土)~10月10日(日)

 場 所:企画展示室

 

展覧会の詳細は当館ホームページをご覧ください。

 

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2021.07.15:denkoku:[博物館情報]