HOME > 記事一覧

事業中止のお知らせ

事業中止のお知らせ


新型コロナウィルス感染予防のため、4月5日(日)に予定しておりました上杉文華館コレクショントーク「幕府の御用」は、中止いたします。
楽しみにされていたお客様には申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

上杉文華館についてはこちら

http://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/uesugi_bunkakan.htm

2020.03.26:denkoku:[博物館情報]

本日最終日 武士のお仕事展

好評開催中のコレクション展「米沢藩 武士のお仕事 ~戦士・役人・芸達者~」は、本日3月22日が会期最終日です。

無事に最終日を迎えることができ、本日も通常通りご覧いただけます!

 当館が長年かけて収集、整理、調査してきた米沢藩士関係の資料を展示し、その魅力と特徴、米沢藩士の仕事ぶりを紹介中です。甲冑、武具、絵図、絵画、古文書と、資料の多彩さも魅力の一つ。武士の様々な姿を知ることができます!

 子ども向けキャプションは、大人の方にも資料や解説に興味を持つ、きっかけになっています。親子連れで来館し、資料をいろいろな角度からご覧になる姿が印象的でした。

会期中、とても多くの方にご来館いただきました。ありがとうございます!

 

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2020.03.22:denkoku:[博物館情報]

上杉文華館 上杉鷹山の藩政改革

 2020年度の上杉文華館は「上杉鷹山の藩政改革」と題して、国宝「上杉家文書」のうちこれまで紹介されていない未翻刻の資料を中心に約1ヶ月ごとに展示替えしながら、その他の関連資料を含めて展示します。常設展示室内の「次第に困窮に及ぶ」や、「なせばなる 鷹山登場」とあわせてご覧ください。
 鷹山は、宝暦元年(1751)7月20日、高鍋藩主秋月種美の二男として江戸に生まれました。母方の祖母が4代米沢藩主上杉綱憲の娘でした。宝暦10年、8代米沢藩主上杉重定の養子となり、明和4年(1767)4月24日、上杉家の家督を継ぎ、数え年17歳で9代藩主となりました。当時の米沢藩は、借金の累積、家臣団の困窮と秩序の混乱、天災や過重な税負担による農村の荒廃と人口の減少など、多くの課題を抱えていました。
 鷹山は、竹俣当綱や莅戸善政をはじめ多数の優秀な家臣とともに、財政の再建と産業育成、学問の振興と家臣団秩序の厳格化、農村の復興と人口増加策など、様々な改革を実施します。天明5年(1785)に35才で隠居した後は、米沢にあって10代治広、11代斉定の藩政を助けて改革を継続し、文政5年(1822)に亡くなりました。

 

【展示期間】2020年3月21日(土)~2020年5月19日(火)

《幕府の御用》

 幕府から命じられる様々な御用(役負担)は、いずれも多額の出費を伴うものであり、米沢藩困窮の大きな要因です。一方で戦いとその備えはもちろん、公的な普請(工事)を担うこと(普請役)は、幕藩体制下の大名に課せられた義務であり、避けられないことでした。
 当時、米沢藩は明和6年(1769)の江戸城二の丸普請(1万6200両)、寛政10年(1798)の延暦寺山門諸堂修理(2万2300両)、文化10年(1813)江戸城紅葉山の普請(約1万8400両)といった普請役を負担しています。さらにロシア船が蝦夷地(北海道)や日本海近海に姿を見せ衝突が起こると、寛政9年(1797)以降には越後岩船郡の沿岸警備、文化4年(1807)以降は蝦夷地出兵の準備を余儀なくされました。

 

 

▼ コレクショントーク

 2020年4月5日(日)               「幕府の御用」

 2020年4月29日(水・祝)       「鷹山と治広」

 時間:14:00~

 場所:常設展示室 上杉文華館

 ※入館料が必要です。

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2020.03.21:denkoku:[博物館情報]

新型コロナウイルスに関する対応について

【新型コロナウイルスに関する対応について】

 感染予防・拡大防止のため、3月15日(日)までの期間、催事の中止および展示の一部休止をさせていただきます。

 

詳細は以下をご覧ください。

http://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/COVID-19.htm

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

 

2020.02.28:denkoku:[博物館情報]

2・3月の体験学習室

2月・3月の体験学習室についてお知らせします。

 

2月の季節企画は「節分」(1/24(金)~2/27(木))

3月の季節企画は「桃の節句」(2/28(金)~3/25(水))

3月には、体験学習室で毎年恒例の「おきたま雛回廊」を開催いたします!

享保雛を今年も展示いたしますので、ぜひ見に来てくださいね!

2月・3月の造形体験は「ぬってキコキコひっかき絵」(1/24(金)~3/25(水))です。

ひっかき絵は英語でスクラッチ(Scratching)といいます。

モダンテクニックと呼ばれるお絵かきのテクニックのひとつです。

市販されている「スクラッチアート」をやったことがある方も多いのではないでしょうか。

最近は100円ショップでも見かけるようになりましたね。

今回のプレイショップでは、下地づくりから体験していただきます (^^♪

 

【作り方】

1.クレヨンをぬって下地をつくります。

2.黒い絵具を上からぬります。

3.いろんな道具でキコキコひっかきます。

工程が多くて難しそう……と思うかもしれませんが、手のひらサイズの作品用紙を使うので、意外と苦になりません。

それでも「難しそう!」という方のために、ひっかくだけの「お手軽体験用のひっかきカード」もご用意しております(一人一枚までです)。

 

出来上がったときの達成感はひとしおですよ!

ちょっと不思議なお絵かきを楽しんでみてくださいね。

 

それではご来館を心よりお待ちしております。

お問い合わせは 米沢市上杉博物館0238-26-8001までどうぞ。

※毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)は休館日です。

2020.01.23:denkoku:[体験学習室]