HOME > 今月のジャイ

ジャイの日の料理をつくる。

病院に行かず、店へ来て料理をつくる。

バイダラバードの料理。
ラムの挽き肉料理。

普通のキーマだと、ピヤーズを炒め、キーマにタマータルを加え、炒めていくのだが、キーマを茹でていき、もちろんホールのマサーラーを加えて、そしてギィーの中にパウダーのマサーラーやカリーパッターを加え炒めていき、それをキーマの中に加え、更に煮ていくという。
そんなキーマは初めてだ。

でも美味しく出来ました。

結局帰りは12時過ぎ。
2020.11.24:jay:[今月のジャイ]

クマは元気だよ。

祭日に珍しくお客様。
5人様。
入れない人には帰っていただきました。
ごめんなさい。

ランチが終ってから友人のクマことシノハラに電話した。
今頃来た客が、クマさんなくなったそうでと言ってて、そういえば月初めに来た客もそんなこと言ってたと思い、心配して電話したのだ。

ちゃんと生きてて、毎日1個の茶碗をつきってるとのこと。

まあ死んだという噂流される人は長生きするというから、めでたいじゃないと話した。
久しぶりになごみあった。

クマとは武美で同期で、その後タムタムでよく飲んだくれ、新宿でも飲んだくれ。
松山さんとこへ印哲の手ほどきを入門した時も一緒だった。

明日はジャイの日の料理を……。
2020.11.23:jay:[今月のジャイ]

まだまだ相変わらず。

ランチは相変わらずでしたが、プロセッサーの刃の部分を探し回り見つけることが出来ず。

ディナーは青森からのお客様。
楽しく話して、後片付けやらでアパートへ着いたら12時半。
2020.11.22:jay:[今月のジャイ]

アチャールをやめ、ピクルス。

毎日相変わらずだがジャイの日の料理を考えたり、仕込みで何かと多忙。
今回のジャイの日にアチャールを作ろうと思って菊芋を用意したが、初冬の山形では7日以上はかかるのでやめにして、ピクルスを作ることにした。
山形の冬の大根を使って・・・

まず、蕪のような丸大根の
①紅花大根

外側がまっ赤な
②紅化粧

中まで紅い
③紅ぐるり

薄い紅の上と下の
④あやめっ娘

小さな蕪のような
⑤紅芯大根

を薄めに切り、シラカと白ワイン、チーニー、ナマク、そしてマサーラー、シードとテールで漬け込みます。
今回の色の綺麗な大根たち
出来上がるのが楽しみです。
2020.11.20:jay:[今月のジャイ]

そろそろまた仕込みを……。

ランチは店が始まる前からお客様。
いろいろ私のことを聞きたかったというような質問が、この本とこの本に出てると5冊ほど本を見せてやり、料理を食べたらもう質問はなし……。

夜はカバーブをつくりましょう。
焼くのは明日でも。
2020.11.18:jay:[今月のジャイ]