「東北ジャム博覧会」の開催(10/25・10/26)のご案内について

 仙台市において、H26年10月25日(土)~26日(日)に開催されることになりました「東北ジャム博覧会」について、ご案内いたします。
 今回の「東北ジャム博覧会」は、東北各地の農林漁業者等が作るジャム製品 (6次産業化商品)を一堂に集めて消費者に直接紹介し、個々の販路拡大、さらには、 東北産ジャムとして全国、海外を視野に入れた販路拡大を図るきっかけづくりを目的
に開催されるものです。





【開催日時】
平成26年10月25日(土)午前10時~午後3時30分
平成26年10月26日(日)午前10時~午後3時30分


【開催場所】
仙台市一番町四丁目商店街アーケード内
(地下鉄勾当台公園駅徒歩2分)


【開催内容】
東北各地から集めたジャム(6次産業化開発商品)の展示会方式即売会
当日会場では、商品開発者が消費者に紹介し試食販売が行われます。


【出展者】
 6次産業化商品生産者20者程度


【出展申込み締め切り】
 平成26年9月26日(金)


※詳細については、以下のホームページをご覧下さい。

◆東北北農政局(6次産業化)
http://www.maff.go.jp/tohoku/seisan/6zi_sangyo/index.html
◆「東北ジャム博覧会・実行委員会」事務局
(株式会社 ユー企画内)
http://www.youkikaku.com/6sapo/2014.10jamhaku.html

【お問合せ先】
〒980-0014
仙台市青葉区本町3丁目3-1
東北農政局 経営・事業支援部 事業戦略課
事業戦略専門官  伊藤 伸哉
TEL:022-263-1111(内線4379)
直通:022-221-6146
FAX:022-722-7378
E-mail:shinya_itou@tohoku.maff.go.jp

2014.09.05:cluster:[販路開拓に取り組みたい]

食産業王国やまがた推進に向けた研修会の開催について

 このたび食産業王国やまがたの実現に向けて、地域の多様な主体による6次産業化の取組みを促進するため、標記研修会を下記のとおり開催することとしました。


◆チラシPDF
◆申込書PDF




【日 時】
平成26年9月17日(水)14:00~16:00 
   

【場 所】
山形県高度技術開発センター 多目的ホール
住所:山形市松栄二丁目2番1号
電話:023(647)3111


【募集人数】
約200名


【内 容】
講演:「食品産業界からみた6次産業化」
講師:山形県食品加工スーパーバイザー
(カゴメ株式会社代表取締役副社長) 大嶽 節洋  氏


【募集期限】
平成26年9月11日(木)まで


【主 催】
やまがた6次産業化戦略推進本部


【事務局】
山形県農林水産部6次産業推進課

TEL:023-630-3031



2014.09.04:cluster:[研修会・交流会に参加したい]

知財総合支援窓口開設のご案内

 
 H26年度特許等取得活用支援事業として、知的支援アドバイザー(窓口支援担当)が特許や商標などの知的財産権全般に関するご相談に応じる「知的総合支援窓口」を山形県発明協会に常時開設(土・日・祝祭日、年末年始を除く)しています。
 特許や商標に関する悩みや課題がある方はぜひ知財総合支援窓口にご相談ください。



◆チラシPDF



【相談日】
月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(土・日・祝祭日、年末年始休を除きます)


【このような相談が無料でできます】
◆特許や商標などの出願居手続き方法や登録までの費用を教えてほしい。
◆製品開発の前に先行する技術の調査を行いたいけれど、どうすればいいの?
◆自社技術の知的財産権による保護手段を知りたい、活用したい。
◆知的財産での保護を図りながら地域ブランドの確立を目指したい。

など


【ナビダイヤル】
0570-082100
または直通(023-647-8130)
   FAX(023-647-8129)



【お問合せ先】
一般財産法人 山形県発明協会
山形市松栄2-2-1(山形県高度技術研究開発センター内)
TEL:023-644-3316
FAX:023-644-3303



2014.08.25:cluster:[情報提供]

農観専門セミナーのご案内について

6次産業化中央サポートセンターは、今後、6次産業化でニーズが高まることが見込まれる「農業観光」について、農業観光の知見を有する当センター登録の6次産業化プランナーを講師に招いて、全国の6次産業化の関係者等に向けてセミナーを開催します。

【日 時】
平成26年9月12日(金)14:30~16:30

【会 場】
日比谷図書文化館
B1コンベンションホール(大ホール)
東京都千代田区日比谷公園1-4
Tel:03-3502-3340
http://www.hibiyal.jp/hibiya/index.html

【対 象】
行政関係者、都道府県6次産業化サポートセンター、農林漁業者、観光業者、中央サポートセンター登録の6次産業化プランナー等

【定 員】
200名

【主 催】
6次産業化中央サポートセンター(株式会社農林漁業成長産業化支援機構)

【参加費】
無料

【当日スケジュール】
14:30~14:35 開会挨拶
14:35~15:20 「農業観光市場の現状と将来展望」
  ・講師 株式会社JTB総合研究所 コンサルティング第一部 部長 篠崎 宏
15:20~16:05 「中山間地域における農業観光」
  ・講師 農業生産法人 株式会社信州せいしゅん村 代表取締役 小林一郎
16:05~16:25 意見交換
16:25~16:30 閉会

※一組織(事務所単位)につき、2名迄お申込頂けます。
※ 申込期限:8/25(月)17:00まで。(先着順で受付を行いますので、万が一定員に達した際は、お申込みを頂いても当方からご連絡の上、お申込みをキャンセルさせて頂く場合があります。)


【申込方法】
以下のサイトの申込フォームから、必要事項を入力して参加登録を行ってください。
http://6sapo-center.net/semi0912.html
※ご利用のPCとセキュリティ環境によっては申込フォームが開けない場合があり、その場合は、メール(info@6sapo-center.net)かFAX(050-3797-9135)に、以下の内容をご記入の上、お申し込みください。[件名:9/12セミナー参加、都道府県名、組織名、役職名、氏名、電話番号、メールアドレス]

【問い合わせ先】
6次産業化中央サポートセンター 受付担当 角田
TEL:070-6516-7146 / 050-3797-9135 FAX:03-4332-2309
E-mail:info@6sapo-center.net
2014.08.12:cluster:[研修会・交流会に参加したい]

第16・17回おいしい山形地域特産物交流会」のご案内

この度、首都圏における県産品の販路開拓を支援するため、首都圏の量販店や外食・中食バイヤーなどの実需者を対象に標記商談会を開催することとなりましたのでごお知らせいたします。

【日 時】
第16回 平成26年10月23日(木)13:00~16:30
第17回 平成27年 2月26日(木)13:00~16:30


【場 所】
ホテルメトロポリタン エドモント 2階「悠久」
〒102-8130 東京都千代田区飯田橋3-10-8
TEL:03-3237-1101(代表) 
HP:http://www.edmont.co.jp

【内 容】
(1)対象者 
(前年11月実績:バイヤー205名、産地30団体)
(今年 3月実績:バイヤー206名、産地32団体)
 ①首都圏 小売業、卸売業、料理店、ホテル業、出版社など
 ②山形県 生産者団体、加工品メーカーなど(説明者必須)
(2)対象品目
 ①地域特産物(農畜産物・加工品)
 ②特別栽培などのこだわりの農産物及びそれらを原料とした加工品
 ③新たに販路開拓を検討している農畜産物及び加工品
 ④その他 産地側から要望のあるもの

【出展経費】
出展料は無料。
ただし、出展に要する諸経費は出展者負担となります。また、加熱器具・調理用品は出展者が準備してください。

【申込方法】
出展希望者は申込用紙に記入のうえ、
第16回については 平成26年9月 5日(金)まで、
第17回については 平成27年1月17日(金)まで
FAXにて下記担当者あてに申し込みをお願いします。

◆平成26年10月23日開催「チラシ・申込用紙」
◆平成27年 2月26日開催「チラシ・申込用紙」

【申込・問い合わせ先】
山形県農林水産部6次産業推進課 
〒990-8570 山形市松波2-8-1
TEL:023-630-2221 FAX:023-630-2431

2014.08.12:cluster:[販路開拓に取り組みたい]