HOME > 記事一覧

東北大学大学院農学研究科、東北大学未来科学技術共同研究センターとの連携協定を締結いたしました

   

   

 令和2年10月1日(木)、東北大学大学院農学研究科及び東北大学未来科学技術共同研究センターと山形県食品産業協議会は、連携協定を締結しました。食品分野の研究及び技術開発において連携を強めることで地域食品産業の振興を図り、地域の経済発展に寄与することを目標としたもので、今後、共同研究プロジェクトを推進し、時代のニーズにマッチした、新たな食品の製造開発を目指します。

【協定内容】
主な連携事項:(1)共同研究プロジェクトの推進
        ・食品企業が抱える課題を大学が持つ知見やノウハウを用いて、共同して解決していく。
       (2)講演会、セミナーの開催
        ・食品産業協議会が実施する会員向けの講演会やセミナーに大学の教員等を派遣する。
       (3)施設、設備等の利用
        ・食品の機能性表示に欠かせない成分分析等を大学が有する機器により実施する。
       (4)人材交流

2020.10.05:cluster:[お知らせ]

令和2年度「おいしい山形プラザ(東京)」での『トライアル販売(第3期)』商品を募集します!

 山形県では、県内企業の売れる商品づくりを支援し、山形県産業の活性化を図るとともに、新たな県産品の発掘により、アンテナショップの情報発信機能を強化することを目的として、東京・銀座の山形県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」でトライアル販売を実施いたします。

【トライアル販売とは】
 山形県内の事業者から募集した県産品を山形県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」で、3か月間販売し、そこで得られた情報を事業者にフィードバックすることにより、県内企業の売れる商品づくりを支援するものです。

【トライアル販売期間及び募集期間】
◇第1期
 販売期間:令和2年7月~9月
 募集期間:令和2年4月27日(月)~ 5月22日(金)
◇第2期
 販売期間:令和2年10月~12月
 募集期間:令和2年7月1日(水)~ 7月31日(金)
◇第3期
 販売期間:平成32年1月~3月
 募集期間:令和2年10月1日(木)~ 10月30日(金)

【主な販売条件】
山形県アンテナショップ物販部門運営事業者が委託販売を行います。

【応募商品の主な要件】
1、県産品であること。
  県産品とは、県内で生産された農林水産物、主たる事業所が県内に所在する製造業者(加工品の製造を行う農業生産法人等を含む)が県内で製造した商品。
2、申込時において、発売後5年以内の加工食品であること など
  ※過去にトライアル販売品となった商品の再度の申込みも可能ですが、再度の申込みは最大2回までとする。ただし、連続での申込みは受付できません。

【応募者の資格】
主たる事業所が山形県内に所在する製造業者

【申込み】
トライアル販売の申込みを希望する方は、申込書に必要書類を添付のうえ、山形県産業労働部商業・県産品振興課 県産品振興担当まで提出してください。
◇トライアル販売実施要領(PDF)
◇令和2年度トライアル販売申込書等記載方法について(PDF)
◇令和2年度トライアル販売申込書(様式1~3)(PDF)
◇令和2年度トライアル販売申込書(様式1~3)(Excel )

【問い合わせ先】 
山形県産業労働部商業・県産品振興課 県産品振興担当
TEL:023-630-2542 FAX:023-630-3371

◇詳しくは、山形県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」をご覧ください。
2020.10.01:cluster:[お知らせ]

令和2年度「国分東北㈱」バイヤーによるマッチング商談会のご案内

 「国分東北㈱」のバイヤーをお招きし、商談会を開催します。
 「国分東北㈱」では加工商品の販路開拓のほか、東北エリアでの共同商品開発等にも取り組まれておりますので直接商品を扱うバイヤーの意見を聞くことで、商品の改良等にも活用できます。また、大手食品卸業者「国分東北㈱」のバイヤーと直接つながりを持ち販路拡大が期待できる貴重な機会です。
 ぜひ、ご参加ください。

チラシ

【開催日時】 令和2年11月5日(木) 10:00 ~ 12:30

【開催場所】 あこや会館 202会議室
         山形市松波二丁目8-1
         TEL : 023-642-1358

【対象者】  県内の農林漁業者、食品製造業者、流通・小売業者等
      (加工食品のほか、原料となる素材の提案も可能です。)

【対象とする商品】
 加工食品全般
 (一次加工品等、最終加工品でないものを含みます。ただし、日配チルド、冷凍は除きます。)

【内容】
 ① マッチング商談会
   「国分東北㈱」各担当バイヤーと参加事業者の1対1による個別商談方式 
   (1社当たり40程度)
 ② 参加費 : 無料 (ただし交通費、試食品等は各自負担をお願いします。)

【その他】
 ① 参加事業者については、国分東北㈱との協議により決定します。
 ② 商談会の時間割については決定次第連絡いたします。
  
【申込み方法】
 参加申込書に必要事項をご記入いただき、FAXにてお申込みください。
 ( 申込期限:10月16日(金))

【お問い合わせ】
 やまがた食産業クラスター協議会 (担当 : 堀川)
 TEL : 023-679-5081 FAX : 023-679-5082
2020.09.29:cluster:[展示会・商談会]

令和2年度(第1回)山形のうまいもの「ファインフードコンテスト」入賞商品の発表!

 令和2年度(第1回)山形のうまいもの「ファインフードコンテスト」の入賞商品が決定しましたのでお知らせいたします!

◆山形のうまいもの食品大賞(山形県知事賞)
(畜水産加工品部門)
・冷凍 山形さくらんぼ鶏 てりやきチキン 無添加/株式会社オール食品工房

◆山形ふるさと食品賞(山形県知事賞)
(惣菜・調味料部門)
・山形ばあちゃんのだしの素/株式会社桑名園本店

◆最優秀賞(山形県知事賞)
(果実加工品部門)
・ラ・フランス&バター/株式会社たかはたファーム
(飲料部門)
・ランラン♪ラララ ブドウ/山形食品株式会社

◆最優秀賞
(主食部門)
・特選山形蕎麦/合資会社酒井製麺所
(菓子部門)
・豆きんつば/4種類(ひでん・しろめ・べに・くろまめ)/株式会社住吉屋食品
(アルコール部門)
・Nanyo Cider 2019 /株式会社グレープリパブリック


◆部門別賞
(1)主食部門
・優秀賞  鶴岡 梅おこわ/株式会社佐徳
・おいしい山形賞  月山そば「わかば」/有限会社玉谷製麺所
(2)果実加工品部門
・優秀賞  お米のばうむ 庄内産山ぶどう/カムコミュニケーションズ株式会社
・優秀賞  さくらんぼのチーズテリーヌ/株式会社エルティリゾートやまがた
・おいしい山形賞  山形プリン 赤ワインプリン/株式会社YSコーポレーション・山形プリン
(3)惣菜・調味料部門
・優秀賞  やまがたづくし/社会福祉法人ざおう福祉会 夢工房
・おいしい山形賞  ねばりっこ 経木 地豆納豆/有限会社高畠納豆
(4)飲料部門
・優秀賞  タピつぶこんくろみつミルク/株式会社丹野こんにゃく
・おいしい山形賞  すいか甘酒(生) 尾花沢すいかパウダー入り/農事組合法人ドメーヌ楽酒楽粋
(5)畜水産加工品部門
・優秀賞  ダチョウフライシュケーゼ/有限会社山形朝日オーストリッチ産業センター ロイフェン
・おいしい山形賞  米沢牛入りごんぼみそ/あべ工房
(6)菓子部門
・優秀賞  山形芋煮せんべい(内陸版醤油味)/山形「道の駅」駅長会議
・おいしい山形賞  鶴岡シルクマカロン/ファリナモーレ by アルケッチャーノ
(7)アルコール部門
・優秀賞  山形カクテルふるふる ラ・フランス/加藤嘉八郎酒造株式会社
・おいしい山形賞  どぶDEヨーグルト(さくらんぼ味)/酒田醗酵株式会社

◆特別賞
こめっこ賞
(果実加工品部門) 
・お米のばうむ 庄内産山ぶどう/カムコミュニケーションズ株式会社
パッケージデザイン賞
(惣菜・調味料部門)  
・ねばりっこ 経木 地豆納豆/有限会社高畠納豆
審査員特別賞
(惣菜・調味料部門)
・山形山菜さとやまソルトセット
 (よもぎ・うこぎ・こごみ・くわ・ささ・月山筍)/特定非営利活動法人なでらの森
(果実加工品部門)
・庄内柿ジャム/山形県立農林大学校 土田 優綺

◇詳しくは、こちらをご覧ください。


《開催概要》
審 査 日 令和2年8月6日(木)
審 査 会 場 緑町会館(山形市緑町1-9-30)
概   要 農林水産業と食品製造業等との連携を図り、マーケットインに基づき新たな価値を備え、県内外で認知され、数多く購入

      してもらえる商品開発を促進するため、ブランド力のある県産農林水産物を原料として製造された、「山形ならでは」
      の加工食品の優良事例を顕彰し、原料として使用される本県の豊かな農林水産物の需要を拡大し、本県農林水産物の発展
      を図ることを目的とする。
出 品 数 主食部門 : 14品
      果実加工品部門 : 21品 
      惣菜・調味料部門:18品
      飲料部門:8品
      畜水産加工品部門:13品
      菓子部門:18品
      アルコール部門:9品

      計 101商品  企業数 64社

「イベント等の開催に関する基本方針」の見直しについて(9月17日付)

 前回お知らせした、「イベント等の開催に関する基本方針(令和2年度5月26日)」の見直しについて、政府の11月末までの催物の開催制限等に係る方針を踏まえ、再度見直しが行われました。
 つきましては、趣旨を御理解のう、引き続き、感染防止対策を徹底していただきますようお願い申し上げます。
 また、上記方針の3の(1)による事前相談につきましては、県有施設にあっては施設の所管課まで、それ以外の施設にあっては防災危機管理課までお知らせくださるようお願いします。

○詳しくは、「イベント等の開催に関する基本方針」の見直しについて(9月17日付)をご覧ください。
2020.09.28:cluster:[お知らせ]