HOME > ふるさと食品コンクール

H30年度 やまがたふるさと食品コンクール入賞商品の発表!

  • H30年度 やまがたふるさと食品コンクール入賞商品の発表!
平成30年8月2日(木)に開催された、県産農林水産物を主な原料として製造された食品の優良事例を顕彰する「やまがたふるさと食品コンクール」の入賞商品が決定いたしましたのでお知らせします。

◆やまがたふるさと食品大賞(山形県知事賞)
・山形いも煮らすく株式会社シベール

◆山形県知事賞
・ヨーグルトソース 赤すもも/株式会社たかはた果樹園
・庄内浜柿葉寿司/株式会社出羽庄内

◆部門別受賞
(1) 豆・そば類部門
最優秀賞  だだちゃ豆パスタ/有限会社玉谷製麺所
優秀賞   秘伝豆浅漬/株式会社佐徳
        山形の豆乳/株式会社住吉屋食品
おいしい山形賞 優等生/山形県リハビリセンター

(2) 果実部門
最優秀賞  ヨーグルトソース 赤すもも/株式会社たかはた果樹園
優秀賞   コロコロゼリー入 ラ・フランス/三和缶詰株式会社
        山形県産プレミアム「王林ジュース」/長井中央青果株式会社
おいしい山形賞 山形県産プレミアム「紅玉ジュース」/長井中央青果株式会社

(3) 畜・水産物部門
最優秀賞  庄内浜柿葉寿司/株式会社出羽庄内
優秀賞    Amiギフトセット3品入り/株式会社出羽庄内
        とりもつのアヒージョ/新庄商工会議所
おいしい山形賞 飛島育ち ぎばさの佃煮/新栄水産有限会社

(4) 米部門
最優秀賞  該当なし
優秀賞    お米で作ったしかくいパン/東北日本ハム株式会社
        スーパー大麦もち麦玄米ご飯/城北麺工株式会社
おいしい山形賞 つや姫醤油煎餅/株式会社マウントスマイル

(5) 野菜・山菜・きのこ類部門
最優秀賞  山形いも煮らすく/株式会社シベール
優秀賞   郷土料理掬亭『宇津沢南瓜のいとこ煮』/株式会社三奥屋
        ローズラスク/株式会社シベール
        やまがたスープ<宇津沢かぼちゃポタージュ/株式会社三奥屋
        極上天日干しきくらげ/鈴木屋本店
おいしい山形賞 黒川山椒とうがらし(袋タイプ)/黒川まるいし農場株式会社
            焦がし唐辛子醤油(青)/株式会社たかはた果樹園

◆特別賞【こめっこ賞】
米部門 山形のゆきどけ つや姫米粉のほろっとクッキー/株式会社清川屋

◆特別賞【パッケージデザイン賞】
畜・水産物部門 庄内浜柿葉寿司/株式会社出羽庄内
畜・水産物部門 Amiギフトセット3品入り/株式会社出羽庄内


≪開催概要≫
審査日:平成30年8月2日(木)
審査会場:霞城セントラルクッキングルーム(霞城セントラル4階)
概要:県産農林水産物を主原料とした加工食品(海産物については県内漁港で水揚げされたものを主原料とした加工食品)で過去3年以内に製品化されたものについて、米、豆・そば類、果実、野菜・山菜・きのこ類、畜・水産物部門に分け、各分野の専門家等が「食味」、「販売価格」、「コンセプト」、「山形らしさ」、「外観・パッケージ」、「加工製造の独自性」等を総合的に審査し、各賞を決定した。
出品数:米部門:11品  豆・そば類部門:8品  果実部門:7品  野菜・山菜・きのこ類部門22品  畜・水産物部門12品
       計60品
2018.09.06:cluster:[ふるさと食品コンクール]

平成30年度やまがたふるさと食品コンクール開催について

  • 平成30年度やまがたふるさと食品コンクール開催について
当協議会では、農と食を起点とした新たな産業群の創出を促進するため、県産農産物を活用した山形ならではの新商品開発や新たなビジネス化に向けた取組みを支援しているところであります。
本年度も、これらの取組みをより一層促進するため、標記事業を開催することといたしました。
山形県産の食材を主な原料として製造した加工食品を募集してますので、たくさんのご応募お待ちしております!!

◇開催要領(PDF)

【日 時】
平成30年8月2日(木)

【場 所】
霞城セントラル 4階 山形市保健センター内(山形市城南町1-1-1)

【募 集】
(1)資格要件
 県内食品製造業者、農産加工事業者など

(2)対象食品
 県産農林水産物を主原料とし、県内で最終製造された加工食品過去3年以内に製品化されたもの。
 (海洋の水産物については県内漁港で水揚げされたものを主な原料としたものとする)
 ※ただし、過去に本コンクールで入賞した食品は除くものとする。

(3)出品食品数
1者3点以内

(4)募集部門
「米」 「豆・そば類」 「果実」 「野菜・山菜・きのこ類」 「畜・水産物」 の5部門

(5)募集期間
平成30年6月18日(月)~7月13日(金)

(6)応募方法
申込み書(Excel版) に関係書類を添えて、下記の申込先までE-mailで提出してください。
E-mail:food2@y-cluster.jp

【食品搬入(搬入時間(各部門共通))】
8月2日(木)午前9時40分~午前10時20分(搬入場所はいずれもコンクール会場)
※保存性のある食品については8月1日(水)までに当協議会事務局へ持参又は郵送にて搬入を行ってください。

【申込み先】
〒990-0041 山形市緑町1-9-30 緑町会館3階
やまがた食産業クラスター協議会(担当:蔵増)
E-mail:food2@y-cluster.jp


2018.06.15:cluster:[ふるさと食品コンクール]

【第39回食品産業優良企業等表彰事業審査結果について】

株式会社三和食品(最上町)が第39回食品産業優良企業等表彰にて、食品産業部門〈農商工連携推進タイプ〉で見事、農林水産大臣賞を受賞いたしました!
株式会社三和食品様、誠におめでとうございます。

◆主な功績の概要
・規格外農産物の受入れと冬期間の働く場を提供することで、地域農業者と強い絆で結ばれ、Win-Winな関係を築き、地域農業の活性化に貢献している。
・平成26年に、野菜産地拡大形成を目指す農業者とカット野菜メーカーとの共存共栄モデル事業として、地元農業生産法人(宮城県登米市)と連携し、新たに農業生産法人㈱ベジファクトリーを設立した。モデル事業は順調に推移し、当社の事業拡大と農業者所得の増加を実現している。
・平成23年の東日本大震災による津波被災地の農業再生に向けて、熱意を注ぐ農業者と野菜生産に取り組むとともに、規格外品も積極的に受け入れることにより、被災からの復興を支援してきた。現在も取引きが継続している。
・山形及び宮城県内の農業者との契約栽培に積極的に取り組んでいる。契約栽培農業者数は278者、26品目に達しており、当社の仕入れの中核を担っている。契約農業者数と栽培面積に変動が少なく、当社購入数量が毎年安定して推移している。今後、拡大が見込める農業者もいる。これは当社事業のサスティナビリティ(継続可能性)を支持する農業者がいかに多いかを表している。


◆一般社団法人食品産業センターHP
◆第39回食品産業優良企業等表彰 功績の概要(PDF)
2018.03.16:cluster:[ふるさと食品コンクール]

H29優良ふるさと食品中央コンクール受賞しました!

平成29年度やまがたふるさと食品コンクールにおいて、最優秀賞を受賞した「山形おみづけわさび【株式会社三奥屋】」が、財団法人食品産業センターが実施する「平成29年度優良ふるさと食品中央コンクール」において、「国産農林産品利用部門(一財)食料産業局長賞)」を受賞しました。

【食料産業局長賞(国産農林産品利用部門)】
株式会社三奥屋/山形おみづけわさび



▽特徴
本製品は、県内農業者との契約栽培により収穫された山形青菜(伝統野菜)・大根・茎わさびを主原料としており、従来、山形の特産品として販売されていた「おみ漬」を酒粕と合わせ、緩やかに熟成発酵させることにより日持ちを延ばし、味のアクセントとして日本独自の茎わさびを加え、味に深みを醸し出し、昔ながらの発酵食品を活かした新しい山形の食文化の提案を行っています。


◆一般財団法人食品産業センターホームページ
◆平成29年度優良ふるさと食品中央コンクール受賞出品財一覧(PDF)

2018.03.16:cluster:[ふるさと食品コンクール]

【H29最優秀賞(山形県知事賞)】山形おみづけわさび|㈱三奥屋(高畠町)

  • 【H29最優秀賞(山形県知事賞)】山形おみづけわさび|㈱三奥屋(高畠町)
最優秀賞〈山形県知事賞〉

▽商品名
山形おみづけわさび

▽企業名
株式会社三奥屋

▽選考理由
山形伝統の漬物である「おみ漬」に東根市で栽培されたわさびを刻んで混ぜ込んだ粕漬。
味がよく、ご飯にもお酒のおつまみにも合うと高く評価された。
2017.11.14:cluster:[ふるさと食品コンクール]