HOME > 職に関するあれこれ

洪水・・・とはいえませんが

  • 洪水・・・とはいえませんが
東京の某地区は雨が降ると排水溝から
水が勢いよく道路に流れ出し一面ドデカイ水たまりに
年々ゲリラ豪雨が多くなる日本

さまざまな天災を考慮し住むところも選ぶ必要がありますね

県からこんな依頼が・・・

山形新聞に載っておりました
ある程度予測もしてました・・・
災害時にはってことで前に書面見ていたので


被災者が賃貸住宅を借りに来た際に
「仲介手数料は無料にしてくださいとの協力を」
一見人道的に見えますが・・・

でも

不動産業者は何でご飯を食っていけば??
当社の場合は賃貸だけの収入ではないのですが
賃貸住宅の仲介収入がメインの不動産業者だっているはずです
自分たち(県の方々)は収入確保されているくせに・・・
あまりにも安直すぎる気がするのですが??
どうでしょ?

2010夏の身の毛もよだつ体験

夏の夜の話にふさわしいかどうか・・・
その恐怖は2日前に突然あの暴風雷雨と共にやってきた

忘れもしない(2日前ですから)
8月11日

空を見上げると暗くどんよりとした雲が市役所方面に
その時にはまだこれから起こる
あの忌まわしい自体を知るすべはなかった・・・


時間は15:40ごろ

帰ろうとすると
頭の上の空は真っ黒に…雷鳴がゴロゴロ…
雨はまだ降ってきていないが嫌な予感がしたので
その場で数分待機をしていると強風を伴った雷雨

完全に嵐!
自然災害が少ない地域なので嵐体験もあまりないのですが
秋に来る嵐よりもひどい

横殴りの大粒の雨
空を切裂く雷鳴
突風

そう・・・ここ数年流行の『ゲリラ暴風雷雨』

これが恐怖??
確かに恐ろしいとは思えますが
そんなものは私にとっては一服の清涼剤
稲妻の美しさと激しい雨にちょっとワクワク感を覚えながら雨宿り

時間は16:00ごろ
イスに腰かけていると突然の吐き気
ダイエットのため自転車に乗っている私は
今日も自転車乗って汗をかいていたので
あれ?熱射病??それとも寝不足から来る体調不良?


時間は16:20ごろ

気持ち悪さと吐き気が一向に良くならず
暴風雷雨も一向に衰えず
全身鳥肌が・・・
異常気象が全世界で起きている
私は地球とシンクロして体調が悪くなってる??
そんなことを思いながら・・・Goトイレ


時間は17:00ごろ

暴風雷雨はおさまってきたが吐き気はおさまらず
雨も若干は降っていたが全身倦怠感に包まれていたために
身が持たなさそうなので約束してあったお客宅へ行き
なんとか仕事をこなして瀕死状態で会社へ戻り1Fトイレへ直行!!
上から下からと脱水症状なるかと思いました(T_T)
(食事している時見た方はごめんなさい)

あれ?2Fトイレにうちの部長(弟)が入っている模様
そして・・・「ゲ~ゲ~」聞こえる

ん?ん??

なんと弟も同症状
吐き気がして来た時間も同時間帯

そしてそのまま緊急外来へ → 食中毒だったらしい
調べたら何か菌が発見されたとの事
しかし緊急外来につき原因は不明

私はというと弟ほどはひどくなく
トイレに数回行きムリムリ水分を補給して
毒素が弱まったのか体調は回復

初めての『食中毒』
切なすぎるぐらい調子悪くなるんですね…(>_<)


ところでこっからが問題です

食中毒の真実は既にわからないのだが
私と弟が共通するのは昼食

肉じゃが(食した人4人)
3種類の弁当(肉系1人・鳥系2人)

うち食中毒症状2人

さて…考えてみましょう
原因となりそうなのは??
わかったあなたは探偵になれるかもしれませんね(笑)

その日同じく私が考える原因でこんな症状なった人いるかなぁ?
そんな方はコメントをどうぞ!

大気の状態と食物の状態
夏の『ゲリら』にご注意を!!


※長文お付き合いありがとう(^_-)-☆

廃墟別荘

  • 廃墟別荘
先日も紹介した日本黄金時代の遺産
うまく活用っていってもなかなか無理ですよねぇ~

別荘地にリニューアル!!
とはなかなか無理ですし…
うっそうとした雑木林と化していますから



枯葉などで覆われていますが舗装済の道路



後姿だけですがこの方が足元の土地の所有者です
別荘を建てた方と土地だけ持っている方がおりますが
「山」です



結構広範囲にわたり別荘が点在します
いけ?沼みたいなのもあるんですよねぇ~

一体どんなコンセプトの別荘地だったのか非常に気になるところです

高度成長が残した遺産 【上山市某所】

  • 高度成長が残した遺産 【上山市某所】
地元の人でも若い人はきっと知らないであろう
間違って迷い込むということもないこの場所
そうここは忘れ去られた街

私がなぜここを訪れたかというと
深夜の1件の電話からだった・・・
「上山に土地があるので場所を探してくれませんか?」
山形のなまりのある方ではなく関東方面の男性だった
外は叩きつける雨私は胸騒ぎを覚えながらもその方の話耳を傾ける


な~んてよくありがちな本の冒頭部分っぽく言いましたが(笑)

上山の土地を所有する関東人は多い
昔、高度成長期のバブリーな時代に
別荘ブームが日本全国で起こった
ここもその1つ

上山にも数ヶ所そんな未開の地が存在するが
どれもこれも日の目をみることはないだろう

東京近郊のデベロッパーが土地を買い
予定図面だけで販売するいわゆる『青田売り』

その当時の人から相続を受けた人から依頼されることが常
今回のは私の知っているどの場所でもないとこだったので
好奇心が騒ぎ探してみることに(^_^;)



ちゃんとその当時は別荘地として成り立っていた模様
契約段階で頓挫する業者が多いけど
ここはすでに別荘が建築されている



私のウ○コじゃありませんよ(笑)
きっとこの大きさから推測するに「熊」

・・・お客さんと一緒だからこれるんであり
1人だったらおっそろしくて廃屋街に踏み入ることはないだろうなぁ



廃墟ではあるものの所有者は存在し
某有名芸能人の別荘もあるというが今はもう廃墟の別荘地
でもそう荒らされていないのです

ドアや戸は開けっぱなしなのだが
窓ガラスも割れずにそのまま
動物が巣くっているような感じでもなく…
建物自体もわりとキレイ

誰か管理しているのだろうか?

時が止まってる??
今日 203件
昨日 477件
合計 998,776件