HOME > 震災後の日々な暮らし

冬の福島県天栄村

  • 冬の福島県天栄村
イギリスから女子おふたり
ママの家にホームステイされると
お手伝いさせて頂きました。

行ってみたら、、あれ?
カナダとニュージーランドの女子でした。
イギリスから来たというのは
間違えではなくて

天栄村にあるブリティッシュヒルズという
英国施設からいらしたそうな。
日本語は通じない場所なんです。

シェイとジェシカ
また新たなお友達ができました。
親くらい離れてますが(笑)

いろんな場所をママの案内のもと
シェイのご希望で、白河のダルマ市にも

前にすすめないほどのもの凄い人でビックリ!
まち並みがレトロで、またじっくり散策してみたいなと。
小さなダルマを頂きました。

帰ってきたらテレビでナマ中継していて
あ!あのお店屋さんだったよねと
みんなで盛り上がっていました(笑)

白河駅の反対側には、小峰城があります。
ジェシカは、一度行ったことがあるそうで
お城好きの歴女でした。

小峰城の入り口でサプライズ!
歴史に詳しい方に出会い…観光案内の方ではなく
観光にいらした方ね。

ジェシカは、少し日本語が理解できるので
よかったねとママと解説を聞いていました。

小峰城にも登ったことがあるしね
ふた班に分かれてシェイと私は
小峰城登りを楽しみました。

降りてもまだ、解説されており
私はちんぷんかんぷんでした(笑)

お土産売り場では
とってが刀のアンブレラをご購入され
喜んでおりましたね。素敵な傘でした。
ニュージーランドで振りまわすのでしょうかね~

あ!私はどこにいるかというと。。
洞窟にはいってみました~笑。

写真の場所は、天栄村のお隣の矢吹というところで
岩盤に三十三観音が37体だったかな彫られていて
細長~い洞窟になっているの。

洞窟の高さが低いところがあり
ガーンと頭をぶつけてきました…いたたた…

シンギングボウル奏でてみたいなと。

どなたがつくられたものなのかわかりませんが
そこに観音さまのエネルギーを
感じてつくられたのではないでしょうかね。

全て拝見してませんが、ひとつひとつ違います。
すっきりした気分を味わいました。

そして、天栄村にもお城があったそうな。

昔、お城があった場所は今は、村の資料館に
なっていて、歴女さんもいらっしゃることですし
立ち寄ってみたら、休館日で残念!でしたが

お城の姿形はありませんが佇んでいた景色を
想像しながら、見晴らしもよくお城ここにあったんだね~
とか言いながら、心を温めました。

シンギングボウルのリラックスタイムは
シェイは知っていたようではりきって
パジャマで聴いてくれました…かわいいね。

ひな祭りが近いなと
あかりをつけましょぼんぼりに~を
カリンバと歌で音どけ。

ニュージーランドのマオリの歌と踊りを
YouTube交えて聴かせていただいたり。

ずいずいずっころばしも遊びました。
ちょっと地味ですが(笑)
歌も忘れそうになっています。

日本のわらべ唄や童謡は残していきたいと
独特の雰囲気やテンポは、開放感というよりは
魂の栄養のような。

安心感を与えてくれるしね。

童謡も弾いてみたいなと思っていた
自分を思い出させていただきました。

ありがとうございました。
2019.02.15:ただの なおみ:comment(2):[震災後の日々な暮らし]

誕生日はリセット日和

  • 誕生日はリセット日和
ひとつ歳をとりました(笑)

同じ誕生日のモーツァルトの
年齢を越していました。
モーツァルトの時代のピアノは
今のピアノの鍵盤より少なく

現代のピアノにむかっていたら
またさらに違っていたかもなと。
時々、思うのでした。


なんとなく体がお疲れ気味なので
静かにしていようと。

でも、大お掃除大会の勃発(笑)

丁度、お手製の化粧水を1本
使いきったところだったしね。

1ヶ月まえに仕込んでいた
ラベンダーチンキとゴマ油をブレンド。

微かにラベンダーが香ります。

大瓶に入れてあるラベンダーチンキは
赤、オレンジ色ですが小瓶にうつしたら
こんな色になりました。面白いね。

しっとり系にチェンジです。
  

楽器専用の収納棚が欲しいところですが
あるもので、お部屋を少し模様替え。

セパレートタイプの和箪笥の
下の部分を、お隣の部屋から
ひとりかつぎ(笑)

重たいし、床を傷つけないよう
キャスター付きの板の上にのせて
入り口が狭いから箪笥さん
でんぐり返しさせてね。

箪笥にも、キャスターをつけて
箪笥の引き出しは、とっぱらい。
棚扱いで。

キッチンカウンターのイメージでね。
グラスハープ用のテーブル板を
のせることもできるし

テーブル板を、棚にのせ脚をつければ
L字カウンターに変身です!

少しずつ不便さを解消。

でも、グラスさんの収納場所は
これから考えることに。

気がつくと、ごちゃごちゃになって
いたりするので(恥)

もとに戻すことを楽しめる
ベストな定位置を見つけています。
時間かけてかなこれは。

お隣の部屋で使いきれてなかった
和箪笥の下部分が、活躍しはじめました。 


疲れを癒やすポタージュスープを
栄養補給に~簡単につくれるんですよ。

5杯くらい分です。

ご飯お茶碗いっぱい
玉ねぎ1個
キャベツ4分の1
メイン野菜…かぼちゃ、人参など
ひと晩つけた昆布だし水

お野菜を切り
油で野菜を炒め
メイン野菜が浸るくらいの
昆布水をたし
柔らかくなるまで煮る。

味付けは、お塩のみ。
お味噌や醤油も、美味しいです。
お好みで。

少し冷ましてジューサーに
ご飯もプラスして
がーっとして完成です。

美味しい音をつくれるように

見のまわりも、食べ物も
体・心・魂が喜ぶことを
みなおす誕生日でした。

さそり座の下弦の月を迎えて。
2019.01.28:ただの なおみ:comment(0):[震災後の日々な暮らし]

ふたご座流星群とともに、天栄村へお手伝い。

  • ふたご座流星群とともに、天栄村へお手伝い。
ただいま福島県の天栄村にいました。
満月も近いので、まもなくもどるところでした。

今回は、アフガニスタンのみなさんがやってくるので
ホームステイ先のママのお手伝いに。

そして自分自身を癒しにね。
温泉療法の日々をおくっていました。

一週間も続けて温泉に入ったことは
もしかすると、人生初めてのことと思います。
毎日いろんな温泉にご案内していただいてました。

初日そうそう、湯あたりを起こしひっくりがえる寸前
床に寝込んでしまった自分にびっくり(苦笑)

その他。いろんなハプニングやら
行きたい場所がすべて、おやすみだったりと
なかなか思い通りにはいかない出来事が
たくさんありました。

なんとなく、好転していく変わり目の時期なのかなと
あなたは、もうしばらくお待ちください。と、
言われているような。感じでおりました。


天栄村に到着そうそう、満天の夜空に迎えられ
流れ星流れるかなぁと、ソラを見上げながら
車から荷物を降ろしていました。

オリオン座が大きく見える!
冬のダイアモンドも!
くらい星もたくさん見える!
お月さまもね。すごいな~

確か、オリオン座の上の方が
ふたご座だったと上を向いて眺めていたら
凍えることなく、1つ星が流れました!

そういえば昨年は、音のれすとらんの窓から
1つ大きく流れていったのを思い出しながら。

ちょっと小ぶりでしたが
気分が上がったことには、変わりありませんでした。

バンザイ!とひとりはしゃぎ(笑)
その後、望遠鏡でのぞきました。


アフガニスタンってどんな国なんだろうと。
なんとなく、戦争のイメージしかなかった私でしたが
自然豊かなところなど、少し知ることができました。

日本では、ありえないこともね。

例えば、お母さんが何人もいて
兄弟もたくさんいるとか。

一夫多妻制のことです。
えーと驚く(笑)

何度か、ホームステイのお手伝いを
させていただきましたが
今回、ママの家にやってきた4名のみんなは
おひとりの学生さん意外は
社会人の子だったようで。

またちょっと違う着眼点を持っているなと。

日本人はほとんどの人が裕福なんだけど
そして、一生懸命真面目で。

笑顔が少ないんだよね。
楽しいのかなぁ。

みたいなことを言われたと思います。

よくみてますね。そうかもね。
返す言葉がありませんでした。


はじめに、羊の放牧の360度動画を
見せてくれた子がいて。
どうやら、羊飼いらしいってことがわかり
千匹くらい、飼っていると。

またまたびっくり!

みじかにそのような人はいません。。
ワイルドだわーと。

アフガニスタンでは
サフランのお茶をいただくそうで
はじめて飲みました。

とっても身体がポカポカ汗がでるほどに。
そして、元気になるよと、言っていたと
思います。

高級茶ですね、日本だと。

言葉も音楽のようで。
カタコトの英語でのやり取り
母国語はなんというか忘れちゃいましたが、、
アラビア語のようなミミズ文字でした。

1つだけ覚えましたよ。

ありがとう、は、
manana(マナーナ)

はじめバナーナって聴こえたから
ありがとうは、バナーナっていうんだ
バナナか~と。でも
よーく聞いてみたら、マナーナと判明(笑)

なかなか聞きとりにくく
日本語とはまた違う周波数なんでしょうね。
面白かった!

お別れ会のお集まりでは、アフガニスタンの踊りを
ご披露してくれました。

それがなんだか、晴れやかなダンスではなく
何かを守っているような、自分達を励ますような踊り
なのか、ちょっともの悲しさが伝わってきたような。。

私の中の内側に存在しているものが
反応しているかのようにも思います。

お別れの前日の晩に
シンギングボウルを、村のみなさん交え
音どけさせていただきました。

リラックスしてくれたようで。よかったな。
日本のみんなは、いびきかいて熟睡してました(笑)

起きていたと言い張られても
あなた寝てましたから(笑)
なんてお話しながら。

私の中では、平和の鐘のように締めくくり
させていただきました。

manana
2018.12.20:ただの なおみ:comment(2):[震災後の日々な暮らし]

もしも~し 聴診器遊び

  • もしも~し 聴診器遊び
延期していた、野草園にサシャールさん
改めポノさんと、お出かけ。

せっかくなので、おにぎり
子ども用おもちゃ聴診器を持って。

ちょっと胃の具合いが
お疲れぎみでしたが
木々や太陽をサンサンと浴びたおかげで
調子が戻りました。

アイスブルー。
ありがとう。

木もたくさん種類があって
肌触り、皮ざわりかな
感触が全く違うのですね。
気持ちよかったな。

木に聴診器を
もしも~しとあて。

木の音は…
よくわかりませんでした…

聴こえて来たのは
自分の鼓動やら、上空の飛行機音(笑)

面白かったから
また、どこかに出掛ける時
おと(音)もにしましょうっと。
2018.11.03:ただの なおみ:comment(2):[震災後の日々な暮らし]

フレグランスに塗香

  • フレグランスに塗香
おとめ座の新月を迎えるにあたり、整理整頓をしていました。
そして、しばらく存在を忘れていた、この塗香を見つけ。

20年くらいたつでしょうか。
山伏さんから教えていただいたものでした。

確か、入れ物は黒檀だったと。
面白い形ですよね。

真ん中がおへそみたいなフタを開けて、塗香を補充します。

粉のお線香といったところかな。

手のひらの労宮ツボに適量をだし、摩擦。
裏労宮ツボにも、そして香水をつけるように首などに。

私は、体全体になでるように。
体があたたく感じるから。
浄化やガードにもなると。
軽くなるような。

いろんな香りがあります。

注連寺では、超辛口スパイシーなターメリックの香りだったと。
ほんのちょっとだけ、なめて清めに使ったりね。

体温で、香りが増し、リラックスできます。
痛みも軽減するように感じます。

しばらく忘れていたけど
アロマも大好きだけど

今は、シンプルにひとつ。
おともにしようと。
2018.09.05:ただの なおみ:comment(0):[震災後の日々な暮らし]