◆令和元年 〆張鶴 呑み切り◆

  • ◆令和元年 〆張鶴 呑み切り◆

梅雨明け間近の7月18日、銘酒〆張鶴を醸す宮尾酒造様の呑み切りに参加。

「呑み切り」とはその酒造年度に醸した自醸酒の熟成具合を確かめるべく、それぞれのタンクの呑み口から少量の原酒を取り出して利き酒をする蔵元の恒例行事の事です。

今回の呑み切りには特約店25名程がお蔵に赴き用意された今期の各アイテムをじっくりと利き酒。

さて初参加の小生ながら舌と鼻に神経を集中し真剣にお酒と向き合えば同じアイテムのお酒でもその香味はタンク事に微妙に違い、酒は微生物の力で発酵し醸された物で有る事を改めて知る機会となりました。

用意されたお酒はどれも各アイテムの特長を備えた高レベルで高い酒造技術が伝わる物ばかり。

これぞ〆張鶴の味わいという事を実感できた呑み切りでした。

その後会場を移しお蔵のスタッフを交えた懇親会が催され、豪華なお料理と〆張鶴に舌鼓を打った夢のような一時。

二次会では名だたる酒販店の方々とご一緒させて頂き、酔いに任せた打ち解けた会話に時を忘れる程の楽しい一夜でした。

ご案内を頂いた宮尾酒造様、同席された参加者各位に謹んで感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

呑み切りと懇親会の画像は以下をクリックしてご覧ください。

https://www.facebook.com/pg/jizake.yamagata/photos/?tab=album&album_id=1815745875238843

2019.07.20:maru8:コメント(0):[地酒あれこれ]

◆春の魚介と美酒を楽しむ宴◆

  • ◆春の魚介と美酒を楽しむ宴◆

白つつじが咲き始め春爛漫の長井の郷。

5月9日、春の魚介と美酒を楽しむ宴を「割烹ひらた」さんにて開催しました。

今回は3年間の修行を終えて4月から店で働き始めた長男がセレクトしたお酒と春の魚介を楽しもうという趣向。

 

 

そのラインナップは新規取り扱いを開始したばかりの吾有事(わがうじ)3アイテムの他、お燗での旨さも格別の羽陽錦爛 純米酒、〆張鶴 純米吟醸山田錦の5アイテム。

お料理は鮮魚店が本業の「割烹ひらた」さんならではの春を感じる美肴の数々。

穏やかな春の宵に美酒を囲んで愉快な会話と笑い声が心地良い一時でした。

今回も充分すぎる程に旬の味覚を満喫させて頂き大満足の一時、ご馳走様でした。

今回楽しんだ‘割烹ひらた’さんのお料理の数々は以下のURLをクリックしてご覧ください。

https://www.facebook.com/pg/jizake.yamagata/photos/?tab=album&album_id=1750879285058836

2019.05.11:maru8:コメント(0):[美味いものあれこれ]

◆長岡にて2019(春)◆

  • ◆長岡にて2019(春)◆

年度末の3月31日、三年間の酒屋修行を卒業し実家に戻る長男の修行先へ家内と二人で御礼のご挨拶に伺いました。

(画像は修行最終日の当日お店にお越し頂いたお世話になった方々と社長ご夫妻、及び我々)

 

社長と奥様初め長岡の地で沢山の方々に可愛がられて多くの事を学んだ貴重な三年間。

皆様とのご縁に報いる意味でも精進を重ねて大きく成長してほしいと願うばかりです。

夜にはお世話になった飲食店様でささやかな宴をさせて頂きました。

卒業祝いの宴に華を添えて頂いた皆様に感謝申し上げます。


当日の様子は以下のアルバムをご覧ください。

https://www.facebook.com/pg/jizake.yamagata/photos/?tab=album&album_id=1718472061632892

2019.04.02:maru8:コメント(0):[春夏秋冬]

◆アニバーサリー同窓会◆

  • ◆アニバーサリー同窓会◆

あかねヶ丘の学び舎を巣立って40年、いよいよ還暦という節目の年を祝う同窓会が開催された。

 

 

 

ここまでの40年、それぞれに様々なドラマを描き歩んできた仲間達との再会の一時。

成人前の最も多感な3年間を共に過ごした同窓生ならではの絆を実感できた素敵な時間。

 

 

山形舞妓を囲んで撮った一枚には歳を重ねた悪ガキ達の満面の笑みがこぼれていました。

古希を迎える次回10年後の再会を楽しみにしています。

代表幹事のS氏以下クラス幹事各位に感謝申し上げます。

 

 

2019.01.21:maru8:コメント(0):[春夏秋冬]

◆千代寿 立春朝搾り◆春を告げ福を呼ぶ酒

  • ◆千代寿 立春朝搾り◆春を告げ福を呼ぶ酒

旧暦の二十四節気は立春からはじまり、大寒で締めくくられて一年となります。

二月四日は立春の日。

春の始まりを寿ぐめでたきこの日の朝に搾り上がったばかりのお酒で、一足早い春を感じてみませんか!

「千代寿 立春朝搾り」 このお酒は節分の夜から一晩中、もろみを搾り続け、立春の早朝に搾りあがったばかりの生原酒を無濾過、無調整のままで瓶詰した純米吟醸酒です。

私自身が酒蔵に出向き、ラベルを手貼りしたお酒を「寒河江八幡宮」に詣で、ご予約頂いた皆様の無病息災、家内安全、商売繁盛を祈願してお払いを受けて持ち帰る招福の「御神酒」でもあります。

亥年(猪年)の今年、縁起の良いこのお酒を飲んで猪突猛進すれば成果が表れ飛躍の一年になる事間違いなし。 !(^^)!

日頃お世話になっている方へのサプライズギフトにも最適です。(^^♪

ただいまご予約承り中!

http://sake-maru8.com/asasibori.htm

2019.01.14:maru8:コメント(0):[地酒あれこれ]