HOME > 記事一覧

◆店頭にて◆師走その壱

  • ◆店頭にて◆師走その壱

12月も今日は20日、年末という事で店舗は定休日返上で営業中です。

毎年の事ですがこの時期は日々の忙しさに押し流されてブログの更新もできないまま後半に突入しております。^^;

酒屋にとっての12月は忘年会にクリスマス、御歳暮に年越しとお酒の出番が多くなる月という事でそれはもうとにかく忙しい。

そんな年末年始だからこそウマイ!と云わせる逸品を取り揃えて頑張る所存です。σ(^◇^)

12月に入り新酒や限定希少酒の入荷が相次ぎ、既に売り切れのアイテムも出ておりますが年末年始にぜひ飲んで頂きたい一押しのお酒をご案内致します。

先ずはフレッシュな生まれたて新酒の限定酒「冬の月」、超希少酒「直江杉あらばしり霞酒」、「裏・雅山流 祥華しぼりたて」、毎年大好評の「信濃鶴 無濾過生原酒しぼりたて」更にはコスパ抜群、「米鶴 純米しぼりたて生原酒」そして大人気の「〆張鶴しぼりたて原酒」、今季も絶好調の「桶取り傳衛門 無濾過生原酒」、円やかな香味の「惣邑 斗瓶取り選抜雫酒」、同じく円熟の味わい「別誂・雅山流 純米大吟 冬の原酒」、焼酎では限定酒「宝山芋麹全量」超希少酒「天使の誘惑」など。

そして極め付けはやっぱりこのお酒、円やかに熟成した超限定酒、ご存知「羽陽錦爛 純米大吟醸斗瓶採り雫酒」。

いやはや美味しいお酒が目白押し。(^^♪

どのお酒もクオリティの高さには絶対の自信がございます。

ぜひ酒屋おやじセレクトの旨酒をご用命くださいませ。

次回その弐もお見逃しなく~

2015.12.20:maru8:コメント(0):[地酒あれこれ]

◆そばきり八寸 感謝の宴◆

  • ◆そばきり八寸 感謝の宴◆

里の紅葉の散り際に名残惜しさを感じる11月17日。

第70回旬の日本酒を楽しむ会 特別例会を「そばきり八寸」さんにて開催しました。

今回は来月から新店舗に移転される同店の店主ご夫妻に感謝の気持ちを込めて、想い出深い現店舗での最後の宴を企画しました。

当日は八寸さんならではの美肴に加え「割烹ひらた」さんのお造りスペシャルが華を添え、和やかで心温まる一夜となりました。

画像は最後の〆に頂いた店主渾身十割の新蕎麦、とっておきの一枚です。

来月から白鷹町浅立に建築中の新店舗で営業なされる「そばきり八寸」さんの益々のご繁盛とご夫妻のご健康を会員一同お祈りしています。

今回楽しんだ‘そばきり八寸’さんのお料理の数々は以下のURLをクリックしてご覧ください。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.789222837891157.1073741844.105832022896912&type=3

 

2015.11.23:maru8:コメント(0):[美味いものあれこれ]

◆Lancer mark V◆

  • ◆Lancer mark V◆

小春日和の昼下がり、初冬の空気にVツインの穏やかな排気音が優しく響く。

ライラック ランサーマークV MF39

今は無き浜松の丸正自動車が終焉を向かえる直前に放った最後の輝きとも云えるスポーツモデル。

その端正で個性美溢れるフォルムから兄弟車種250㏄のLS38と共に国産旧車の最高傑作と謳われる名車である。

20代の若かりし頃から探し求めようやく良縁に恵まれた50代、30年越しの夢が叶った二年前の冬。

あれから多くの方々にお力添えを頂き、遂に走れる状態となったこの車輌。

生産ロットは極初期の1960年2月、奇しくも同年1月生まれの自分と同い年の55歳である。

これから先はじっくりと細部の完成度を高める事に注力しつつ素適な時間を共有できればと思う。

これまでご助力を賜った方々に改めて感謝申し上げます。


ライラック ランサーマークV MF39 初冬のスナップは以下をクリック

https://www.facebook.com/satoshi.ohouchi/media_set?set=a.763817757098333.1073741829.100004103467249&type=3

 

2015.11.14:maru8:コメント(2):[愛しのオートバイ]

◆ライラックの軌跡展◆

  • ◆ライラックの軌跡展◆

10月10日朝6時フラワー長井線あやめ公園駅、上りの一番列車がやってきた。

向かった先は遠州浜松、赤湯から東京と新幹線を乗り継いで最速でも6時間の長旅である。

してその目的はというのが浜松市博物館で開催中の「ライラックの軌跡展」&「第40回ライラックの集い」。

今はなき丸正自動車が製造した名車ライラック号を愛して止まないマニアの会である「ライラック友の会」が発足して今年で40年。

この節目の年を記念して9月19日~10月18日までの一月間、ライラックの主要モデル40台余りを一同に集め当時の資料と共に展示しているという次第。

恐らくこのような企画は後にも先にも最初で最後ではという事なので、悔いを残してはならぬとばかりに一路浜松の地へと。

 

 

世界のホンダの創始者皆様ご存じの本田総一郎の出発点、アート商会時代の二番弟子、「まさにぃ」事、伊藤 正(いとう まさし)が立ち上げた丸正自動車が世に送り出したオートバイは一貫してシャフトドライブが特長。

おやじに負けておれるかとばかりにチェーンのないバイクでホンダの向こうを行ったのである。

千波に中央は第一回浅間火山レースにおいて市販車ベースのレーサーでホンダの工場レーサー群に挑み見事ライラックに勝利の栄冠をもたらした天才ライダー伊藤史朗(いとうふみお)。

この日は友の会にとっても特別な日という事もあり丸正で腕を振るった社員の方々も多数お出でになり、当時の貴重なお話しを聴けたのは幸運であった。

 

 

30代で立ち上げた友の会も今は70代ですと笑って話される会長さん(右)ではあるが一口に40年とはいっても長い間には大変なご苦労があったはずで頭の下がる思いがしたのは言うまでもない。
 

 

メイン会場に続く通路にはベビーライラックとランサーマークVが並ぶ心憎い演出。

 

 

3つのホールを使用しての展示となったこちらはメインホール。

 

 

最後はオブザーバー参加させて頂いた記念祝賀会での一枚。

伊藤社長の右腕として丸正を支えた当時の製造部最高責任者で設計主任の溝渕 定(みぞぶち さだむ)氏と感激のツーショット。

貴重な行事に参加させて頂き有意義な一時を共有させて頂いたライラック友の会のメンバー各位に感謝申し上げます。


ライラックの軌跡展紹介ブログ

http://ydsclub.exblog.jp/24500840/

ライラックの軌跡展YouTubeの動画

https://www.youtube.com/watch?v=Kw19ftm_TAI

ライラック友の会【公式サイト】

http://lilac-tomonokai.com/

 

 

 

 

2015.10.14:maru8:コメント(0):[愛しのオートバイ]

◆秋あがり美酒と旬の魚介を楽しむ宴◆

  • ◆秋あがり美酒と旬の魚介を楽しむ宴◆

秋明菊が純白の花を咲かせ、秋本番を向かえた10月1日。

第69回旬の日本酒を楽しむ会 秋の例会を「割烹ひらた」さんにて開催しました。

今回は円やかに秋あがりした美酒で秋の魚介を楽しもうという趣向。

そして10月1日といえば日本酒の日、この日の19時30分に合わせて全国一斉日本酒で乾杯しようという壮大な企画に我々も参加するというのが今回のもう一つのお楽しみ。

特設のプロジェクターならぬノートパソコンから映し出されるメイン会場の明治記念館や姫路城、シンガポールでの乾杯前カウントダウンの模様を眺めながら全国の日本酒ファンとの連帯感にテンションが上がります。

そしていよいよカウントダウン、5,4.3.2.1.乾杯!

目標全国3万人に対して実際に乾杯を共有した総数は何と46,906名との事。

ここ数年日本酒への関心が高まっている事が如実に示された結果ともいえるこの数字は本当に嬉しいの一言です。(^^)/

 

 

さてこの夜にセレクトしたお酒は何れも夏を越えて旨味が乗った秋あがり美酒のオンパレード。

どのお酒も円やかでキレ良く割烹ひらた謹製の秋の美肴を引き立ててくれました。

日本酒がご縁で知り合って日本酒の日に皆で乾杯を共有できた今回の宴。

長井の酒徒の晴れやかな笑顔が印象に残った素敵な一夜でした。

次回は来年2月、恒例となった立春朝搾りを楽しむ一夜を企画します。

会員の皆様、次回もぜひご参加ください。

今回楽しんだ‘割烹ひらた’さんのお料理の数々は以下のURLをクリックしてご覧ください。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.769934916486616.1073741843.105832022896912&type=3

 

2015.10.06:maru8:コメント(0):[地酒あれこれ]