HOME > 記事一覧

◆謹賀新年 2016◆

  • ◆謹賀新年 2016◆

新年明けましておめでとうございます。

皆様良いお年をお迎えの事と存じます。

本年も‘酒屋おやじの気まぐれ日記’にお付合いの程お願い申し上げます。

我家も超繁忙の年末を乗り越え家族揃って無事に新年を迎えました。

そんな元日はゆっくり御寝坊してブランチに御雑煮を頂くのが我家流。

その後はご近所の總宮様へ初詣に繰り出して後は炬燵に入ってまったりゴロゴロ。

 

 

孤独のグルメスペシャルの五郎ちゃんに癒されて過ごす束の間のノンビリタイムでした。(^^♪

さて正月二日の初売りにも多くの方々にご来店を頂き、またネット通販からも年始早々にご注文を賜り有り難く感謝申し上げます。

今年も一年を通して美味しいお酒をご紹介させて頂きたく存じます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2016.01.02:maru8:コメント(0):[春夏秋冬]

◆店頭にて◆師走その弐

  • ◆店頭にて◆師走その弐

雪が降らない異常な状況が続いたこの冬ですが、遅ればせながらの雪が降ってようやくいつもの師走の雰囲気が漂う長井の郷です。

毎年この時期は猫の手も借りたい程の超繁忙で目先の事をこなす事だけで精一杯な毎日ですが、そんな日々もいよいよカウントダウンとなりました。

全てが後手後手になってはいますが大晦日まで残りの3日、気力を振り絞り全力で頑張る所存です。

そんな過密な時間を過ごす中での唯一の楽しみといえば夜の晩酌という事になるわけです。

この時期入荷する各種の新酒しぼりたてをティースティングを兼ねて女房殿の手料理で味わう一時、いやはや最高ですね。

昨日からは早朝の除雪作業も始まりましたが晩酌で英気を養えるのは本当に有難いです。

さて、前回の‘師走その壱’でご紹介していない年末年始にお勧めのお酒をご案内致しましょう。

先ずは先日サプライズで再入荷した‘ 冬の月 薄にごりあらばしり ’。

優しい甘味と綺麗な香りが優しく調和した雫酒の逸品でグラスに注げばまるで朝もやに包まれたかのように淡い薄にごりが広がりますよ。

熟成酒では店頭で一際輝きを放つ裏・雅山流シリーズの最高峰‘ 裏・雅山流 極華 ’年越しやお正月のハレの一本に如何でしょうか。

更には新酒を搾った最初の僅かの期間だけ出荷される‘ 裏・雅山流 香華しぼりたて本生 ’。

新鮮味溢れる軽快な味わいと華やかな香りが心地良く、本生ならではの美味しさがお楽しみ頂けます。

価格もお手頃ですので年末年始に気兼ねなく沢山召し上がって頂きたいお酒です。

ぜひ一本ご用意ください。

さてさて、徒然に書込んで参りましたが今年はこれが最後のアップとさせて頂きます。

気合いを入れて後三日、有終の美を飾りたいと思います。(^^♪

今年も一年間この拙いブログにお付き合い頂きありがとうございました。

皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

2015.12.29:maru8:コメント(0):[地酒あれこれ]

◆店頭にて◆師走その壱

  • ◆店頭にて◆師走その壱

12月も今日は20日、年末という事で店舗は定休日返上で営業中です。

毎年の事ですがこの時期は日々の忙しさに押し流されてブログの更新もできないまま後半に突入しております。^^;

酒屋にとっての12月は忘年会にクリスマス、御歳暮に年越しとお酒の出番が多くなる月という事でそれはもうとにかく忙しい。

そんな年末年始だからこそウマイ!と云わせる逸品を取り揃えて頑張る所存です。σ(^◇^)

12月に入り新酒や限定希少酒の入荷が相次ぎ、既に売り切れのアイテムも出ておりますが年末年始にぜひ飲んで頂きたい一押しのお酒をご案内致します。

先ずはフレッシュな生まれたて新酒の限定酒「冬の月」、超希少酒「直江杉あらばしり霞酒」、「裏・雅山流 祥華しぼりたて」、毎年大好評の「信濃鶴 無濾過生原酒しぼりたて」更にはコスパ抜群、「米鶴 純米しぼりたて生原酒」そして大人気の「〆張鶴しぼりたて原酒」、今季も絶好調の「桶取り傳衛門 無濾過生原酒」、円やかな香味の「惣邑 斗瓶取り選抜雫酒」、同じく円熟の味わい「別誂・雅山流 純米大吟 冬の原酒」、焼酎では限定酒「宝山芋麹全量」超希少酒「天使の誘惑」など。

そして極め付けはやっぱりこのお酒、円やかに熟成した超限定酒、ご存知「羽陽錦爛 純米大吟醸斗瓶採り雫酒」。

いやはや美味しいお酒が目白押し。(^^♪

どのお酒もクオリティの高さには絶対の自信がございます。

ぜひ酒屋おやじセレクトの旨酒をご用命くださいませ。

次回その弐もお見逃しなく~

2015.12.20:maru8:コメント(0):[地酒あれこれ]

◆そばきり八寸 感謝の宴◆

  • ◆そばきり八寸 感謝の宴◆

里の紅葉の散り際に名残惜しさを感じる11月17日。

第70回旬の日本酒を楽しむ会 特別例会を「そばきり八寸」さんにて開催しました。

今回は来月から新店舗に移転される同店の店主ご夫妻に感謝の気持ちを込めて、想い出深い現店舗での最後の宴を企画しました。

当日は八寸さんならではの美肴に加え「割烹ひらた」さんのお造りスペシャルが華を添え、和やかで心温まる一夜となりました。

画像は最後の〆に頂いた店主渾身十割の新蕎麦、とっておきの一枚です。

来月から白鷹町浅立に建築中の新店舗で営業なされる「そばきり八寸」さんの益々のご繁盛とご夫妻のご健康を会員一同お祈りしています。

今回楽しんだ‘そばきり八寸’さんのお料理の数々は以下のURLをクリックしてご覧ください。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.789222837891157.1073741844.105832022896912&type=3

 

2015.11.23:maru8:コメント(0):[美味いものあれこれ]

◆Lancer mark V◆

  • ◆Lancer mark V◆

小春日和の昼下がり、初冬の空気にVツインの穏やかな排気音が優しく響く。

ライラック ランサーマークV MF39

今は無き浜松の丸正自動車が終焉を向かえる直前に放った最後の輝きとも云えるスポーツモデル。

その端正で個性美溢れるフォルムから兄弟車種250㏄のLS38と共に国産旧車の最高傑作と謳われる名車である。

20代の若かりし頃から探し求めようやく良縁に恵まれた50代、30年越しの夢が叶った二年前の冬。

あれから多くの方々にお力添えを頂き、遂に走れる状態となったこの車輌。

生産ロットは極初期の1960年2月、奇しくも同年1月生まれの自分と同い年の55歳である。

これから先はじっくりと細部の完成度を高める事に注力しつつ素適な時間を共有できればと思う。

これまでご助力を賜った方々に改めて感謝申し上げます。


ライラック ランサーマークV MF39 初冬のスナップは以下をクリック

https://www.facebook.com/satoshi.ohouchi/media_set?set=a.763817757098333.1073741829.100004103467249&type=3

 

2015.11.14:maru8:コメント(2):[愛しのオートバイ]