HOME > 春夏秋冬

◆初孫誕生◆

  • ◆初孫誕生◆

桜の開花を前にして心待ちにしていた初孫誕生の吉報が届き、私も目出度く爺さんになりました。

心配を余所に殊の外安産だったとの事で母子ともに健やか、3,000gを超える男子の誕生です。

駆け付けた病室にて初孫とのツーショット、嬉しさも一入。(^^♪

こんな幸せをくれた娘夫婦に感謝ですね。

何時の日にかこの子と酒を酌み交わせる時が来るまで健康第一で頑張らなくてはなりません。

先ずは近い将来、この子の口から「ジイジ」と呼ばれる日が今から楽しみです。

2017.04.17:maru8:コメント(0):[春夏秋冬]

◆ビフォー&アフター◆

  • ◆ビフォー&アフター◆

この冬は積雪量が少なく楽をしておりましたが、ふと母屋の裏口を見るとご覧のような状態に。(^^;

これはヤバイぞという事でスッポリと雪を被ってお休み中の赤ベコ君に出動願いを。

除雪に先立ち赤ベコ君の救出をスコップで行います。

10分後ようやく身動き可能になった彼を暖機運転させて除雪開始。

その後たっぷりと一時間、気温が上がり水分を含んだ雪がシューターに詰まって悪戦苦闘するも何とか無事に終了。

 

 

春はそこまで来ているとはいうものの、まだまだ油断はできませんね。

2017.02.15:maru8:コメント(0):[春夏秋冬]

◆謹賀新年 2017◆

  • ◆謹賀新年 2017◆

新年明けましておめでとうございます。

 

皆様良いお年をお迎えの事と存じます。

我家も超繁忙の年末を乗り越え家族揃って新年を迎えました。

本年も春夏秋冬、四季折々に美味しいお酒をご紹介させて頂きます。

ご愛顧の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2017.01.02:maru8:コメント(0):[春夏秋冬]

◆おみこく◆

  • ◆おみこく◆

平成二十八年總宮神社例大祭も恙無く終了し秋本番を向かえた長井郷。

六町の氏子の家々を獅子が清めて廻る恒例の御神輿・獅子舞渡御。

その折に頂戴するのが「おみこく・墨符」という厄除け札。

我家では毎年「おみこく」を頂戴した晩は神棚に安置して、明くる日にお店の出入り口正面上部に納める慣わしです。

御来店の折には目に留めて頂ければ幸いです。

さて今年の‘おみこく’は「急々如律令」の符。

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。

のち、呪文の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師・祈祷僧などが用いたのだとか。

☆は、セーマン。

安倍清明が作った魔除けの呪符とされ、別名清明桔梗印。

もう一方の図はドーマン。

修験道などではお馴染みの九字の呪符。

疫病消除、家門繁栄のご祈祷を受けたこの護符が今年のおみこくとの事。

有難くお祀りさせて頂きます。

そして一年間災難に遭わず無事に過ごせたのも昨年の‘おみこく’十種神宝の符のご加護があったからでしょう。

一年間の平穏無事を感謝して心安らかに‘おみこく’を付け替えました。

2016.09.19:maru8:コメント(0):[春夏秋冬]

◆花嫁の父◆

  • ◆花嫁の父◆

卯月吉日、満開の桜花に見送られ27年間共に過ごした娘が嫁いで行きました。

慶き日の祝いの宴でスクリーンに映し出された幼き日の娘の姿に家族5人で歩んだ想い出の数々が甦り感無量に。

我が人生においては後にも先にも一度きりの花嫁の父。

沢山の感動を頂きました。

経験された先輩が申された通り花嫁の父は涙が溢れて止まりませんでした。

縁在って夫婦となった二人の人生に幸多からん事を願いつつ、ご列席頂いた方々を始めお世話になった関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

2016.04.21:maru8:コメント(0):[春夏秋冬]