HOME > 記事一覧

◆夏の肴で美酒を楽しむ宴◆

  • ◆夏の肴で美酒を楽しむ宴◆

7月11日、旬の日本酒を楽しむ会 夏の例会を「割烹ひらた」さんにて開催しました。

旬の魚介類からセレクトされた鮮度抜群の食材を使い、見事な包丁さばきが映える洗練された酒肴が並びます。

この夜の小粋なサプライズは烏賊料理2品、烏賊飯と烏賊素麺。

どちらも素材の持ち味が好ましく感じる旬の逸品です。

セレクトしたお酒は厳選5アイテム、乾杯酒はスッキリとした夏の限定酒「〆張鶴 吟醸生貯蔵酒」、思わず美味いの声が聴かれます。

そして夏の直江杉「涼彩りょうさい」、さらさらと流麗な「若乃井 夏宝」、搾ったばかりのようなフレッシュ感溢れる「五橋 純米生酒」、そして先月新発売のニューフェイス「洌れつ 純米吟醸山形限定酒」。

どのお酒もすっきりと切れ良く「割烹ひらた」さんの夏の魚介料理との相性は抜群でした。(^^♪

ご参加頂いた皆様、そして美味しい酒肴で持て成してくださった「割烹ひらた」さんのスタッフに感謝申し上げます。

ありがとうございました。

次回は10月、ひやおろしの日本酒と秋の美肴に舌鼓を打ちながらの楽しい一夜を企画します。

秋たけなわの頃、素敵な笑顔にお目に掛れる事を楽しみにしております。

夏の魚介で心尽くしの酒肴をご提供頂いた‘割烹ひらた’さんのお料理の数々は以下のURLをクリックしてご覧ください。

https://www.facebook.com/pg/jizake.yamagata/photos/?tab=album&album_id=1488121874667913

 

2018.07.14:maru8:コメント(0):[美味いものあれこれ]

◆秘境の蕎麦ツーリング◆

  • ◆秘境の蕎麦ツーリング◆

空梅雨が幸いし絶好のツーリング日和に恵まれた6月最後の日曜日、気のおけないバイク仲間4人での小半日ツーリングに出かけた。

目的は知る人ぞ知る小国町の山奥でひっそりと営む蕎麦屋、金目そばの館で秘境の蕎麦を楽しむというシンプルなもの。

先ずはR113、飯豊町道の駅めざみの里に集合した4台のオートバイ。

皆さんジェントル&クラシカルな雰囲気を好むオーナーという事で集まったマシーンの方向性には統一感が。

それと偶然にも4台全てがツインエンジン。

そして面白いのがBMWの水平対向ボクサーツイン、カワサキW800とヤマハTX650のバーチカルツイン、ライラックMF39のVツインとレイアウトが様々な事。

前置きが長くなりましたが遅めの11時に集まって挨拶もそこそこに出発です。

 

 

R113を新潟方面に向かい小国町から右に反れ山奥の金目までの快適なツーリング、バイク乗りで良かったと思えるような極楽の一時を楽しみお昼前には無事到着。

お二人で営む蕎麦屋さん、大勢の先客が居た都合上待つ事20分、これが知る人ぞ知る金目そば。

想像していた田舎蕎麦とはチョッと違う喉越しスッキリの美味しいお蕎麦でした。

そして珍しい山菜が並ぶ天婦羅は350円と思わず笑みがこぼれます。

秘境の美味しいお蕎麦を堪能して昼下がりには解散、帰宅というシンプルさが心地良い大人のツーリング。

次回は美味しいカレーを食べに行くんだとか。(^.^)

素敵な休日を共有してくれたバイク仲間各位に感謝!

 

 

2018.06.25:maru8:コメント(0):[愛しのオートバイ]

◆同窓会総会にて◆

  • ◆同窓会総会にて◆

大正7年4月山形市立商業学校として誕生以来、数多の卒業生を輩出してきた母校が今年創立100周年を迎えた。

その記念すべき年の同窓会総会の祝賀会で校歌を振る栄誉を頂き感無量の一時。

大勢の同窓生とご来賓の方々を前に壇上で指揮を執る気分は唯一無二の晴れやかなもの。

古き歴史に培われた母校の発展を祈念し気持ちを新たに日々精進したい。

応援団OB各位とカメラのシャッターを切ってくれた旧友に感謝!

2018.06.18:maru8:コメント(0):[春夏秋冬]

◆ささのはさらさら◆ 2018七夕限定酒

  • ◆ささのはさらさら◆ 2018七夕限定酒

七夕の夜に美味しい日本酒を飲んでもらおうと企画して16年目を向かえた限定酒「ささのはさらさら」。

今年もその‘呑み切り’が6月6日に米鶴の蔵で行われた。

開催蔵の「まほろばの酒蔵 米鶴酒造」には山形県内全域の名門酒会加盟店、そして福島県や東京からも同士が掛け付けた。

山形を代表する名杜氏、須貝 智氏が我々の為にリストアップしてくれた6アイテムから一点を選ぶ条件は‘夏の七夕の夜に最適な酒’、約一ヵ月先の熟度をイメージしながらのティステイングです。

さて二次審査の投票を経て決定した今年の選定酒は山形県産の美山錦で醸された大吟醸酒。

今回の選抜酒は綺麗な含み香に程良い甘みが調和したクリアでスッキリとした味わいの美酒です。

さらさらと喉を通って行く軽快感と涼感がお楽しみ頂けますよ。

 

 

選定されたお酒のタンク前で須貝杜氏とのツーショットにやや緊張ぎみの酒屋おやじ。^^

自分が自信を持って投票したお酒が選ばれた事でテンションも上がります。♪

夜空に掛かる天の川を見上げてこの酒で乾杯できれば最高ですね。(^^♪

ご予約はこちらから

http://sake-maru8.com/tanabata-1-h30.html

 

 

 

2018.06.07:maru8:コメント(0):[地酒あれこれ]

◆Wine School◆

  • ◆Wine School◆

5月25日、穏やかな五月晴れが心地良い夕刻の一時。

楽しみにしていた「はぎ苑&高畠ワイナリー」のコラボによるワインスクールの初回に参加。

集まりのタイトルがワインスクールという事でお堅いイメージが先行してしまいますが、先生からのレクチャーを受けた後は美味しい料理とワインのマリアージュを存分に楽しむお食事会です。

この夜は単なる飲み会とは異なる程良い緊張感の中で「高畠ワイナリーの醸造責任者である川邉久之氏」がセレクトした珠玉の4アイテムと「はぎ苑 総料理長 工藤義浩氏」が腕を振るった数々の美肴に舌鼓を打つというクオリティーの高い晩餐会でした。

そんな素敵な一夜を振り返り時計回りにサクッとご紹介させて頂きます。

 

 

先ずはご挨拶に立つワイナリー醸造責任者の川邉久之氏。
30分程のレクチャーからは氏のワイン造りに対する熱い情熱と拘りをひしひしと感じました。

下に行ってウエルカム&アペリティフで単独でも楽しんだニューアイテムの高畠 醗泡プリデムースデラウエア。
デラウエアで醸したスパークリングならではの含み香と新鮮な果実感が素晴らしい。

今回のビッグサプライズがこちら、前菜が二段の重箱で登場!
その内容がまた素敵、チーズ豆腐 野菜ドレッシング、アサリわさび漬け、よもぎ麩田楽、一口東寺揚げ、鰊燻製手毬寿司、鯛カルパッチョ、鮪黄味醤油かけ、タコとキュウリの酢味噌。
合わせたワインは亜硫酸無添加シャルドネです。

続いてのスープは素材の持ち味を活かした「にんじんすり流し」。
シンプルイズベストの和風ティストが乙でお洒落な一品でした。

お魚料理は中華ティストを盛り込んだ一皿、ズワイ蟹と彩り野菜の米粉ロール、スイートチリソース。
合わせたワインは高畠バリック プレミアムロゼです。

最後の画像はメインのビーフステーキ おろし醤油ソース。
さっぱりとした和風ソースで頂く赤身のビーフを「高畠はたっき メルロ&カベルネ」の綺麗な酸とタンニンが見事に引き立てて。
このソースをバケットに付けて頂く味わいも乙な一味でした。

画像は撮り忘れましたが最後に長井産菊芋のジェラートでお口をさっぱりと整えて終了。

正直、期待以上のクオリティーの高さを満喫させて頂いた今回のワインスクール、次回も楽しみです。

素敵なワイン会を企画された「はぎ苑&高畠ワイナリー」の関係者各位に感謝!

ごちそうさまでした。

2018.05.26:maru8:コメント(0):[美味いものあれこれ]