HOME > 記事一覧

上杉文華館 米沢初入部250年記念 「上杉家文書」に見る上杉鷹山

 2019年度の上杉文華館は「米沢初入部250年記念「上杉家文書」に見る上杉鷹山」と題して、館蔵の国宝「上杉家文書」に伝えられた文書や、ほかの館蔵資料を通して鷹山の人生の一コマを紹介していきたいと思います。

【展示期間】2019年9月23日(月・祝)~2019年11月21日(木)

≪敬老の心≫
 鷹山は、宝暦元年(1751)7月20日、高鍋藩主秋月種美の二男として江戸に生まれました。母方の祖母が4代米沢藩主上杉綱憲の娘でした。宝暦10年10月19日、8代米沢藩主上杉重定の養子として上杉家の江戸上屋敷桜田邸に移りました。そして、明和4年(1767)4月24日、上杉家の家督を継ぎ、数え年17歳で9代藩主に就任しました。ここに財政難に苦しむ米沢藩の再建が若き藩主に委ねられました。その2年半後、明和6年(1769)10月、鷹山は初めて領地米沢に足を踏み入れました。

 次期藩主となる大名の子息は、江戸藩邸に暮らすことが決まりでした。国元で生まれても幼いうちに江戸へ上ります。家督を継いで大名となり、将軍から暇を得て帰国しますが、藩主として初めての帰国は特別のことでした。藩士らにとっての新しい主人であり、新しい関係の始まりでした。例年行われる行事でも、この時ばかりは特別の次第で行われるものが少なくありませんでした。

 2019年度第4回は「敬老の心」です。敬老が重視された江戸時代における鷹山の実践や、藩政改革への功労者に対する褒賞について未公開の国宝「上杉家文書」から紹介していきたいと思います。初入部については家督祝儀の儀礼で支給される赤飯をめぐるやりとりを紹介します。

 上杉文華館では、「国宝上杉本洛中洛外図屏風」(複製)も公開しています。今回は1995年制作の複製です。制作時を想定して複製したものです。

 

▼ コレクショントーク
 2019年10月6日(日)       上杉家文書を中心とした解説

 2019年11月4日(月・祝)   洛中洛外図屏風の解説

 時間:14:00~14:30

 場所:10月6日(日)常設展示室 上杉文華館

    11月4日(月・祝)企画展示室

 ※入館料が必要です。

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

【お問い合わせ】
米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2019.09.23:denkoku:[博物館情報]

特別展「上杉家 武家の文化 公家の文化」

特別展「上杉家 武家の文化 公家の文化」が始まりました。展示室の様子を、少しだけ写真でご紹介。
・上杉謙信ゆかりの直垂や印章
・軍勢の配置を学ぶためのミニチュアと考えられる「行伍」
といった資料のほか、
・公家様文書のとじかたを体験できるコーナー
 
本展覧会では、武家文書研究の最高峰である国宝上杉家文書の価値と魅力をあらためて紹介するとともに、上杉氏や長尾氏と朝廷や公家とのやりとりの文書に着目し、新たな発見をご紹介します。
 同時に上杉家伝来の絵画、文芸書、刀剣、装束などの優品を一堂に展示し、上杉家にもたらされた武家と公家の文化を検証します。

展示の詳細はこちらの専用ホームページから。展示資料の目録もアップしましたので、

ぜひご覧ください。

http://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/113bukekuge.htm

2019.09.22:denkoku:[博物館情報]

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示のご案内

10月26日(土)~11月24日(日)の期間で

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」の原本を展示致します。

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」は天正2年(1574)に織田信長が上杉謙信に贈ったもので、桃山時代の代表的な絵師である狩野永徳によって描かれました。

この屏風は、京の市街地(洛中)と郊外(洛外)の四季と、そこに生活する人々のすがたを描いたもので、芸術的美術史的価値ばかりでなく、歴史資料としての価値も高く、民俗学的見地からも貴重な史料であることから国宝に指定されました。

ぜひご来館いただき、国宝の魅力をご覧ください。

※特別展「上杉家 武家の文化 公家の文化」のチケットでご覧いただけます。

 

特別展「上杉家 武家の文化 公家の文化」

【期間】2019年9月21日(土)~2019年11月24日(日)

【休館日】9月25日(水)

【開館時間】9:00~17:00(チケット販売は16:30まで)

【入館料】・9月21日(土)~9月30日(月)

      一般620円(490円)/高大生400円(320円)/小中生250円(200円)

     ・10月1日(火)~11月24日(日)

      一般620円(490円)/高大生420円(330円)/小中生270円(210円)

    ※( )は20名以上の団体料金

    ※常設展とセットのみ

 

◆入館料無料の日

 11月3日(日)東北文化の日 どなたでも入館無料!

 

【ギャラリートーク】展示解説

 ○担当学芸員 角屋由美子による展示解説

  ・10月5日(土)「上杉家の中の公家文化」

  ・10月26日(土)「展覧会見どころ案内」

  ・11月16日(土)「国宝上杉家文書の中の公家様文書」

 ○山形県立米沢女子短期大学 国語国文学科教授 佐々木紀一氏による展示解説

  ・10月12日(土)「米沢善本の魅力」

     ※いずれも企画展示室にて14:00より開始いたします。

      ギャラリートーク参加には特別展の入館料が必要です。

 

【講演会】

「武家の発生と公家文化」

 11月9日(土)10:00~12:00

 会 場:伝国の杜2階大会議室

 料 金:無料

 定 員:120名(先着・申込不要)

 講 師:龍谷大学客員教授 藤本孝一氏

 

【展示関連イベント】

「十二単」着装実演

 9月21日(土)10:00~11:00

 会 場:企画展示室

 講 師:衣紋道研究家 冷泉通子氏

  ※特別展入館料が必要です。

 

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2019.09.16:denkoku:[博物館情報]

【次回展示予告】特別展「上杉家 武家の文化 公家の文化」

9月21日(土)よりはじまる特別展のお知らせです。

特別展「上杉家 武家の文化 公家の文化」

上杉氏は、遠祖藤原鎌足以来その系譜を引く、貴族であった勧修寺流藤原氏の出身です。鎌倉時代、武士としての歩みを始めました。そして、関東管領の職と上杉の姓を継承した上杉謙信、その生家である越後守護代長尾氏も勢力拡大のために朝廷や室町幕府の権威を必要としました。また、米沢藩主となった上杉氏も、格式化された幕藩体制下の大名として、朝廷や江戸幕府への儀礼は欠かせないものでした。その歴史の中で、古文書や美術工芸品など上杉氏にもたらされた武家と公家の文化を検証していきたいと思います。

 武家文書研究の最高峰である国宝上杉家文書の価値と魅力は広く知られるところですが、あらためて紹介するとともに、上杉氏や長尾氏と朝廷や公家とのやりとりの文書に着目し、新たな視点でご紹介したいと思います。同時に上杉家伝来の絵画、文芸書、刀剣、装束などの優品を一堂に展示します。

 

【期間】2019年9月21日(土)~2019年11月24日(日)

【休館日】9月25日(水)

【開館時間】9:00~17:00(チケット販売は16:30まで)

【入館料】・9月21日(土)~9月30日(月)

      一般620円(490円)/高大生400円(320円)/小中生250円(200円)

     ・10月1日(火)~11月24日(日)

      一般620円(490円)/高大生420円(330円)/小中生270円(210円)

    ※( )は20名以上の団体料金

    ※常設展とセットのみ

 

◆入館料無料の日

 11月3日(日)東北文化の日 どなたでも入館無料!

 

【ギャラリートーク】展示解説

 ○担当学芸員 角屋由美子による展示解説

  ・10月5日(土)「上杉家の中の公家文化」

  ・10月26日(土)「展覧会見どころ案内」

  ・11月16日(土)「国宝上杉家文書の中の公家様文書」

 ○山形県立米沢女子短期大学 国語国文学科教授 佐々木紀一氏による展示解説

  ・10月12日(土)「米沢善本の魅力」

     ※いずれも企画展示室にて14:00より開始いたします。

      ギャラリートーク参加には特別展の入館料が必要です。

 

【講演会】

「武家の発生と公家文化」

 11月9日(土)10:00~12:00

 会 場:伝国の杜2階大会議室

 料 金:無料

 定 員:120名(先着・申込不要)

 講 師:龍谷大学客員教授 藤本孝一氏

 

【展示関連イベント】

「十二単」着装実演

 9月21日(土)10:00~11:00

 会 場:企画展示室

 講 師:衣紋道研究家 冷泉通子氏

  ※特別展入館料が必要です。

 

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示

 期 間:10月26日(土)~11月24日(日)

 場 所:企画展示室

 

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2019.09.16:denkoku:[博物館情報]

企画展「木のおもしろワールド 杉山明博造形の世界」

~企画展「木のおもしろワールド 杉山明博造形の世界」開催中~

展示作品からは、木は自然の素材でありながら、
無限の可能性があることが感じられるのではないでしょうか。

切る、
曲げる、
組む、
穴をあける、
彫る、
うめる、
ひく、
寄せる、
けずる、
みがく・・・ 加工の技法だけでもこんなに!

ユーモアあふれる造形だけでなく、加工技術から見る
作品の創造力と工夫力にも注目していただければと思います。

※9月16日(月祝)まで開催中です。

 

【お問合せ】

米沢市上杉博物館 0238-26-8001

2019.09.04:denkoku:[博物館情報]