HOME > 博物館情報

企画展「木のおもしろワールド 杉山明博造形の世界」へのお客様からの声をご紹介!

上杉博物館では

企画展「木のおもしろワールド 杉山明博造形の世界」を好評開催中です。

来館者の方の感想を、いくつかご紹介しましょう。

・子供が喜んで遊んでいたのでとても良いですね。体験できるところが良かった(50代、男性)
・すごくおもしろいし、べんきょうになった。わたしもなにかつくりたくなった(10代未満、女性)
・遊ぶスペースがあったので、子供に戻った気分になって楽しく遊べてよかった(50代、女性)
・灯りのコーナーを薄暗い照明にして見やすくする等工夫がされていて美しい空間でした(40代、女性)。
・木材でこれだけの「遊び」が出来る事を知り、想像力と創造力が鍛えられると思った。これからも大事にしていきたい文化だと思う(20代、男性)。

会期:9月16日(月祝)まで
休館日:8月28日(水)

展示の詳細はこちら

http://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/112sugiyama.htm?fbclid=IwAR0IrFiDp5HKJP6lrt027SHwzqvgt5gtKOHVVl4ROGRhKQMwesvL4xVBDpA

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2019.08.26:denkoku:[博物館情報]

企画展「木のおもしろワールド 杉山明博造形の世界

企画展「木のおもしろワールド 杉山明博造形の世界」
好評開催中です。

さまざまな種類の木を用い、その木目や木肌を生かした
生きものたちの造形が魅力です。

木の加工に「挽もの」「寄木」など日本伝統の技術が使われていることにも注目してください。
ご来館お待ちしております。

会期:9月16日(月祝)まで
休館日:8月28日(水)

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2019.08.23:denkoku:[博物館情報]

募集制ワークショップ「アートの引き出し 色と形と素材をたのしむ」

ワークショップ「アートの引き出し 色と形と素材をたのしむ」開催しました。

講師は「木のおもしろワールド 杉山明博造形の世界」
にも賛助出品していただいている布と土の造形作家 すぎやまりえさん。

あらかじめ準備していただいたフェルトのケースに、モールやボタン、リボンなどをはりつけて「おもしろいいきもの」をつくっていきます。

子どもも大人も、色づかいや材料の組み合わせを工夫しながらどんどん作業が進み、あっという間の一時間半でした。

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2019.08.15:denkoku:[博物館情報]

ただいま参加受付中のワークショップ

★ただいま参加受付中のワークショップ★

 

~参加受付中のワークショップ①~

「切り絵のステンドグラス」
8月24日(土)10:00~12:00
対象:小学生 20名
参加費500円

切紙とカラーセロファンで、
ステンドグラスを作ってみましょう!

 

 

~参加受付中のワークショップ②~

「紙コップタワーアート大作戦」
9月7日(土)10:00~12:00
対象:小中学生親子20組
参加費:500円

どんどん積み上げて、巨大なタワーをつくってみよう!!

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2019.08.14:denkoku:[博物館情報]

現在開催中の企画展のご紹介

企画展「木のおもしろワールド 杉山明博造形の世界」では
米沢と木のものづくりを紹介する特別展示のコーナーを設けています。どうぞ合わせてご覧ください。

<米沢の木 特別展示>
笹野彫、伝統こけし(米沢市上杉博物館所蔵品)
米沢箪笥(永井家具店)
木のあかり(林久雄)

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2019.08.12:denkoku:[博物館情報]