HOME > キャリアアップ情報

マイキャリアストーリー ~コンサルタント・佐藤大輔編~

  • マイキャリアストーリー ~コンサルタント・佐藤大輔編~

こんにちは!澤村千明です。

 

 

ジンジャーズの人材コンサルタントに聞く「マイキャリアストーリー」

面談の際、これまでの仕事などについて、いつも私たちから皆さんへお聞きするばかりで、自分たちのことはあんまり話してないっけね、というところから始めました(^-^)

 

今回は、佐藤大輔に、これまでの仕事のことなど聞いてみました~。

(初回:佐藤広一編はこちらから)

 

 

 

 

澤村:大輔さん、いきなりですがご自分の仕事観、どんな風だと思っていますか?

 

大輔:えっ、いきなり?!うーん・・・40歳過ぎたけど「〇〇したい!!!」っていう熱いものはないままですね。「毎日のごはんがおいしく食べられればいいなあ」と思っています。
今の仕事では、誰にとっても嫌なことや苦痛なことがないような世の中になったら良いなと思ってやっているし、山形県に絞った事業展開は「手や目の届く範囲でやりたい」っていう自分の性分にも合っていると思っています。

 

 

澤村:もうここで淡々とした大輔さんっぽさが出てるなと思いましたが・・・。

大学卒業後は、株式会社毎日コミュニケーションズ(現:株式会社マイナビ)に入社されたんですよね。

 

大輔:そうです。それも「人材業界に入りたい!」って学生時代に熱烈に思っていたわけでなくて。当時も、自分が何をしたいかどんな会社がいいかよく分からなかったんです。それで、いつも使っていた就職サイトの運営会社に応募しました。そうしたら受かったので、そのまま入社しました。

 

澤村:なるほど…。入社後はどういう仕事を?

 

大輔:東京の営業部に配属されて、求人広告の営業をしていました。
「就職サイトに掲載しませんか」って、知らない企業に電話でアポイントをとるんですけど、その電話が結構きつかったですね。2003年の入社当時はまだ「マイナビ」というブランドもなかったので、電話をかけても、そう簡単にアポイントは取れず。やっとアポイントが取れたら提案書作って持って行くんだけど、すぐには売れない。
1年目はまったく売れずに苦労しました。2年目からはそれなりにできるようになりましたが。

 

 

澤村:今、振り返っていかがですか?

 

 

大輔:そうですね、今とはコンプライアンスや働き方の意識が全然違う時代だったので、毎晩遅くまで仕事して、仕事が終わったら上司や先輩との飲みについて行ったりして、終電過ぎれば一緒にタクシー乗せてもらって帰って、二日酔いでも仕事して、そんな感じでだいぶめちゃくちゃでした。が、いい上司、いい先輩、いい同僚に恵まれて、楽しくやっていたな、という印象です。

あと、世の中にはいろんな会社、いろんな仕事があるなとわかったのは面白かったですね。工場見学なんかもさせてもらったなぁ。

 

 

澤村:5年間広告営業をして、その後は異動したんですよね。どういう仕事だったのですか?

 

大輔:企業向けの教育研修サービス(現:マイナビ研修)の事業立ち上げに関わりました。研修商材を作ってそれを全国の支社の営業担当者へ説明をしに行ったり、営業担当と一緒に企業へ同行訪問したり。どんなニーズがあるか情報収集したり。
新規事業だったので、試行錯誤しながら進めるのが楽しかったし、各地方支社を回っていると、地方によってカラーが違っていて、いろんな人のいろんな視点に触れられたのが楽しかったですね。

 

 

澤村:一緒に仕事をするようになって、大輔さんはいろんな新しいことを吸収して考えながら仕事するのが好きなのかなあという印象を受けています!もしかしてルーチンワークは苦手?

 

 

大輔:そうですね、ルーチンワークというか、決められた手順で何も考えずにやらせられる仕事は苦手ですね。あんまりやりたくない。

 

 

澤村:なんとなく、話聞いていてそう思いました。ちなみに私も苦手です・・。

その後、山形へUターンされますが、いつごろから考えていたんですか?

 

 

大輔:30歳のころ。最初のきっかけは、高校の同級生と話したときに「山形さ帰んねのか」なんてそんな話になったことじゃなかったかな。
それで、東京はもういいやと思って、奥さんとも相談しながら、仕事のこととかお金のこととか準備して、33歳で帰ってきた。

 

 

澤村:東京と山形で働くうえでの違いって感じましたか?

 

 

大輔:そうですね。いろいろあるな。
まずは東京の時と比べれば、お客さんとの距離の近さは感じました。同じ高校出身だったりとかね。
あとは時間の感覚。時間の感覚・物事の進み具合がゆっくりしている気がする。東京だと競争相手も多かったので、他社を意識しながら早く行動しなきゃいけなかったように思います。

 

澤村:なるほど~。山形の生活の部分ではどうですか?

 

大輔:そうですね、これはたまたま私が入った会社がそうだったっていうのもあるけど、仕事終わって帰る時間が桁違いに早くなりましたね。
東京では残業してごはん食べて電車に揺られて帰宅が午前0時を過ぎる事もあったけど、山形では帰宅は18時だったりするわけで。そうすると6時間も差がある

 

 

澤村:6時間!

 

 

大輔:そう。大きいですよね。「んじゃその6時間で今何しったの?」って聞かれると困るんだけど…うーん、毎日6時間、俺は何しったんだろう?

 

 

澤村:とりあえずお酒がゆっくり飲めますね(笑)

大輔さんは、ジンジャーズはどんな会社だと思っていますか?

 

 

大輔:自分にとっては居心地のいい会社です。自由に泳がせてもらっている感じがします。

みんな程よく守備範囲が違って、うまいことバランスが取れているように思います。得手不得手をそれなりに把握できていて、良い意味で個人の不得手の克服に時間を割かずに任せ合いができていると感じます。

 

 

澤村:広一さんも前回そんなお話をされていたし、私もそう感じます。チーム力あるよってことでいいですかねえ。

 

大輔:んだねぇ、それが「チーム力」というなら「チーム力」なんだべなぁ。

 

澤村:最後に、お休みの日は何をしていますか?

 

大輔:子どもといっしょに遊んでいることが多いです。大きくなると親父と遊ぶことはなくなると思うので、大きくなるまで出来るだけ一緒に遊びたいなと。

子どもと遊びと言いながら、自分も一緒になって楽しんでますよ。外で遊んだり、ブロックしたり、箱や紙で工作したり。

 

澤村:大輔さん以前、仮面ライダー変身ベルト自作されてましたよね~あれすごかったです!

大輔:最近はぜんぜん作ってないけどね。作るのは楽しいな。

 

 

 

 

 

【インタビューを終えて】

 

大輔さんは普段さくさくと仕事をしている(ように見える)ので、新人時代の苦労話は新鮮な感じがしました。
そして、東京と山形とで、6時間も平日ゆとりのある時間が生まれるというのはちょっとビックリ。山形へUターン転職をしたすべての人が一概にこうなります、とは決して言えませんが、東京と山形とでは暮らしや時間の感覚が違うというのはあるのかもしれませんね!

 

 

 

ジンジャーズコンサルタントのマイキャリアストーリー。
面談時にはあなたのキャリアストーリーもぜひお聞かせくださいませyes



 

2021.03.30:yamaten:コメント(0):[キャリアアップ情報]

【データで読み解く】山形県内の労働者のみなさんの賃金・労働時間の平均は?

  • 【データで読み解く】山形県内の労働者のみなさんの賃金・労働時間の平均は?

皆さんは「毎月勤労統計調査」という調査をご存知でしょうか?

賃金、労働時間及び雇用の変動を明らかにすることを目的に厚生労働省が実施する調査で、その由来は大正12年から始まっている調査です。

毎月勤労統計調査って?
(厚生労働省HP 外部リンクに飛びます)

全事業者調査ではなく、全体のバランスをみて事業者を抜粋している調査ではありますが、国内の労働者の賃金や労働時間などの状況が毎月わかります。

毎月県別のデータが出ており、2月26日に令和2年の平均分が発表されていましたので
皆さんの現状把握の参考にご案内いたします。

山形県の月間平均賃金:267,141円
山形県の月間労働時間:143.9時間

(従業員5人以上の企業)

業種や業界、年齢によっても賃金相場や労働時間が違ってくるものですが、「今の自分の状況はどうなのか」の指標を確認しておくことも、ご自身の生活設計や職業選択の参考になるのではないかと思います。

公開されているデータですので、転職を考えていらっしゃる皆さんも、事業者の皆さんも時々チェックして、「自分の会社がどうありたいか」を考えていただくきっかけになれば幸いです。

詳しい元データはこちらをご覧ください(PDFが開きます)

2021.03.12:yamaten:コメント(0):[キャリアアップ情報]

事務職をめざすあなたへ。最初に知っておきたい3つのこと。

  • 事務職をめざすあなたへ。最初に知っておきたい3つのこと。

こんにちは。澤村千明です。

 

ジンジャーズに入社してあっという間に1年が経過しました・・・!とっても早いです。

ここ半年は、主に女性の転職希望者の方と面談をさせていただく機会が多くありました。お一人お一人のお顔が、強く思い出されます。みなさん、お話いただきまして、ありがとうございました(^-^)

 

 

\ピンポーン/

あ、今日もまたどなたか女性のご相談者がいらっしゃったようです!

 

「澤村さん、転職相談をお願いします!私はA子、20代です」

「A子さん、よろしくお願いします。転職をお考えなんですね」

「そうなんです。今、営業の仕事をしているんですが、事務職に転職したいなと思っているんです」

「事務がいいなと思っているのですね。それはどうしてですか?」

「今、休みが不規則だし残業も多くて。土日休みの、残業のない楽な仕事がよくて・・・。事務なら、それが叶うかなあと。」

 

事務職への転職を考えるA子さん。

こんなときに、私がどんなお話をしているか。今日は、最初に知っていただきたい3点をご紹介しますね。

 

 

 

①どうして事務がいいの?

なぜ事務職なのかをお聞きすると、「土日が休みだから」「残業がないから」「なんとなく」こんなお答えをいただくことがあります。このお答えを、真っ向から否定するわけではありません。仕事へ求める優先順位を考えるうえで「休日」「残業の有無」は大切な項目のひとつだと思いますし、お若い方など『イメージ』で仕事を考える場合もあるでしょう。

ただ、後述しますが、事務職は非常に人気の高い職種です。+αの「事務職に就きたい気持ち」「経験やスキル」がより明確であるほうが、企業側へのアピール材料になります。

また、事務職といえども、必ずしも土日が休みとは限りません。残業がないとも限りません。
「土日休みや残業の有無を優先したい」のか?それとも、「事務職として働きたい」のか?給与や通勤距離などその他の項目も加味してとなりますが、【自分は仕事に何を求めるのか】という優先順位をあらためて考えてみるといいかもしれませんね。

 

②事務の仕事って?

そもそも、事務の仕事とは何なのでしょう。会計ソフト入力や日々の帳簿作成などの「経理事務」、給与計算等の労務管理や外部との調整などの「総務事務」というように、専門的知識が必要な事務の仕事もあります。特に中小企業の場合は、これらを合わせて「事務」と呼んでいる場合も多くあります。
また、事務職は社内に1~2人しかいないことも多いです。「縁の下の力持ち」として、社内を少人数で支えているのが事務職なのです。
幅広い知識や経験が求められますし、自らも学ぼうとする姿勢も求められます。また、社内外のさまざまな立場の方と接することもあるため、いわゆるコミュニケーション能力や調整力も必要でしょう。「1日座っているだけ」「ずっとパソコン作業をしていればOK」というわけではありません。

 

③事務職に就くのは簡単?

「事務職に就くことは簡単ですか?」と聞かれたときに、私は「いいえ」と答えます。

職種別の有効求人倍率をご存じでしょうか?
2020年10月末に山形労働局が発表した資料によると、事務系の有効求人倍率は「0.45」という数字でした。具体的には、事務系求職者3,424人に対して、求人数は1,549件。求人数が圧倒的に「少ない」のです。販売や技術職などほかの職種と比較しても、有効求人倍率が最も低いのは事務職です。
つまり、「事務職に就きたい人はたくさんいるのに、求人が十分にない」状況がすでに生まれており、非常に人気のある職種だとも言えます。

 

さらに、具体的な事務職の求人票を見てみると、多くの企業で「事務経験者歓迎」「経験者優遇」との文字が並びます。未経験で正社員事務職にキャリアチェンジしたい、とお考えの方はより一層むずかしい状況であると考えられます。

 

 

 

ここまでお読みいただき、
「イメージで『事務がいい』と思っていたけれど、本当にそれでいいのかな?」
「私はなんの仕事が向いているんだろう・・・」
「やっぱり事務がいいんだけどどうしたらいいのかな」
「初めての転職活動。そもそも進め方がよく分からない!」
などと思っているそこのあなた。

 

ご相談のなかから一緒に、事務職を含むさまざまな可能性を考えてみませんか?

 

 

まずはお気軽にお問い合わせくださいね~!

2020.11.17:yamaten:コメント(0):[キャリアアップ情報]

Uターン転職を思い立ったら、「生活」の見積もりをしよう

  • Uターン転職を思い立ったら、「生活」の見積もりをしよう

山形へのUターン、実行するにはなかなか勇気が必要ですよね。私も東京からのUターン転職組なので、とても気持ちがわかります。

今回は、「そろそろ、山形に戻ろうかなと考えるけど、決めきれていない」方に向けて、私の山形へのUターンの経験談を通して感じた、Uターンするために必要なことについてお伝えします。



Uターンの想いを推し進めるためには、「生活を見積もること」が必要

私は、30歳くらいのときに一度自分の将来やキャリアを見直すタイミングに「この先どうしようか?」とか「どこで自分は死ぬのかな」といったことを考えてみたら、親の顔が浮かんできたり、家とかお墓とかどうすんだろ、と思ったり…それで、東京から山形に戻ってくることに決めました。

そこで心配になったのは、やはりお金のこと。

都会に比べて、給与のベースが格段に低いです。相場を聞いてみたら、職種や業種にもよりますが、私の場合、山形で最初に入社した会社での年収は、東京で働いていた時の半分程になる計算でした。
当時結婚したばかりの妻にしてみたら、結婚してすぐに年収激減なんて詐欺のような話だったのではないかと思います(笑

それでも、いま私はこうやって山形で働いているわけですが、Uターン前に「給与が下がっても大丈夫」という覚悟できたのは、「ライフプラン表を作って将来のキャッシュフローを想定出来た」からです。

入社時に提示された初年度の給与から月毎の手取りを計算し、そこから月々の生活費や貯金を計算し、ライフプランに基づいていつ何を買う必要があるか、予想して書きました。
Uターン当時は子どもはいませんでしたが、将来仮に子どもを授かった場合の計算もして、生活するイメージがきちんと持てたことがとても大きかったですね。
一応、60歳までのシミュレーションをして、さらには、仮に病気になったり、帰ってから自分が急に死んでしまった場合も想定しました。
生命保険、医療保険も見直ししました。保険や税金は少しでも知っておいたほうが良いなと感じ、FP3級の資格を取ったりもしました。。勉強したことはもうほとんど忘れてしまいましたが(笑

こうやって「生活を見積もる」ことを行ったことで、普通のつつましい暮らしの目処がたったことと、最悪、急に死んでしまっても家族は安泰だという変な安心感が、私のUターンの決意を確固たるものにできたと思います。



「生活を見積もること」で、Uターン転職の「想い」が「覚悟」になる

覚悟とは、辞書で調べると「悪い事態(に多大の努力がいるの)を予測して心の準備をすること。」と出てきます。

「Uターンしよう!」と決意してみても、なかなか腹が決まらない人も多いと思います。

そんな方は、まずは生活を見積もってみましょう。
Uターンしようかどうかフワフワしている人は、この「生活を見積もる」がなかなか出来ていないように思います。

書き方としては、厳密に計算する必要はありません。
親と同居?アパート暮らし?車は何台持つ?子供は保育園に入れる?など、暮らしをイメージしてかかる費用をざっくり紙に書き出して計算してみるのです。何か特殊な知識が必要なものではありません。(でも、計画は常に変わるものだし、くらいの心の余裕を持ってくださいね)

以下は実際に私がUターンしてくる時に作った年間のキャッシュフロー表です(具体的な金額はご勘弁を・・・汗)。
この表の別のシートには、月々に何が幾らかかるかを想定した生活費の計算表があります。


お金の問題ある程度目処がついて解決できていれば、転職した先で一時的に給与が下がったとしても、生活するイメージができます。

特に首都圏からのUターンにおいては、給与が上がる転職はほとんどありません。年収では首都圏の6~7割程度になるケースが多いです。


Uターン転職で、大きな障壁になるのが、やはり「家族の納得」です。
特に、山形で暮らしたことのない配偶者や親族にとっては、どの程度の収入があれば生活していけるのか、がイメージできず、収入を下げてしまう不安が大きくなってしまいます。

家族の不安を払拭するためにも、可視化して、ご自身の覚悟を明確にするとともに、家族と生活イメージを共有することを、是非お勧めします。

【コンサルタント 佐藤大輔】

(この記事は、2018年9月に書いた記事を加筆再編集しています)

2020.09.29:yamaten:コメント(0):[キャリアアップ情報]

【データを読み解く】雇用環境悪化と言われるけれど、やっぱり今は転職活動しない方がいいの?

  • 【データを読み解く】雇用環境悪化と言われるけれど、やっぱり今は転職活動しない方がいいの?

新型コロナウィルスによる景気悪化に伴って、長く売り手市場(求職者にとって有利な環境)であった雇用状況が一転しました。

報道でよく出る求人倍率とは、求職者(仕事を探している人)1人あたり何件の求人があるかを示すもので、

求人倍率が高い=求人件数が求職者数よりも多く、企業側が採用に苦労する状況
求人倍率が低い=求人件数よりも求職者数が多く、求職者が就職に苦労する状況

ということを示すデータであると言えます。

毎月月末に、先月の集計結果が山形労働局よりこのような資料で発表されています。

(全データご覧になりたい方はこちらをクリック/PDFが開きます

2020年9月1日の発表資料を元に、各メディアでは「山形県内求人倍率は1.04倍」と大きく報道されました。
もう少し詳しく見てみると雇用形態ごとに求人倍率が異なっています。

(1)有期雇用の求人を含む全ての求人倍率=1.04倍 ←報道で発表されている数字

(2)常用雇用(1年以上継続して雇用されると見込まれる)求人=0.99倍 

(3)正社員求人のみを対象にした求人倍率=0.81倍

 

山形転職をご覧いただいている皆さんは、正社員での転職を目指されていらっしゃると思いますので、見るべき数字は【0.81倍】です。

ちょっと乱暴な表現ですが、平たくならすと「正社員求人1件に対して1人以上の応募がある」状態ですので、企業側に有利な状況です。

 

全体の数字を見ると、今は転職を控えた方がいいと思いがちですが、さらにもう一段階詳しく見ていくと、そうとは限らないことがわかります。

労働局では、職種毎に出されている求人件数と、その職種を希望する求職者数も発表しています。

それが、以下の「求人・求職バランスシート」です。(一部見やすいように加工しています)

常用雇用での集計ですので、全体では0.99倍となっていますが、表を見ていただくとわかる通り、職種によってかなりギャップがあるのがわかります。

求職者にとって、今もっとも転職するのに苦戦するのが、赤色の「事務的職業 0.49倍」です。
いわゆる一般事務、営業事務を希望するとなると、非常に競争が激しく、2人に1人しか仕事がない状態です。


逆に、就職しやすいのは青色の「建設・採掘の職業 6.40倍」「保安の職業 5.80倍」で、コロナ以前からなかなか希望者がおらずずっと人手不足が続いている職種です。

山形転職をご覧いただいているみなさんとともに注目したいのが、「管理的職業 1.76倍」「専門・技術的職業 2.19倍」です。

いわゆるマネジメント、管理職ポジションや、エンジニア・技術者にとっては、いまだに転職しやすい環境が続いています。

これらの管理職ポジションや経験豊富なエンジニア層は、経験値が求められるため、年齢的にも比較的高い層であることが考えられます。

山形転職では、マネジメント経験や専門技術を求める求人を多数保有しております。

今動くべきかどうか迷っている、と言う方も、ぜひお気軽に情報収集のつもりでご相談ください。

 

オススメの【転職体験記】

「40代で異業種へ転職 将来を見据えた「まずは情報収集」から転職成功したHさんの場合」

【山形で同業他社への転職ってどうなの?】 双方の事情に配慮して『匿名での面談→内定獲得』30代専門技術者の転職体験記

2020.09.04:yamaten:コメント(0):[キャリアアップ情報]