HOME > 転職体験記

【転職体験記】”求人がない”からといって諦めない。年収アップを果たした50代男性管理職Aさん

  • 【転職体験記】”求人がない”からといって諦めない。年収アップを果たした50代男性管理職Aさん

人材コンサルタントの吉田博紀です。

今回は、私が転職をお手伝いをさせて頂いた方の体験記をお伝えします。

--------------------------------------------

関西に本社を置き、製造拠点を山形県に置くあるメーカーは、
定年を迎えた現在の経理部長が退職するにあたり、社外から人材を迎えることを決断しました。

採用基準の一つに、地元にゆかりがある人を採用したいという、地元志向がありました。

一方で、大手に属する規模を持つ企業の部長ポジションを任せられるスキルの人材を公募することは難しいとの考えから、
人材紹介会社のみを使用して、人材募集を行なっていました。

使用する人材紹介会社はありがたいことに、当社のみ。
その理由は、信頼できる地元金融機関との連携していた点と、スキルマッチだけでなく地域性や社風を考慮した推薦ができるとご信用いただいていたからです。


企業からのニーズを受け、私たちからは、
事業会社で経理・経営企画など管理系の部署で活躍していた50代前半のAさんをご紹介させて頂きました。

企業側の求人ニーズがまとまっている求人票では、原価計算のスキルが求められていました。
しかし、Aさんは原価計算は未経験。

形式的に求人票の募集内容を見ての応募だったら、応募対象外になるところですが、
Aさんの経験をヒアリングすると、経理の細かい実務や会社で必要とされる経営分析などの経験を持っていらっしゃいました。

求人票で求められている原価計算が未経験でも、
その企業で本質的に求められるであろうスキルは持ち合わせていると感じたため、
その企業でAさんは活躍出来るのではないかと感じ、紹介することを決断。

書類選考時に、企業側に「原価計算以外のスキルが高いこと」、
「Aさんは仕事きっちりする人なので、未経験の分野も覚えながらやっていけるのではないか?」
という推薦ポイントと、私たちが面談で感じたお人柄や考え方を、企業に伝えました。

企業側は、Aさんのスキルを高く評価し、
(前職の給与よりも高い)前々職の給与を考慮して、年収を提示して下さりました。

 

Aさんは、その企業に入社し、現在は総務部長として採用・経理を全部任されています。

--------------------------------------------

今回のAさんのご紹介は、
山形県に本社を置いて、地域の企業の身近で活動している人材紹介会社だからこそ出来たケースだったのではないかなと思います。
スキルマッチだけではなく、Aさんの人柄やポテンシャルまで丁寧にカウンセリングして聞き出せた点と、と企業の内情を近くでしっかり理解できていたことが、今回の成功に繋がりました。

また、求人票がないからといって企業へアプローチしないのではなく、ご本人の代わりとなって、企業に提案をしていくのが、人材紹介会社の腕の見せ所とも言えます。
”求人がない”からといって諦めない、これが、求人情報が少ないと言われる山形での転職活動にとって一番大切だと思っています。

--------------------------------------------

かつて転職市場では「35歳転職限界説」などと言うことも言われた時代もありましたが、昨今は年齢を問わず優秀な人材が求められる社会となっています。

転職のお手伝いをさせて頂いた人のうち、50代の方が占める割合は徐々に増えています。

2014~2016年の実績では全体の6%でしたが、2018~2020年の実績では全体の14%まで増えています。
 

「求人票で求められている条件が、自分の経験・スキルにマッチしない」
「自分のスキル・経験では、募集要項を満たす求人がない」などの思いを持ちながら転職活動をされていらっしゃる方は、ぜひ一度ご相談頂ければと思います。

2021.04.12:yamaten:コメント(0):[転職体験記]

【転職体験記】複数のエージェントの中から、ジンジャーズを選んだ私の転職。エージェントとのマッチングも大切

  • 【転職体験記】複数のエージェントの中から、ジンジャーズを選んだ私の転職。エージェントとのマッチングも大切

世の中には、たくさんの人材紹介会社さん、転職エージェントさんがいらっしゃいます。もちろんどの会社さんエージェントさんも、登録者と企業のために一生懸命に活動されていらっしゃると思いますが、得意な分野もあれば不得意な分野もあります。また担当エージェントさんとの相性というのもあって、上手くいかないケースもあるようです。

今回は、複数の転職エージェントを使った中で、結果的に私たちとの転職活動が上手くいったという20代後半のIさんの体験記をお送りします。

 

①転職のきっかけ

学校を卒業後、元々あまり興味のない山形県外企業に就職してしまい、このままで本当に良いのか悩みながら仕事をしていました。
自分は長男であり兄弟も実家を出てしまったため、いずれは自分が実家に戻らなければならないとも思っていました。
さらに、転勤をきっかけに膨大な業務になり、体調を崩しそうになったため、これを機にUターン転職することを決意しました。

 

②ジンジャーズを知るまでの流れ

ジンジャーズさんにお世話になる前は他社エージェントにお願いしていました。私の思いや希望とは関係なく、興味の持てない企業なども何度も勧められて、そのうち十分にサポートいただけなくなってしまったこともあって、不信感を持ってしまい、他にもエージェントがいるのではないかと探していました。
ネットで検索したところ「山形転職.com」のサイトを見つけて登録しました。

 

③ジンジャーズの面談対応

活動当時は首都圏に住んでおり、コロナ渦の中であったためリモートでのやり取りのみでしたが、担当した吉田さんは実際に山形に住んでいらっしゃるとのことで、地元の地理にも詳しく、安心して転職のサポートを受けられました。
初めての転職であり、不安要素や分からないことが多々あったのですが、丁寧に対応してもらえたと思います。
また、企業との面接対策も十分受けることができました。その企業の面接の様子なども教えて頂き、面接前にしっかり準備することができました。

 

④ジンジャーズと転職活動をしてみて・・・

担当してくださった吉田さんは、私の希望をしっかり聞いてくださっていたので、希望に叶うような企業へ応募することができました。
また、求人が出ていない地元企業の情報も紹介して頂けたので、ジンジャーズさんに転職をサポートして頂けて非常に良かったと思います。

(※Iさんよりご提供いただきました体験記をベースに、個人情報等に配慮した上で修正して掲載しています。)

 

私たちのところにご相談にいらっしゃる方は、初めて転職相談をするという方も少なくないですが、Iさんのように複数のエージェントさんと並行して利用される方もいます。
他のエージェントさんと比較していただいた時には、こんな評価もいただくこともあります。


・ジンジャーズは、実際に山形に長く住んでいるので周辺事情にも詳しい
・求人会社を直接見に行って、社内の様子や働いている人の様子も伝えてくれる
・求人の出ていない企業も、応募可能性があれば提案してくれる


転職を支援するサービスや機関は様々ありますので、ご自身にあったサービスや、ご自身の希望に近い動きをしてくれるエージェントを見つけることも、転職を上手く進めるには大事な要素です。

私たちが、皆さんにとって役に立てるような活動ができるように今後も頑張っていきたいと思いました。

Iさん、体験談寄稿ありがとうございました。
今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます!

2021.04.07:yamaten:コメント(0):[転職体験記]

「なぜ山形で働きたいのか」を考える。Iターン転職に成功した20代女性の転職体験記 ~新米コンサルタントの目線より~

  • 「なぜ山形で働きたいのか」を考える。Iターン転職に成功した20代女性の転職体験記 ~新米コンサルタントの目線より~

こんにちは、人材コンサルタントの澤村千明です。

 

 

ジンジャーズは以前より「Uターン転職」のご支援を多く行っておりました。「今は県外にいるが、地元山形に戻って働きたい」という方々のご支援です。

 

今回ご紹介するのは「Iターン転職」、つまり地元ではないが山形で働きたい、という20代女性Yさんの転職体験記です。

ジンジャーズの新米コンサルタントとしての目線で、私の動きや考えたこととともにお伝えしますね!

 

 

STEP1:メールのやり取り

県外在住のYさんから、「山形転職」のWEBサイトよりお申し込みを頂戴しました。

翌日、私は面談日程調整のメールをYさんに送りました。

「山形のご出身ですか?」そうお聞きするとすぐにYさんより返事がきて、「山形出身ではありません。Iターン希望です」。私は「おお、Iターンご希望なんだ。どうして山形がいいのかな。求人のご紹介の前に、まずはそこをしっかりお聞きしてみたいな」と思いました。

 

STEP2:オンライン面談①

県外在住のYさんとの面談はオンラインで行いました。

大学時代の学び、就活のとき考えたこと、社会人になっての仕事や環境。営業職としてのやりがいや今の職場に対する疑問。

私からは山形の暮らし(4エリアあることや四季・特に雪のこと)や県民性・給与の実際等をお伝えしました。また、Yさんが庄内に家族で何度も遊びに行った話や、Yさんの出身地も雪国でありこのくらい積雪がある、という話もしました。

 

Yさんは表情も明るく、説明もわかりやすく、お若いながら非常に聡明な方とお見受けしました。また、営業としてこれまで実績を積んできた方であり、これからはこういう営業をしていきたいという意思もしっかり持っていました。

 

でも、営業職として企業へご紹介するまえに、私は確認したいことがありました。それは「どうして、山形がいいのか」ということ。

働く環境が変わることはもちろん、生活環境もまるっきり変わるのがIターンです。日々の暮らしの土台となる感情を、きちんと整理して言語化しておくことが必要なのではと私は考えました。

そこで私はYさんへお聞きしました。「どうして、山形がいいのですか?」このとき、Yさんはまだはっきりと明確に答えることはできませんでした。そこで私はYさんへ宿題を出しました。「なぜ山形か、をもう一度考えてほしい

 

STEP3:オンライン面談②

一週間後の2回目の面談では、Yさんの方から「改めてなぜ山形がいいかを考えてみました」とのお話がありました。話すその表情からは、山形へのIターン転職に対しての真剣さ・本気度が伝わってきました。私からは「実際山形で生活した場合、みんなどういうところで買い物をしているか」などという日常的な話をしました。

また今回の転職にあたって、仕事に求める優先順位を明確にすることもでき、私はいただいたお話をもとにどんな求人があるか、ご案内を進めていこうと思いました。

 

STEP4:社内で情報共有

翌日、早速社内で情報共有を行いました。「環境を変える。山形で生活したい」というYさんの強い意志。そして、大学時代の学びや営業としてのこれまでの経験や知識。

Iターンは、住居を変えてまで転職するというフットワークの軽さがあるぶん、企業側としては「離職リスクが高い」とみなされることが多くあります。ですので、「定着の視点」を強く意識してYさんと企業とのマッチングを行う必要がありました。

ジンジャーズのマッチングは、メンバー全員で行うことがほとんどです(ジンジャーズってどんな会社?参照)。ご紹介先として、A社・B社・C社を選定し、Yさんへご案内しました。Yさんは今回の転職への優先順位をもとに、A社とB社の選考を受けると決められ、応募することになりました。

 

 

STEP5:山形での選考試験

Yさんが選考を受けた2社のうち、A社が面接へ進みました。

面接で、山形を訪れたYさん。直接お会いするのは初めてでしたが、それまで何度もオンラインやメール・電話でのやり取りを重ねていたため、初めてお会いする気がしませんでした。私は面接に同行し、A社の面接に臨みました。

 

 

STEP6:内定

無事にA社からの内定通知が届き、私はすぐにYさんへお伝えしました。諸々の条件を鑑み、内定を受諾し山形へ行くことを決めたYさん。そのあと、Yさんからいただいたメールがこちらです。

「私が考えたのは、A社さんに入社することで、営業としての働き方や、山形に住みたい希望が叶うのでは、ということです。改めて、澤村様はじめジンジャーズの皆様には、ここまでお話を繋いでくださったこと、大変感謝しています。本当にありがとうございます。良い2021年のスタートが切れそうだと感じています!」

 

STEP7:入社後

入社後しばらくして、Yさんが入社したA社の社長にお会いする機会がありました。こちらから聞く前に、社長から「Yさん、地理もいちから覚えてがんばっているよ。」とのお話を頂戴しました。

私はとてもうれしく、そしてなんだかホッと安心したことを覚えています。

 

 

まとめ

山形で働きたい。どうして山形なのか。

・その土台がきちんと明確にYさんのなかで整理されていたこと。

・営業職としての実績や、「こういう営業がしたい」と希望があったこと。

この二つが混ざり合い、山形の地で新しい職をみつけたYさん。

 

私も新米コンサルタントとして、Yさんの転職活動に関わり、入社まで伴走できたことはとてもうれしく感じました。そしてそれと同時に、ご相談者お一人お一人のキャリア(人生)に関わることの重さや責任を改めて感じました。

もちろん、企業側の目線で見ても、その重さや責任は同じです。採用は企業づくりの源である「人」に関わる根幹であると思うからです。

 

人と、企業。その重さや責任を感じながら、これからの転職エージェントとしての仕事、「転職の仲人」として誠実に取り組んでいこうと思います!

 

 

(Yさんにご了解いただき、この記事を掲載しています)

2021.01.26:yamaten:コメント(0):[転職体験記]

コロナ禍のUターン転職 ~地元企業との関係の深さと機動力が導いた転職成功への道~

  • コロナ禍のUターン転職 ~地元企業との関係の深さと機動力が導いた転職成功への道~

2020年、私たちはこれまでに経験したことのないような出来事に見舞われました。
そして、2020年が終わろうする今も、その状況はまだ続いています。
環境や社会の変化は、人間一人だけで乗り切れるものではないのだということを実感しています。

今回は、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言直前に、ご家庭の事情でUターンをせざる得なかったMさんと、私たちジンジャーズの活動をまとめた体験記です。

※Mさんよりご提供いただきました体験記をベースにし、個人情報等に配慮し、状況等を加筆修正して掲載しています。

 

1.山形転職(ジンジャーズ)との出会い
私は、2020年2月に家庭の事情により勤めていた首都圏の会社を辞め、埼玉県から実家に戻ることになりました。

初めての転職活動且つ埼玉から山形へということで、何もわからない手探り状態の中、まずは大手転職エージェントサービスに登録しました。
大手エージェントさんの面談では、非公開求人や未掲載求人がないものかと期待していましたが、実際はそういった求人はなく、応募したいものもありませんでした。

その時私は、
「本当に、『今これしか求人がない』だけなのかな」
「大手エージェントでも東京から山形への転職斡旋は難しいんじゃないかな」

と感じました。

そこで、
「地元にも数多く会社があるし、もっとチャンスはあるはず」
という根拠のない自分の感覚を信じ、
山形に密着した転職エージェントはいないものかと再度ネット検索をして「山形転職」のジンジャーズと出会いました。


2.ジンジャーズコンサルタントとの面談

さっそく転職支援に申し込み、帰省時に面談させて頂きました。
希望などをお話しすると、即日、今まで他社サイトでは見ることのなかった候補を数社頂きました。
その時、私は「山形で転職支援をしてもらうならここだ!」と思い、サポートをお願いしたいという気持ちになりました。
(面談の際、コンサルタントの方の中に親戚の同級生がいたり、私の知人と繋がりがあった方もいて、驚いたことに加えて親近感が湧いたことも大きかったです)


3.その後の活動と新型コロナウイルス

ジンジャーズではすでに募集のある求人だけではなく、私が興味のある会社に推薦もして頂けました。
大手エージェントでは真似の出来ない対応に感激するとともにいくつか書類提出をして頂きました。
残念ながらそれらの会社では私が希望する職種を募集しておらず、うまくマッチとはなりませんでしたが、目に見える求人情報に応募するだけとは違う活動方法に前向きな気持ちで転職活動が出来ていました。

そうした矢先、新型コロナウイルスが猛威を振るい始め、求人の数がみるみる減っていきました。
 

4.ジンジャーズのリサーチ

更に、転職サイトに掲載してある求人も、実際に応募してみると既に募集意思のない「死んでいる求人」になっていたりと、転職活動が上手く進められなくなっていました。

困った私は大変失礼ながら、
インターネット上で見た興味のある求人が、実際に今まだ動いている求人なのかどうかをジンジャーズに調べてもらえないか相談しました。

ジンジャーズではこれに快諾頂き、企業に直接アプローチして調べて頂いたものの中から、ある会社を受験し、無事内定を頂くことができました。
 

5.まとめ

他エージェントでも常に丁寧にサポートして頂きましたが、山形県内の企業と密接な関係を築いておられるジンジャーズには、さらに一歩深いところでの対応をして頂けたと感じております。

活動を通して、選考結果では、良い評価も悪い評価も受験する企業から詳細をお聞きすることが出来、落選時でも納得感のある転職活動が出来ました。

また、内定を頂いた会社についてはジンジャーズによるサポートがあったからこそと感じております。自分の経験だけでは採用基準に満たない可能性があるとのことで、書類を書き直して、応募会社への興味や関連しそうな業務経験に書き換えて応募させていただいたことによって、もともと募集があったポジションではなく、自分の経験がより生きる部署への配属となりました。


コロナ禍の厳しい環境下ではありましたが、転職が決まるまで辛抱強くサポートして頂き大変感謝しております。
本当にありがとうございました。


インターネットの求人情報はたくさんありますが、あちこちに転載されて出処が不明となってしまったような求人や、今現在募集状況がどうなっているのかわからない求人もたくさんあります。以前から地域に根ざして企業との信頼関係を深めていたことが、素早く求人状況を確認でき、今回の転職支援に結びつけることができました。

また、感染拡大防止対策を取りながら慎重に選考対応してくださった各社様、現在も対応を続けて採用活動を続けてくださっている各社様には、私どもからも感謝申し上げます。


まだ新型コロナウィルスによる経済への影響は続いていますが、こうした環境の中でも、1人1人の転職希望者、1社1社の求人企業と丁寧に向き合って、山形専門の転職支援を続けていきたいと考えています。

2020.11.06:yamaten:コメント(0):[転職体験記]

【山形で同業他社への転職ってどうなの?】 双方の事情に配慮して『匿名での面談→内定獲得』30代専門技術者の転職体験記

  • 【山形で同業他社への転職ってどうなの?】 双方の事情に配慮して『匿名での面談→内定獲得』30代専門技術者の転職体験記

山形は、親戚・友人・知人・顔見知りと人間関係や間柄が近いことが多く、地域内での同業や関連会社への転職はなかなか難しいこともあります。



そのような地域事情のなか、ジンジャーズがお手伝いすることで『匿名応募による内定獲得』を果たしたMさん(30代・男性)の転職体験記です。

 

Mさんはご結婚を機に山形へいらっしゃったIターン。
ご縁があって入社した山形の新しい職場でも精力的に働いていたMさんでしたが、Mさんにとっては仕事がやや単調で簡単すぎるものでした。

「今の会社でも悪くはないんだけれど、でも、それでいいのだろうか」

そんなモヤモヤを抱え再度転職を考えて私たちジンジャーズへ相談にいらっしゃったのです。

 

Mさんが専門技術職として豊富な経験をお持ちの優秀な方であるということは、面談の中で十分理解できました。また、仕事に対する価値観や姿勢もしっかりしており、お人柄が誠実でいらっしゃることも面談で伝わってきました。

ただ、Mさんの場合、専門技術職であるが故に、経験を生かして転職をするならやはり「同業他社」「関連業界」となってしまいます。

山形での生活のなかで社内外に友人知人も出てきたところで「転職活動をしていることを誰かに知られたくない」という気持ちと、「同業関連会社以外に、自分の能力をもっと発揮できる会社が他にあるのか」という悩ましい問題を抱えていらっしゃるようでした。


一方、ジンジャーズ取引先であるZ社。
Z社では「優秀な、中堅の専門技術職者がほしい」「社外にはまだ口外していない新規事業へ雇用したい」という求人ニーズをお持ちでした。

採用するに当たっては、新規事業の内容を交えながら説明する必要がありますが、その内容はあまり外部に漏れないようにしたい、という意向があり、エージェントである私も注意を払う必要がありました。

 

経験や知識、仕事に対する価値観から判断すると、MさんとZ社はぴったりだと私は思いましたが、そこに問題が一つありました。
Mさんがお勤めの会社は、Z社と競合でもあり、ある分野では取引もある身近な会社だったのです。

 

こういう場合にどういうことが転職エージェントとしてできるのか。

 

通常通りの書類選考・面接ではMさんにとって「外部に漏れるのではないか」と不安のあるやり方になってしまいます。

Z社も、「取引のある会社の社員に新しい取り組みを話す」というのはリスクに感じます。

また、同業他社に転職する場合は、競業禁止義務にも留意する必要があるため、双方が気軽に会って話しましょう、となりにくいということもあります。

 

競業禁止義務とは・・・

入社時や退職の際に、会社から「◯年間は同業他社に転職しない」といった「競業避止義務」の誓約を求められることがあります。
競業避止義務とは、従業員が在職中に同業他社で兼業したり、退職後に競業行為を行ったりすることを禁止するものです。


機密情報を知っている従業員によって競合企業に企業機密が漏れたり、元従業員が在職中に得たノウハウを元に同業界で新たに事業を始めたりすることで、その企業が損害を受けないように規定されています。


法律上は、「職業選択の自由」が憲法上で規定されているので、競業避止義務規定があっても、同業他社に転職することはできます。

実際に競業避止義務規定があっても、前職の会社が営業上で不利益を被らなければ、基本的には従業員がビジネスで競合する会社へ転職してもほとんど問題になることはないでしょう。

ただ、誓約規定がある会社にお勤めの方は、誓約に署名したという意識もありますから、なかなか積極的に同業他社への転職を考えることはなく、諦めている場合もあるように思います。

また、今後も元上司や元同僚とどこかで接点が出てくるかもしれませんし、地域柄、競合であっても身近な取引先である場合もあるため、辞める時には誠実に、機密情報は持ち出さないなどのモラルを守って転職する必要があります。

 

双方の不安や、競合禁止に配慮して提案したのが「選考前の、匿名での面談」です。

 

Mさんにとっては「個人情報を秘匿した状態で応募先企業の役員と面談し、組織の雰囲気や事業の方向性を知る」ことができ、Z社にとっては「不特定多数に新しいサービスの情報を漏らすことなく、可能性の高い人材にだけ面と向かって、相手の感触を確かめながら新事業部門での採用を検討する」ことができます。

 

Mさんを匿名状態で面談をセッティングし、面談場所も私の手配による外部施設で調整しました。面談時には私も同席し、Mさんに「事前に知り得た内部情報を漏らさない」と約束いただき、一方Z社には、「選考ではないので個人情報を詮索しない」という条件のもと、事業内容や求められるスキルレベルなどを確認してもらいました。

 

そして、この面談が契機となり、双方のご縁が繋がって、同業への転職を果たすことができました。

 

このような「匿名での面談」は、Mさんのように仕事を真摯に考え、自分の会社と相手の会社のことを考えて転職活動をする人と自社の成長のために人材採用に本気で取り組むZ社が存在して、その双方からの信頼を得ている転職エージェントが揃わないとできないことです。

 

地方で同業他社や関連業界への転職はなかなか難しい、という実情は、当分変わることはないかもしれません。私たちも、積極的に進めるものではありません。

ですが、同じ業界にも様々な企業がある中で、より自分の価値観が合う組織で働いた方が幸福度は高いのではないでしょうか。

 

ご登録いただいたお一人お一人が、より幸せな環境で気持ちよく働けるように、私たちは個人と企業の秘密を守り、時には忍者のように活動しているのです。

 

2020.08.31:yamaten:コメント(0):[転職体験記]