「が~んばれ、が~んばれ」

  • 「が~んばれ、が~んばれ」
  • 「が~んばれ、が~んばれ」

 2階で過ごすことが増えてきた2歳児高月齢の子どもたちの好きなもののひとつが、平均台です。 一人ひとり自分の渡りやすい姿勢で平均台を進みます。

 そのなかで横を向いてすり足のようにしながら、ゆっくりと進むEちゃん。 するとHちゃんが 「Eちゃん、が~んばれ。 Eちゃん、が~んばれ」 と声をかけ始めました。 それを見ていたほかの子どもたちも同じように声をかけながら応援をしてくれるなか、照れたような表情で渡り終えたEちゃんです。

 急かしたりすることはなく、応援の声をかけ、渡り終えると拍手をしてくれた子どもたちにほっこりとした保育者でした。

成道会

  • 成道会
  • 成道会
  • 成道会

12月8日は、お釈迦様がお悟りを開いた日です。

関興庵の窪副住職様に、法要とお釈迦様がお悟りを開いた話しをしていただきました。

成道会とは、お釈迦様がどうすればみんなが幸せになれるのかを、食べず飲まずで一生懸命考え、その答えを見つけた日(お悟りを開いた日)であることをお聞きしました。自分がされて嫌なことは人にはしない、人には優しくすることが大切なことだと、わかりやすくお話していただきました。子どもたちもお話をじっと聞いて、何かを感じた様子でした。

お供えしたお団子は、ぐーグループの子どもたちが作ってくれたものです。お釈迦さまもきっと喜んでくれていることでしょう。

クッキング(じゃがいも編③)

  • クッキング(じゃがいも編③)
  • クッキング(じゃがいも編③)
  • クッキング(じゃがいも編③)

ぱーグループの子どもたちは、収穫したトウモロコシで、コーンスープを作りたかったのですが、なんとハクビシンに食べられてしまいました。

そこで、代わりにじゃがいもスープを作ることになりました。

じゃがいもを洗ったり、ピーラーで皮をむいたり、包丁で保育者と一緒にじゃがいもを切ったりと、真剣な眼差しで作っていました。

「おいしくな~れ」とみんなで力を合わせて作ったじゃがいもをスープは、「とろとろ~」「あったか~い」とぺろりと飲んでおり、とてもおいしかったようです。

クッキング(じゃがいも編②)

  • クッキング(じゃがいも編②)
  • クッキング(じゃがいも編②)

ちょきグループは話し合った結果、じゃがバターに決定しました。

じゃがいもを洗ったり、アルミホイルに包んだり、「こうやってつつむんだよ」と、優しく教えてくれる年長児の子どもたちの姿がみられました。

出来上がったじゃがいもを保育者がふたつに割ってみると、「わ~おいしそう」と大喜びの子どもたち。

「ほくほくしておいし~」「じゃがいもってこんなあじだったんだ~」と、いろんな発見をしながら食べていました。

クッキング(じゃがいも編①)

  • クッキング(じゃがいも編①)
  • クッキング(じゃがいも編①)
  • クッキング(じゃがいも編①)
  • クッキング(じゃがいも編①)
  • クッキング(じゃがいも編①)

常安寺の畑で収穫したじゃがいもで、クッキングをしました。

ぐーグループは話し合った結果、ポテトサラダに決定。

じゃがいもを洗ったり、切ったり、茹でたり、つぶしたり、子どもたちはとても張り切って取り組んでいました。

味付けの前に、茹で上がったじゃがいもをみんなで食べてみると、「あま~い」 とパクパク食べている子どもたち。 

仕上げの味付けは、「あ、もうちょっと」 「ん?おいしい」と味見をしながら完成。

「おいしい~」 「おかわり~」と、手作りのポテトサラダを食べ、大満足の子どもたちでした。