HOME > 記事一覧

ひなまつりパート② ~雛人形に名前をつけたい~

  • ひなまつりパート② ~雛人形に名前をつけたい~
  • ひなまつりパート② ~雛人形に名前をつけたい~
  • ひなまつりパート② ~雛人形に名前をつけたい~

 その日の夕方、ひなまつりの絵本「ゆりちゃんのひなまつり」を読みました。その絵本は、飾ってある雛人形たちが喋りだし、自分たちに名前を付けて欲しいと主人公にお願いします。主人公は、ひとりひとりに名前を付けてあげて、雛人形たちは大喜びするという物語でした。絵本を読み終えると子どもたちから「南部保育園の雛人形にも名前をつけてあげたい」という声が聞かれ、さっそく名前を付けることになりました。

「おひなさまだから、ひなちゃん」「おだいりさまは、青い着物だからあおぞらくん」とアイディアを出し合って決めました。「名札も作ってあげよう」ということで、折り紙で折って雛人形の横に飾りました。

 集会にて名前を披露し、いつもより身近に感じる雛人形となりました。

2018.02.14:nanbu:コメント(0):[お知らせ]

節分パート2

  • 節分パート2
  • 節分パート2
  • 節分パート2
  • 節分パート2
  • 節分パート2

 節分当日、朝からドキドキしていた子どもたちですが、「きびだんご食べたから大丈夫!」と友だち同士で励まし合い、鬼を退治しようとい気持ちが高まっていました。鬼が登場すると保育者の陰に隠れながらも元気玉を投げ、退治しようとする姿がありました。鬼が去っていくと、福の神が登場。みんなに福が来るように「笑う角には福きたる」と笑っておいしい甘納豆を食べました。

2018.02.13:nanbu:コメント(0):[お知らせ]

節分パート2

  • 節分パート2
  • 節分パート2
  • 節分パート2
  • 節分パート2
  • 節分パート2

 節分当日、朝からドキドキしていた子どもたちですが、「きびだんご食べたから大丈夫!」と友だち同士で励まし合い、鬼を退治しようとい気持ちが高まっていました。鬼が登場すると保育者の陰に隠れながらも元気玉を投げ、退治しようとする姿がありました。鬼が去っていくと、福の神が登場。みんなに福が来るように「笑う角には福きたる」と笑っておいしい甘納豆を食べました。

2018.02.13:nanbu:コメント(0):[お知らせ]

節分パート1

  • 節分パート1
  • 節分パート1
  • 節分パート1
  • 節分パート1

 1月末に山に住む鬼から手紙が届くと、年長児が集まり作戦会議が始まりました。昨年までのことを思い出し「やいかがしを飾ったり、鬼より強い桃太郎のお面やきびだんごを作ろう」と異年齢クラスの帰りの階に提案があり、当日に向けて準備を進めてきました。前日に鬼に負けないようにきびだんごを作り、食べると「力がモリモリになった」「鬼をやっつけるぞ!」と拳を見せてくれたり、やいかがしをどこに飾ろうか相談して飾りました。

2018.02.13:nanbu:コメント(0):[お知らせ]

もちつき

  • もちつき
  • もちつき
  • もちつき
  • もちつき
  • もちつき

1月19日にもちつき大会がありました。今年は保護者のお父さんにお力をお借りして餅をつきました。

もち米が入ったもちつき機から湯気が出てくると、「アッ!湯気出てる」「何か匂いする!!」と炊きあがる様子に気付いて指さす姿があったり、餅の目つぶしでは「がんばれ!」と自然と応援する姿がありました。

異年齢の3人組で餅つきをすると「もーちつき、ぺったんこ♪」と歌を歌ったり、「美味しくなーれ」と餅にことばをかける子どもたちでした。

給食の餅を「うまーい」「噛みきれないね」など友だちと話ながら沢山おかわりをして食べました。

2018.01.26:nanbu:コメント(0):[お知らせ]