長井市中央地区公民館

長井市中央地区公民館
ログイン

夏本番!小学生男子の大好きアイテム・カブト虫を育てる教室を今年も開催
しています☆-(^ー'*)b

7月27日(土)には「カブト虫ちからくらべ大会」と「成虫を育てる教室」を行いま
した。

【カブト虫ちからくらべ大会】

カブト虫ちからくらべ大会は昨年度の教室受講者が対象。幼虫から育てる教室
で学んだ参加者の皆さんが、自分で育てたカブト虫を持ち寄って行います。

▽白熱のカブト虫バトル!応援にも力が入ります。




ルールはカブト虫を土俵(木の棒)の同じ位置につかせ、40秒の制限時間の間に
どちらが上に行くかを競うというもの。棒の先でのカブト虫の闘いもさること
ながら、早く登りすぎたカブト虫が、先に下に降りて来たりして…なかなか最後
まで目が離せません(≧▽≦)

オスの部とメスの部がトーナメント形式で行われ、上位入賞者には記念品が贈呈
されました。



幼虫から自分で育てたカブト虫…というのが原則ですが、羽化させるのはな
かなか難しい様子( ̄  ̄;) 手をかけ過ぎず、ほっとき過ぎずというバラン
スがうまくいかないようです。

うまく成虫にならなかった人や応援にきて飛び入りで参加した人は、先生か
ら成虫を借りて大会に出場しました。

唯一、オスとメスの両方の羽化に成功し、見事メスの部で優勝した平野小学
校の永野雄大君には特別賞が贈られました。
本当によく頑張りましたね。みんなで拍手です。

▽最後は記念撮影です



【成虫の育て方教室】

ひきつづき今年度1回目の教室になる成虫を育てる教室を開催。
ちからくらべ大会の参加者も、多くがそのまま残ってお話を聞いて行きま
した。講師はちからくらべ大会で審判をして下さったエコファーム長井の
梅津博之 先生です。

▽成虫の育て方教室


どういった容器で飼育するのか、育てる環境はなにがいいか、どんなものを
食べて、何を与えてはいけないのか、ダニがついた時の処置方法から、カブ
ト虫の一生、観察のポイントまでわかりやすく話していただきました。

しっかり勉強したところで、お待ちかね!先生からのカブト虫のプレゼント
ですヾ(〃^∇^)ノ

▽どれがいいかな〜


雨の影響か、この時期ではメスの羽化がまだ進んでおらず個体数が少なか
ったため、オスかメスの1体を選んでいただくことになりました。

大切に育てて、よ〜く観察してくださいね!


2013.08.09:nagai_ck:count(1,569):[メモ/├親子チャレンジ教室]
copyright nagai_ck
powered by samidare
community line
http://yamagatan.com/
http://oki-tama.jp/
第2回 幼虫の育て方教室
成虫を育てる教室から2か月。暑い夏を生き抜いたカブト虫も
産卵期を終え、命をつないで冬に備えます。

そこでカブト虫を育てる教室の第2回「幼虫の育て方教室」を行い
ました。

▽日曜日の夕方にもかかわらず10組の家族が参加しました


講師は前回同様、エコファーム長井の梅津博之さん。会場もエ
コファーム長井です。

カブト虫は幼虫の状態で冬を越し、さなぎになって成虫になり
ます。長い成虫の期間の育て方や、元気に羽化させる秘訣をみ
んなで聞きました。

▽そしていよいよ幼虫の採取です


例年より幼虫が少ないということで、先生は来年の成虫の個体
数を少し心配していらっしゃいましたが、参加者のみなさんは
一生懸命に探して、みんな幼虫を採取することができました。

▽幼虫ゲット!もの凄く大きいものもいます


教室で勉強した育て方のコツ(こまめな水やり、手で直接触れ
ない)等を守って、皆さんがんばってカブト虫を育てて下さい。

そして来年の夏にはぜひ自分で育てたカブト虫でちからくらべ
大会に参加して下さいねヾ(^∇^)







2013.10.08:カブト虫を育てる教室:修正削除
ゴドゴド虫 観察&飼育日記
カブト虫を育てる教室に参加する皆さんと一緒に、公民館でも
幼虫の飼育に挑戦することにしました(ノ*^▽)ノ 

容器は教室の時に紹介したペットボトルで作る観察容器です。
時おりホームページで紹介していきますのでチェックして下さ
いね。うまく羽化できるか?乞うご期待!

▽飼育容器


※ゴドゴド虫とは“幼虫”のこと。方言でしょうか。
2013.10.08:カブト虫を育てる教室:修正削除
ゴドゴド虫 観察&飼育日記
幼虫の育て方教室の日にもらってきたカブトムシの幼虫(※ゴ
ドゴド虫)をペットボトルでつくった観察容器で育てていきます。

外側は黒い模造紙(画用紙でも可)でおおっておくので、幼虫
が側面に移動して来た時に観察することができる…という構造
です。

▽上にそっとのせると幼虫マットの中に潜っていきます


今のところ元気なようです。

2013.10.08:カブト虫を育てる教室:修正削除
ゴドゴド虫 観察&飼育日記
事件発生!!

館長が黒い紙を外して観察しようとすると、幼虫がポロン…と
転がって落ちてきましたΣ(゚д゚;)

びっくりしたものの、軍手でそっと拾って容器に戻すと元気に
もぐって行った模様…。ふたを開けて出てきたのでしょうか?
まさか喚起穴から?

とりあえずふたをテープで固定してみました。
さて、どうなることやら(o^∇^o)




2013.10.08:カブト虫を育てる教室:修正削除
アンケート結果を公開します
カブトムシ力くらべ大会にご参加いただいた皆さんにアンケートにご協力い
ただきました。結果は以下の通りです。どうぞご覧下さい。

平成24-25年度カブト虫を育てる教室アンケート結果(PDF)
2014.03.28:カブト虫を育てる教室:修正削除
▼コメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。