長井市中央地区公民館

長井市中央地区公民館
ログイン

小学生とその家族が様々なことに挑戦する親子チャレンジ教室
5月27日(日)に畑の楽耕の開講式を行いました。

▽開講式の様子



▽家族で担当する野菜を決めます



▽畑の先生による指導


くわの使い方やマルチの貼り方、苗を植えるポイント等を一通り教わったら
担当ごとに分かれて早速作業開始です。

▽子ども中心に作業を進めます






日差しの強い日でしたが、水分を取りながらみんな一生懸命働きました。

▽作業前と比べるとこの通り!とても上手に植えました(^○^)


これから草むしりに土寄せなど、夏の暑い日の作業が待っていますが
大きくおいしい野菜に育つように手入れを頑張っていきましょう!






Facebookでも中央地区公民館の情報を発信しています!
長井市中央地区公民館Facebookページ運用方針



親子チャレンジ教室「カブト虫を育てる教室」の第1回幼虫の育て方を
5月12日(土)エコファーム長井を会場に行いました。小学生とその家族
23組62名のみなさんが参加してくれました。

▽学習会


はじめに学習会。エコファーム長井の梅津博之さんにカブトムシの1年
と幼虫を育てる時の注意についてお話をしていただきました。

飼育のポイントをしっかり聞いたところで幼虫の採取に向かいます。
場所は伐採木を堆肥にしてたくさんの幼虫を育てているエリア。エコ
ファームの敷地内にあります。

▽がんばって幼虫を見つけるぞ!


広い敷地の中でも、カブトムシの幼虫は狭い一角にかたまっているこ
とが多いのだとか。なので一匹見つけることができると周辺にもいる
可能性が高いそうです。

▽家族で協力して探します


例年は作業を始めるとすぐに幼虫を見つける参加者がが現れ、10〜20分
の間に全員が幼虫を捕まえているのですが…今年は全く見つかりません。

広い敷地なのでいったいどこに行ってしまったのか?30分ほど探して、
見つけることができたのはたったの2名でした。

「う〜ん、これでは幼虫の飼育ができない!!」と心配したのですが、なんと
エコファームのみなさんが、こんなことがあるのではないかと、事前に幼虫を
採取し、飼育してくれていました。

▽大きな幼虫がいっぱい!参加者のみなさんも大興奮です。


探すことができなかった人から幼虫を2匹ずつもらい、ようやく笑顔が
広がります。



幼虫はこの後6月中旬ごろにサナギになり、7月には成虫になります。
もらった幼虫がオスになるのか、メスになるのか、今から楽しみですね。
先生から聞いた育て方のポイントをよく守って、夏のカブトムシちから
くらべ大会まで大切に育ててくださいね。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
そしてご指導いただいた梅津先生、ご協力いただいたエコファーム長井
のみなさん、本当にありがとうございました。





Facebookでも中央地区公民館の情報を発信しています!
長井市中央地区公民館Facebookページ運用方針

今年度最後の親子チャレンジ教室 そば打ち体験教室を開催しました。

毎年たくさんのお申し込みをいただく大人気の教室です。今回も定員を上回る
申し込みがありましたが、道具や会場の広さを考慮し、安全に活動することが
できる最大の人数で10家族32名の方にご参加いただきました。
(落選になってしまった皆さん、申し訳ありませんでした。)

今年も鈴木雄一郎先生の指導で、そば粉の2割程度の小麦粉をつなぎに使う
蕎麦を家族で協力して打ちました。

▽まずは先生の実演です。


ふるった粉に水を回し入れる方法や、粉になじませながら塊を大きくしていく
様子をユーモアたっぷりのお話と一緒に手早く実演。こね方、のばし方、そし
て切り方などのポイントを教えてもらいました。

目と耳でしっかりと覚えたら、家族と力を合わせての作業のスタートです。









大きな鉢にみんなで手を入れてこねるのはもちろん、綿棒や包丁も複数
借りて交代で使いながら、手分けして作業を進めました。

どの家族も作るのは小学生が中心。兄弟で協力しあったり、お父さんや
お母さんたちが手を添えて手伝っている様子が印象的でした。

出来上がったら打ちたてを試食です!



自分で作った打ちたて、茹でたての蕎麦は格別です!「美味しくできた?」
との質問にみなさん「美味しー!」と満面の笑顔で答えてくれました。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
お家でもぜひ試してみてくださいね!






Facebookでも中央地区公民館の情報を発信しています!
長井市中央地区公民館Facebookページ運用方針

今年で6回目になる親子チャレンジ教室お正月かざり作り教室
長井市内の小学生とその家族15組42名が参加してくれました。

講師は横山千恵子さん。毎年、アイディアいっぱいの素敵なお正月かざりを
考えてもらっています。今年はクラフトテープを編んだ土台に、折り紙や
水引で作った飾りを重ねていく作品で、壁などにかけて飾ることができます。

▽作り方を一つひとつ丁寧に教えてもらいました


いくつも色があるクラフトテープの組み合わせや、飾りに使う折り紙の色、
リボンの配置や色紙で花を作るところなど、作業は家族で相談しながら、
協力し、工夫して進められました。

▽クラフトテープを丁寧に編みます


▽折り紙や水引の飾りは家族ごとに工夫して配置を考えました。


2時間ほどの作業で作品が完成!似ているようで、どれ一つとして同じ
物はないオリジナルのお正月かざりです。それぞれが自慢の作品をもって
感想発表&記念撮影を行いました。

▽自慢の作品を持って感想発表!どれも素敵な作品ばかりです。


最後に、小学1年生の時から6年間、毎年参加してくれた致芳小学校6年の
鈴木洸紀君とそのご家族に、これまでの活動の写真をまとめた記念の品を
東海林公民館長が贈呈しました。

▽記念品の贈呈


身近な材料を利用して、何も形のないところから豪華なお正月かざりを
作っていく工作に、今年も家族でチャレンジしてもらいました。できあが
った作品を手に皆さんとてもうれしそうです。

力を合わせて作った素敵なお正月かざりを飾って、良い新年を迎えてくだ
さいね。来年が皆さんにとって更に良い年になりますように!

ご参加ありがとうございました♪





Facebookでも中央地区公民館の情報を発信しています!
長井市中央地区公民館Facebookページ運用方針

12月恒例のお楽しみ、親子チャレンジ教室 オリジナルクリスマスケーキ
作り教室を今年も開催しました。10組の募集でしたが、定数を上回る応募
があり、長井市内の小学生とその家族12組34名が参加しました。

まずは実演指導の平いせ子先生に、スポンジの切り方や生クリームの
泡立て方、ぬり方を教えてもらいます。


スポンジをきれいにコーティングする時には生クリームを八分立てに、
そのあとデコレーションする時にはしっかりと泡立てるなど、いくつ
かのポイントをお聞きしました。

いよいよ作業スタート。家族で協力してケーキを作っていきます。





デコレーションに使う飾りを前の日から作ってきたり、お菓子を利用
して雪だるまやお家を作って飾ったりと、それぞれの家族のアイディア
がいっぱいです。どんなデザインにするかを、いろいろと考えてきて
くれました。



家族で協力しながら、一つひとつの特別なケーキを作っていきます。



1時間強の作業で、すべての家族のケーキが出来上がりました。
みなさんのケーキをお互いに見せてもらい、最後は感想発表です。

▽感想発表


「想像していたより難しかったけど、家族と協力して作るのは楽しかった」
「将来はパティシエになるので勉強になった」等、うれしい感想をたくさん
いただきました。

飾りがいっぱいのっていて、箱に入るのか心配になるようなケーキもあり
ましたが、どのケーキも無事にお家に持って行ってもらうことができました。
手作りのケーキを囲んで、一家だんらんの暖かい時間を過ごすことができ
たのではないでしょうか?

ご参加いただいたみなさん、ご協力いただいた講師の先生とスタッフの
みなさま、ありがとうございました。

参加者のみなさんの特別な12個のケーキは以下の通りです♪





























Facebookでも中央地区公民館の情報を発信しています!
長井市中央地区公民館Facebookページ運用方針

夏の恒例行事、親子チャレンジ教室「カブト虫を育てる教室」の第2回
「成虫の育て方教室」と第3回「カブト虫ちからくらべ大会」を行い
ました。今年もたくさんの小学生と家族に参加していただきました。



まずは成虫の正しい飼い方の学習会です。5月の「幼虫の育て方教室」
に引き続き、エコファーム長井の梅津博之さんを講師にお迎えして
お話しをうかがいました。

▽教室の様子


夏の間だけ生きるカブト虫の成虫を、病気にならないように飼う方法
をエサや環境の管理の仕方など、様々なポイントで教えてもらいました。

▽飼育容器を見せてわかりやすくお話しいただきました


お話のあとは、先生がつかまえて来てくれたカブト虫を参加者のみな
さんにプレゼントしてくれましたよ!



▽どれにしようかなぁ〜?


自分で育てたカブト虫と一緒に大切に育ててくださいね。




学習会の後は、いよいよ「カブト虫ちからくらべ大会」です。
オスの部とメスの部の両方にエントリーし、トーナメント戦を行います。

▽抽選を行い、表には自分で名前を記入しました。


オスの部とメスの部を同時にスタートし、準決勝からは1箇所の土俵で
試合を行いました。声援も飛び交い白熱した試合になりました。
(中央地区公民館のフェイスブックでは動画もご覧になれます。)

▽試合の様子




熱戦を制した上位入賞者は以下の皆さんです。


上位入賞者の人には賞状と賞品が、そして5月の教室でもらった幼虫を
成虫まで育てることができた人には特別賞が贈られました。

▽最後は全員で記念撮影です


長井市では夏休み前の最後の日曜日でしたが、夏の始まりの楽しい
思い出になったのではないでしょうか。

成虫を大切に育て、そのあとは卵を、そして幼虫を飼いながら、来年に
命をつなげることができるように、皆さんがんばってください。

ご参加ありがとうございました。





Facebookでも中央地区公民館の情報を発信しています!
長井市中央地区公民館Facebookページ運用方針