長井市中央地区公民館

長井市中央地区公民館
ログイン

親子チャレンジ教室 畑の楽耕を今年も開催!!

家族で野菜を育てて収穫、調理、販売等を体験し、楽しく食の大切さを学びます。
親子のふれあいだけでなく、学校や学年の垣根を越えた交流もできます。
自分たちで一から育てた野菜はいつもよりおいしく感じますよ!ぜひご参加ください(*^○^*)/

開講日:5月28日(日) 9:00
    *11月頃まで月2回程度の活動。
    *2回目以降は、参加者間で日程を決定します。
対象者:長井市内の小学生を含む家族
参加費:家族で2000円
活動場所:生涯学習プラザ、チャレンジふぁ〜む






Facebookでも中央地区公民館の情報を発信しています!
長井市中央地区公民館Facebookページ運用方針



小学生とその家族が力を合わせて様々な活動にチャレンジする親子チャ
レンジ教室。冬の恒例事業そば打ち体験教室を行いました。

会場の広さや道具の数、安全に指導できる人数などを考慮し、10組限定
の募集でしたが、今年もたくさんの方にお申し込みをいただき、抽選の
結果、11組35名のみなさんに参加していただきました。
(落選になってしまったみなさん、申し訳ありませんでした。)



まずは“打つ”作業から。講師の鈴木先生に材料をこねて伸ばし、切る
ところまで、ひと通りの実演をしてもらいます。

▽楽しいお話を交えながら実演する鈴木先生


さらさらしていた粉に水を加えて混ぜると小さな塊ができ、それが徐々
に大きくなっていきます。混ぜ方やこね方、そして伸ばし方に切り方、
それぞれのポイントを教えてもらい、いよいよ体験開始です。

▽それぞれの場所に移動し、家族ごとにそば打ちにチャレンジです


粉を混ぜる作業は小さな兄弟も一緒に、こねるところは力を合わせて、
伸ばしたり切ったりする作業は小学生を中心に…それぞれの家族で役割
分担しながら、みんなが協力し合っている様子でした。





打ちあがったら、さっそく試食です!スタッフのみなさんに茹で方の
コツを聞きながら、グツグツと沸いたお湯で打ちたてのそばを茹でま
した。



細いそばに太いそば、それぞれの家族の個性を表すようなそばが出来上
がりました。協力して打ったそばの味は格別で、「美味しかった!」と
みんなニコニコ。前日から雪が降り続く寒い日でしたが、会場には暖か
な時間が流れていました。



ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。


□■□∞∞─────────────────────∞∞□■□
参加者の皆さんにアンケートにご協力いただきました。結果を公表します。
アンケート結果(PDF)




素敵な新年を迎えるために、今年も親子チャレンジ教室お正月かざり作り
行いました。今年で5年目です。14家族、36名のみなさんが参加しました。

講師の横山千恵子さんが考えてくれるお正月かざりは毎年違うデザインで、
それを楽しみに、毎回参加してくれる家族もいます。

▽横山先生の説明を聞きながら作業を進めました。




今回はボードを使った、立てかけたり、壁にかけたりできるお正月かざり
を作りました。見本の通りに作るのではなく、土台の色や、飾りのつけ方を
工夫して、家族のオリジナルのお正月かざりが作れるように考えられた
デザインで、参加者のみなさんは、それぞれの家族で相談しながら、楽し
そうに作っていました。



▽アイデアを出し合って作っていきます。


約2時間、熱心に作って、14の家族がそれぞれ14の素敵なお正月かざりを
完成させました。最後は小学生の皆さんに、それぞれ工夫したところや、
がんばったところ、作ってみた感想などを発表してもらいました。






どれも素敵な作品ばかり!一緒に作業したお父さん、お母さんたちも
出来栄えに満足の様子。とても嬉しそうでした。

家族で協力して作ったお正月かざりで、今年以上に素晴らしい新年を
迎えることができますように。

参加してくださったみなさん、ありがとうございました。



参加者の皆さんにアンケートにご協力いただきました。結果を公表します。
アンケート結果(PDF)





今年も親子チャレンジ教室オリジナルクリスマスケーキ作りを行いました。
10家族の募集にたくさんのお申し込みをいただき、抽選の結果、今回は12
家族39名での開催となりました。(落選してしまったみなさん、本当にゴ
メンナサイ!)

▽実演指導


まずは先生による実演指導です。帯状の紙をガイドにしてスポンジをきれ
いに2枚に切る方法や、食器をターンテーブルに使い、クリームを塗って
いく裏ワザ、コーティングやデコレーションにあったクリームの柔らかさ
など、ポイントを説明しながら実演してもらいました。

お話を聞いたらさっそく作業開始!スポンジケーキを切って、生クリーム
を泡立てたら、それぞれの家族が準備したフルーツなどをトッピングして
いきます。

▽家族で協力しながら作業を進めます


クリームにココアを混ぜたり、きれいなアラザンで飾ったり、家族ごとに
個性あふれるケーキが出来上がっていきます。どんなケーキにするか、前
の日に絵に描いてデザインしたり、誕生日の近い家族のためにメッセージ
をのせている家族もいました。

▽みんな楽しそう(^^♪


出来上がったケーキは、感想シートの上に並べて、お互いに鑑賞しました。

▽感想発表


最後は家族の代表者に感想を発表してもらいました。「難しかったけどう
まくできて良かった」「家族で協力してケーキを作って楽しかった」と発表
してくれるみなさんの表情には、ケーキを完成させたうれしさが溢れて
いました。

教室で覚えたデコレーションの成果を活かして、ぜひクリスマスにはお家
でもケーキ作りに挑戦してみてくださいね♪

今年の参加者のみなさんによる、12個の特別なケーキです。
どうぞご覧下さい。



     



     



     



     



     



     


参加者の皆さんにアンケートにご協力いただきました。結果を公表します。
アンケート結果(PDF)








     


親子チャレンジ教室カブトムシを育てる教室の第2回成虫の育て方教室と
第3回カブトムシちからくらべ大会を、夏休みを目前にひかえた7月24日に
行いました。

5月の第1回の教室で採取したカブトムシの幼虫を大切に育ててきた参加者
のみなさん。今年は例年をはるかにしのぐ、9組の家族が幼虫から成虫に羽化
させることに成功しました!おめでとうございます。

第2回「成虫を育てる教室」では、1年サイクルで生命を繰り返すカブトムシ
の成虫の正しい管理の仕方を、エコファーム長井の梅津博之さんからお聞き
しました。

適切なエサや昆虫マットの管理などについてポイントをうかがい、14家族
38名の参加者の皆さんも真剣に話を聞いていました。残念ながら羽化させる
事ができなかった参加者もいましたが、先生から参加者全員にオスとメスの
成虫をプレゼントしてもらい、皆さん大喜びでした。

▽梅津先生のお話


▽お話のあと、カブトムシの成虫をプレゼントしてもらいました。
 

つづいて第3回「カブトムシちからくらべ大会」です。19名の小学生と幼児
がエントリーしました。

▽ゼッケンをつけて気合が入ります


オスの部とメスの部を設け、どちらもトーナメントで戦いました。

▽白熱のちからくらべ大会。歓声と笑顔があふれます!


ルールは簡単。土俵に引かれたラインにカブト虫を置き、スタートの合図
から40秒の間により高い位置に上ったカブトムシの勝ちです。飛んで行っ
てしまったり、土俵から飛び出してしまったカブトムシは失格になります。

▽ドキドキのちからくらべ。この日は山形新聞やおらんだラジオの方も
 取材に来てくれました。
 

▽試合結果は以下の通りです


表彰式では記念品を贈呈され、みんなうれしそう!最後は選手全員で記念
撮影を行いました。

▽表彰式


▽記念撮影


カブトムシが活発に動くように暑い会場での開催でしたが、選手も応援の
皆さんも元気いっぱいに活動しました。

もらったカブトムシが卵を産んで次の命につなげるように、夏の間、大切
に育ててくださいね!








家族で様々なことに挑戦する親子チャレンジ教室

畑の楽耕では、家族で力をあわせて野菜を育て、
収穫、調理、試食、販売体験などにチャレンジしていきます。

▽開講式。


家族ごとに担当する野菜を決め、畑に行って苗を植えます。


作業の前に、畑の先生から簡単に指導を受け、
土を耕し畝を作ったり、マルチを貼ったり、苗を植えて水をたっぷりあげたり・・・

▽みんな一生懸命がんばりました!
 
 
 

今年はかぼちゃ、にんじん、枝豆、トマト、ナス、ピーマン、
サツマイモ、ネギ、里芋、ズッキーニなどたくさんの野菜を育てていきます。


これから草むしりや支柱立てなど収穫まで大変な作業が
まだまだ残っていますが、パワー100倍でがんばっていきましょう!


▽立派な野菜に育ちますように。