長井市中央地区公民館

長井市中央地区公民館
ログイン

「☆長井市中央地区公民館情報〜平成28年12月&1月の事業予定」のサムネイル「☆親子チャレンジ教室 お正月かざり作り教室 for 2017」のサムネイル「☆中央地区地域づくり計画ワークショップ委員を募集します」のサムネイル「☆親子チャレンジ教室 クリスマスケーキ作り教室 in 2016」のサムネイル「☆第9回ふらり学講座を開催しました」のサムネイル
「☆長井市中央地区公民館情報〜平成28年12月&1月の事業予定」の画像
長井市中央地区公民館の12月&1月の事業予定を紹介します。

共育セミナーなかよしくらぶは12月15日のクリスマス会で年内の活動は
終了です。1月には毎年恒例の交流センターふらり関係団体役員研修会
冬まつり交流会などを予定しています。

1月24日(火)に中央地区地域づくり計画策定に向けてのワークショップを
開催します。より良い地域づくりを目指し、地域の皆様からご意見を頂戴
したいと思います。現在、参加してくださるワークショップ委員を募集し
ています。興味のある方は平成29年1月6日(金)まで中央地区公民館にお申
し込みください。なお、年末年始休業のため12月29日〜1月3日は不在とな
ります。詳しくはこちらから(PDF)

施設の利用は、年内は12月27日まで、年始は1月5日からになります。


詳しくはこちらから(PDF)※内容に変更があります(↓以下の通り)
【訂正】
中央史談会の新春の集いは1月15日(日)の開催です。また、中央青壮年
新春麻雀大会・新年会は1月22日(日)の開催です。みなくぅ〜る12月&1月号
と違いますので、訂正いたします。

冊子「長井さしこ」のご注文、お問い合わせは1月4日以降にお願いします。


「☆親子チャレンジ教室 お正月かざり作り教室 for 2017」の画像
素敵な新年を迎えるために、今年も親子チャレンジ教室お正月かざり作り
行いました。今年で5年目です。14家族、36名のみなさんが参加しました。

講師の横山千恵子さんが考えてくれるお正月かざりは毎年違うデザインで、
それを楽しみに、毎回参加してくれる家族もいます。

▽横山先生の説明を聞きながら作業を進めました。




今回はボードを使った、立てかけたり、壁にかけたりできるお正月かざり
を作りました。見本の通りに作るのではなく、土台の色や、飾りのつけ方を
工夫して、家族のオリジナルのお正月かざりが作れるように考えられた
デザインで、参加者のみなさんは、それぞれの家族で相談しながら、楽し
そうに作っていました。



▽アイデアを出し合って作っていきます。


約2時間、熱心に作って、14の家族がそれぞれ14の素敵なお正月かざりを
完成させました。最後は小学生の皆さんに、それぞれ工夫したところや、
がんばったところ、作ってみた感想などを発表してもらいました。






どれも素敵な作品ばかり!一緒に作業したお父さん、お母さんたちも
出来栄えに満足の様子。とても嬉しそうでした。

家族で協力して作ったお正月かざりで、今年以上に素晴らしい新年を
迎えることができますように。

参加してくださったみなさん、ありがとうございました。



参加者の皆さんにアンケートにご協力いただきました。結果を公表します。
アンケート結果(PDF)




「☆中央地区地域づくり計画ワークショップ委員を募集します」の画像
これまで公民館だより等で進捗状況をお知らせしてきた中央地区の
地域づくり計画策定プロジェクト。多くの方に策定推進委員をお引き
受けいただき、ようやく第1回の策定推進委員会を11月18日(金)に
開催しました。(中央地区地域づくり計画策定推進委員はこちらの皆さんです)

この日は長井市が進める地域づくり計画とは何か?ということを、長
井市地域づくり推進課の牛澤係長よりお話しいただき、推進委員会の
事務局長となる中央地区公民館の東海林館長より計画策定の基本方針
や策定までの流れについてのプランが発表されました。

▽多くの皆さんにお集まりいただきました


参加された委員の皆さんからは、広く、また人口の多い中央地区全体
がまとまって計画を実践していくことの難しさなど、様々な課題、ご意見
をいただきました。

地域づくり計画は、日常生活の中で、中央地区は「こんなところがい
いな」「ここを直せばもっと安心して楽しく住みやすくなるな」等々、
さらに良い中央地区にするために、住民目線で「この地区をなんとか
しよう!」という想いを形にし、実践していくための計画です。長井市
第五次総合計画(平成26〜30年)の中に示されている計画の1つです。

今後はワークショップを行い、中央地区の良いところや直していきた
いところなどを話し合っていただきます。

そこで、ワークショップで話し合いに参加していただくワークショッ
プ委員を募集します。募集期間は平成28年12月15日(木)から平成29年
1月6日(金)まで。中央地区にお住まいの方であれば、年齢、性別は
問いません。中央地区の未来について一緒に考えてくれるみなさんを
募集します。ぜひご応募ください。

申し込み、問い合わせ 長井市中央地区公民館
                      電話0238-84-5869
(12/29〜1/3までは年末年始休業のため不在になります)

▽ワークショップ委員の募集についてはこちらをクリック!

中央地区地域づくり計画ワークショップ委員募集



「☆親子チャレンジ教室 クリスマスケーキ作り教室 in 2016」の画像
今年も親子チャレンジ教室オリジナルクリスマスケーキ作りを行いました。
10家族の募集にたくさんのお申し込みをいただき、抽選の結果、今回は12
家族39名での開催となりました。(落選してしまったみなさん、本当にゴ
メンナサイ!)

▽実演指導


まずは先生による実演指導です。帯状の紙をガイドにしてスポンジをきれ
いに2枚に切る方法や、食器をターンテーブルに使い、クリームを塗って
いく裏ワザ、コーティングやデコレーションにあったクリームの柔らかさ
など、ポイントを説明しながら実演してもらいました。

お話を聞いたらさっそく作業開始!スポンジケーキを切って、生クリーム
を泡立てたら、それぞれの家族が準備したフルーツなどをトッピングして
いきます。

▽家族で協力しながら作業を進めます


クリームにココアを混ぜたり、きれいなアラザンで飾ったり、家族ごとに
個性あふれるケーキが出来上がっていきます。どんなケーキにするか、前
の日に絵に描いてデザインしたり、誕生日の近い家族のためにメッセージ
をのせている家族もいました。

▽みんな楽しそう(^^♪


出来上がったケーキは、感想シートの上に並べて、お互いに鑑賞しました。

▽感想発表


最後は家族の代表者に感想を発表してもらいました。「難しかったけどう
まくできて良かった」「家族で協力してケーキを作って楽しかった」と発表
してくれるみなさんの表情には、ケーキを完成させたうれしさが溢れて
いました。

教室で覚えたデコレーションの成果を活かして、ぜひクリスマスにはお家
でもケーキ作りに挑戦してみてくださいね♪

今年の参加者のみなさんによる、12個の特別なケーキです。
どうぞご覧下さい。



     



     



     



     



     



     


参加者の皆さんにアンケートにご協力いただきました。結果を公表します。
アンケート結果(PDF)








     

「☆第9回ふらり学講座を開催しました」の画像
健康で、安心・安全な生活を送るために、地域の皆さんと一緒に身近な
問題を考えるふらり学講座。

今回は「タブレット活用講座〜〜緊急時に備えて防災情報を集めてみよう」
と題し、タブレット端末の基本操作と、防災に役立てる方法を学習しまし
た。講師は日本・アルカディア・ネットワーク株式会社 ITコーディネータ
の鈴木貴道さんです。

▽13名の方が参加しました。


お借りしたタブレット(iPad)を2〜3人で使いながら、電源の入れ方から
インターネットの設定などの基本操作から講座はスタート。インターネッ
トに接続して情報収集したり、長井市内の公共施設など約30か所あるフリ
ースポット・Ngai City Wi-Fiからアクセスするための利用手順も学びま
した。

▽先生に聞いたり、おたがいに教えあったり。和気あいあいと講座は
 すすみました。




後半にはアプリのダウンロードに挑戦。ラジオを聴くアプリを取得し、
長井市の防災ラジオ「おらんだラジオ」を聞いてみました。接続した順
なのか、デジタルだと聞こえ方にタイムラグがあることにみんなびっく
りです。

他にも防災に役立つようなアプリや、読書アプリなど、楽しい使い方を
教えていただき見てみました。

途中、備蓄用の非常食とお茶で休憩をはさみ、2時間の講座は順調に終了。
アンケートでは「あっという間だった」「時間が足りなかった」「もっと
こういった講座をしてほしい」などといったご意見をいただきました。

▽非常用のお菓子でティーブレイク


災害の時にも役立つことが多そうなタブレットですが、停電になってしま
うとインターネットは使えなくなることもあるとのこと。そのため、アナ
ログのラジオも常備しておくことが大切との話もありました。

そんな防災ラジオ「おらんだラジオ」から、パーソナリティの山口さんと
工藤さんが講座の取材に来てくださいました。

▽取材の様子


この模様は「おらんだの生きがいおしぇっから」という番組で、年明け頃
に放送されるとのことです。

年配の皆さんも気軽に使えるタブレットで、生活を便利にし、いざという
時にも活用できるように、あらためて必要性を感じた講座でした。

▽終わるころにはきれいな夕日が見えました









「☆交流センターふらりまつり2016〜ご来場ありがとうございました」の画像
長井市中央地区公民館、長井市勤労青少年ホーム、長井高等職業訓練
校(技能まつり)の合同祭 交流センターふらりまつりが、今年も10月29日(土)、
30日(日)の2日間、賑やかに行われました。

▽開会セレモニーでは長井めぐみ幼稚園の皆さんが獅子舞を披露。
 午後には小桜幼稚園の皆さんが鼓隊とガードを発表してくれました。


公民館の自主教室の皆さんや勤労青少年ホームのサークルの皆さんに
よる作品展示は、和紙ちぎり絵、さしこ、和紙人形、油絵、書道、ボタニ
カルアート。素晴らしい作品ばかりで、見ているだけで楽しくなります。
和紙ちぎり絵とさしこ、和紙人形、書道の体験コーナーも多くの参加者で
賑わっていました。

▽展示&体験コーナー




体育館では自主教室の皆さんによる卓球、バドミントン、バウンドテニス
の体験が行われ、こちらも大勢の方が参加しました。

▽体育館でのスポーツ体験コーナー


いつもは長井小学校の慈愛まつりと重なることが多いのですが、今回は
実行委員のみなさんからの強い要望もあり、1週間日程をずらして開催
しました。その計画が功を奏したのか、2日間とも小学生のみなさんも
たくさん来てくれました。

▽普段は殺風景な廊下も素敵な作品でいっぱいです




米沢工業高校のみなさんのミニSLがふらりまつりに初登場。テニスコート
を走る姿に大人も子どもも大喜びです。長井工業高校のみなさんは今年
もおもちゃの病院を行ってくれました。中央地区女性の会のバザーは
今回も掘り出し物がいっぱい、フリーマーケットでは地域で活躍する
若いみなさんに出店してもらい、漆器やアロマグッズ、手作りの品などを
販売しました。

▽催し物コーナー


長井高等職業訓練校の技能まつりでは、巧の技の見学はもちろん、
職人の皆さんの指導による体験コーナーが大人気!恒例の木工、左官、
パソコンのコーナーはもちろん、表具のコーナーではからくり玩具
「かわり屏風(ぱたぱた)」を作ったり、畳のコーナーが加わった
りと今年からの新しい試みに大勢の方が参加しました。

▽技能まつりの様子


青少年ホームの手話サークル「ひだまり」は、日ごろの活動を活かし、
「手話で語り部」を開催。子どもたちも楽しめる絵本を、手話と語り、
そして映像で表現しました。ミニ手話教室も大好評です。同じく青少
年ホームの茶道クラブの「ふれあい茶会」も大好評。例年よりも多く
の皆さんにご参加いただきました。青少年ホーム利用者会の売店や、
親子チャレンジ教室畑の楽耕販売体験、会場を回るスタンプラリー&
Happy福びきも大人気でした。



10月ということで、長井市内でも様々なイベントが行われていた中、
いくつかのイベントを回る周遊バスが運行されるなど、新たな試みの
行われたこの日、天気にも恵まれて、笑顔あふれるふらりまつりに
なりました。






powered by samidare