飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

白椿地区の方々で小菊愛好会を立ち上げ、指導者をお願いしての小菊盆栽の講習会をスタートさせて何年になるのだろうか?

次第に地区以外の方々も増え、楽しそうに活動されるようになり、文化祭に展示していただくようになりました。

前年度から準備される挿し木による菊苗、今では全て伊藤さんが手がけしっかりと菊の種類別に名札を付けてみんなの手元に引き継がれ育てられていく。

 

 

苗には今から針金がまかれていく。

大きくなるにつれて形作られていくのだろう。

鉢に移植されこれからの育て方をどうするか伊藤さんから熱心に聞く。

 

移植された鉢植えはそれぞれ皆さんの自宅でのお世話となります。

今後は徐々に大きく育っていきます。

次回の講習会は○○日に集まり、この鉢植えを持ち寄り次の過程に進んでいきます。

作業が終了した後は楽しい一時。一服のお茶と雑談・・・

 

例年、文化祭に沢山の小菊が展示され華やかさをかもし出してくれています。

今から、出来上がるまでの過程を追って写真を撮って行こうかと思います。

 

たのしみですね〜heart ✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

 


本日、晴天の中2年前に親子で製作し取り付けられた鳥の巣箱

第二小学校、飯豊公園、飯豊中旧グラウンドに出向き確認し修理してきました。

 

第二小では3,4年生の体育の時間と遭遇、走ったりボールを投げたりと子供たちの賑やかな

声が響き渡ります。その中で桜の木々に取り付けられた5個の巣箱を確認。

1個が外れそうになっていて早急に修理に取り掛かります。がっちりとした大木に取り付けられ

ようやくお宿が出来ました。

そんな中、今、巣箱から飛び立った鳥がいた〜〜〜〜〜と。

、Σ(゚Д゚)だったり、感動だったり laugh 良かった〜!

やったね!

子供達が作って絵を書いて楽しみにしていたことがようやく実現できました。

 

遠くから見守ってあげよう。  早くひなが生まれるといいんだけどね。

 

今度は飯豊公園を確認。一個だけ底が抜けていた。

近くにあった石でトントン釘を打ち直し。

新緑とまばゆいほどの天気の中、近くではグランドゴルフのご夫婦が手を振ってくれました。

飯豊中グランドではどうなってるのだろう。?

やっぱり、隙間が出来、石でトントン修理をしました。

大丈夫かな?

 

公民館に帰ってから間もなく、巣箱に小鳥が入ってたよの連絡が入りました。

チョーうれしい ✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

ちょこっと顔をだしていた写真が送られてきました。

見えるかな~? よーく見てみてください。

3年目にして見つけた小鳥の姿に感動の言葉しか出ません。

よかったよ〜〜〜〜。

 

4月21・22日のライトアップされた桜並木の入口には昨年リサイクルの婆ちゃん達と

種を撒いた菜の花のかわいい黄色い花が咲いていました。

今度は一面に咲くようにしたいね。

 

ちなみに、今回の夜桜の写真です。ご覧ください、とても素敵でした。

車を止めて見てくださった方々が多く見えられ、スピードを

落として見ていかれた方も数多くいらっしゃいました。

心が洗われますね。

来年はライトの角度も変えてぼんぼりもいいなとの話題が出ていました。

心はあたたかくなったのですが、夜はやっぱり寒かったです。

本音はね。。。。。。

 

 

 


4月29日 昭和の日

令和4年度第一回の畑のはなしすっぺ〜!が行われました。

雪も消えた頃から畑作りが気になり始めている皆さんです。

早々に計画を立てご案内をいたしました。

何年か前から始められた学習会となりましたが、さて今年は何を

学習したらよいのか、ちょっと不安になりながらのお勉強となりました。

互いに聞きたいこと、昨年とても良かったこと等など。

 

 

去年どうだったあ〜?

現地での学習が一番えがったな〜。

昨年度学習したことを実践して、里芋の逆さ植えがとってもえがったなよ〜。

キュウリの摘芯のやりかたなんかはとっても良かった。

畑の中での学習がいちばんいいなエ。

 

昨年話題になった菊などの挿し木のやり方も資料でお話しました。

次回は実践しま〜す。

どの位菊がのびてがらしんなやあ〜!

10センチくらい伸びたらいいんでないが〜。

その時期が来たらまたお知らしま~す。

まっててな・・・・。

 


1.3MB - PDF ダウンロード

館報「しろつばき」 5月号を発行しました。

ご覧ください。


新年度を迎えた4月7日

令和4年度白椿リサイクル会の総会が行われました。

花いっぱい運動から始まり、廃油を使ったリサイクル石鹸作りを行い、

今ではぼかし肥料等の使用により美味しい野菜作りが行われ

その野菜を皆様に提供するという直売へと発展してきました。

20年以上活動していたことが、今現在世界的な活動としてのSDGs。

早々と環境を考えた循環型の活動を続けてきたのは間違いなくリサイクル会が当てはまっています。

 

 

地域おこし協力隊の後藤君と小野君のお二人を迎え、SDGsの説明をお聞きしました。

2017年に国連が立てたものである。

循環、平等、木の伐採、プラスチック問題、不平等、食べれない、貧困で学校にいけないなどいろいろなお話にいたって真面目に聞き入る会員の皆さんです。

食品を捨てるのは30%の13億トン 「勿体ねえなあ食べれない人がいだなだじばね。」

3億トンのプラのリサイクル率は9%

「エ~! うっそ〜!」  これが現実なのです。

皆さんの頑張ってやろうとしている目標は ?

紙に書いてみてください。

 

 

いいでの取り組みとして頑張って活動始めたお二人です。

リサイクル・・くるくるショップを立ち上げました。

これこそものがくるくる回り循環する活動なんです。

 

婆ちゃん達をうなずかせながら軽快な話で交流が終わりました。

「若いあんちゃと話でぎでえがったなあ。」

笑顔での楽しい時間で終了しました。

ありがとう♪


340.2KB - PDF ダウンロード

椿地区も桜満開となりました。

4/22(金)4/23(土)午後6時〜8時30分まで

飯豊中旧グラウンド桜並木のライトアップをいたします。

 

椿地区別計画推進委員会の活動の一環として地域づくりを

すすめられています。

 

県道沿いから登る事も出来ますが、足の悪い方々はエコタウン椿側から整地された

遊歩道を通って桜並木をご覧いただけます。

 

晴天の中,徐々に日が暮れライトアップされた桜並木が映えて来る。

幻想的なひと時をお楽しみください。

 

車の運転をしながらはちょっと危険ですね。

ちょこっと車を止めてから見ていただくのがベストです。

十分にお気をつけて・・・・。

 


808.4KB - PDF ダウンロード

春爛漫、ピンクの桜咲き誇る景色に心癒される毎日を迎えております。

 

令和4年度 4月29日(祝日)「畑のはなしすっぺ〜!」を今年も

開催致します。

 

畑作りは長年作ってみてもわかるようでわからないと言った話が時折話題になります。

毎年天候によって違ってくる作付けに難しいものを感じています。

そんな問題を互いにペチャクチャ喋ってみませんか。

どうしてもわからないときは色々調べてみますね。

 

野菜やその他の高値が続きます。

自給自足をしなくっちゃと言う若者の話も出てきています。

安心安全なもの、食ロスを必要と考えてきている若者が増えつつあります。

 

自宅の畑を親子、爺ちゃん婆ちゃんと共に大いに使って美味しい野菜を

食卓に出せる自給自足の時代に戻って行けたら言う事間違いなしですね。

 

これを機に皆さんで学習し頑張ってみませんか。

こんな時代だからこそ必要な事なのですから。

 

 

 

 


新年度を迎え新たな気持ちで頑張っているこの頃です。

今朝、公民館周辺の桜の開花を発見♪

 

暖かい日が続いたからなのか、気づかないうちに残雪の中

淡いうすピンク色のつぼみが膨らんでいる中に

いくつかの花びらが咲き誇っていたんです。

 

コロナかで沈み込んでいた気持ちも桜の花と共に

気持ちが晴れやかになっているのを感じました。

 

朝からとてもいい気持になれて幸せですね。

 


1.3MB - PDF ダウンロード

今年度も最終の月を迎え、徐々に雪解けも始まりつつあります。

ようやく春を迎えることが出来るように感じる今日この頃となりました。

 

一月におこなわれました川柳大会の報告と雪まつり中止の中での職員と事務局による

シルエット飾り、地域の方のインタビューなどを載せた館報が出来上がりました。

 

館長のご挨拶もいただきようやく発行できました。

コロナ禍の中で色々なことが制約された一年ではありましたが、皆さま方それぞれに気を使かっていただきながら事業を追行できたことに深く感謝いたします。

 

窓の外を眺め、今まで見えなかった景色が雪解けと共に徐々に見えてきた感動はひとしおです。

 

早く新緑が見たいと心ウキウキ。

雪解けの奥の方には緑の草が顔を出していました。

元気ですよね!

草の勢いを見習って・・

コロナに打ち勝って楽しい生活が過ごせますように。

 

頑張ろう!・・・ね(^^♪

 

 

 


 2/10(木)、おらんだラジオ木曜名物『いいでいず』に出演しました!

 

 毎年この時期になると、役場企画課から「雪まつりについてPRいかがですか〜?」と声をかけていただいています。ありがとうございます!ということで内容は雪まつりについて。

 

 出演は実行委員の後藤勝之さん、齋藤浩也さん、ボランティアの盒狂治さん。

 

 そろそろ原稿作成のための打ち合わせをと、日程調整しているときでした。残念ながら中止の決断をせざるを得ない状況となってしまいました。

 

 ここで出演断念か・・・

 いやいや、これまで何度も協議を重ね新たにチャレンジしたこと、たくさんの方々の関わりがあったこと、雪まつりを通して地域づくり・まちづくり・人づくりに繋がり広がってほしいという願い・・本番が無くても、準備期間のことや様々な思いがあることに気づきました。

 いざ打ち合わせになると、色んな立場や地域に生きる者としての思いをお聞きすることができました。

 

 普段からよく公民館を訪れてくださり、冗談を飛ばしては私たちを笑わせてくれたり、幅広い視野でアドバイスをいただいたりしていますが、改めて地域や後世への熱い思いを聞けたことは、私たちにとってもとても有意義な時間でした。これからも、より多くの方々から『声』が聞けるような場づくりをしていきたいと思います。

 

 

 

さあいよいよ本番。Twitter用写真撮影。緊張もピーク?

 

 

感謝したい人へメッセージ。ばあちゃんありがとう、温かいメッセージでした。

 

本番はみなさんバッチリ!!お疲れさまでした!

動いてないのに大汗かいて出てきた後藤さんでした。そんなに緊張してたんですか??

 

 

 


 1月29日、午後の部として新春川柳大会が行われました。

一般20名、会員8名のみなさんから投句いただきました。ありがとうございました。

今回のお題は「接」「翔」「自由」。

特に「翔」に関しては、提出しに来る方来る方「いや〜、今回むずがしがった〜〜〜。」との声。毎年文化部の皆さんにお題を考えていただいており、昨年大活躍した『大谷翔平選手』から選ばれたのでした。確かに、日常的にあまり使われない字ですね。

しかし!!そこは日頃から川柳を楽しみ研究なさっている皆さんの力の見せどころ。提出していただいた句は素晴らしい句ばかり。勉強になりました。

 

大会結果

☆会員互選の部(8名より)

第一位 伊藤綾女(あやめ)さん

第二位 北原 実さん

第三位 木村堤子(つつみこ)さん

 

☆一般・会員合同選者選(3名様により)

第一位 安部洋一さん

第二位 後藤圭一さん

第三位 伊藤綾女さん

 

総合成績

優勝  伊藤綾女さん

準優勝 北原 実さん

第三位 木村堤子さん

 

 

互選会の様子↓↓

 

 

 

 

 


 1月29日、午前の部として『川柳かるた取り大会』が行われました。

参加者は幼児から4年生までの11名。コロナ禍であり、開催自体も前日までハラハラでしたが、

貴重な参加者の皆さんの元気な姿を見ることができ、こちらもパワーをいただきました。ありがとうございました!!

 

ハンディをつけて、よーいドン!!

 

 

 

 

文字は漢字を使わずすべてひらがなで。これがなかなか簡単なようで探せない・・

さあどこだどこだ??

 

 

 

 

何枚とれたかな??3位までのみなさんに賞品の贈呈です。おめでとうございます!

 

川柳は素敵な句がいっぱい!!もうすぐ句集も完成します。どうぞお楽しみに〜。


しろつばき雪まつりは中止となりましたが、少しでも・・・

ということで、できる方々でできる範囲でシルエットやランプシェードを飾ってみました。

2/15(火)、17(木)、22(火)も点灯する予定です。

近くを通った際、お仕事帰りにでも是非ご覧ください!

 

サークルのみなさん、ボランティアの方によるランプシェードづくり

 

 

移住して間もない家財ゆかさん。ランプシェードづくりの他、シルエットづくりにもご協力いただきました!ありがとうございます!!細かい作業が好きとのこと。仲間が増えてうれしい〜。

 

 

ヤングチームは巨大ランプシェードに挑戦!!成功なるか??

 

 

ボンドをしっかり塗って。乾けば透明に仕上がります。

 

 

いよいよシルエットの設置。の前の穴ほりほり。場所によってはかったい場所も。そこは気合いと根性で!!

 

 

今回一番の力作、BTSゾーン!

Before↓↓

 

After↓↓

 

 

入口も何気なく、ささやかに。

 

 

ちびっ子たちの心を掴んでみました。喜んでくれるといいな〜。

 

 

The Iide。おしっさま、ユリの花、昔懐かしものを並べてみました。

 

その中の今にも舞いそうなおしっさま。小白川の画家、盒狂治さん作。しっかり墨で塗ってから切り抜くというこだわり。来年は獅子連を・・と図々しい職員のリクエストにも、すぐ構想を膨らませる賢治さん。楽しみすぎます!!

 

 

100均で買った色の変わるライト。意外と使えます。

 

 

ふと見上げると、オリオン座とお月様がくっきりと、いい天気。来年は是非!!


805.3KB - PDF ダウンロード

今月12日(土)実施予定の第4回しろつばき雪まつりは

コロナ感染拡大により検討した結果、中止の判断を下しました。

残念ではありますが皆さんの健康を守るための判断でとなります。

 

準備されたものはダメになるわけではありません。

来年度には利用出来るものとなるでしょう。

 

お互い十分に気をつけて感染拡大につながらないように気をつけていきましょう。