飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

303.2KB - PDF ダウンロード

9月のお彼岸の時期となりました。

早い物で冬支度の思いが頭をよぎる今日この頃。

今年度も白椿分館連絡協議会・地域振興協力会並びに地域おこし協力隊による

合同企画として、冬対策に備え移住者へのホローもありながら交流し合い、自分たちの技術の向上などをも考えつつ雪囲いの男結びをどのようにしたら緩まないしっかりした結び方が出来るのかを学び毎年くる豪雪に堪える雪囲いに挑戦していただきたいものです。

 


 

丁度一月前の8月1から3日にかけて、第二小学校の児童対象にGOGO学習会を開催致しました。

第一日目から、学校支援員の樋口先生に付き添っていただき順調にスタート。

休憩にとお楽しみのサイコロゲームをしてみました。

大会議室に貼られたテープ、そして番号、その中に何やら赤の印など不思議なマークがついています。

そうです。ここで罰ゲームではないですが、屈伸10回。

エ~! の歓声が上がる。

ちょっと待って〜!  サイコロの空気が抜けちゃいました。

誰か詰めてくれない(・・?

二日目、ちょっとお友達が増えていました。  いいぞ〜、良いぞ!

お互いに教え合いっこ良いですね。

二日目のげーむのお楽しみは(・・?

作戦会議、みんな頑張るぞ!

三日目の最終日 またまた来てくれてうれしい・・・・

三日目のお楽しみは・・・だるまさんが転んだ→イカゲームって言うんだよ〜!

えー、そうなの。おばちゃんわかんなかった・・・・・

だるまさんが転んだ・・・・そのフリスビーとって走れ〜!逃げろ〜!

もう一つ、尻尾取りゲームをします。みんな、しっぽつけてな〜。

勢いよく逃げ回り追かけていく。大汗をかいて駆け回り楽しさ倍増。

やられた~!

 

たった今も、一か月前のように大粒の雨が降っています。

8月3日は公民館前はこんな感じでした。

午後まで残っていた3名のお友達。大雨やむようにとてるてる坊主を作り

事務室の窓にペタペタ貼りだしお祈りしました。

その後避難者が来られ、お友達も一緒になって避難者の対応をお手伝いしてくれました。

ありがとう。喜んでいたおじいちゃん、おばあちゃん達の笑顔が見れてよかったと思いました。

次の日はカラッと晴れ渡り、昨日の大雨はどこェ(・・?

この願いむなしく、ご近所さんでは床上浸水。公民館でも地下倉庫にも

体育館床下にも浸水。大変な事が起きていました。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。


7月3日(日) 晴天に恵まれた暑い日となった本日、移住定住者の方々と共に笹巻作り体験が行われました。元気な子供連れのお母さんたちと共に受付を済ませ、日程の説明をしてさっそうと

笹採りに出かけます。

公民館西側にある桜並木の笹薮、ハサミを持ちどれがいいのか四苦八苦。

「とれたよ~!」とお母さんたちと喜んでいるぼくでした。

「みんなとれたかな〜!」 急いで公民館に戻り笹をあらいますよ。

公民館では、みんなが採ってくれた笹をきれいに洗い20枚に束ね茹でます。

笹は2枚使い一個出来るので20枚だと何個出来るかな?  ???と計算に夢中。

「10個~!」 はい、正解でーす。

先生にお願いした地域のおばあちゃん3名に作り方を教えていただきました。

先生のそばで近寄り見つめる女の子・・・必死で覚えようとしているのがわかりました。

チョーむずかしい(´;ω;`)ウゥゥ

ここではかわいい女の子がまいぷれの盒兇気鵑斑舂匹靴砲覆辰討い泙靴拭

米粒をちょこっとずつ、盒兇気鵑亮蠅里劼蕕縫僖薀僖蕕辰箸△欧討い泙靴拭

チョーカワ(・∀・)イイ!!  実の孫と遊んでるようなそんな顔してましたよ。

ゆで上がりに時間がかかる為、あらかじめ準備していた笹巻をみんなで試食することにします。

どうかな(・・?

美味しい(・・?

みんなで食べるのって特別にうまいかもしれません。

おばあちゃんに覚えてきてと頼まれた子もいました。

何より、今まで食べてきた笹巻。  笹採りから食べるまでこんなに大変な事を今日知りました。

婆ちゃんに感謝、おしょうしな、ありがとうの言葉も出てました。

みんな揃ってハイ・チーズ!

楽しい一時の交流会でした。

またお誘いしますので、参加してくださいと約束。

帰りには、自分たちが作った笹巻をそれぞれ5個ずつお持ち帰りです。

まだ水分有るので、お家に行ったらさげておいてね〜。

夕方になったら食べれると思いま~す。

(^^♪  みんなの笑顔をいっぱい、一杯戴きました。おしょうしな〜!

今度は飯豊弁、田舎の言葉をおぼえてけろな〜!

わがった〜。と移住者の方のお返事をもらいました。

 

ところで、受付してた頃から気になっていたこの手提げバック

見てください。リサイクルバックだ。・・・そうです、SDGsに一役買っていますね。

これ誰の~?  ・・・・さあだれでしょうか・・想像してみてください。

ビックリしますよ。・・・・答えは後で公民館に来た時に教えてあげますね。


1.6MB - PDF ダウンロード

7月16日(土)

白椿地区民登山として今年度は椿高寺山に挑戦する事になりました。

上記に添付された写真は冬山スノーシュートレッキングの様子です。

今回の企画は夏山を楽しむ。

まして椿の裏山にある平成4年度に開催された山岳国体の場所でもあり、

30年ほど前に公民館で行われた青年層の活動の一環である

朝焼け登山の場所でもあります。

その時を思い出しながら一望に見渡せる雄大な景色を満喫していただきたいと思います。

まだ行ったことのない方大歓迎いたします。

是非、挑戦してみてください。


去る、6月11日(土) コロナにより出来なかった獅子舞。2年ぶりに若者たちによって繰り 広げられました。数日前から練習の太鼓の音が響き渡り、待ちに待った獅子舞いが期待されていた中 であった為周りではウキウキした気持ちは隠せない様子。御宮から出て来る黒獅子、笛、太鼓が響 き渡る中、ちびっ子達やお母さん達、携帯でシャッターチャンスを逃さないように目が離せません。 久しぶりの黒獅子の勇敢な姿にうっとりしてしまいます。やっぱり良いよな!けいごの迫力と黒獅子の駆け引きは・・・共に繰り 広げられる獅子舞が見に来てくれた人たちの沈み込んでいた心に光を与えくれるようなそんな感じに受け取れました。

 

  

 

コロナの感染拡大を阻止、終息を願って何とかやろう。

若者の熱意は本物でした。

ありがとう、地域に活気を与えてくれた皆さん。


369.2KB - PDF ダウンロード

7月3日(日)午前9時

白椿のお婆ちゃん方のご指導を戴き、笹巻作り移住者交流会が実施されます。

地区の小学生と共に、笹採りから始め下準備をして出来上がるまでの工程を習います。

 

その下準備として、ある程度の笹を準備する必要があるので、地区の方に協力いただいた場所に

ハサミとハケゴを持ってさっそうと出かけました。

 

今年は毛虫の大発生を確認しているので半信半疑。

現場に着いたとたん、上の方に白い蝶のようなものが大量に飛んでいたのです。

そろりそろり、藪の中に入りハサミでパチパチ。

ぎゃ〜!  やっぱり毛虫が葉っぱにたくさんついている〜😢

イヤイヤ、楽しみに参加してくれる皆さんを思うとそんなことは言ってられません。

 

我慢、ガマン、がまん。crying crying crying

 

 

 

沢山採ったので公民館に持ち帰り当日の下準備をしました。

 

当日の笹巻作り、喜んでもらえるよう頑張りました。

何気なくごちそうになっている笹巻。 準備から出来あがるまでどんなに大変な

事なのか皆さんで体験していただきながら、毎年作って食べさせてくれるおばあちゃんたちに感謝を忘れないでいただきたいな。・・そんな気持ちをもっていただきたいですね。

 

参加者の皆さん、待ってま~す。yes

 

 


6月9日

第二弾:畑のはなしすっぺ~! が開催されました。

第一弾で皆さんにクリップに書いていただいた、昨年習って実施して良かったこと

は何だったかを個人ごと聞いてみたり、これから聞きたい事などを学習しました。

何回やっても覚えられない、ところもあり再度勉強したいとの意見も多かったようです。

今回は菊の挿し木を習う事になっています。

小菊会で毎年挿し木でステキな盆栽菊を文化祭に展示さられている綾子さんに

ご指導していただきます。宜しくお願いします。

その為に新芽を100本準備していただきました。今野さんにも70本協力いただきました。

一時間ほど水を吸わせてカットする作業から始まりました。

この辺から斜めに切ってください。水分を十分吸うように斜めですよ!

ちょっと、どごから切るなや?・・わがっか〜?

うまぐいってるがな?

芽を刺す時は割りばしで穴をあけてからが良いがらな。ほだほだ。

こちらの父ちゃん、手つきいいな。

だいじょうぶがえ?

ようやく挿し木終わったようです。

最後に水だっぷりかけてください。

自宅に持ち帰ってからの管理の仕方を熱心に聞いて今日の講習は終わります。

みんな、わがったかな〜?  ちょっと心配。

次回集まるときに状況をおしえてくださいよ〜。

綾子先生、ありがとうございました。

食用菊、秋に食べられる楽しみがまた一つ増えました。

 

部屋に戻り、今日の感想を一人づつ話していただきました。

とても良かったの声がダントツでした。

和やかに繰り広げられたこの一日を楽しんでくださる皆さんがいるからこそ

やりがいのある仕事でもあります。

畑はベテランの皆さんですが、未熟ながら資料収集や実践していることをお話してアドバイス

する事、こんなんでいいのかな? と思う事はしばしば。

でも、楽しんでまた参加してくれるみなさんです。ありがとうございます。

 

綾子さんの一言!

  「一人ひとりにそれぞれの感想等の声を聴いて下さることは、本当に参加型です。

  最後まで喋らないで帰る人が多い中、いい方向へ導いてくれています。

  ありがとうございました。」 との事でした。

こんなご意見を戴き感謝いたします。

これからの活動でも、こういった形をとって地域の方々の意見を尊重しながら

すすめていけるよう努力していきたいと思っています。

 

 


6月1日 令和4年度のいきいき教室の開級式を行いました。

まず、役員選出を行いま~す。・・・・ 去年など同じでええなあ〜!・・・・

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

事業計画に入ります。・・・・ 研修さいぎっちぇなえ・・・やっぱり海がええなあ〜!

時期はコロナ感染の状況を見ながらでいいですか。・・・・は〜い。(^^♪

と今後の楽しみとして首を長~くして待っていてくださいね。

 

 

 

会議終了後、お楽しみのサイコロゲームをやります。

皆さんが駒になってもらいま〜す。 ・・・エ~ !

説明をしま〜す。

 

さいころの数だけ進んでください。

時々、番号のところで色々やってもらいますよ。・・覚悟はいいかな😊

はやぐ〜なんぼの数でだなや〜!

焦らない焦らない。(笑)

8の数字にあたりました。

足踏み10回お願いしま~す。  イチ、ニ、サン、シ /////////////

初めにした二人、早ぐ来いじーーーーーーー。

ほだて、11に来たら振り出しさ戻ってきたものーーーーー。(´;ω;`)ウゥゥ

今度は3かな、一緒に行くが~。

やっとここまで来たがら待ってでー。

エイ!  今度はなんぼの数だ?

童心に帰ってサイコロを振り、楽しんでくれた皆さん。

進んだと思えば戻ってきて、中々進みません。中には何事もなく淡々と進む方もおられました。

 

えや〜、楽しがったーーーー、今度まだしっぺ〜!

床のテープはしばらく貼っておきます。

いつでもできますよ。他の団体の方も、これ何やと興味津々。

邪魔にならないので、いろんな方に遊んで頂けるといいかな。

 

朝、間に合うかなって感じで、職員二人で必死になって床にテープを貼り

駒の置く場所を作りながら番号を書き、どこで何をするか、楽しくもあり、

ガッカリする元に戻る😢の指示・・・頑張りました。

何とか間に合い

まずは、良かった、よかった。

 


白椿地区の方々で小菊愛好会を立ち上げ、指導者をお願いしての小菊盆栽の講習会をスタートさせて何年になるのだろうか?

次第に地区以外の方々も増え、楽しそうに活動されるようになり、文化祭に展示していただくようになりました。

前年度から準備される挿し木による菊苗、今では全て伊藤さんが手がけしっかりと菊の種類別に名札を付けてみんなの手元に引き継がれ育てられていく。

 

 

苗には今から針金がまかれていく。

大きくなるにつれて形作られていくのだろう。

鉢に移植されこれからの育て方をどうするか伊藤さんから熱心に聞く。

 

移植された鉢植えはそれぞれ皆さんの自宅でのお世話となります。

今後は徐々に大きく育っていきます。

次回の講習会は○○日に集まり、この鉢植えを持ち寄り次の過程に進んでいきます。

作業が終了した後は楽しい一時。一服のお茶と雑談・・・

 

例年、文化祭に沢山の小菊が展示され華やかさをかもし出してくれています。

今から、出来上がるまでの過程を追って写真を撮って行こうかと思います。

 

たのしみですね〜heart ✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

 


本日、晴天の中2年前に親子で製作し取り付けられた鳥の巣箱

第二小学校、飯豊公園、飯豊中旧グラウンドに出向き確認し修理してきました。

 

第二小では3,4年生の体育の時間と遭遇、走ったりボールを投げたりと子供たちの賑やかな

声が響き渡ります。その中で桜の木々に取り付けられた5個の巣箱を確認。

1個が外れそうになっていて早急に修理に取り掛かります。がっちりとした大木に取り付けられ

ようやくお宿が出来ました。

そんな中、今、巣箱から飛び立った鳥がいた〜〜〜〜〜と。

、Σ(゚Д゚)だったり、感動だったり laugh 良かった〜!

やったね!

子供達が作って絵を書いて楽しみにしていたことがようやく実現できました。

 

遠くから見守ってあげよう。  早くひなが生まれるといいんだけどね。

 

今度は飯豊公園を確認。一個だけ底が抜けていた。

近くにあった石でトントン釘を打ち直し。

新緑とまばゆいほどの天気の中、近くではグランドゴルフのご夫婦が手を振ってくれました。

飯豊中グランドではどうなってるのだろう。?

やっぱり、隙間が出来、石でトントン修理をしました。

大丈夫かな?

 

公民館に帰ってから間もなく、巣箱に小鳥が入ってたよの連絡が入りました。

チョーうれしい ✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

ちょこっと顔をだしていた写真が送られてきました。

見えるかな~? よーく見てみてください。

3年目にして見つけた小鳥の姿に感動の言葉しか出ません。

よかったよ〜〜〜〜。

 

4月21・22日のライトアップされた桜並木の入口には昨年リサイクルの婆ちゃん達と

種を撒いた菜の花のかわいい黄色い花が咲いていました。

今度は一面に咲くようにしたいね。

 

ちなみに、今回の夜桜の写真です。ご覧ください、とても素敵でした。

車を止めて見てくださった方々が多く見えられ、スピードを

落として見ていかれた方も数多くいらっしゃいました。

心が洗われますね。

来年はライトの角度も変えてぼんぼりもいいなとの話題が出ていました。

心はあたたかくなったのですが、夜はやっぱり寒かったです。

本音はね。。。。。。

 

 

 


4月29日 昭和の日

令和4年度第一回の畑のはなしすっぺ〜!が行われました。

雪も消えた頃から畑作りが気になり始めている皆さんです。

早々に計画を立てご案内をいたしました。

何年か前から始められた学習会となりましたが、さて今年は何を

学習したらよいのか、ちょっと不安になりながらのお勉強となりました。

互いに聞きたいこと、昨年とても良かったこと等など。

 

 

去年どうだったあ〜?

現地での学習が一番えがったな〜。

昨年度学習したことを実践して、里芋の逆さ植えがとってもえがったなよ〜。

キュウリの摘芯のやりかたなんかはとっても良かった。

畑の中での学習がいちばんいいなエ。

 

昨年話題になった菊などの挿し木のやり方も資料でお話しました。

次回は実践しま〜す。

どの位菊がのびてがらしんなやあ〜!

10センチくらい伸びたらいいんでないが〜。

その時期が来たらまたお知らしま~す。

まっててな・・・・。

 


1.3MB - PDF ダウンロード

館報「しろつばき」 5月号を発行しました。

ご覧ください。


新年度を迎えた4月7日

令和4年度白椿リサイクル会の総会が行われました。

花いっぱい運動から始まり、廃油を使ったリサイクル石鹸作りを行い、

今ではぼかし肥料等の使用により美味しい野菜作りが行われ

その野菜を皆様に提供するという直売へと発展してきました。

20年以上活動していたことが、今現在世界的な活動としてのSDGs。

早々と環境を考えた循環型の活動を続けてきたのは間違いなくリサイクル会が当てはまっています。

 

 

地域おこし協力隊の後藤君と小野君のお二人を迎え、SDGsの説明をお聞きしました。

2017年に国連が立てたものである。

循環、平等、木の伐採、プラスチック問題、不平等、食べれない、貧困で学校にいけないなどいろいろなお話にいたって真面目に聞き入る会員の皆さんです。

食品を捨てるのは30%の13億トン 「勿体ねえなあ食べれない人がいだなだじばね。」

3億トンのプラのリサイクル率は9%

「エ~! うっそ〜!」  これが現実なのです。

皆さんの頑張ってやろうとしている目標は ?

紙に書いてみてください。

 

 

いいでの取り組みとして頑張って活動始めたお二人です。

リサイクル・・くるくるショップを立ち上げました。

これこそものがくるくる回り循環する活動なんです。

 

婆ちゃん達をうなずかせながら軽快な話で交流が終わりました。

「若いあんちゃと話でぎでえがったなあ。」

笑顔での楽しい時間で終了しました。

ありがとう♪


340.2KB - PDF ダウンロード

椿地区も桜満開となりました。

4/22(金)4/23(土)午後6時〜8時30分まで

飯豊中旧グラウンド桜並木のライトアップをいたします。

 

椿地区別計画推進委員会の活動の一環として地域づくりを

すすめられています。

 

県道沿いから登る事も出来ますが、足の悪い方々はエコタウン椿側から整地された

遊歩道を通って桜並木をご覧いただけます。

 

晴天の中,徐々に日が暮れライトアップされた桜並木が映えて来る。

幻想的なひと時をお楽しみください。

 

車の運転をしながらはちょっと危険ですね。

ちょこっと車を止めてから見ていただくのがベストです。

十分にお気をつけて・・・・。

 


808.4KB - PDF ダウンロード

春爛漫、ピンクの桜咲き誇る景色に心癒される毎日を迎えております。

 

令和4年度 4月29日(祝日)「畑のはなしすっぺ〜!」を今年も

開催致します。

 

畑作りは長年作ってみてもわかるようでわからないと言った話が時折話題になります。

毎年天候によって違ってくる作付けに難しいものを感じています。

そんな問題を互いにペチャクチャ喋ってみませんか。

どうしてもわからないときは色々調べてみますね。

 

野菜やその他の高値が続きます。

自給自足をしなくっちゃと言う若者の話も出てきています。

安心安全なもの、食ロスを必要と考えてきている若者が増えつつあります。

 

自宅の畑を親子、爺ちゃん婆ちゃんと共に大いに使って美味しい野菜を

食卓に出せる自給自足の時代に戻って行けたら言う事間違いなしですね。

 

これを機に皆さんで学習し頑張ってみませんか。

こんな時代だからこそ必要な事なのですから。