飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

「東部地区分館長研修会実施」のサムネイル「白椿親善ソフトバレー大会行われる」のサムネイル「白椿地区公民館館報 文化祭編」のサムネイル「東部地区地域づくり座談会を開催」のサムネイル「第44回 白椿地区文化祭 写真集◆廚離汽爛優ぅ

 

12月5日(木)中部地区婦人学級のクリスマス会が行われました。

文化祭の慰労会も兼ねての会ということで、忙しい中多くの方にご参加いただきました。

夢中でお料理を頬張る方に、お喋りに夢中で箸が進まない方にといらっしゃいましたが、最後は食べ物を残すのは勿体ないと美味しく頂きました♪

お腹いっぱい・・・と言いつつお餅を追加で注文して店員さんに失笑されましたが、みんなでシェアして完食(^^♪

はらくっちぇけど食べて良かった〜♪ウマかった〜♪と最高の笑顔が見れました(*´ω`*)

よく食べて、よく笑って楽しいクリスマス会でした♪

 

 

11月29日(金)中部地区婦人学級生で、室内グラウンドゴルフ&芋煮会が行われました。

朝から雪がチラチラ降っていてとても寒い中、公民館の多目的ホールに3ホール簡易的なコースを作り、2ゲーム行いました。

普段外で行っているグラウンドゴルフを室内でやるのは初めて!という方が多く、コースが短くて少ないので「ど〜かなぁ?」と思ったけど、やってみると楽しい♪と皆さん大盛り上がり(*´ω`*)

ボールにイボイボが付いていて、なかなか思う方向に転がらない・方向が定まらないから何回打ってもホールポストに入らないと悔しがったり、1人で3回もホールインワンを達成して驚いたり、参加者全員大笑いしながらプレーをして、いつの間にか寒さなんか吹っ飛んでいました♪

お昼は「芋煮とおにぎり」をいただきましたが、運動した後の芋煮は最高\(^o^)/

みんなおかわりして残さず美味しくいただきました。

軽い運動をして美味しいものを食べてみんなでワイワイおしゃべりして楽しい1日を過ごしていただけたようです♪

皆さん1日お疲れ様でした。

 

 

「東部地区分館長研修会実施」の画像

11月24・25日の両日、東部地区分館長研修会を開催し、寒河江市・大江町の施設研修を行いました。
 1日目は、午後2時東部公民館を出発し、一路「寒河江市田代地区」へ向かいました。
 田代地区には、平成26年に閉校した田代小学校校舎をリノベーションし、コミュニティビジネスとして活用するNPO法人が設立され「学びの里TASSHO」が運営されています。地域住民が減少する中でも「たしろのままであり続けよう」の合言葉に、地域住民一体で献身的に取り組まれていました。
 2日目は、大江町が取り組んでいる「大江町型住宅」施設の見学を行いました。開発に関わった設計士さんから「課題・反省点」等のお話をお聞きし、大江町産の「西山杉」をふんだんに使用した住宅を見学しました。
 大江町型住宅の特徴は、「エコ・安全・快適」だけではなく、町内の異業種12団体が関わる「大江町美しい森林(もり)づくり協議会」を設立し、大江町の中で「資材・人・建築技術」を賄う「地産地消」を実現し、地域経済を潤し、再造林までつなげるサイクルをつくりあげることにあるそうです。
 各施策の課題・問題点も含めて学ぶことの多い研修会でした。分館長のみなさんお疲れ様でした。

 

本日11月28日(木)、第一小学校2年生30名、先生2名が町探検と言う課外授業により来館されました。まずは私の方から「皆さんが暮らしている中部地区は大字3地区で構成されておりますが、どこだかわかりますか?」、それと「中部地区に住んでる方は約何人いるかわかりますか?」と問いてみました。そしたら住んでる人数は女の子に「約3000人」と一発で当てられてしまいましたが、逆に3地区の方は萩生、中はすぐ出ましたがもう一つが中々出ず、私の方から黒沢だと告げると「あっ、私、黒沢だ」とか言う子もおりました。その後、子ども達から、中部地区公民館はいつ出来たのか、どんなことをするところなのか、働いている人は何人いるのか、おやすみはありますかとか11ヶの質問を受け、お答えさせていただき、終了後、公民館の中を一通り案内し、最後に元気な挨拶をいただき徒歩で学校へ帰えられました。。第一小の子ども達は過去にも何度か来館されてますが、いつもお行儀よくされて、我々も気持ちよく対応できます。またいつでも結構です。いらしてください。おまちしております。(ひ)

「東部地区地域づくり座談会を開催」の画像

11月17日(日)午後2時から、東部地区公民館において、「地域づくり座談会」が開催され、地区内から50名余の参加者と町当局より10名の参加で有意義な座談会となりました。
 座談会は、下町の米野斉巳さんを座長に選出、事前に町当局へ提出していた「要望書」への回答説明が22項目おこなわれました。
 その後、質疑応答となり、説明事項への確認、町道の舗装整備・町有地の管理・眺山の各種施設設置に伴う管理と防災対策・夢のある東部地区づくり・しらさぎ荘への支援策等々の質問・意見が出され、今後どう対応していくか、どうあるべきかの話し合いが行われ、地区が抱えている課題について、一定の解明が図られました。
 今後は、要望書の内容についての検証と地区でできる事は何かを考えながら、地域づくりを進めていく事が求められます。
 特に、「防災」を意識した地域づくりは、今後より重要な課題となって来ると思われます。

 

powered by samidare